<   2016年 11月 ( 88 )   > この月の画像一覧

相棒 -劇場版Ⅲ- 巨大密室!特命係絶海の孤島へ
e0080345_15334610.jpgちょっと特殊な設定が斬新だったのですが、印象として、映画より、むしろ2時間ドラマで見たかった感じでした。

甲斐享(成宮寛貴)と並んで、 2代目相棒の神戸尊(及川光博)も再登場したのがサービス精神だったかな?

三浦刑事も出ていて、お懐かしい!だったのでした。今となっては、米沢さんも、お久しぶり

個人的には、相棒の小さな事件が好みなので、大きな事件ゆえ (^^;)ゞ

     (解説)
2002年より連続テレビドラマとしてオンエアされて人気を博す刑事ドラマ「相棒」のおよそ3年半ぶりとなる劇場版。太平洋に位置する孤島を舞台に、水谷豊演じる警視庁特命係の刑事・杉下右京とその相棒で成宮寛貴演じる甲斐享が、実業家が所有し、元自衛隊員が訓練をする謎の島の真相を探るべく捜査に乗り出す。六角精児や川原和久らレギュラー陣のほか、伊原剛志や釈由美子、そしてかつての相棒である及川光博などが共演。防衛省や国の権力者の暗躍、ジャングルや岩礁での捜査など、劇場版ならではのスケールに期待が膨らむ。

     (ストーリー)

東京から約300キロ離れた島・鳳凰島で馬に蹴られた男性が死亡する事故が発生。警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)と甲斐享(成宮寛貴)は、不思議なうわさのある島の実態を調査することに。その島は実業家(宅麻伸)が所有し、元自衛隊員が集まり訓練に励んでいた。右京は男性の死亡理由が事故ではなく殺人であると確信。島には特命係、捜査一課、鑑識課が集結するが、彼らを何者かが襲撃し……。
半ば強引に島の調査へと駆り出された2人だったが、右京は事故現場で、それが殺人事件であるという確信を持つ。外界から完全に閉ざされた巨大な密室の中で捜査を進めるふたり。
やがて、得体の知れない巨大な闇が彼らに襲いかかろうとしていた―――。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-11-27 15:34 | 映画 | Trackback(16) | Comments(0)

ミュージックステーション(桑田佳祐・オンステージ、さっしーのディナーショー映像)
e0080345_06340049.jpg今週のミュージックステーションも、完全の桑田佳祐の独壇場、でしたね。

冒頭から、いきなり昭和歌謡風に突入するわ、新曲も終盤にバッチリと。

しみじみ、遊び心に、あふれた天才ぶりを堪能

個人的には、AKB48の新曲も聴けて嬉しかったのでした。

さっしーのAKBとは少し違う、ディナーショー・ステージも垣間見られて満足

[PR]
by noho_hon2 | 2016-11-27 06:34 | テレビ | Trackback | Comments(0)

THE LAST COP/ラストコップ 「相棒が記憶喪失に!絶たれた絆コンビ解散ふなっしーが救う!?」
e0080345_06241725.jpg相変わらず、ハチャメチャと「そんなバカな」を楽しむドラマ。

今回は、亮太(窪田正孝)が追跡中、不慮の怪我で記憶喪失。

京極(唐沢寿明)、公私で強引に、あの手この手を使っても、なかなか記憶が戻りません。

こういうティストのドラマだけに、ふなっしー・ゲストは「合ってるな」と感じました。それも、オトボケなノリ (^^;)

また、ゲストとして斉藤由貴が、特別に歌ってくれたのも、遊び心。それで「目覚めた」のも可笑しかったです。

それに、一時的に、京極と組んだ若山(竹内涼真)も変化球だったかな?

だけど、記憶を取り戻すきっかけが、空腹の亮太が、神野(小日向文世)の持ってたあんぱんと牛乳ってのも、笑いどころ、でした

京極と亮太が銃撃戦を繰り広げた武装集団は、「プロメテウス」という闇の武器ブローカー。その無茶苦茶さも、プププ… 

相変わらず、クールな役柄の松浦(藤木直人)がスパイス

今や、どこまで無茶するか、脱力オチか、期待です。

      (ストーリー)

京極(唐沢寿明)と亮太(窪田正孝)は、武装集団の制圧のため、とある廃ビルに乗り込もうとしていた。そこにはなぜか、神野(小日向文世)も同行。刑事ドラマのような派手な銃撃戦が見たくてたまらない神野は、早く武装集団のいる場所へ突入するよう、京極たちを焚き付ける。

京極と亮太は神野にあきれつつ、二人で武装集団のもとへ。京極と亮太が武装集団と対峙していると、ふらふらと神野が現れる。武装集団は、神野を狙って銃撃。その時、神野をかばった亮太が撃たれてしまう。亮太は撃たれた衝撃で階段から転げ落ち、頭を強打。そして、意識不明に陥る。

亮太は病院に運ばれるも、何日も意識不明のままだった。結衣(佐々木希)をはじめ、みんなが眠り続ける亮太を見守るしかない。そこに京極が現れ、亮太の目を覚まさせる“特効薬”を持ってきたと言い出す。それは、「卒業」を歌う斉藤由貴のDVDだった。京極は、自分を30年の眠りから覚ましてくれた斉藤由貴の歌なら、亮太も目覚めさせるに違いないと考え、彼女に直訴して亮太のためだけに歌ってもらったという。誰もがありえないと思いながらも斉藤由貴のDVDを流すと、奇跡が起こる。亮太が覚醒したのだ。しかし、京極たちが喜んだのも束の間、亮太は、すべての記憶を失っていた。

自分が何者なのかも、京極たちのこともまったく分からない状態の亮太。京極は、亮太の記憶を取り戻そうと決意する。亮太の前でこれまでの事件で遭遇した出来事を再現しようと、ふなっしーと再会したり、ビル飛び越えジャンプを試みたりと、あの手この手で亮太の記憶を呼び起こそうとするが、うまくいかない。

京極と亮太が銃撃戦を繰り広げた武装集団は、「プロメテウス」という闇の武器ブローカーだった。松浦(藤木直人)はプロメテウス逮捕のために記憶を失った亮太を利用しようと考え、亮太に捜査を続行させると言い出す。大反対する京極に対し、亮太は捜査に加わりたいと希望。亮太は松浦と組むことになり、京極と亮太の最強バディは解散の危機に…!

[PR]
by noho_hon2 | 2016-11-27 06:24 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

スニッファー 嗅覚捜査官 「愛娘が殺人犯!?匂いで探せ!真犯人はほかにいる」
e0080345_06124561.jpgなんと、華岡(阿部寛)の娘・美里(水谷果穂)が、恋人を殺した容疑で逮捕!

娘の無実を信じる華岡は、小向(香川照之)と共に犯行現場に潜入。装ってる慌てぶりが可笑しかったです。小向は今回もユーモア担当?!

すると、美里と被害者の他に、何者かが現場にいたことが分かります。美里は巻き込まれていたのですね。他に、嗅いだことのない匂いも。

でも、なぜか美里は自白し、真相を語ろうとしません。

匂いを追求した結果、黒幕として、刑事の鬼島(尾美としのり)が絡んでいる可能性が浮上。

来週、最終回。どうなる?!

      (ストーリー)

華岡(阿部寛)の娘・美里(水谷果穂)が恋人を殺した容疑で逮捕された。娘の無実を信じる華岡は、小向(香川照之)と共に犯行現場に潜入し、残されていたにおいを調べる。すると、美里と被害者の他に、何者かが現場にいたことが分かる。だが、美里はなぜか真相を話そうとしない。そんな中、美里が違法薬物の取引に巻き込まれていた事実が判明。さらに、その黒幕として、刑事の鬼島(尾美としのり)が絡んでいる可能性が浮上する。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-11-27 06:12 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

勇者ヨシヒコと導かれし七人「バボルの村で勇者交代…ダーマで転職ミスの危機!!」
e0080345_06320992.jpg今回は、仏が、不倫疑惑に学歴詐称疑惑で、ボコられ姿。しかも、報道陣に追いかけられて、代理(スーツ姿で、やたらパリッ)が最初、登場したり

ダーマ神殿のパロディが出てきて、ちょっとしたミスから、ヨシヒコ(山田孝之)が白い犬に

で、桃太郎化した、ヨシヒコが出て来るわ、犬にキジが登場して、きび団子を「中途半端な味」と言ったり

結果として、電話会社CMのキャラが、微妙にごっちゃになる遊びが笑えました。

キーワードとして、「これだから、ゆとりは…」って語にハッとしてたら、実はゲストに柳楽優弥が出てたのですね。気が付かず、テロップで驚いた次第。

楽しい金曜日の遊び番組ですね。

     (ストーリー)

仏(佐藤二朗)の導きでバボルの村へ向かったヨシヒコ(山田孝之)一行は、希望の転職がかなうダーマ神社の前を通り掛かる。神社でヨシヒコたちも上級職に転職することに。だが、手続きの途中で「いざないの剣」が盗まれてしまう。剣は無事に取り戻せたものの、ムラサキ(木南晴夏)の前でヨシヒコが突然消える。やがて原っぱに降り立ったヨシヒコは自分の身に起きた異変に気付く。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-11-26 06:32 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

家政夫のミタゾノ 「黒い噂の熱血教師!!ミタゾノの熱愛発覚と奪われし禁断のヅラ」
e0080345_06231183.jpg今回は、パターン外しの遊び心というか… 指パッチンして、時間を止めての、家事説明を、いつもは美田園薫(松岡昌宏)がやるところを、相棒の花田えみり(清水富美加)が行ったり、

そもそも、むすび家政婦紹介所に依頼が入った、依頼主が、花田えみりの中学時代の恩師・金森八重子(浅田美代子)で、美田園が、いつものように、「結果、えらいこっちゃ」にならないよう、金森先生を守るため、いったん願い出た辞意を取り下げて、ってのも、斬新でした。

それにしても、相棒というより、お互い、肚の探り合い。

あえて、釣り竿で鬘を外そうとするわ、(かかしの帽子で代用ってのが、また可笑しい)

免許を持たないニセ教師疑惑に対して、免許を探し、その間に、美田園は、先生の携帯を盗んで、隠しカメラのありかを探すあたりの展開も「へ~っ」でした。

金八のパロディか、金森先生が逐一、文字で教訓してたのも、笑えたし、

一見、信頼厚く、慕われてた、理想の教師。金森先生なれど、実は、教え子達の「弱みを握ってゆすっていた」のですね。また、美田園が疑惑の接近してた男性は、金森先生の子供。何かの事情、衝突して家を出てた、みたいですね。

全てを暴いてのち、美田園が、そんな先生の孤独によりそうよう、彼の住所を手渡すところも、効いてました。

今回も面白かったです。

        (ストーリー)

 花田えみり(清水富美加)の中学時代の恩師・金森八重子(浅田美代子)から、むすび家政婦紹介所に依頼が入る。だが、えみりはちょうど退職を決意したところだった。

 退職を了承した結頼子(余貴美子)は代わりに三田園薫(松岡昌宏)を八重子の家へ派遣しようとするが、恩師が三田園にひどい目に遭わされては大変、と「この仕事を最後にします」と宣言。みずから名乗り出て、八重子の家へ向かう。

 しかし既に八重子の家には三田園の姿が。家の中を見回し、何かを探ろうとする三田園にえみりは「先生のことを追い詰めたら絶対に許しませんからね!」と釘を刺すのだった。

 歴代の教え子たちからの信頼も厚く、まさに絵に描いたような“理想の教師像”の八重子。えみりは「あんなにみんなから慕われているんだから、あなたが喜ぶような隠し事はありません」と三田園を牽制する。しかし三田園は八重子が、もしかしたら免許を持たないニセ教師なのではという情報をつかみ、破壊行動を開始しようとする!恩師を守るためにえみりは、ついにミタゾノの秘密を暴こうと…カツラを奪いとる!?

[PR]
by noho_hon2 | 2016-11-26 06:24 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

黒い十人の女 「さよなら風松吉」
e0080345_09030117.jpgラス前。ついに、計画は実行に移され、12時間以内に10錠飲めば死ぬという薬を1人1錠ずつ風に飲ませようとする10人の女たち

1回1回、飲ませ方も、お互いの反応もバリエーション豊かで、大いにサスペンスでした。

そして、ついに、計画は完遂… と思わせて、次回が最終回?!

個人的に、食事かけ、の時、挫折しかかりましたが、独特のユーモア・センス。斬新さに、興味。

どんなラストが待っているか、楽しみです。

      (ストーリー)

ドラマPの風松吉(船越英一郎)には妻のほかに、なんと9人の愛人がいた。身の回りにいる様々な女性を愛人にしていた風。

 風の妻・睦(若村麻由美)と9人の愛人たちが計画したのは、“風松吉の殺害”。

 12時間以内に10錠飲めば死ぬという薬を1人1錠ずつ風に飲ませようとする10人の女たち。風を殺すことはできるのか…1人の男に人生を狂わされた女たちの復讐劇が今、幕を開ける!そして、ラストに待ち受ける驚きの展開とは―!?

[PR]
by noho_hon2 | 2016-11-25 09:05 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

Chef~三ツ星の給食~「豪華屋台を倒す奇跡の新作」
e0080345_08524587.jpgなんだか「三ツ星の給食」というより、三ツ星のフレンチ屋台合戦になりつつあるような… (^^;)

篠田(小泉孝太郎)、今度は、光子(天海祐希)が999円の鴨のコンフィ一品で勝負する屋台に対抗して、屋台ではあるけれど、場所を借りて、本格調理のできる移動車を。コースまで出す、「ネオ・ビストロ・ラ・レーヌ」で、若い客たちを魅了。

一時的に、すっかりお客さんを取られてしまいました。

一方、荒木(遠藤憲一)が人気の“魚と野菜のハンバーグ”を改良すると、言い出し、それが光子のヒントになります。

サプライズのワクワクな魅力?! 光子は、その工夫を活かし、給食で好評をはくし、屋台でも、新作を。

旬の食材をミルフィーユ状にして、価格も時価。「どんな味に遭遇するか分からない」新作は、いったん離れかけたお客さんの心を捉え、安価なこともあり、また、お客さんが戻ってきました。

篠田の、「ネオ・ビストロ・ラ・レーヌ」は、せっかく食べるなら、むしろ本店で、な気持ちにもさせてしまったようです。

来週は、水道工事が原因で、ピンチが訪れるみたいですね。

痛快劇だけに、どう魅せてくれるか楽しみです。

      (ストーリー)

光子(天海祐希)が999円の鴨のコンフィ一品で勝負する屋台は、連日行列ができる盛況ぶり。一方、篠田(小泉孝太郎)がオープンした「ネオ・ビストロ・ラ・レーヌ」も、若い客たちで賑わっていた。本家の「ラ・キュイジーヌ・ドゥ・ラ・レーヌ」も、相変わらず予約は3年待ちという人気で、篠田はご機嫌だった。早紀(友近)から「ネオ・ビストロ」の2号店をどこに出すのかと聞かれると、光子がいつも最高のヒントをくれるのだ、と不敵な笑みを見せる。

三つ葉小学校では、荒木(遠藤憲一)が、子どもたちに人気の「魚と野菜のハンバーグ」を改良すると言う。すでに人気のメニューを変える必要はないのでは、と晴子(川口春奈)が聞くと、子供たち自身が「野菜と魚を食べさせるためのメニュー」だと気づき残食量は減っているが、さらに食べ残しを減らす新メニューが必要だと荒木は返した。現状に満足せず、新メニューを考え始めた給食チームに、光子は、自分も屋台の新メニューを考案中だと明かす。

そんな折、光子が屋台の準備に向かおうとすると、目の前に巨大なキッチンカーが止まった。降り立ったのは篠田で、今日から光子と同業者だと告げた。「ラ・レーヌ」の新事業は、「ネオ・ビストロ」のコンセプトを進化させたフレンチ屋台「スタンド・ラ・レーヌ」だと言う。屋台での経験は自分が上だと言う光子に、篠田は屋台には屋台のルールがある、と自信の笑みを浮かべる…。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-11-25 08:53 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)

ドクターX 外科医・大門未知子4「音をなくしたピアニストの命とプライド」
e0080345_08322232.jpg今回は、名物、派閥行列を大門未知子(米倉涼子)を中央で抜ける部分は、お約束でしたが、やや変化球。でも、ゲストとして、武田真治のタキシード姿が拝めたので、嬉しかったのでした。

それに、いつもは、未知子が執刀してのち、神原晶(岸部一徳)がメロンと請求書を届けにきますが、今回は、逆パターンで、病院長・蛭間重勝(西田敏行)が手術する権利を買い取るとは! 晶さんダンスは同じでしたがね。

だけど、意外なことに、なんと、七尾貴志(武田真治)、“耳が聴こえないピアニスト”として人気を集めてるのであって、耳が聴こえたら商品価値が無くなると、事務所からクレームがつく展開に。

で、実際に執刀したのは、高校生の時に患ったおたふく風邪が原因で、左耳だけ聞こえなくなった、七尾のアシスタント・七瀬由香(知英)で、「このままでは、命に関わるよ」と未知子が断言。

ハラハラ・ドキドキ部分もありましたが、ゴッド・ハンドは健在!だったのでした。

そして、回復した由香の笑顔を見て、七尾貴志が満足するフィニッシュも味わい深かったです。

(ひょっとして、2人同時に、未知子が執刀するのか、とも思った)

シリーズも長くなってくると、こんな変化球もオツですね。

    (ストーリー)

誰の厚意か「神原名医紹介所」に、“耳が聴こえないピアニスト”として人気を集める七尾貴志(武田真治)のリサイタル・チケットが送られてきた。所長の神原晶(岸部一徳)は疑心暗鬼になりながらも、大門未知子(米倉涼子)を誘って会場へ。そこで、チケットの送り主が七尾のアシスタント・七瀬由香(知英)だったことを知る。高校生の時に患ったおたふく風邪が原因で、左耳だけ聞こえなくなった由香は、かつて七尾のピアノ演奏に背中を押されたうちの一人。七尾の耳が治ればもっと素晴らしい演奏をしてくれるはずだと信じ、日頃から治療法や医師をチェックしていたのだ。

 「七尾の耳を治してほしい」という由香の訴えを受け、未知子は「私が執刀します」と快諾。晶はさっそく、未知子が執刀医という条件付きで、この患者を「東帝大学病院」に持ち込む。ところが、七尾は世界から注目されるピアニストだ。当然、手術も注目の的になるとにらんだ病院長・蛭間重勝(西田敏行)の差し金で、七尾の手術はスーパードクター・北野亨(滝藤賢一)が担当することになってしまい…!

 そんな中、未知子は由香の行動を見て、どうにも拭えない違和感を覚える。一方、北野から最新の人工聴覚機器を使った画期的な術式を提示された七尾は、どういうつもりか「手術は受けない」と言い出し…!?

[PR]
by noho_hon2 | 2016-11-25 08:32 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

11月の雪
横浜では7時前から、みぞれが雪に変わりました

都心部で11月の雪って、なんと54年ぶり、なんですってね。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-11-24 08:17 | ドラマ | Trackback | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
民衆の敵~世の中、おかし..
from レベル999のgoo部屋
民衆の敵~世の中、おかし..
from ぷち丸くんの日常日記
民衆の敵~世の中、おかし..
from ディレクターの目線blog@..
デスノート Light ..
from だらだら無気力ブログ!
デスノート Light ..
from 西京極 紫の館
陸王 第5話
from MAGI☆の日記
おんな城主直虎 第46回..
from 事務職員へのこの1冊
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)