<   2016年 11月 ( 88 )   > この月の画像一覧

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子「幸人の衝撃の過去を校閲!事実確認すれば破局?」
e0080345_07493049.jpgついに、悦子(石原さとみ)が校閲したエッセイがきっかけになって、大御所ミステリー作家の本郷大作(鹿賀丈史)と、幸人(菅田将暉)の対面が果たせましたね。

そして、諸々のわだかまりが氷解。ヨカッタヨカッタ

幸人も、モデルの仕事でお金が入り、森尾登代子(本田翼)のもとから出ていくことになりました。

さて、校閲中にため息ばかりつく米岡(和田正人)。推理小説のトリックに使われる時刻表が古く、成立しないとのことで、悦子は、思い切って、言ってみれば、と提案します。

その悦子、タイトルに疑問符をつけるとは、また度胸ありますね。校閲部の面々、唖然です

そんなある日、本郷(鹿賀丈史)がやってきて雑誌のエッセーを書くことになり、校閲を悦子に任せたいと依頼。

ロビーで、本郷、貝塚(青木崇高)、悦子、幸人が鉢合わせ。本郷と幸人の関係を知ってるのは、貝塚だけな中、悦子、張り切って幸人のプロフィールを紹介します。

そうこうする内、本郷のエッセイに、「レンゲ」のことを、「スミレ」と書いた旨を発見して疑問符。悦子と幸人が食事をしてる時、幸人が「スミレ」と言って、ハッ!だったのでした。そのことについて追求すると、幸人「悦っちゃん、うざいよ」と出ていってしまいました。

でも、悦子の「正確を期す」情熱が高じて、左利きを確かめ、やがて、本郷と幸人の対面に。

だけど、自分が書いたミュージカルなのに、眠ってしまったのは本郷だった、って可笑しかったですね。

ほっこり編でした。次回は、部長にスポットが当たるみたいです。

        (ストーリー)

悦子(石原さとみ)はかつて校閲を担当した大御所ミステリー作家の本郷大作(鹿賀丈史)から、雑誌に掲載するエッセイの校閲を頼まれる。

悦子が貝塚(青木崇高)とともに、会社を訪れた本郷を見送っていると、幸人(菅田将暉)と出くわす。悦子から本郷に紹介されて、動揺を見せる幸人。

本郷のエッセイには、彼がずっと昔に別れたきりの息子との思い出が綴られていた。悦子は、本郷が息子と一緒にラーメンを食べたエピソードの中に「ラーメンの具をスミレですくって」という記述を見つける。正しくはスミレではなく、レンゲのはず。本郷がこんな単純な間違いを犯すとは思えず、悦子は疑問を抱く。

そんな中、悦子は、幸人と一緒に食事をする。幸人がレンゲのことを指してスミレと呼ぶのを聞き、驚く悦子。悦子は、本郷もレンゲをスミレと呼んでいることを幸人に伝える。すると、幸人は意外な反応をする…。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-11-17 07:49 | ドラマ | Trackback(6) | Comments(0)

相棒 Season15 「嘘吐き」
e0080345_07291518.jpg「相棒」名物、「証拠品の返却に行ったのがきっかけで…」で始まる物語。

でも、ラストが、まさか漫画風の演出で終わるとは思わなかったので、物語のミステリアスさもあいまって、なかなかに新鮮だったです。

隣家の凄い物音に、事件が起こったのでは、と怯える、売れない漫画家の三ツ門夏音(柳生みゆ)。

大家の大家の村井健三(諏訪太朗)も、とりあってくれません。

出入りする複数の男女の中には、かつていた女性の姿が見当たらず、男が、荷物に男はノコギリとカナヅチを持っていたり、妄想が膨らみます。

それで、右京(水谷豊)と亘(反町隆史)に相談。

調べてみると、夏音は厳しい生い立ちのせいか、虚言癖があった様子。そのせいで、東京に馴染めず、引っ越しを繰り返した様子。

でも、入り乱れる見知らぬ男女。真実は意外な展開を見せたのでした。

     (ストーリー)

証拠品の返却で所轄署を訪れた亘(反町隆史)は、アパートの隣室で殺人事件が起きたかも知れないと訴える女流漫画家の夏音(柳生みゆ)と知り合う。聞けば数日前、隣室から激しく争う音が聞こえたかと思うと急に静まりかえり、その後元々住んでいた地味で背の高い女性を見かけなくなり、彼女とはまったく印象が異なる、派手で小柄な女と、その恋人と思われる男が、ノコギリを部屋に持ち込む姿を目撃したという。

さらに、見知らぬ中年男女が毎晩のように出入りしているという。夏音は、バラバラ殺人を疑って所轄署に相談に行ったのだが門前払いを食らい、たまたま通りかかった亘が話を聞いたのだった。

興味を持った亘は、さっそく右京(水谷豊)を巻き込んで調査に向かう。しかし、アパートの大家は、隣室の女性に変わった様子はないと証言し、夏音が騒音トラブルで言い掛かりをつけているのではないかと疑う。右京と亘は、逆に夏音が女性を殺害して遺体を隠しているため、その恋人らが揺さぶりを掛けるために、今回の件を仕組んだのではないかと推理する。

さらに、亘が夏音の出身地に出向いて過去を調べたところ、学生時代から虚言癖があったことが判明。そのせいか、東京にも馴染めず、引っ越しを繰り返していたことが分かる。果たして、誰が真実を言い、誰が偽証しているのか。右京と亘は、捜査一課からも情報を得ながら、事件関係者の身辺を改めて調べ始めるが…!?

犯人は虚言癖のある漫画家か、怪しいカップルか、それとも…
部屋に出入りする謎の中年男女の秘密とは!?
真実と嘘が入り混じった“バラバラ殺人事件”の真相とは!?

[PR]
by noho_hon2 | 2016-11-17 07:29 | ドラマ | Trackback(9) | Comments(0)

逃げるは恥だが役に立つ「温泉一泊旅行にまつわるエトセトラ」
e0080345_08280549.jpg「ハグの日」を決め、百合(石田ゆり子)の疑いも晴れ、平匡(星野源)との距離が、どんどん縮まり、そんな毎日に安心と幸福を感じ始める、みくり(新垣結衣)

そこに百合がやってきて、クレジットカードのポイントをためて、ペア宿泊旅行券を手に入れたので、新婚旅行にどうぞ、とプレゼント。2人は、社員の慰安旅行として、ありがたく受け取ります。

道中、ふたり並んで楽しくお弁当で、ほっこり。

ところが、温泉旅館に着くと、まずベッドがダブルだったことに驚嘆。ツインをお願いしてたにも関わらず、百合が気を利かせたみたいです。

そして、偶然、みくりの、高校時代の元カレ・カヲル(小柳友)に遭遇。ガッキーちゃんの制服姿が奇跡のように可愛かったですね。

しかも、平匡が夜(の安眠)を心配してたのに気を利かせて、同僚が、密かに滋養強壮剤ドリンクの差し入れ。まさか、みくりに見られる訳にもいかず、大汗をかいてたら、偶然、空調が不備、とのことで、お風呂付きの広い、いいお部屋に替えてもらえました。

でも、仲居さんが、ドリンクを風呂敷に入れて、届けてくれて安堵する姿は笑えましたね。

そんな平匡に、みくり「一緒にお風呂はいりますか」と言って、目を白黒。

夕食は大御馳走で、「美味しいですね」と、ふたり、ほっこり。

が、お風呂が長湯すぎて、平匡のぼせてしまいました。その留守中、みくりは、平匡のカバンにつまずき、内緒のブツを見てしまいました。

みくりはみくりで、親友から教えてもらった勝負下着をつけてた模様です。

だけど、女の人と同室で眠ったことのない平匡、ダブルベッドでは落ち着かず、結局、耳栓とアイマスクで床で就寝。

朝食は、カヲルと遭遇して、平匡、早々に部屋に戻ってしまいました。
でも、平匡は心中、カヲルよりも、みくりを知ってると思い、でんと構えてたみたいです。

そして、なんとなく何事来なく列車で帰宅、疲れて諦めかけてた時、列車を出る前に奇跡が、平匡がみくりに、チュッ! きゃーーーっ!!

今週も、こよなく可愛い2人で、笑わせてくれましたが、来週は、どうなる?!

       (ストーリー)

「ハグの日」の制定により、恋人っぽい空気をかもし出すことに慣れてきたみくり(新垣結衣)と津崎(星野源)。スキンシップのおかげもあり、2人の日常には平和なムードが漂っていた。

ある日、社内でのセクハラ&パワハラ疑惑が噂され、怒り心頭の百合(石田ゆり子)が津崎家に襲来。愚痴大会になるかと思いきや、みくりと津崎の関係を心配するあまり、2人のためにペアの宿泊旅行券を手に入れたという。“旅行”という言葉に当初戸惑っていた2人だったが、姪っ子想いの百合の優しさを無駄に出来ず、“新婚旅行”と言う名の“社員旅行”へ出かけることに。

家から出て開放的な気分で旅館に訪れた2人だったが、訪れた温泉旅館で用意されていたのは、なんと夫婦やカップルで寝るのに最良なダブルベッド…。ひとつ屋根の下に暮らしているとはいえ、別々の部屋で寝てきたみくりと津崎は大慌て!そんな突然のアクシデントにも温厚に対応する真面目な津崎の姿に、みくりは昔交際していた元カレ・カヲル(小柳 友)を思い出していた。津崎とは正反対のタイプで、価値観が合わずに振られた思い出が脳裏をよぎる。すると、みくりの目線の先に見覚えのある男の姿が…。

みくりと長い時間一緒に過ごし、恋人疑似体験を味わうことが心地よくなってきた津崎。一方で、結婚の提案も恋人になる提案も、いつも自分からばかり発信しているみくりは、2人の関係に対し疲れと諦めを感じ始めていた…。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-11-16 08:28 | ドラマ | Trackback(12) | Comments(0)

メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断「医療ミス!?度重なる心不全」
e0080345_07374732.jpg志帆(吉田 羊)のお嬢さんは、既に2年前に亡くなってたのですね。享年10歳… それが、彼女の幻影や、天才にもかかわらず、執刀を辞めた理由だったのかな?

そんな志帆に興味を持つ雪野(相武紗季)も、また一年前、地元選出の国会議員・北村英一郎(飯田基祐)の妻・詩織(高橋かおり)が急性心不全で運ばれてきて、雪野の手術が失敗したせいだと考えられてたのでした。

彼女自身の執刀は完璧だったと主張するものの、症状が改善しなかったことから、夫は、彼女の執刀ミスを指摘。

それが原因で、責任を取る形で解析診断部へ異動させられたのでした。

そして、再び、詩織が入院してきて、雪野は汚名返上に燃えます。ところが情熱が空振りして、外される羽目に

しかし、志帆がアドバイスして、「患者さんを救うためなら何でもします」と決意を新たに。手術だけが全てでない、と成長。

でも、病名が分かりません。志帆は詩織がカップの、わずかなぬくもりにも耐えられないほど指に痛みを感じていたことに気付いて。さらに無汗症だと判明

詩織がファブリー病という先天代謝異常症であることを突き止めます。これで雪野の執刀にミスは無かったことが証明。いっときは、心臓移植しか手段は無い、と考えられてたのに、ヨカッタですね。

詩織も回復し、北畠は雪野に心臓血管外科へ戻ることを許可。解析診断部のメンバーも祝福するが、意外にも雪野はそれを断り、「医師としてオペだけが全てじゃないことがわかったんで」と解析診断部に残ることを決めます。

雪野は、志帆が向かった墓から、お嬢さんの秘密を知り… どんどん明るみになる志帆の謎。次は、どうなる?!

      (ストーリー)

志帆(吉田 羊)が姿の見えない相手に話しかけている様子を目撃した雪野(相武紗季)は、その理由を考えるが答えは見つからない。そんななか、北畠(高橋克典)から「誰でもあるでしょ。触れられたくない過去の一つや二つ」と、それとなくくぎをさされた雪野は、一年前、自身に起きた出来事を思い返していた。

そこへ、地元選出の国会議員・北村英一郎(飯田基祐)の妻・詩織(高橋かおり)が急性心不全で運ばれてくる。詩織は、一年前に雪野が心臓血管外科を追い出されるきっかけとなった患者で、当時、雪野と高杉(小林且弥)がそれぞれ手術を行うも症状は改善せず、夫の北村は、その原因を雪野の手術が失敗したせいだと考えていた。

執刀医の雪野は完璧な手術だったと主張するが、結局、病院側は失敗とみなし、雪野は責任を取る形で解析診断部へ異動させられたのだ。

やがて、一命を取りとめた詩織を診察することになった解析診断部。ところが、雪野はこの機会に自身の汚名を返上しようと必死で、志帆たちの言葉が耳に入らない。一方の志帆は、詩織がぬるいお湯が入ったカップに触れた途端にビクッと反応したことが気になるが、その矢先、雪野の処置が原因で詩織が急性呼吸不全を発症。怒りに震える北村から、「こんなのは殺人と同じだ!」と怒鳴られた雪野はショックを受ける。

この一件で、葉子(伊藤 蘭)は今後の治療から雪野を外すことを決めるが、志帆はそれに反対。一緒に診断をやり直すべきだという志帆の言葉に勇気づけられた雪野は「患者さんを救うためなら何でもします」と決意を新たにする。

しかし、その後も病気の原因は分からず、一刻の猶予も許されない状況のなか、志帆は詩織がカップのわずかなぬくもりにも耐えられないほど指に痛みを感じていたことに気付く。さらに無汗症だと判明したことから、詩織がファブリー病という先天代謝異常症であることを突き止める。これにより雪野のオペにミスはなかったことが証明。

詩織も回復に向かったことから、北畠は雪野に心臓血管外科へ戻ることを許可。解析診断部のメンバーも祝福するが、意外にも雪野はそれを断り、「医師としてオペだけが全てじゃないことがわかったんで」と解析診断部に残ることを決める。

ところが、その一件を高杉に報告した雪野は、志帆に関する思いがけない情報を耳にする。なんと、志帆の娘は2年前に亡くなっているというのだ。にわかには信じられず、橘家の墓がある墓地へと向かうと、確かにそこには『真央 享年10歳』と刻まれていて――。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-11-16 07:38 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(2)

YOU は何しに日本へ?(初めてのタコ焼き、口笛コンテスト&囲碁YOU
e0080345_08250056.jpg「神技続出!日本の奥深き世界にドップリ潜入SP~【囲碁がもっと強くなりたいYOU】~」が面白かったです。

十年ぐらい前の日本のコミックを見て、タコ焼きに憧れてた、メガネ女子2人組YOUが、番組のおごりで、初めてのタコ焼きを経験。「海の香り(鰹節?」)しますね」から始まり「こんな美味しさ、初めて」大感激していて、可愛かったです。

あと、口笛コンテストが開催されてるのも初めて知り、感心。親の影響、口笛を始めたのですが、褒められて、さらに上手くなりたくなり、音大で吹奏楽の楽器を専攻したぐらいなので、気合いはいってます。

残念ながら、アクシデントの影響もあり(事前に急に休憩が入ったり、その影響でマイクの音が出なかったり…)本領発揮できなかったみたいで、予選突破が叶わず、悔しそうでしたが、また2年後にチャレンジするとのこと。頑張ってね

また、アメリカ在住のイギリス人アリスターさんは普段バリスタをしている方だが、今回の来日は、囲碁のサマーキャンプに参加のために来日。囲碁歴は2年目で、12級のレベルながら情熱は、メラメラ。囲碁について語り始めると止まりません

市ヶ谷にある日本将院会館で、今年で4回目となった【日本将院サマー碁キャンプ2016】の会場は、YOUだらけ!それもそのはず囲碁好きYOUために主催されたキャンプなのでヨーロッパ、東南アジア、北米、中南米など約20人が参加

囲碁の強さは細かく分けれておりアマチュア30級から8段まであり、プロは初段から9段までの階級、なのだそう。

合宿1日目 囲碁界で知らぬ人はいないマイケル・エドモンドさんによる上級者向け講義に特別参加。エドモンドさんは、15歳で碁を学ぶため来日し、40年間日本で碁を打つ欧米人で初めて最高段位の9段を獲得した神的存在の方

合宿2日目 今日は事前に選ばれた人との対局で練習。相手は中学1年生の藤井君。(「ヒカルの碁」で開眼したのだそう)健闘したもののあえなく敗退。のちに確認してみると12級のアリスターさんに対し6級の藤山くん。5級上の格上の相手でした

合宿5日目 全国8000人以上のアマチュア棋士が参加する国内最大級の囲碁大会である『宝酒造杯』への参加。対局するクラスはアリスターさんの持つ12級より5級も格上の8級との対局

5回対局し一番勝ちが多い人が優勝者となる。初戦は敗戦するも格上相手に大健闘してなんと3勝2敗と素晴らしい結果に!

来年も、またぜひ来て、実力を上げ、囲碁を世界に広めてね。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-11-15 08:25 | テレビ | Trackback | Comments(0)

カインとアベル「裏切り?策略?愛?引き裂かれる2人!!」
e0080345_07445711.jpg急に、周囲の責任や期待、注目が大きくなるのに比例して、主人公・高田優(山田涼介)の髪色が黒くなっていく気がするのは、演出?

隆一(桐谷健太)がバンコクの出資危機を乗り切り、喜んだのも束の間。梓(倉科カナ)から、それは、弟・優(山田涼介)による功績だと知り、つい、隆一、優を殴ってしまいます

プロジェクトに出資したファンドが、桃子(南果歩)のフィアンセ黒沢幸助(竹中直人)と知り、父・桃子(南果歩)のフィアンセ黒沢幸助(竹中直人)と知り、貴行(高嶋政伸)は、動揺

また、貴行は、祖父・宗一郎(寺尾聰)には、隆一がひとりで解決したように告げ、「リスクを回避続ける経営者に未来は無い」と提言。

宗一郎は、堅実な隆一より、未知数のある優に、一目置いてる様子です。

黒沢が出資を決めたのは、優を信用したためと言い、思わぬ真実にショックを受ける貴行

貴行はクライアントとの会食に、優を同行させます。

隆一は、梓に結婚したら、退職するようにいい、梓は、現在の仕事を愛してるので… と対立してしまいます。

徐々に波紋が立ちつつあるファミリー… どうなる?

     (ストーリー)

 高田優(山田涼介)は、隆一(桐谷健太)に殴られてしまう。黒沢幸助(竹中直人)からの隆一が手掛けるバンコクのプロジェクトへの出資が、優が頼んだからだと矢作梓(倉科カナ)から聞いたからだ。隆一には、優が黒沢に出資を頼んだ意味がわからなかった。

 貴行(高嶋政伸)も隆一のプロジェクトを助けたのが、黒沢だと知る。桃子(南果歩)からフィアンセだと紹介された時、貴行は金目当てかと疑っただけに苦虫をかみつぶす思いだ。それでも隆一の判断は正しかったと貴行は、宗一郎(寺尾聰)に報告。隆一も優の介在を貴行には話さなかった。

 優は梓から、黒沢の出資の件を隆一に話したことを知らされる。それが原因で隆一が優を殴ったのだろうと謝る梓。しかし、優は意に介していない様子。だが、梓は優の行動を誰かに知ってほしかったのだと訴える。

 そんな時、貴行のもとを桃子が訪ねて来た。黒沢の出資には納得できないが、隆一の判断は正しかったと言う貴行は、桃子にも礼を述べる。すると、桃子の口から貴行にとって驚くべき言葉が飛び出る。黒沢に認められ、出資を取り付けたのは隆一ではなく優だと…。

 帰宅した優は貴行に出資の件を尋ねられる。余計なことをしたと謝る優。なぜ怪しげな黒沢に頼んだのかと続ける貴行に、優はリスクを背負ってでもやらなければいけない時だと思ったと答えた。

 次の日、貴行に呼び出されて優は社長室へ。貴行はクライアントとの会食に同行するよう優に求め…。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-11-15 07:45 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)

レンタル救世主 「成功率0%!?悲しい恋の物語」
e0080345_09394775.jpg今週は、やけに、遊び心で、ドラマに話題性ある人のゲスト出演が多かった気がしたのは、私だけ?

ハンドルネーム・ハイジこと、葉石りさ子(福原遥)が、レンタル救世主へ

好きな人に振り向いて欲しい大作戦で、相手は、配信している動画にコメントをつけてくる“グリーンマスク”さん

既に、少女漫画の王道パターンで、シナリオまで練ってたところが凄いです。

明辺(沢村一樹)と零子(志田未来)がカフェに確認しにいってびっくり。相手は、薫(稲葉友)でした。

一方。薫こと源太は、父である警察署長・碧山(神尾佑)から恋人を紹介しろと迫られ、零子を代役に。

パーティ会場で、ドタバタあって、結局、ハイジも薫も「素の自分」を出せてヨカッタです。

来週は、ラストコップとのコラボ。それぞれ、どうなる?

     (ストーリー)

体調が悪く病院へ行った明辺(沢村一樹)は、そこでハイジ(福原遥)と出会う。しかし、ハイジは明辺の顔を見ると、逃げるように去っていく。ハイジが残していった問診票の自覚症状には“恋の病”と書いていた。

その後、ハイジがレンタル救世主の事務所にやってきた。彼女は、レンタル救世主の力を借りて恋を成就させたいという。ハイジが恋した相手は、彼女が配信するネット動画にコメントを付けていた“Green Mask”という人物。彼に動画をけなされて頭にきたハイジは、罵り返していた。そんなやりとりをするうちに、何でも本音で言い合える間柄になったのだという。

二人はネット上だけの関係だったが、ハイジは偶然、カフェで“Green Mask”と顔を合わせる。“Green Mask”は、そのカフェの店員だった。“Green Mask”が超イケメンと知ったハイジは、彼に恋をしてしまった。

なんとか“Green Mask”と付き合いたくて、ハイジはさまざまな恋愛マンガを分析。彼女は、マンガから見出した恋愛の法則に則って、“Green Mask”が自分に告白させるよう仕向けたいと依頼する。

明辺、葵(藤井流星)、零子(志田未来)はハイジとともに、“Green Mask”が働くカフェへ向かう。“Green Mask”の顔を見て、動揺する零子。“Green Mask”は、零子の顔なじみの女装する男性・薫(稲葉友)だった。薫の恋愛対象は男性で、ハイジの思いに応えてくれる可能性はゼロ。明辺たちは、ハイジを傷つけないためにどうすればいいのか、頭を悩ませる。

そんな中、零子は薫から、頼み事をされる。警察署長を務める父親の碧山(神尾佑)に、恋人を紹介しろと言われて困っているので、零子に恋人のフリをしてほしいという。今すぐ一緒に父親に会ってほしいと薫に言われ、困惑する零子。一方、葵とハイジは、零子と薫が親しげに話し合っている様子を覗き見していて…。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-11-14 09:37 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)

キャリア~掟破りの警察署長~ 「同情犯に人情裁き!!」
e0080345_09244301.jpg金志郎(玉木宏)の時代劇風通会劇と、父親の過去というか、因果にまつわるエピソードが、キャリアというタイトルにひっかけて、縦横の糸になってきましたね。

金志郎が、しがらみでお見合いする羽目になった相手、たぶん、お笑い方面の方だろうなぁ、と思ってたら、大当たりで、官房長の娘・佳奈子(山崎静代)ってのは、ビンゴ気分。

今回は、しっかり主人公が、印籠ならぬ「これが目に入らぬか」状態、しましたね。

しかし、お見合いと並行して、逆ギレ、立てこもり騒ぎで、ドタバタでした。

結婚詐欺も、無事、成敗。佳奈子、金志郎の説得で、ようよう父親から自立して、願いを叶えることができてヨカッタね。

     (ストーリー)

金志郎(玉木宏)にお見合い話が持ち上がった。相手は、警察庁長官官房長の愛娘だ。副署長の半田(柳沢慎吾)から、北町署の将来だけでなく自分の首もかかっている、と懇願された金志郎は、そのお見合いを承諾した。

実里(瀧本美織)は、半田から、金志郎がお見合いに着ていくスーツのコーディネートを頼まれる。が、楽しそうにネクタイを選ぶ金志郎の姿に、何故かモヤモヤした気持ちになり…。

お見合い当日、半田に急かされて北町署を出ようとしていた金志郎は、紙袋を持った男性・吉野(松尾諭)とぶつかってしまう。吉野は、署長につないでほしい、と言いかけたものの、そこに金志郎のお見合い話を聞きつけた主婦たちが押し寄せたため、その場を立ち去る。

金志郎は、官房長の娘・佳奈子(山崎静代)と対面する。が、ふたりきりになった途端、「どうせ断るんでしょう?」と言って泣き出す佳奈子。これまでに、99回も断られてきたのだという。佳奈子が、警察キャリアと結婚させたいという父親の期待に苦しんでいることを知った金志郎は、肩に力が入り過ぎて素敵な部分が伝わらなかっただけ、と慰める。

同じころ、北町署では、金志郎に会いたいという市民が殺到し、署員たちが対応に追われていた。その中には吉野の姿もあった。

一方、実里は、刑事だった金志郎の父親が殉職した事件のファイルをこっそり調べる。そこにやってきた南(髙嶋政宏)は、実里からファイルを奪い取り…。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-11-14 09:25 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

IQ246~華麗なる事件簿~ 「錯覚じゃなかった男達の友情」
e0080345_09145089.jpgとあるアートギャラリーのプレオープニングパーティー。

セレモニーの演出を担当する新進気鋭のアーティスト・千代能光一(成宮寛貴)は、相棒の番田(矢本悠馬)と共に『バナナ&チョコ』という名のアートユニットを結成

ところが、紹介しようとしたとたん、番田が死亡。二重のアナフィラキシーショックによる、殺人事件

沙羅駆(織田裕二)は、番田のスマホを調べ、自殺では無いと断言

偶然、様子を見ていた奏子(土屋太鳳)は、番田は踊っていたと証言

限られた範囲にだけ聞こえるスピーカーを利用、ってのが、ちょっと斬新だったかな?

個人的には、賢正(ディーン・フジオカ)さえ出てれば、OKなのでした。ごめんね。

太鳳ちゃんの「まれ」演技が、ちょっと気の毒に感じてしまう私です

      (ストーリー)

先代の執事・賢丈(寺島進)に頼まれ、とあるアートギャラリーのプレオープニングパーティーにおもむいた沙羅駆(織田裕二)、奏子(土屋太鳳)、賢正(ディーン・フジオカ)はセレモニーの演出を担当する新進気鋭のアーティスト・千代能光一(成宮寛貴)と出会う。

千代能は学生時代からの腐れ縁だという番田(矢本悠馬)と共に『バナナ&チョコ』という名のアートユニットを結成。二人の才能を融合し最先端技術などを取り込んだ斬新なアートは巷で人気を博し、オリンピックの開会式の演出候補にも名前が挙がるほど目覚しい活躍を見せていた。

会場では、ヘッドセットを付けた招待客が『バナナ&チョコ』が手掛けた最新テクノロジーのAR(=拡張現実)を体感していた。空中に手を伸ばし何かを掴もうとしたり、バランスを失って転んだりと大盛況の中、華やかにオープニングセレモニーが始まり、千代能が挨拶のスピーチを行う。招待客から歓声が上がる中、ヘッドセットを付けた番田が会場の上層に登場するのだが、番田は踊るような不可解な動作を見せた後、足場から落ち、沙羅駆ら招待客の前で転落死する。大切な相棒である番田の予期せぬ転落死に打ちひしがれる千代能。現場検証に立ち会った沙羅駆は番田の転落死事件に興味を抱き、千代能の事務所を訪ねるが……。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-11-14 09:15 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)

真田丸「完封」
e0080345_08575400.jpgやりましね。真田丸陣営、見事な勝ちっぷり、です。

主人公の雄叫ぶ晴れ姿「我こそはーーーー、 真田左衛門佐幸村~!」も、バッチリ決まりました。

心の父上、景勝(遠藤憲一)も、うっとり、です。

笑いどころは、茶々(竹内結子)の陣中見舞いなコスプレ姿かな? きり(長澤まさみ)には小声で突っ込まれてましたね。

ますます、立場が微妙になる、兄・信之(大泉洋)

あまりにも、すかっと快勝!だったので、やはり歴史通りに諸行無常になるのかしらん、と、ドキドキな、小心者の私です。

        (ストーリー)

幸村(堺雅人)が築いた真田丸砦に、家康(内野聖陽)は大きな脅威を感じる。徳川軍の中には、信之(大泉洋)の2人の息子たちや、景勝(遠藤憲一)らの姿もあった。幸村は、大助(浦上晟周)らとともに徳川軍を挑発。いらだった一部の徳川兵は一気に真田丸を落そうと攻めかかる。しかし、そのことを知った家康は激しく憤る。真田丸では、又兵衛(哀川翔)や勝永(岡本健一)、盛親(阿南健治)らの牢(ろう)人衆が待ち構えていた
[PR]
by noho_hon2 | 2016-11-14 08:58 | ドラマ | Trackback(9) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
民衆の敵~世の中、おかし..
from ディレクターの目線blog@..
民衆の敵~ふざけんな! ..
from 平成エンタメ研究所
大河ドラマ『おんな城主直..
from レベル999のgoo部屋
おんな城主 直虎 第42..
from みはいる・BのB
おんな城主直虎 第42回..
from 平成エンタメ研究所
NHK大河ドラマ「おんな..
from 真田のよもやま話
【おんな城主 直虎】第4..
from ドラマ@見とり八段
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)