<   2016年 12月 ( 73 )   > この月の画像一覧

ドクターX 外科医・大門未知子4 最終回「さらば大門未知子!!さらば友よ…聖夜のオペも失敗しないので」
e0080345_06220289.jpgまだシリーズが続く余裕かな? 随分、変化球できましたね。

大門未知子(米倉涼子)の公私共の仲間である、フリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)が倒れて…

でも、彼女は自身の身体が難しい状態であることを既に知っていて、覚悟の上、少しでも、娘・舞(藤井杏奈)のため、お金を残したい…と。

「東帝大」では、上海で新病院設立計画を進めている中国の財閥王・王超(矢野浩二)は、スーパードクターの北野亨(滝藤賢一)や博美をはじめ、「東帝大学病院」から優秀な医師を引き抜こうと画策。なんと、博美まで、その誘いに乗っていました。

博美を救うべく、新たな術式を学んだ未知子、極秘手術の最初のオペでは、「失敗はしなかった」ものの、途中で閉じざりを得なくなりました。

ああ、残念。でも、リベンジ。次は、副院長に就任した東子(泉ピン子)も機転を利かして、仲間達も協力。無事、成功することができました。

蛭間(西田敏行)院長。多くの医師に去られ、会議はガラガラで、しょんぼりだったけれど、どうなるのかな?

広報部長・南幾子(草刈民代)のターン・くるりが、ちょっと遊び心?

遊び心といえば、ラスト、ゲストのピコ太郎が患者になってましたね。

メロンを持ち逃げされたのも初めてだったような… まるで次回に続くような最終回は、どう繋がる?

      (ストーリー)

 局所進行膵がんであることを誰にも打ち明けず、気丈に振る舞っていたフリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)が、ついに倒れてしまった! 同志の博美を何とかしてこの手で救いたい――その一心で、大門未知子(米倉涼子)は執刀医になることを申し出る。

ところが、未知子の腕をもってしても、博美のがんは完全切除が不可能な状態…。そのことを重々自覚している博美は、未知子の申し出を断った上で、愛する娘・舞(藤井杏奈)に病気がバレないよう協力してほしいと頼む。

 一方、上海で新病院設立計画を進めている中国の財閥王・王超(矢野浩二)は、スーパードクターの北野亨(滝藤賢一)や博美をはじめ、「東帝大学病院」から優秀な医師を引き抜こうと画策。そんな王の紹介で、ある病気を患った次期大統領候補レオナルド・スコップ(チャールズ・グラバー)と、妊娠中の妻ダイアナ(ジェニー・スキッドモア)が「東帝大」に極秘入院する。北野が担当するレオナルドの手術に、まるで興味を示さない未知子。

ところが術式を聞いた途端、なぜか乗り気に! 第三助手として手術に参加するが、そこで何を考えているのか、“とんでもない行動”に出て…!?

 その直後、未知子は再び博美に、執刀させてほしいと申し出る。「私、失敗しないので」――その言葉に背中を押された博美は、すべてを未知子に託すことに。背水の陣の覚悟で、手術を始める未知子。だが、そんな彼女の手が突如、止まってしまい…!?

[PR]
by noho_hon2 | 2016-12-23 06:22 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

俺物語!! (2015)
e0080345_16464584.jpg思いっきり可愛いオハナシですよね。

なんといっても、鈴木亮平の、「花子とアン」のオトナの魅力をもった村岡英治から「天皇の料理番」の瀕死の優しい兄から、この巨漢のゴリラ男まで演じたのですから、役者魂!です。

また、ペアになってたイケメン・坂口健太郎は、「とと姉ちゃん」の葉っぱのお兄さん、じゃないですか。

いろいろな意味で、役者さんって化けるなぁ、と感慨深かったです。

ヒロインの永野芽郁も、オハナシも可愛くって好きでした。注目された時は、随分、異彩を放ってたみたいですが、原作・少女コミックならではのラブコメを堪能

   (解説)

「別冊マーガレット」で連載され、高校生とは思えないゴツい見た目と巨体の持ち主が主人公という異色の内容で話題を呼んだ少女漫画を実写映画化。仲間からの信望は厚いがモテない男子高校生の純愛を、『映画 鈴木先生』などの河合勇人監督が描く。見た目に反して純情な主人公を、『HK/変態仮面』などの鈴木亮平が体重を30キロも増やして熱演。彼が思いを寄せる女子高生にモデルとしても活躍する永野芽郁、主人公の親友であるイケメンを『娚の一生』などの坂口健太郎が演じる。

   (ストーリー)

情に厚い硬派な日本男児の剛田猛男(鈴木亮平)は、ごつくて大きな体を持ちながらも、女子にモテない高校1年生。ある日、彼はしつこいナンパから助け出した女子高生の大和凛子(永野芽郁)のことを好きになってしまうが、後日再会した際、彼女が猛男の幼なじみであるイケメン砂川誠(坂口健太郎)のことが好きだと気付いてしまう。落胆しながらも凛子と砂川の仲を取り持とうとする猛男だったが……。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-12-22 07:21 | 映画 | Trackback(17) | Comments(0)

逃げるは恥だが役に立つ 最終回SP「夫婦を超えてゆけ」
e0080345_07255595.jpg最終回の妄想劇場は、まさかまさかの「真田丸」パロディの、それも数段重ね!

途中、みくり(新垣結衣)が煮詰まってたけれど、今度は、みくりのおかげで成長した平匡(星野源)が手をさしのべ、共に殻を破ったのも、ヨカッタです。

偶然、親友の安恵(真野恵里菜)の誘いで始めた青空市の仕事でしたが、みくりに多くのものを運んできましたね。

それに、脇役の隅々に至るまで(あの沼田@古田新太までが!)、ハッピー・エンドで、ヤンヤ。

百合(石田ゆり子)も昇進と、風見(大谷亮平)との年の差ラブが叶い、おめでとう!

百合ちゃんと、ポジティブ・モンスター五十嵐(内田理央)との対話も味わい深かったです。結果、五十嵐が粋な計らい。

個人的には、日野(藤井隆)のリアル妻・乙葉まで出てきた遊び心にはウケまくったのでした。

これからは「それは、応相談で」が流行るかな? (^^*)

なにげに、毎回、登場するお食事シーンのメニューが、とても美味しそうでした。愛と憧れを込めて「みくり飯」とネーミングされたのも納得です。

社会性を持ちつつも、ユーモラスで可愛く、ドラマ化。エンディングに至るまで(NGシーンを含んだフルバージョン)サービス精神たっぷりで、感動モノでした。

特に、キャスティングが抜群でしたね。いろんな意味で満足でした。スタッフの皆様、いい仕事、お疲れ様でした。

       (ストーリー)

みくり(新垣結衣)へ突然プロポーズをした津崎(星野源)。しかし、その行動に津崎のリストラが影響していることを知ったみくりは複雑な気持ちでいた。 また、親友の安恵(真野恵里菜)の誘いで副業をはじめたことにより、次第に本職である主婦の仕事が手につかなくなってしまったみくり。心の余裕の無さから、優しい気遣いを見せる津崎にもきつくあたってしまう。

一方、17歳の年の差がある百合(石田ゆり子)に対して、自分の本当の気持ちを伝えた風見(大谷亮平)。その告白を受け、戸惑いを隠せない百合はあることを心に決める。

夫=雇用主、妻=従業員の、仕事としての結婚からはじまった2人の夫婦生活。 ハグをして、恋人になり、近づいては離れるもどかしい関係が続いたが、果たして、2人が最後に下す決断とは…?

[PR]
by noho_hon2 | 2016-12-21 07:26 | ドラマ | Trackback(15) | Comments(0)

YOUは何しに日本へ?(思い出のカツ丼ラブと離れて暮らす妻子愛し)
e0080345_16185214.jpg祝150回記念 あなたに逢いたくて逢いたくてSP~【30年前に食べたカツ丼が食べたい】~ が味わい深かったです。

世界的なビッグネームと仕事してる有名振付師の彼が、離婚して別れた妻子に会い、かつ、日本の仕事をしてた様子が愛しかったです。

一緒に仕事してた若者達には、ほとんど神!な存在

それだけに、プロ魂の宿った仕事ぶりは素晴らしく、だけど、サプライズで会いにきた息子さんは、あまりにも幼く、途中で飽きちゃって、途中で「帰りたい」と駄々をこね、(^^;)だったのでした。

プロの顔と、息子を溺愛するパパの顔が愛しかったです。

また、30年前、宣教師として初めて日本を訪れ、当時は、今以上に食べ物の好き嫌いが激しく、不安でいっぱいだったけれど、初めて食べたカツ丼が、あまりにも美味しくて、日本でやっていける自信が。

結果、日本で結婚し、今年、孫もできたアメリカ人のエリック・ジャクソンさんの、思い出の味を求めて、エピソードも、しみじみとヨカッタです。

なんと、その老舗は41年前からこの地でお店をやっているとのこと。増築して微妙に店構えは変わったけれど、秘伝のタレの味は「そうだよ。この味だ!」とエリックさん。

大感激して、ひとまわり大きくなった「要予約の、日本一カツ丼」をペロリ、だったのでした。

縁は奇なもの味なもの。この「カツ丼」がエリックさんを、日本へと引き止めたのですね。店主も感激してました。

ヨカッタです。出会いはドラマよりも、ドラマチックですね。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-12-20 16:19 | テレビ | Trackback | Comments(0)

ビストロSMAP (ゲスト タモリ)
e0080345_07505040.jpgやはり、このチョイスは間違ってなかったですね。

メンバー達が、それぞれの思い出、「いいとも」や、歌番組、初出演のティーン・エイジャー時代の彼等の映像は、本当に初々しく、若々しく、感慨深いものがありました。

特に、思い出映像とエピソードは、どれも、なかなか味わい深かったです。

長時間番組では、仮眠をプレゼントしたり… さっすがぁ

タモリも大人の懐の深さで、彼等を上手にあしらったり、あしらわれたり。話芸の上手さが光りました。

個人的には、草なぎ君が緊張して喋れないのをマネージャーに叱られたけれど、タモリさんからは「喋らなくても良いんだよ」とアドバイスされて気が楽になったエピソードは、さすが達人と感じたなぁ… 第一線で残れる方、ダテじゃないです。

最後に、ビストロをジャッジしたり中居クンと、「引き分けにしたい」タモリがお互い、引かなかったのも可笑しくて

タモリさんからのプレゼントも粋でしたね。番組名とメンバーの名前がアルファベットで入った星型のペーパーウエイト。“五角形”と思いが込められたプレゼントに、メンバーも大感激。

観られてヨカッタです。ひょっとして、この日の収録は観客を入れてたのかな? 笑い声が自然でした。

いろんな意味で、大正解。面白かったのでした。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-12-20 07:51 | テレビ | Trackback(1) | Comments(0)

カインとアベル 最終回「山田涼介主演!激動の最終回!お前だけは許さない!」
e0080345_07355760.jpgとりあえず、ハッピー・エンドだったのかな?

あんなに怪しさ爆発の桃子(南果歩)のフィアンセ、黒沢(竹中直人)がファミリーになることで、会社の危機も救ってもらい、

高田優(山田涼介)、隆一(桐谷健太)兄弟も、心にしまってた、相手へのコンプレックスを吐露して和解することができたし

優が、贈賄容疑で拘置所に収監されて食事にも手をつけず、やつれ姿も、意外とファンには、萌えだったかな?

柴田ひかり(山崎紘菜)と、良い感じになるとは思ってなかったので、これは、やや予想をハズレました。

女将(大塚寧々)が、大人の貫禄で、ちょっと役得?

山田涼介と、桐谷健太も、この極端設定。よく振幅の激しい演技をしたと思います。やはり、彼等の劇場だったかも。これをきっかけに、大きく成長して欲しいなぁ、と思ってしまうことしきり。

個人的には、このタイトルに引っ張られすぎて、少々、損をした気がしました。

今のトレンドからは、やや外れた仰々しい音楽は、ちょっと笑いの一歩手前だった… かも。

     (ストーリー)

高田優(山田涼介)は、贈賄容疑で拘置所に収監されることに…。隆一(桐谷健太)が面会に行くも、優は応じず。優は食事にも手をつけようとしない。柴田ひかり(山崎紘菜)が面会に行くと、そこにはやつれた姿の優が。心配するひかりに、優はあることを告げる…。

 隆一は、久しぶりに貴行(高嶋政伸)のもとへ優について相談に行く。貴行は、まだ優に会いに行っていない。マスコミに騒ぎ立てられることを懸念する貴行の真意が隆一には分からない。加えて、貴行は今回の一件の責任のすべてを優に背負わせると告げる。貴行の冷たい姿勢が、やはり隆一には理解できない。しかし、それは高田総合地所を守るため。貴行の苦渋の決断だった。父親としては優の身代わりになってやりたいと本音を漏らす。

 そんな中、高田総合地所の株価は、今回の不祥事でじわじわと下落し始めていた。ある程度の下落は予想できるが、下げ止まる気配すら見せようとしない。果たして、会社はどうなってしまうのか?拘留された優、そして隆一、貴行たちは、この最大の危機を乗り越えることができるのか!?

[PR]
by noho_hon2 | 2016-12-20 07:37 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)

IQ246~華麗なる事件簿~ 最終回「最期の知恵くらべ」
e0080345_08343556.jpgマリア・T(中谷美紀)の陰謀で、彼女の仲間と見なされ、警察の機動隊に包囲

棚田警視総監(篠井英介)により、沙羅駆の射殺許可命令が下った、沙羅駆(織田裕二)は奏子(土屋太鳳)や賢正(ディーン・フジオカ)

賢正がおとりになって、その場を突破します

が、3人が車に乗り込もうとしたところ沙羅駆の命を狙っていた警察のスナイパーに気がついた奏子が沙羅駆を庇い、撃たれてしまいます

二人は奏子を連れて病院へと駆け込むのですが

その頃、日本中で大規模停電が… 政財界では御前会議あてにマリア・Tから「日本中の電気の中枢をハッキングした」との脅迫状が届き、御前様(井上真樹夫)や御前会議の幹部・黒木(上杉祥三)が一刻も早くマリア・Tの行方を突き止めるよう棚田を急き立てます

そうこうする中、お屋敷で、沙羅駆とマリアTの直接対決

ランダムに毒を盛ったカプセルを交互に飲む、ロシアン・ルーレット方式。

結果、最後に、マリア・Tが倒れ、沙羅駆は一命をとりとめます。って、マリア・Tも、沙羅駆の機転で救われるのですが

ある意味では、サスペンスフルでしたが、織田裕二の作り込んだ演技と、土屋太鳳の「まれ」風キャラが、ちょっとしんどかったです。

個人的には、限りなく、宿敵の中谷美紀と、執事のディーン・フジオカ目当てで見てた感じで、(^^*)

      (ストーリー)

マリア・T(中谷美紀)の策略で警察からマリア・Tの仲間と見なされてしまった沙羅駆(織田裕二)は奏子(土屋太鳳)や賢正(ディーン・フジオカ)と共にアジトから逃げ出したマリア・Tを追いかけようとするが、その矢先に警視総監の棚田(篠井英介)が発動した“沙羅駆射殺許可命令”によって現れた機動隊に取り囲まれてしまう。

問答無用で追い詰めてくる機動隊員たちを賢正が何とかやり込め、沙羅駆たち3人は取り囲んでいた機動隊からの脱出を図る。だが3人が車に乗り込もうとしたところ、物陰で沙羅駆の命を狙っていた警察のスナイパーに気がついた奏子が沙羅駆を庇い、撃たれてしまう。腹部に被弾し倒れる奏子の姿を前に、スナイパーへ激しく憤る沙羅駆。賢正はそんな沙羅駆に奏子の治療をすることが先決だといさめ、二人は奏子を連れて病院へと駆け込むのだが……。

一方、政財界では御前会議あてにマリア・Tから「日本中の電気の中枢をハッキングした」との脅迫状が届き、御前様(井上真樹夫)や御前会議の幹部・黒木(上杉祥三)が一刻も早くマリア・Tの行方を突き止めるよう棚田を急き立てる。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-12-19 08:35 | ドラマ | Trackback(7) | Comments(0)

真田丸 最終回
e0080345_07594845.jpg本当に、あと1歩、あと1歩のところまで、幸村(堺雅人)、家康(内野聖陽)に馬上から迫ったんですがね。

天が味方してくれなかった、というか… 戦の流れの恐ろしさを感じたのでした。

さて、徳川方との決戦が始まり、野戦に持ち込んだ幸村たちでしたが、圧倒的に形勢不利

でも、毛利勝永(岡本健一)の活躍で、いったんは押せ押せモードに

そんな中、大坂城にて出馬するはずの秀頼(中川大志)は、幸村の裏切りの噂を聞くわ、

秀頼を呼びにいった者の千成瓢箪が引き返したことがもとで… 兵達は大きく勘違い。事態は凶と出て…うるうる

でも、幸村対、家康の睨み合いはクライマックスの迫力ありました。

それにしても、秀忠(星野源)思いっきり「逃げるは恥だが役に立つ」になってて、これって笑いどころ?

結局は、「もはや、これまで」と佐助(藤井隆)に介錯をお願いして、自害した幸村も、茶々(竹内結子)も秀頼も、滅びる図を映さなかったのは武士の情けに感じました。

個人的には、幸村の心の父、上杉景勝(遠藤憲一)の涙に、ジーーーン

ラストは信之(大泉洋)が飾ったのもヨカッタです。

ネットでは、きりちゃん(長澤まさみ)が徳川に入って、毒入り天ぷらを盛る、願望物語まで出て笑かしてくれるし…

面白かったです。人気ともども、歴史に残る大河と確信

      (ストーリー)

豊臣と徳川の決戦が始まった。大坂城を出て、野戦に持ち込む幸村だったが、 形勢は圧倒的に不利。 死を覚悟する茶々に、幸村は「望みを捨てなかった者にのみ、道は開ける」と諭す。やがて勝永らの活躍により戦況は一転、豊臣方は徳川軍を次々と撃破する。だが秀頼のもとに、幸村が寝返ったといううわさが広がる…。 幸村は、家康ただ一人に狙いを定め、一騎で突き進んでいく!

[PR]
by noho_hon2 | 2016-12-19 07:59 | ドラマ | Trackback(17) | Comments(0)

土曜ドラマ「スクラップ・アンド・ビルド」
e0080345_10134768.jpg原作は、羽田圭介の芥川賞受賞作品。

こういう物語とは思ってなかったので、感心したのでした。

人生の模索&再生物語。

柄本佑 山下リオ 浅香航大 秋元才加 浅茅陽子 山谷初男が、いい味だしてました。

ドラマゆえ、介護の現実も、絵になるキレイな部を表現してましたが、雰囲気的によく伝わり、柄本佑と、山谷初男が好演。

佳作だった気がしました。観られて良かったです。

    (ストーリー)

失業中の健斗(柄本佑)は「早う死にたか…」といつもこぼす祖父(山谷初男)と同居中。彼はある時ふと祖父のその願いを真面目に受け止め、「望み通りの安らかな死を迎えさせてあげたい」というおかしな決意をする。健斗は祖父の体から筋力や抵抗力を奪うために家を片づけて超バリアフリーにするなど、どこか滑稽で、そして息詰まる祖父との介護の攻防戦(?)を展開し、そして意外な結末が…。羽田圭介氏の話題作のドラマ化。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-12-18 10:13 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

リテイク 時をかける想い「101人の未来人!?」
e0080345_10061270.jpgアイドルグループのメンバーに「昔の自分」を重ねて見てしまい、感慨する、全く違った道を選んだ、2人の女性が味わい深かったですす。

オーディション姿の薫(成海璃子)は、ちょっとしたサービス・ショットだったのかな?

私は面白かったです。

      (ストーリー)

新谷(筒井道隆)はアイドルグループ「ホワイトラバーズ」の撮影会で、メンバーのマリエ(森田涼花)に「君の未来が分かる。あんな男と結婚したら駄目だ」と不気味に迫る男性を見掛ける。翌日、マリエとアーティストの白川(小林豊)との交際が報道された。前日、マリエに迫っていた男性は未来人ではないかと思った新谷は、ホワイトラバーズに接触するため、メンバーオーディションに薫(成海璃子)を無理やり参加させる。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-12-18 10:06 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
【フランケンシュタインの..
from ドラマ@見とり八段
「蜜のあわれ」
from 元・副会長のCinema D..
「MONSTERZ」操れ..
from オールマイティにコメンテート
『MONSTERZ』をト..
from ふじき78の死屍累々映画日記
MONSTERZ モンス..
from 銀幕大帝α
WALL・E / ウォーリー
from Akira's VOICE
映画評「蜜のあわれ」
from プロフェッサー・オカピーの部..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
ウォーリー (2008)
at 2017-06-22 07:45
蜜のあわれ (2016)
at 2017-06-22 07:21
MONSTERZ モンスター..
at 2017-06-21 07:37
あなたのことはそれほど 最終..
at 2017-06-21 07:25
TOO YOUNG TO D..
at 2017-06-20 08:50
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)