<   2016年 12月 ( 73 )   > この月の画像一覧

下瀬信雄写真展「つきをゆびさす II」
銀座ニコンサロンで、下瀬信雄写真展「つきをゆびさす II」を鑑賞

指月(しがつ・しげつ)は仏教用語で「つきをゆびさす」ことを言うのだそう。月という真理を指し示しているのにその指先だけにとらわれると両方を見失うという楞厳経(りょうごんきょう)の教えによるとのこと。

作者の育った萩には指月(しづき)公園という城跡があり子供の頃からの遊び場でした。萩城は別名「指月山城」(しづきやまじょう)とも呼ばれ、毛利氏の居城だったが明治以後城は取り壊され公園に

「つきをゆびさす」はその「指月」に由来する題名で、指し示す「写真」と指し示そうとする「思い」との関係を模索する中で生まれた、とか

面白いですね。

着眼点がユニークで、撮られた対象も「足湯する大根足」とか、ユーモラスで面白かったです。

e0080345_16550203.jpg



[PR]
by noho_hon2 | 2016-12-17 17:02 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

砂の塔~知りすぎた隣人 最終回「最終話!誰も予想できなかった結末…謎の誘拐事件、衝撃の真相!」
e0080345_06221938.jpg寛子(横山めぐみ)の子供を誘拐したのは、夫・阿相(津田寛治)の狂言でした。「自分の金を手にして、何が悪い」と開き直ることしきり。

ついに、寛子が自棄になり、クリスマスツリーを倒したことから、出火。最上階が火事に

奥には、犯人と、和樹(佐野勇斗)が閉じ込められてて…

また、ハーメルン事件は、虐待された子供・生方(岩田剛典)の母親が認知症になり、なぜか、子供の前だけは心を開き、連れてきたことで発端… 憎いけれど愛してる複雑な気持ちから、事が重大になり…

ラスト、弓子(松嶋菜々子)は、和樹に自らが母親であることを打ち明けることなく、その友人としてメッセージを交換し、去っていったのでした。

     (ストーリー)

「ハーメルンの犯人を見た」と亜紀に言い残し、突如姿を消した和樹。健一は、和樹を手放さざるを得なくなった弓子(松嶋菜々子)が強硬手段に出て、連れ去ったのではと焦る。そんな矢先…彼らが住むマンションで、黄色いカーネーションが発見された!さらわれたのは和樹なのか、それとも別の子ども―?住民たちに緊張が走る中、生方(岩田剛典)は犯人らしき人物と遭遇!揉み合う中、生方を襲う刃がきらめいた!

一方、犯人の手掛かりを掴んだ刑事・荒又と津久井は山梨県へ急行!しかし辿りついたのは誰も住んでいない廃村だった。

何故こんな場所に犯人が――?いぶかる彼らを森の中から狙う、怪しい目線…
あらたなる謎に振り回される刑事達はそこで、悲劇と愛に満ちた衝撃の事実を目撃する!

いよいよ明かされる衝撃の結末…
誰も予想できなかった連続誘拐事件の真相とは…?

[PR]
by noho_hon2 | 2016-12-17 06:22 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

勇者ヨシヒコと導かれし七人「最強装備を入手せよ!!」
e0080345_06060390.jpg今回は、完全にラストダンジョンで、最強装備をゲットする、ゲーム自体のパロディでしたね。

いきなり、「賢者の石」でムラサキがザオリクを覚え、なぜかメルブが手にすると壊れてしまい

滑る床とか、ダメージ床に、ミミック… 少ない予算で、冒険活劇。モンスターや岩も学園祭風に、手作り感満載に演出してあったのも笑えたのでした。

しかし、ヨシヒコがダメージ床で瀕死になり、ムラサキがルーラを唱えて天井にぶつけて、ヨシヒコ、棺桶状態。それを利用して、メルブの装備をゲットしてきたのも可笑しかったです。

ヨシヒコの最強の剣を守ってたのが、テレビ東京らしく、妖怪ウォッチのキャラってのもプププ…

来週は、ついに最終決戦ですね。楽しみ楽しみ

     (ストーリー)

ヨシヒコ(山田孝之)一行は、ついに天空の魔王の大神殿にたどり着く。すると、仏(佐藤二朗)が現れた。仏のお告げによれば、7人の玉人は魔王の弱点を突く力を持ってはいるが、最後の弱点はヨシヒコが突かなければならないという。そのためには、魔王の神殿から三つの宝「賢者の石」「炎の刃(やいば)」「トドメの剣」を奪わなければならない。それらを手に入れるため、ヨシヒコたちは神殿の宝を守る強敵に戦いを挑む。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-12-17 06:04 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)

Chef~三ツ星の給食~ 最終回「奇跡起こせ!三ツ星の給食」
e0080345_08352405.jpg最終回としては、なかなかキレイにまとまっていたのではないでしょうか?

可能性を感じつつ、おさまるべきところに、おさまった感じ

光子(天海祐希)が元いたお店「ラ・キュイジーヌ・ドゥ・ラ・レーヌ」に戻ってほしいと篠田(小泉孝太郎)から依頼されたけれど、断り、

逆に、お店を出て、給食や屋台を経験したことで、ワクワクすることができた。と成長を喜びます。

人は、ワクワクする場所にいるべきではないか、と

その言葉を聞き、光子のレシピにこだわってたけれど奥寺健司(豊原功補)に、「自分らしいオリジナルを」作りよう薦め、星はひとつ落として2になったけれど、お客さんには評判です。

また、学校では「給食の地産地消イベント」をすることになり、しいたけ、ピーマン、ネギ、セロリという、「残食四天王」に挑戦することに。あいかわらず、光子は張り切り、試行錯誤。スタッフの研究と頑張りもあり「最高に美味しい」と大評判に。

このワクワク感が良いとウケて、取材されてオンエアものも好評。そんなこんなあって、給食で初めて星をひとつもらうことに。

この快挙に、市もオリジナリティを尊重し、給食センターの話はなくなりました。

光子は「私が作るのだから、星3つでなくちゃ」と不満ですが、これをバネにさらにバイタリティを発揮しそう

娘の晴子(川口春奈)と共にキッチンに立つ姿は楽しそうでしたね。

個人的には、新鮮なエンケンさんが観られて嬉しかったです。スタッフ達のポンコツぶりも御愛嬌。

改めて、立ち上がり部分と快進撃・以前のトロトロが悔やまれるのでした。

     (ストーリー)

篠田(小泉孝太郎)から、「ラ・キュイジーヌ・ドゥ・ラ・レーヌ」に戻ってほしいと頼まれた光子(天海祐希)は、自分を追い出しておいて今さら身勝手な言い分だと反発する。しかし篠田は意外な告白をして、光子が輝けるのは三ツ星のステージだ、と言い残して去って行く。予想もしなかった篠田の言葉に光子も内心揺れ動く。そんなふたりのやりとりを、偶然、晴子(川口春奈)が目撃する。

同じ頃、荒木(遠藤憲一)は、校長・坂東(春風ひとみ)とともに市長を訪ね、学校で開催する「給食の地産地消イベント」に来てほしいと要請する。自校給食を残したい一心の荒木は、うちの給食は世界一だと言ってしまう。

イベントまで1週間となった頃、当日の給食で使用する地元野菜のサンプルが届けられた。しいたけ、ピーマン、ネギ、セロリで、光子は、どれも最高の食材だと目を輝かせるが、荒木らは絶句。それは、「残食四天王」と言われる、子供が最も苦手な野菜だった。残食四天王を最高に美味しくすることが、給食をアピールする絶好のチャンスだと光子は言うが、荒木のメニュー作りは難航。光子も知恵を絞るが、3日前になっても、しいたけを使ったメインのメニューが決まらない。

一方の早紀(友近)は、イベントを盛り上げるべく、イベントをアピールする動画を制作してネット上で流すことを提案する。そんな早紀に、なぜここまで協力してくれるのか、と光子が聞くと、視聴率を取れる最高の素材を失う訳にはいかないから、と早紀は答えた。

一方、奥寺(豊原功補)は光子のアドバイスを受けて「三種の神器のトゥルト」の改良に取り組んでいた。 イベント開催が迫ったある夜、光子はラ・レーヌのオーナー室で、篠田と向かい合い…。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-12-16 08:35 | ドラマ | Trackback(7) | Comments(0)

ドクターX 外科医・大門未知子4「最終章~母子同時オペ!?わずか25センチの命」
e0080345_07513786.jpg今回の患者さんは、中国の大財閥を率いる王超(矢野浩二)の妻・十希子(黒木メイサ)。冒頭、大門未知子(米倉涼子)と晶(岸部一徳)が、神社で偶然、遭遇し、不倫疑惑してのち、な~んだ

十希子は心臓疾患に胎児の危機をも伴う難手術。

いったんは胎児が心停止し、ハラハラ・ドキドキだったけれど、ゴッド・ハンドで無事成功。

そして、リンクして、スポットが当たってたのは、レギュラーであり、シングルマザーの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)でした。

最終回への前フリだった感です。

かなり見応えあったし、数字も良かっただけに、今シリーズは、どうフィニッシュするか楽しみ楽しみ。

       (ストーリー)

ある日、神社を参拝した大門未知子(米倉涼子)は、驚きの光景を目にする。「東帝大学病院」の外科部長・西園寺猛司(吉田鋼太郎)が、どう考えても自分の妻ではない妊婦に、安産のお守りを買ってあげていたのだ! また懲りずに不倫か!?…と訝しがる未知子だが、真相は分からずじまいで…。

 まもなく「東帝大」に、中国の大財閥を率いる王超(矢野浩二)の妻・十希子(黒木メイサ)が出産のため入院する。なんと、彼女こそは西園寺と一緒に神社にいた妊婦だった!

 しかも検査の結果、十希子は心臓疾患を発症しており、このまま妊娠を継続すれば母体の命が危険にさらされることが判明する。西園寺らはうろたえるが、未知子は自分が心臓のオペをすると志願。だが、十希子は毅然とした態度で、「心臓の治療はしなくて結構。私の命よりも子どもの命を優先してください」と言い放つ。

 シングルマザーの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)は十希子の思いに理解を示すが、どうしても納得がいかない未知子。副院長の久保東子(泉ピン子)も、真っ先に十希子を治療すべきだと主張する。そんな中、未知子は必死に、十希子も子どもも両方救う術式を模索するが…!?

 しかし、その先には大きな障壁が立ちはだかっていた。なんと非情にも、十希子の前に“さらに残酷な事実”が突き付けられることに! そして…未知子の行く手にもまた、“残酷すぎる事実”が待ち構えていた――。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-12-16 07:52 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

『FNS歌謡祭』第2夜
e0080345_08423803.jpgやはり年末ならではの、ご馳走感ある歌番組は楽しいです。

MCは森高千里と「アンジャッシュ」の渡部建、進行はフリーアナウンサーの加藤綾子

特に、冬とクリスマスをテーマにアイドルがいっぱいで、大いにワクワク、だったのでした。

(録画をザッピングしまくりでゴメンなさい、でしたが… (^^;)ゞ)

トリが、堂本兄弟ってのもフジらしかったかな? 

個人的には、BOØWYリスペクトバンドが新鮮でした。

ピコ太郎は、本当に今が旬ですね。

【出演者】
AI/aiko/綾小路 翔(氣志團)/AyaBambi/[Alexandros]/E-girls/家入レオ/いきものがかり/井上苑子/AKB48/A.B.C-Z/SKE48/NMB48/大原櫻子/吉川晃司/きゃりーぱみゅぱみゅ/℃-ute/桐谷健太/KinKi Kids/久保田利伸/Crystal Kay/クリス・ハート/KREVA/欅坂46/ゴスペラーズ/GENERATIONS from EXILE TRIBE/SHINee/ジャニーズWEST/私立恵比寿中学/水曜日のカンパネラ/Sexy Zone/DAIGO/高橋まこと(JETSETBOYS、ex.BOØWY)/高橋 優/T.M.Revolution/TETSUYA(L'Arc〜en〜Ciel)/堂本ブラザーズバンド(KinKi Kids、高見沢俊彦、槇原敬之、西川貴教、高橋みなみ、DAIGO、吉田 建、浅倉大介、堂島孝平、小田原豊)/Dream Ami/AAA/西内まりや/西野カナ/乃木坂46/back number /Happiness/ピコ太郎/HISASHI(GLAY)/広瀬香美/Flower/ふわふわ/Hey! Say! JUMP/BoA/星野源/ポルノグラフィティ/槇原敬之/三浦大知/Ms.OOJA/水樹奈々/MIYAVI/モーニング娘。'16/ももいろクローバーZ/森保まどか(HKT48)/山本耕史/Little Glee Monster
※50音順

【コラボレーションの曲名・組み合わせ】
“明日はきっといい日になる” 高橋優✕井上苑子
“Cry & Fight”  三浦大知✕MIYAVI
“クリスマス・イブRap”  KREVA✕三浦大知
“恋人がサンタクロース” Flower✕家入レオ
“Silent Night” 西野カナ✕ゴスペラーズ
“白い恋人達” Crystal Kay✕Ms.OOJA✕AAA(西島隆弘・浦田直也・宇野実彩子・伊藤千晃)✕森保まどか(HKT48)
“Soul 2 Soul feat. AI” 久保田利伸✕AI
“大好き” 大原櫻子✕生田絵梨花(乃木坂46)✕井上苑子
“PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)FNS ピコっとクリスマスver.” ピコ太郎✕アイドル100名
“Fire Bird”  MIYAVI✕AyaBambi
“僕たちの未来” 家入レオ✕百田夏菜子×鈴木愛理
“ママがサンタにキッスした” Little Glee Monster✕クリス・ハート
“ミモザ” ゴスペラーズ✕平手友梨奈(欅坂46)
“メリクリ” BoA✕Dream Ami
“桃太郎” 水曜日のカンパネラ×私立恵比寿中学

<KinKi Kids 20周年&堂本ブラザーズバンド15周年スペシャルメドレー>
“Secret Code”
“全部だきしめて”
“Hey! みんな元気かい?”
“道は手ずから夢の花”
堂本ブラザーズバンド
(KinKi Kids、高見沢俊彦、槇原敬之、西川貴教、高橋みなみ、DAIGO、吉田建、浅倉大介、堂島孝平、小田原豊)

<今夜限定!BOØWYリスペクトバンド>
“Dreamin'”
“Marionette -マリオネット-” 
Vocal T.M.Revolution 西川貴教
Vocal 綾小路 翔(氣志團)
Vocal DAIGO(BREAKERZ)
Guitar HISASHI(GLAY)
Guitar 山本耕史
Bass TETSUYA(L'Arc〜en〜Ciel)
Drums 高橋まこと(JETSETBOYS、ex.BOØWY)

<クリスマススペシャルメドレー>
“赤鼻のトナカイ”
“あわてんぼうのサンタクロース”
“We Wish You a Merry Christmas”
“All I Want For Christmas Is You”
“サンタが町にやってくる”
“シンデレラ・クリスマス”
KinKi Kids・Hey! Say! JUMP・Sexy Zone・A.B.C-Z・ジャニーズWEST×豪華共演者

<アイドルコラボメドレー2016>
モーニング娘。'16×AKB48
ももいろクローバーZ×℃-ute
AKB48×ももいろクローバーZ
乃木坂46×欅坂46
FNSオリジナルの選抜チーム
FNS IDOL ALL STAR

<広瀬香美と発売年生まれのアーティストがウィンターソングメドレー>
“ゲレンデがとけるほど恋したい”広瀬香美×ももいろクローバーZ
“DEAR...again”広瀬香美×Happiness
“ロマンスの神様”広瀬香美×NMB48
“雪のクリスマス” クリス・ハート✕Little Glee Monster

[PR]
by noho_hon2 | 2016-12-15 08:43 | テレビ | Trackback | Comments(0)

寄生獣 完結編 (2014)
e0080345_08305221.jpgやや苦手な分野ながら、テレビ版なら大丈夫かな?と、おそるおそる観た前編が、なかなか味わい深く、面白かったので、後編も楽しみに観てみました

SFサスペンスとはいえ、演技派・実力派の俳優さん達が、大熱演。

中でも、深津絵里、大森南朋、浅野忠信、橋本愛の存在感と演技が印象に残りました。

特に、親となり、人間性や母性に目覚め、模索する深津絵里は圧巻だったかな?

浅野忠信もボス感満載なオーラが際立ってました。

もちろん、主人公の染谷将太も、この壮大な物語の主人公にふさわしかったし、ミギーの声を演じた、阿部サダヲが説得力。

おそらく原作は、もっと深淵なテーマを迫力満点に描いてたんだろうなぁ、と思いつつ、この作品はこれで、なかなか秀作だったように思われて。

観られて満足

    (解説)

岩明均のコミックを2部作形式で実写化した、SFサスペンスの後編。右手に寄生生物ミギーを宿した少年・新一と人類を食糧とするほかのパラサイトたち、彼らの全滅を図る特殊部隊が入り乱れる、壮絶なバトルが展開。監督に山崎貴、キャストに染谷将太、深津絵里、橋本愛、北村一輝、國村隼、浅野忠信ら前作のメンバーが結集した。地球での生存を懸けた人類とパラサイトの激闘の行方に加え、新一とミギーの友情をめぐるドラマも見どころ。

    (ストーリー)

新一(染谷将太)の暮らす東福山市で、市長・広川(北村一輝)が率いるパラサイトたちの強大なネットワークが形成されていく。彼らの動向を注視していた人類側は、パラサイトの全滅を図るべく特殊部隊を編成して広川と配下たちの根城となっている東福山市庁舎の急襲を画策していた。静かに対決の時が迫る中、パラサイトの田宮良子(深津絵里)は人間の子供を生んだのを機に人類と共存する道を探る。新一とミギーがその鍵になると考えるが、彼は母親を殺したパラサイトへの憎しみと怒りに支配されていた。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-12-15 08:31 | 映画 | Trackback(28) | Comments(0)

逃げるは恥だが役に立つ「15分拡大SP! 恋愛レボリューション2016」
e0080345_08301876.jpgラス前、安住アナをゲストに、変則フルの恋ダンス。NGシーンも混ざってて、その、徹底したサービス精神が素敵でした。

しかし、平匡(星野源)の部屋に、パジャマで「おじゃまします」の、みくり(新垣結衣)だったけれど、ビギナーの悲しさ。

混乱して逃げ出してしまうとは… 夜の横浜、大疾走。それも平匡らしかったかな?

でも、雨降って地固まる。帰ってきた平匡とみくりは、ついに…

それは、平匡の「爽快な朝」が象徴してて、まるで「風と共に去りぬ」のスカーレットの鼻歌みたいで、可愛かったです。

みくりの、妄想・「新婚さん、いらっしゃい」も笑えました。

しかし、問題は、平匡がリストラの候補に挙がってしまったこと。沼田(古田新太)は胃に潰瘍ができるほど悩んだみたいだし… でも、説明されれば、仕方ないかな、それにしても、優秀すぎて、逆に選ばれてしまうとは!

「どこでも、やっていける逸材」と見られたのかもしれませんね。それに、書類上、独身なのも、理由のひとつ。

みくりに、餃子作りを褒められ、「また新しい発見とヨロコビがあるんだな」と感動する平匡がお気の毒です

平匡、懸命に電話で問合せまくりますが、どうやら、みくりにプロポーズするためのレストラン探しだったよう。気合い入ってます

でも、食事の誘いを、焼き鳥と予測し、服装のギャップで恥ずかしい思いをする下りも、また伏線?

それに、百合(石田ゆり子)と、風見(大谷亮平)。ちょっと反発、「甥っ子枠」と牽制しつつ、なんかイイ雰囲気ですね。風見も自分の気持ちをびしっと言い、百合もまんざらじゃなさそう。こちらもハッピーエンド期待できるかな?

それに、みくり、親友の安恵(真野恵里菜)に頼まれ、地元商店街の発展企画を出しますが、完全にボランティア状態になってたのに問題提示。「「やりがい搾取」を見過ごしてはいけません」と理路整然と訴えるところも、みくりらしかったです。結果、日給三千円で働くことに

同時に、これはラストとシンクロ?

そして、平匡、みくりにプロポーズするのですが、「リストラされそうなので、より生活を合理的に」と説明した順番もまずかったかな? 「好きの搾取」と反発されて、

素朴に考えて、平匡。下手に合理性から、説得するより、まずキモチ。「好きだから、一緒になりたい。共に危機を一緒にのりきってください」とお願いすればヨカッタのにね。

可愛いオハナシでありつつ、深い問題提示もされてて、秀逸なドラマですよね。

ラストは、どういう風にフィニッシュするのか、楽しみ楽しみ

      (ストーリー)

ようやくお互いへの本当の気持ちをぶつけ合うことができたみくり(新垣結衣)と津崎(星野源)。恋人同士の甘い生活がはじまり、楽しそうなみくりに対して、長年“プロの独身”を貫いてきた津崎は初めてのことばかりで、どこか緊張気味…。

一方、何事にも動じない強いはずの百合(石田ゆり子)の涙を目にしてから、百合のことが気にかかる風見(大谷亮平)。百合もまた、風見の意外な優しさに触れ、お互いを徐々に意識し始めた頃、風見は、驚きの言葉を百合に投げかける。

そんな中、津崎の会社で、ついにリストラ候補者が発表された。なんと候補者の選出に、津崎の同僚の沼田(古田新太)が絡んでいるようで…。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-12-14 08:33 | ドラマ | Trackback(13) | Comments(0)

メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断 最終回「天才外科医ついに復活!」
e0080345_07385281.jpg予測はついてたけれど、1番キレイな形でハッピーエンドできたかな?

手術前、志帆(吉田 羊)が、ひかり(根岸姫奈)を前、「真央(藤澤遥)ちゃんは、どうしてますか?」と聞かれ、「元気にしているわ」と平然と答え、

ひかりの手術中、夢の中で、真央が励まし続けた、ってエピソードもヨカッタです。

雪野(相武紗季)の志帆に対する尊敬もヨカッタし、解析診断部の団結も頼もしかったです。志帆が、真央から「(常に)心に居るよ」と説得されて決意。次の患者の前でも、アドバイスの声として残ってたのも、美しかったですね。

個人的には、リアルな部分を、上手にボカしたり、スキップした演出上の配慮部分も好きでした。

うんとオットナ~な真央ちゃんに、藤澤遥の存在感は、とても似合ってましたね。志帆の天才復活を見届けられてホッ

      (ストーリー)

天才ピアノ少女の藤原ひかり(根岸姫奈)を治療していた志帆(吉田 羊)は、ひかりが2年前に起きた爆発事件の被害者で、亡くなった娘の真央(藤澤遥)が自らの命に代えて助けた患者だと気付く。

「ひかりちゃんを死なせたら、真央の死が無駄になる」――娘の死後、手術中に幻覚を見てしまうようになってから、これまで一切のオペを断ってきたが、ひかりだけは自分の手で助けたいと執刀を申し出る志帆。ところが手術当日、家を出ようとした志帆は突然の頭痛に襲われ、倒れてしまう。

志帆に代わり、モヤモヤ病のひかりの手術を執刀したのは雪野(相武紗季)だった。しかし実際には手の施しようがなく、助けるには手術が可能な病院に転院するか、脳神経外科医として腕の立つ志帆が執刀するしかない。

一方で、志帆が脳動脈瘤を患っていることが判明。ついに北畠(高橋克典)は、2年前に志帆の身に起きた出来事を解析診断部のメンバーに打ち明ける。そして雪野もまた、その脳動脈瘤が原因で志帆が亡き娘の幻覚を見ていることを明かす。

たとえ幻覚でも愛する娘との生活を続けるため、死の危険がある脳動脈瘤に気付きながら放置していた志帆。解析診断部のメンバーは、そんな志帆の思いに胸を痛めるが、それでも葉子(伊藤 蘭)は「オペを執刀するなら脳動脈瘤の摘出が必要」と譲らない。

それは、今後真央の幻覚が見られなくなることを意味する。葉子は、ひかりの命を救うか、真央の幻覚を取るか、その選択を志帆に一任する。

どちらを選べば良いのか答えが出せない志帆。するとそこに真央の幻覚が現れ、この2年間の奇跡のような日々を語り合う母と娘。その頃、ひかりの容態が急変し、予断を許さない状況に。

もはや志帆の決断を待ってはいられないと、葉子がひかりを転院させようとしたそのとき、解析診断部に志帆がやってきて…。はたして、志帆が出した決断とは? 解析診断部はひかりの命を救い、志帆は再び笑顔を取り戻すことができるのか!?

[PR]
by noho_hon2 | 2016-12-14 07:39 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)

名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵
e0080345_14543920.jpg「金曜ロードSHOW!」の「名探偵コナン」の放送20周年を記念番組

原作にもアニメ放送時にもなかったストーリーが追加されている完全新作。

小さくなって灰原哀になる前のシェリー、怪盗キッド、黒ずくめの組織のジンとウォッカなど、大人気キャラクターが勢ぞろいの、大サービス企画

「名探偵コナン」は謎の組織によって体を小さくされた天才的高校生探偵の工藤新一が、江戸川コナンと名乗って数々の事件を解決していくという物語。

1996年から放送が開始されたTVアニメが今年で20周年を迎えたことを記念して今回は原作者・青山剛昌氏全面監修の元、本シリーズの全てのはじまりとなった第1話「ジェットコースター殺人事件」を、当時描き切れなかったキャラクターたち行動や心情などを追加し、人間関係や“謎の組織”の動きなどもより深く掘り下げる形でリメイク

TVアニメ第1話となる「ジェットコースター殺人事件」は1996年1月8日放送。新一とその幼馴染みの毛利蘭が遊園地トロピカルランドでデート中に乗っていたジェットコースターで殺人事件が発生。

容疑者の乗客7人の中には黒ずくめの組織のジン、ウォッカの姿もあり、新一は犯人と殺害トリックを見破って事件を解決する。その後ジン、ウォッカの跡をつけた新一は闇の取引現場を目撃。ジンたちに気付かれてしまい組織が新開発した薬によって子どもの姿になってしまう…というストーリー

今回の「エピソード“ONE”」ではこの1話をベースに、新一と蘭が水族館を訪れた帰り、新一が蘭の携帯電話を壊してしまい、激怒されたお詫びとして「トロピカルランド」に蘭を連れて行くという「トロピカルランド」に行く前のストーリーや、黒ずくめの組織のジンとウォッカの取引で起きた出来事。

新しい携帯を買いに行った新一と蘭に降りかかったひったくり事件などが描かれ、蘭の新一に対する想い、新一が子どもになったときの衝撃の事実、黒ずくめの組織の真の企みなど、知られざる真実も明らかになり、様々なキャラクターたちの視点から“江戸川コナン誕生の日”が描かれます

まさに、原点に返って振り返ってみよう、企画、でした。

正直いって、ものすごく最初の頃は見てなかったので、序盤から、こんなに、ショッキングな事件を… と、目を丸くすることしきり。

まさか、そこから物語が膨らみ、映画はGWのドル箱作品となり、登場人物も多くなって、こんなに続くとは思ってなかったでしょうね。

改めて、作者は、最終回を考えた上で描き始めた気がして (^。^*)

     (ストーリー)

新一と蘭は遊園地トロピカルランドでデート中に事件に巻き込まれる。2人がジェットコースターに乗っている最中に殺人事件が発生。容疑者の乗客7人の中には黒ずくめの組織のジン、ウォッカの姿も。 新一は犯人と殺害トリックを見破って事件を解決するが…。その後、新一は怪しい雰囲気漂うジン、ウォッカの跡をつけ、闇の取引現場を目撃する。だが、ジンたちに気付かれた新一は組織が新開発した毒薬を飲まされ、子供の姿になってしまう…。 今回の完全新作では、新一と最後に別れた時の蘭の届かぬ想い…、新一が子供の姿になった時の衝撃の事実…、 黒ずくめの組織ジンとウォッカの真の企み…など、800話以上の物語へと繋がる知られざる真実が次々と明らかになる!?
[PR]
by noho_hon2 | 2016-12-13 14:39 | アニメ・コミック | Trackback | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
CRISIS 公安機動捜..
from ぐ~たらにっき
ひよっこ 第21回
from レベル999のgoo部屋
火曜ドラマ『あなたのこと..
from レベル999のgoo部屋
CRISIS公安機動捜査..
from レベル999のgoo部屋
ひよっこ (第21回・4..
from ディレクターの目線blog@..
【ひよっこ】第21回 感想
from ドラマ@見とり八段
孤独のグルメ Seaso..
from ドラマハンティングP2G
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)