<   2017年 01月 ( 100 )   > この月の画像一覧

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE(2015)
e0080345_07374115.jpgテレビ東京の旅バラエティ番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の映画化。

しっかし、この凸凹コンビ… 太川陽介&蛭子能収、プラス・マドンナという人選をした人は、駒の配置がうまいなぁ。

優等生的で、リーダーシップを発揮しつつ、計画性があり、人間臭く華もある太川陽介と、まるで「大きなオコサマ」みたい。

自由奔放で、時々、毒を吐いたり、失言したり、やる気を無くす、蛭子能収、プラス、マドンナという組み合わせが、実に、いいバランス。

旅にリアルと彩りと、緩急あって、面白いです。

ナレーターのキートン山田もいい味。そして、知らなかったけれど、「高速に乗ってはダメ」ってローカル・ルールもあったのですね。

今回は、劇場版ということで海外が舞台になり、日本とはまた違った風情や食文化、等々が見どころでした。台湾を縦断

それにしても、偶然とはいえ、台風21号に見舞われ、1日、ほとんど薦めなかったりして、かなり、ハラハラものでしたが、無事、目標の台湾・最南端までたどり着けたのが、筋書きの無い旅にしては、ものすごいスリリングさ。まさに、ロード・ムービー!

個人的には、三船美佳の明るいハイ・テンションさに、救われてるなぁ、と、しみじみ、だったのでした。

バスの時刻に合わせて、食や宿を楽しむのも、風情だったな。食べるものも異国情緒に満ちて美味しそうでした。そして、途中からは、地元料理に飽きて、ピザを食べたりするあたりも御愛嬌

台湾の人々も、素朴で親切。ほのぼのしてて、素朴に楽しめました。

そして、この新春。蛭子さん、ラストランだったみたいですね。後任は誰になるかも、見ものです。

     (解説)

太川陽介と蛭子能収の凸凹コンビに、マドンナとして三船美佳を迎え、台湾の田舎を路線バスだけで縦断する。台北をスタートした一行は、バスを乗り継ぎながら台湾最南端のガランピ岬を目指す。番組では経験した事のない“言葉の壁”もなんのその、蛭子さんのボケは絶好調。しかし、折りしも台風21号が台湾を直撃してバスは全面運休に。そんな困難にめげる事なく、一行は極めて明るく、台湾の人たちと触れ合いながらゴールを目指す。
太川陽介と蛭子能収にマドンナ1人を加えた3人が路線バスを乗り継ぎ、3泊4日という日程で目的地への到達を目指す、テレビ東京系の人気バラエティ番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が、まさかの映画化!しかも海外進出!初めて台湾の地を踏んだ。制限時間内に目的地へ到達する事がルールとなっているため、出演者は観光をゆっくり楽しむ暇もなくバスを乗り継ぐ。もちろんハプニングは付き物で、言葉の壁と極めて少ない便数と、さらには台風と戦いながら、ゴールを目指す。出演者たちのリアクションはもちろんだが、見どころは台湾の人たち。時間も手間も惜しまず手を差し伸べてくれる現地の方の温かさに、台湾への憧憬が深まる事必至。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-05 07:39 | 映画 | Trackback | Comments(0)

新春スペシャルドラマ 富士ファミリー2017
e0080345_07145624.jpg今回は、昨年度に続く、第二弾バージョン

新しくアルバイトの“ぷりお”(東出昌大)と、新入りユーレイのテッシン(羽田圭介)、鷹子(薬師丸ひろ子)の同級生で、今は有名な予言者のキティ・トーヤマ(YOU)が加わり、また新たな味わい。

マツコロイドに、びっくり

かなり好みがありそうですが、この、ほっこりと味わい深い木皿ワールドを堪能できて、「ああ、今年もいい1年だ」と思えました。

ユーレイになった次女も加えて、三姉妹の性格が三者三様なのも、味深い深いし、笑子バアさん(片桐はいり)、ある意味で新境地かも。

本職でない、羽田圭介も、持ち味を活かした、なかなかナイスな役どころ。

今年は、幸せの青い鳥チックなエピソードだったかな? エンディングの、薬師丸ひろ子が歌う、ユーミンの、しっとりした曲が素敵でした。

お屠蘇機敏で堪能。ごちそうさまでした

     (ストーリー)

富士山のふもとにある小さなコンビニ「富士ファミリー」の、評判の美人三姉妹。しっかり者の長女の鷹子(薬師丸ひろ子)。自由奔放な次女のナスミ(小泉今日子)。要領がいい三女の月美(ミムラ)。ナスミは東京で結婚したが、夫の日出男(吉岡秀隆)と二人で戻ってきてすぐに、病気で亡くなってしまった。
鷹子は今年ようやく、雅男(高橋克実)と結婚し、近所のマンションで新婚生活を送っている。ナスミの元夫・日出男は愛子(仲里依紗) と再婚し、娘を授かったが、変わらず店を切り盛りしている。店には新しくアルバイトの“ぷりお”(東出昌大)が入ってきた。そして、ナスミは笑子バアさん(片桐はいり)だけに見えるユーレイとして現れる。
年の瀬も迫ったある日、鷹子は、有名な予言者のキティ・トーヤマ(YOU)の雑誌記事を目にし、中学の同級生であることに気づく。中学時代の日記には、鷹子の運命に関するとんでもない予言が。新入りユーレイのテッシン(羽田圭介)、笑子バアさんの友達(?)・徳三(鹿賀丈史)らが加わり、ファミリーの面々それぞれの人生に騒動が巻き起こる!

[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-04 07:33 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)

東京センチメンタルSP~千住の恋~
e0080345_07291764.jpg
このシリーズ、主人公・老舗和菓子屋『くるりや』の倅として生まれた久留里卓三(吉田鋼太郎)が惚れっぽくて、バツ3。毎回、ゲストのマドンナに惚れては振られる、というお約束、なのですが、なんとも可愛くて、本領発揮。お散歩番組としても魅力的。

脇を固める、アルバイト店員の須藤あかね(高畑充希)、薦め上手な、馴染みの料理屋大将(小栗旬)と、なにげに豪華キャスティング。

それこそ「最後から2番めの恋」じゃないけれど、ケンカップルぶりが可愛くて、ゲストの黒木瞳も魅力的。

なかなか、味に魅せてくれたのでした。

こんな佳作なスペシャルなら、折々で、ぜひシリーズ化して作って欲しい、ですね。

      (ストーリー)

東京・言問橋の老舗和菓子屋『くるりや』の倅として生まれた久留里卓三(吉田鋼太郎)は生まれも育ちも東京。昔気質の二代目の父に厳しい教育を施され、店の看板である団子を作る職人としては父を越えるほどの技量を身につけているが、私生活では離婚歴がありバツ3の、女性に対しては“ちょこっとだらしない”男。56歳になった今も、自由気ままな日々を送っている。趣味は、幼いころ父に買ってもらった年代物の一眼レフカメラを持って町を散策すること。いつかは変わりゆくであろう古き良き東京の風景をシャッターに収めている。  ある日、仕込み中の「くるりや」を若い男性が訪れる。名前は正弘(福士誠治)。なんと、卓三の一番目の妻との息子だった。久しぶりの再会、しかも突然の訪問で、ぎこちない空気が流れる父と息子。驚くアルバイト店員の須藤あかね(高畑充希)をよそに、正弘は「近々結婚するので、相手の女性と食事をして欲しい」と卓三に言う。 後日、「父親らしい振る舞いをするんですよ」とあかねに言われ、駄々をこねながらも食事会の場所に向かう卓三。正弘の婚約者・留美(鈴木杏)は明るく聡明でとても好印象だった。自己紹介をし、一通りの話をするも、留美の叔母の美奈子(黒木瞳)が現れない。仕方なく食事をしながら待つがそれも限界・・・と思ったときに、ついに叔母の美奈子が登場する。 その瞬間、「叔母の概念を崩された・・・」と心の中で呟く卓三がいた。 だが、食事会が進むにつれて不穏な空気が漂い始める。卓三の話した内容に美奈子が食って掛かり、二人はヒートアップ。初対面なのに完全に言い合いのケンカに発展してしまったのだ。出会いは最悪。だが、運命は・・・二人を放っておかなかった。。。。  東京・下町を舞台に繰り広げられる「ケンカから始まる恋」はこうして幕を開けた―。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-04 07:29 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)

新春ドラマSP「釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助」
e0080345_08134105.jpgやはり、ハマり役で展開される痛快劇は楽しいですね。

社長のスーさん(西田敏行)、鈴木建設入社2年目のハマちゃん(濱田岳)、佐々木課長(吹越満)、いい味だしてます。

みち子(広瀬アリス)さんが、いちだんと大人っぽくキレイになってて感動。華を添えてました。可愛いヤキモチもラブリー♪

好評につき、第二弾の決定、おめでとうございます。

破綻しかかってた家族に関わって、再生の手助けするのですが、ドタバタ加減も御愛嬌。新製品・玩具も人気になりそうで、借金も無事、返せそうでヨカッタヨカッタ。

明るい未来を予感させて、お正月らしかったかな?

面白かったです。

    (ストーリー)

鈴木建設入社2年目のハマちゃん(濱田岳)は、会社のビッグプロジェクト“フィッシングワールド”の視察のため、初の出張を命じられる。当初は出張を嫌がっていた釣りバカ・ハマちゃんだったが、行き先が伊勢・志摩だとわかった途端に、目を輝せる!
伊勢・志摩に到着すると、呆れる佐々木課長(吹越満)を船宿に置き去りにして、早速釣りに出かけてしまう。
防波堤で釣り糸を垂らしていると、かつて恋心を抱いていた矢島亜季(比嘉愛未)と偶然の再会を果たす…!一方、東京にいる社長のスーさん(西田敏行)は釣りがしたくてウズウズ!伊勢・志摩で楽しそうに釣りをしているハマちゃんが羨ましくて仕方がない。結局、衝動を抑えきれず会社を休んでみち子(広瀬アリス)と一緒に伊勢・志摩へ向かう!

[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-03 08:14 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

新春スペシャルドラマ 富士ファミリー2016(再放送)
e0080345_15220637.jpg昨年、見逃して悔しい重いをしたので、やっと念願叶いました。

やはり木皿ワールド。ほっこりした世界観と、名台詞のオンパレードですね。

キャスティングも豪華で、「あまちゃん」の歌コンビ、小泉今日子と薬師丸ひろ子が出てきただけで嬉しくなりました。

小泉今日子は、時として、ある瞬間、ある人にだけ見える幽霊さん、なんですね。なんとも味な場面とシチュエーションで出現。

ストロー袋の細工の男女に水をかけて、動きを愛でる機微が、色っぽく可笑しかったです

なんだか、どんどん、みんなが幸せになる展開がお正月らしくて嬉しいです。

番組の少しあと、ミニ番組で木皿夫妻が出てた「今年の見所」企画も面白かったです。
木皿家のお鍋と、籍を入れた理由に感心。対談も味わいですね。

今年は、どんなことが起こるか、楽しみ楽しみ。

     (ストーリー)

富士山のふもとにある小さなコンビニ『富士ファミリー』には近所で評判の美人三姉妹がいた。長女の鷹子(薬師丸ひろ子)は、一家の大黒柱。自由奔放な次女・ナスミ(小泉今日子)は、東京から夫の日出男(吉岡秀隆)を連れて帰るとすぐに、病気で亡くなってしまう。三女の月美(ミムラ)は面倒な店の経営から逃げるため、さっさと嫁いでいた。
年の瀬もせまったある日、笑子バアさん(片桐はいり)の前に死んだはずのナスミが現れ、あるメモを見つけて欲しいと言う。ケーキ、懐中電灯、四葉のクローバー、光太郎……ナスミの文字でメモに残された脈絡もない7つの言葉。このメモをきっかけに騒動が巻き起こる…。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-03 07:04 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

無印良品の、2017福缶
去年の福缶がとても、ヨカッタので、今年もげちゅうする気まんまん
すると、地元では先日、あっという間に売れたらしかったので、本日、初売りの街・横浜ジョイナスで並びました

整理券です
e0080345_15402651.jpg
2個げっちゅう
e0080345_15403937.jpg
中身は、こういう感じでした
値段分のギフトカードと、日本手ぬぐいと、郷土色豊かな、福のグッズ
e0080345_15404996.jpg
練り物 干支鳥(埼玉県 越谷市)
e0080345_15410261.jpg
e0080345_15441166.jpg
白河だるま(福島県白河市)
e0080345_15411628.jpg
こんな風に玄関におさまりました
e0080345_15413182.jpg



[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-02 15:44 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

MARK IS(マークイズ)みなとみらいで、獅子舞
初売りに行きました。どんどん、いろんな街を回ったのですが、MARK IS(マークイズ)で、「やけに、リアルなお囃子の音…」と思ってたら、獅子舞に遭遇。とても風情で、お正月感、まんまん、でした
e0080345_15355466.jpg
e0080345_15360446.jpg
e0080345_15361408.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-02 15:36 | 街角スケッチ | Trackback | Comments(0)

相棒 Season15 元日スペシャル「帰還」
e0080345_06040436.jpg現時点での相棒オールスターズ。青木(浅利陽介)も美彌子(仲間由紀恵)から甲斐峯秋(石坂浩二)、捜一の面々も出てました。

年末、急に、特命係がお引っ越し。罪を犯した人の更生を後押しして町おこしてる、ので有名な黒水町の、急な欠員が出た黒水南駐在所へ

右京(水谷豊)と、亘(反町隆史)が、自らの特性を活かし、別の角度から、攻めてるところが興味深かったです。

しかし、右京が疾走した警察官の第一発見者になろうとは!

町のケーブルテレビ、団地の人々、黒水町長の和合賢一(八嶋智人)と、それを取り巻く、人々…

ちょっと、オカルトっぽかったりもして

個人的には、真犯人… この種の犯罪者が新鮮で、でも、ちょっと既知感があり、不思議な感じでした。かなりの役者魂でしたね。

ダンナさんによると「ちょっと、いいとこどり… かな?」とのことでしたが、私は、新しい相棒を模索してるように思えて、好感が持てました。でも、ほんの、ちょい惜しかったかな?

今年も期待です。

      (ストーリー)

 右京(水谷豊)と亘(反町隆史)に、郊外のベッドタウン黒水(くろうず)町の駐在所への臨時異動辞令が下った。黒水は問題がある警察官の左遷先と噂される署だった。

その夜、都内では警視総監の四方田(永島敏行)を囲む会合が開かれていた。それは、都内の浄化作戦で成果を上げた四方田のためのパーティーで、会場には副総監の衣笠(大杉漣)や峯秋(石坂浩二)の姿もあった。また、前科のある人間を積極的に受け入れ、寂れかけた町を再生させるプロジェクトに取り組んでいる黒水町の町長・和合(八嶋智人)も列席していた。

その会場に、四方田宛の差出人不明電報が届く。そこにはラテン語らしき文章と子供が描いたようなシロクマの絵が記されていたのだが、それを見た四方田はなぜか動揺して…!?

 翌日、黒水署に到着した右京と亘は、前任者が交代になった理由が気になり、調べ始める。すると、駐在所に住み込んでいた2人の警察官のほか、黒水署の有本(森岡豊)という刑事も行方不明になっていることが判明。右京と亘は失踪現場となった団地の住民から話を聞くが、収穫はゼロ。

しかし、有本が最後に乗っていたパトカーから血液反応が検出され、2人は何らかの事件が起きたことを確信する。そこに、若月詠子(伊藤歩)という女性ジャーナリストが現れる。黒水署の警察官連続失踪事件を追っているという彼女は、警察内部ですら統制されている機密情報をなぜか持っていた。

 その後、広報課長の美彌子(仲間由紀恵)に取材の矛先を向けた詠子だったが、「ノーコメント」と突っぱねられる。しかし、それも含めて自分のニュース番組で警察官の不可解な失踪事件を報じてしまう。いっぽう、黒水町で捜査を続けていた右京は、ひょんなことから町長の和合と知り合う。和合いわく、町の再生に大切なのは志を持った“人”だというが、警察内部には「前科者を優遇するとは何事だ」と、今の政策を快く思っていない人間もいるという。その話が出た矢先、右京と亘に、なぜか四方田警視総監から捜査をやめるよう圧力がかかる。

そんな中、四方田の指示を受け、黒水町で暮らす元受刑者・槙野(平岡拓真)を見張っていた刑事が遺体で発見される。現場には、四方田に届いた電報と同じフレーズ「私は獣として帰還する」というラテン語が書かれていた。この事件により、失踪中の警察官たちも既に殺害されている可能性が高まり、未曾有の事態への緊張が高まっていく…。

失踪事件の裏で暗躍する警視総監。警察官殺害事件とも関係が?
スクープを飛ばす女性ジャーナリストの危険なネタ元とは…!?
特命係の捜査に、美彌子、大河内、さらに伊丹たち捜査一課も協力し、
東京郊外で進行する不気味な事件と権力の巨大な闇を解き明す!

[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-02 06:04 | ドラマ | Trackback(11) | Comments(0)

お正月の風景
e0080345_08262584.jpge0080345_08263799.jpg








e0080345_08271678.jpge0080345_08270611.jpg
[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-01 23:20 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

67回NHK紅白歌合戦「夢を歌おう」
e0080345_10332136.jpg   【前半】

やはり、年末ならではの大御馳走ですね。でも、今年は審査員席が、ちょっと豪華になってたかな?

遊び心として、寸劇的とはいえ、映画パロディでゴジラは出てくるわ、タモリとマツコを随分、贅沢な使い方してましたよね。

20周年という、PUFFYは、良い意味で、その変わらなさがナイスでした。流行ってた当時は、ほとんどジーンズにTシャツ姿だったので、その部分だけ、変わったでしょうか?

関ジャニ∞ 「ズッコケ男道~紅白で夢を歌おう~」は元気で愉快で楽しい曲

元気な E-girlsのダンスと、AAAのアイドルぶりも目福でした

欅坂46「サイレントマジョリティー」は、ダンスも歌詞も新鮮

三山ひろし「四万十川~けん玉大使編~」にかけて、けん玉名人と欅坂46をバックに

miwaが、熊本の中学生の合唱と共に歌うのもヨカッタです。

天童よしみのバックで、本田望結が可憐。バックダンサー達とも上手にシンクロした踊りがヨカッタです。

山内惠介の曲が「流転の波止場~究極の貴公子編~」ということで、バナナマンがプロヂュースしたという、ふりふり衣装とコテコテ・バックが THE ALFEE の高見沢さんも真っ青なのが可笑しかったです。

Sexy Zoneは、いい意味で正統派・アイドル! 

市川由紀乃は随分、苦労しての初出場、おめでとう

SEKAI NO OWARIは、動物の頭をした楽隊が楽しかったです。

香西かおりは、橋本マナミを踊るのをバックにしたり、真田丸スペシャルだったり豪華

椎名林檎は、さすがリオのプロジュースしただけあって、都庁を上手に使い、かっこよかったです。

三代目 J Soul Brothersは、オーディションで選ばれた百人の素人ダンサーさん達と

福田こうへいの歌う、三波春夫の「東京五輪音頭」は、声量豊かで、とても若々しかったです

絢香はヒットソング、「三日月」をしっとりと

郷ひろみは、なんと、土屋太鳳の華麗なダンスをバックに

水森かおりの豪華で大きな仕掛け衣装にびっくり

V6は、ヒットソング・メドレー

いきものがかりは、ヒット曲「SAKURA」

ゆずは、坂本九のヒット「見上げてごらん夜の星を」に、永六輔的発想で少し曲を足した「見上げてごらん夜の星を~ぼくらのうた~」で、黒柳徹子からもマル

ハーフタイムショーは、直美ビヨンセが出て来るわ、ppapが出てくるわ、遊び心いっぱいで賑やか 

   【後半】

映画「君の名は。」で一世風靡の、 RADWIMPSが、前前前世 [original ver.]を、なんと深海監督の特別編集版をバックに

乃木坂 46の「サヨナラの意味」では、センターをつとめた橋本さんが御卒業

福山雅治は、横浜のコンサート会場より中継「2016 スペシャルメドレー」

ひばりソングを受け継ぐのは伝統になっちゃったかな? 島津亜矢「川の流れのように 」

RADIO FISHの「PERFECT HUMAN」では、それまで、ずっとパチパチ対抗してた中田とピコ太郎が抱擁して、急に仲良しになってたのもお増しくて

西野カナは、レスリングのメダル3女子から「励まされた」と言われて大感激

桐谷健太が奄美の小学校を尋ねての映像と、東日本震災で被災された方が、「この曲に助けてもらった」と言ってたのも、感動的。「海の声~みんなの海の声バージョン」

そして、桐谷健太が出れば当然、次はAIの「みんながみんな英雄」ですよね

AKB48は、「夢の紅白選抜SPメドレー」その場で発表された順位で立ち位置が決められるのも、画期的でした。

五木ひろし「九頭竜川」意外と、お茶目さんなのが新発見<br>

KinKi Kidsの「硝子の少年」… 楽曲が、ちっとも古びてないのは、パフィーにも通じるものがあったかも。

Perfumeの「FLASH」は、彼女らの真紅のドレスと、未来的なバックが素敵でした

全員で、「ふるさと」

時の人、星野源の「恋」には、会場もゲストのガッキーも踊って、ノリノリ

大竹しのぶの女優ならではの「愛の讃歌」がとても迫力。実際、自身がとても励まされたのだとか

坂本冬美「夜桜お七」は、蜷川実花とダンサーの演出が斬新でした

TOKIOの「宙船」は、いつ聴いても、「…名曲だなぁ」

松田聖子の「薔薇のように咲いて 桜のように散って」は、yosikiとのコラボが贅沢

ここでゴジラがNHKホールまで大接近。「いい音楽・攻撃」で、ピコ太郎と第九の組み合わせが微妙だったけれど、

次のX JAPAN「紅」で、無事、退治?

ここで、ポール・マッカトニーから、ビデオ・メッセージ… 贅沢です

高橋真梨子の「ごめんね… 」は名曲

THE YELLOW MONKEYの「JAM」は、初めて歌詞をしみじみ…

氷川きよしは熊本城前から中継で、灯籠の海の中で歌う「白雲の城」が幻想的

宇多田ヒカルの「花束を君に」は、やはり直感通り、お母様に捧げた曲だったのですね。

石川さゆりの「天城越え」は冒頭の人形浄瑠璃が斬新でした

大トリは、嵐の「 紅白スペシャルメドレー」

とても楽しかったです。相葉雅紀クン、有村架純ちゃん、お疲れ様でした。堪能
 
[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-01 09:36 | テレビ | Trackback | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
奥様は、取り扱い注意 (..
from ディレクターの目線blog@..
明日の約束 第一話
from レベル999のgoo部屋
明日の約束 第1話
from MAGI☆の日記
【監獄のお姫さま】第1話..
from ドラマ@見とり八段
明日の約束 (第1話/初..
from ディレクターの目線blog@..
今からあなたを脅迫します..
from ぐ~たらにっき
【先に生まれただけの僕】..
from ドラマ@見とり八段
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)