<   2017年 01月 ( 100 )   > この月の画像一覧

住住(すむすむ) 「二階堂ふみもいる。」
e0080345_07424557.jpgお笑い芸人のバカリズム、女優の二階堂ふみ、オードリーの若林正恭が出演する異色作。3人が住むマンションを舞台に、芸能人のリアルな日常を描くシットコムドラマで、それぞれ本人役として登場

東京都内の某マンション。お笑い芸人のバカリズムと若林正恭は同じ階に住んでおり、バカリズムはよく若林の部屋に遊びに来ていたが、2人は芸能人でありながら派手に遊ぶこともなく、地味な独身生活を送っていました。

そんなある日、そのマンションに女優の二階堂ふみが住んでいることが分かる。やがて二階堂も彼らの仲間に入り、同じマンションで暮らす“芸能人仲良し3人組”が誕生。それぞれが暮らしの中で抱えている問題やトラブルを、協力したり、時には反発し合いながら解決していく、のだそう

今回は、腹ペコバカリズムと、夕方、パンを食べてしまったオードリーの若林正恭が「なにか、デリバリーしよう」ということになって、あーでもないこーでもない。

そこに、二階堂ふみがふらりとやってきて、彼女もまた、夕方、パンを食べたとか。結局、ピザを注文するのですが、彼女は、薦めに「いや、大丈夫です」と手をつけず、やがて帰っていき、男達はなぜか、クッキーを期待。すると、再び、二階堂ふみがふらりとやってきて、自室でデリバリーしてピザを食べた、とのこと。

その独特の間や遠慮や突っ込み、想像等、オトボケ・リアルで、ユーモラス。笑えたのでした。

これまた、しばし、様子見です。

    (ストーリー)

 都内のマンションの同じ階に住むバカリズムと若林正恭は、互いの部屋を行き来する仲。ある日、二階堂ふみも同じマンションに住んでいることが判明する。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-25 07:42 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)

ホクサイと飯さえあれば 「変身のサンドイッチ」
e0080345_07333716.jpg原作は、鈴木小波の同名コミック

人見知り女子大生の自炊ライフを描くグルメドラマ。大学進学を機に上京し、一人暮らしを始めたばかりの主人公・ブンこと山田文子を、注目の若手女優・(「舞妓はレディ」や「君の名は。」の声で注目の)上白石萌音が演じてます。

ひとり言になりがちな料理シーンの解説役として、“相棒”となるぬいぐるみをツッコミに据え、それと会話するスタイル。

個人的には、ヒロインと対照的に、コミュ力のある・ジュンこと有川絢子(池田エライザ)の存在も面白かったです。同じ境遇にありながら、交渉力でパンの耳をゲットするあたり、オミゴト

それにしても、マヨネーズ作りを、あれほど手間暇かけずとも… と感じた私は野暮天かな?

過程を説明して、食べるシーンが無いってのも斬新だし、ほっこりと可愛かったので、しばし様子見です。

      (ストーリー)

北千住の一軒家で一人暮らしをしている、ブンこと山田文子(上白石萌音)は、ぬいぐるみのホクサイだけが話し相手という、一風変わった女子大生。しかし、当の本人は「ホクサイ」と「美味しいご飯」さえあれば平気だと、ぼっち飯をエンジョイする毎日を送っていた。そんなある日、商店街へと出かけたブンは、食材や台所用品を買い集め、気づけば残金が67円に。さらには空腹に襲われ街をさまよっていると、パン屋でパンの耳をもらっているコミュ力抜群の女子・ジュンこと有川絢子(池田エライザ)と出会う。思わずじっと見つめるブンに、ジュンは微笑みかけてくるが、人見知りの激しいブンは、その場から逃げ出してしまい――。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-25 07:30 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)

嘘の戦争 「嘘を強要した刑事に30年分の復讐…首謀者愛娘に禁断の罠」
e0080345_07193573.jpg今回のターゲットは、30年前、うその証言をした見返りに二科家の顧問弁護士にまで上り詰めた六反田(飯田基祐)

その傍らで、晃(安田顕)や楓(山本美月)兄弟との距離を縮めて、じりじりと興三(市村正親)に近づいていきます。

六反田が、うその証言をした弱み。それは、当時、1歳の娘の病気で大金が必要だったのでした。

浩一(草彅剛)、本名では、海外で平和に生活してる同姓同名のサイトをつくり、偽名では、ハーバードの卒業生の名を借りるあたり知能犯。今回もハルカ(水原希子)とのチームプレイで、巧みに罠にかけていくさまは、鮮やか。

最初に六反田、爆弾被害から人々を救うことによって脚光を浴び、持ち上げておいて、盗撮疑惑で落とすあたり冷酷です。

でも、六反田の贖罪が、少しは浩一の心に響いたでしょうか?

やはり、鮮やかな天才詐欺師は、こうでなくてはいけませんね。

面白かったです。

同時に、クールに敵対して、あくまで疑惑の目をむけるフジッキーさまのクールさも、個人的にポイントなのでした。

       (ストーリー)

復讐(ふくしゅう)の鬼と化した浩一(草彅剛)は、30年前に父親を殺した五十嵐(甲本雅裕)と、うその証言をした見返りに二科家の顧問弁護士にまで上り詰めた六反田(飯田基祐)を次々にワナに陥れ、復讐を遂げていく。一方で晃(安田顕)や楓(山本美月)との距離を縮め、事件を指示していた興三(市村正親)に少しずつ近づいていた。

そんな浩一が次に狙うターゲットは、30年前に捜査を担当した刑事の三輪郁夫(六平直政)。三輪は、浩一の家族が意図的に殺されたことを知っていながら殺人を隠ぺいし、9歳だった陽一(後の浩一)に事件は父親による心中だったとうその証言を強要した人物だった。「あいつだけはこの手で直接、破滅させたい」――早速、浩一が三輪の身辺を調べると、思わぬ人物だった事が明らかになり……。

一方、晃を味方につけたことで楓との仲も急接近。浩一の作戦は万事順調だったが、ハルカ(水原希子)は、そんな浩一を複雑な思いで見つめていた。

そして30年前の事件の生き残りである千葉陽一と一ノ瀬浩一が同一人物だとはまだ気づいていない隆(藤木直人)は、浩一に対しての不信感を募らせていく…。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-25 07:20 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

突然ですが、明日結婚します 「結婚観正反対の恋!すれ違いラブバトル」
e0080345_07484268.jpg原作は、宮園いづみによる同名コミックの連続ドラマ化

仕事はできるけれど、結婚と専業主婦願望の強いヒロインと、イケメンで優秀だけど、結婚に拒絶反応をもつ男性の、反発しながら惹かれていくラブストーリーだそう。

それにしても、27歳の誕生日、5年つきあった恋人、白石光一(白洲迅)と、思い出の水族館デート。そこで、振られてしまうとは、ヒロイン・高梨あすか(西内まりや)、お気の毒すぎ。

同僚の桐山莉央(中村アン)、牧瀬桃子(岸井ゆきの)、小野広紀(森田甘路)と、お友達が華やかでバラエティ豊か。友人の結婚式、ブーケ・トスで、プールにダイブしてしまうとは!

それを、機転から、場の笑いに変えた、司会を務める、NY帰りのTNNテレビアナウンサー、“ナナリュー”こと名波竜(山村隆太)と、それとなく縁…

でも、価値観が違いすぎて、接近したり、反発したり…

名波竜(山村隆太)、小野のもとで居候してる模様。

あすか、小野を起こそうとして、いきなり、名波竜からキス。どうもキス癖があるみたいですね。

しかし、名波竜、と色々いわくありそうな女性・高岡早紀、さすがの華やかさ、ですね。

現代性を持ちつつ、王道ラブストーリーを期待です。

     (ストーリー)

高梨あすか(西内まりや)はいずみ銀行の法人営業課で働く銀行員。金融に関する数々の資格を持ち、誰よりも仕事熱心で顧客からの信頼も厚い女性だ。そんなあすかの夢は、結婚して専業主婦になること。27歳の誕生日、5年付き合っている恋人・白石光一(白洲迅)と思い出の水族館に出かけたあすかは、期待に胸を膨らませる。ところが、待ち受けていたのはプロポーズではなく、別れ話だった…。

あすかは、同僚の桐山莉央(中村アン)、牧瀬桃子(岸井ゆきの)、小野広紀(森田甘路)と一緒に出席した結婚式でも、振られたショックから心ここにあらずの状態だった。そこに現れたのが、新郎の友人として披露宴の司会を務める、NY帰りのTNNテレビアナウンサー、“ナナリュー”こと名波竜(山村隆太)だった。

ブーケトスはプールサイドのパーティー会場で行われた。あすかは、桃子に引っ張られて参加したが、ブーケを取ろうと手を伸ばした際に体勢を崩し、プールに落ちてしまう。名波は、機転を利かせてそのハプニングを笑いに変え、会場を盛り上げた。あすかは、そんな名波に、幸せになりたい人の気持ちを笑うなんて最低だ、と言い放つ――。

何事にもめげないあすかは、男女が一緒にランニングをしながら行う婚活イベントに参加する。一方、名波は、先輩アナウンサーの三上響(沢村一樹)がメインMCを務めるTNNの朝の情報番組『モーニングYELL』に、1年ぶりに復帰する。

莉央や小野たちは、後輩の結婚を知ってさらに落ち込むあすかを励まそうと飲みに誘い、その流れで小野のマンションを訪れる。そこで、酔いつぶれて眠ってしまうあすかたち。早朝、目を覚ましたあすかは、まだ寝ている小野を起こそうとした。だがその男性は、小野ではなく名波だった。名波は、ふいにあすかを引き寄せるといきなりキスをして…。


[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-24 07:48 | ドラマ | Trackback(6) | Comments(0)

大貧乏「ママが入院!?2人きりの夜に大事件裏金奪還の結末」
e0080345_09551921.jpgサスペンスに加えて、ラブコメも盛り込んできました。激戦区だけに意欲的…

翔太(今井暖大)と実結(野澤しおり)、ママ・ゆず子(小雪)の入院アクシデント。面倒をみてくれた、加瀬(成田凌)の叱咤激励もあり、急に大人になれたかな? ちょっと頼もしかったです。

いったんは、追いつめたか?に思えば、敵に去られてしまったものの、
ラスト、柿原新一(伊藤淳史)がデータを処分中、ふと気づいて、また急展開?!

次回、ゆず子、潜入目的もあり、再就職?!

     (ストーリー)

柿原法律事務所で、七草ゆず子(小雪)と柿原新一(伊藤淳史)が珍しく口論。ゆず子が1人で浅岡礼司(滝藤賢一)に30億円の裏金を取り返すと宣言した無謀な行動を、彼女の身を案じた柿原が諌めようとしたことから始まった。いつの間にか、高校時代のことに話がずれる2人を加瀬春木(成田凌)が冷静にさばく。この日、ゆず子が来たのは、柿原を正式な代理人として契約し、DOHの不正を追及するためだった。

痕跡を残さず30億もの大金を消すためには、現金のまま国外に出す方法しか考えられない、と柿原。「30億が国外に出てしまった時点でゲームオーバーだ」タイムリミットは迫っていた。

大人たちが真剣に話し合う中、暇を持て余す、ゆず子の子供たち。翔太(今井暖大)と実結(野澤しおり)がぐずりだす。すると加瀬が、子供たちは、いつもゆず子について来るのか? と、冷たい言葉を投げる。

一方、柿原は自分がどれだけ子供たちのことを想っているか、むしろ家族になりたいという想いをアピール。だが、柿原は友人で、今は友人以上の存在を作るつもりはないと、ゆず子にハッキリ言われてしまうのだった。

柿原は加瀬とともに、天満利章(奥田瑛二)のもとへ。裏金の事実、そしてDOHに損害賠償請求すると告げる柿原に、天満は信頼していた浅岡の隠れた行動に耳を疑いながらも、他の社員が救われるならと真摯な態度で受け止める。

そんな折、ゆず子が倒れ緊急入院! 柿原は病院へ急ぐ。一方で心細くゆず子の帰りを待つ子供たちの前に現れたのは加瀬で…。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-23 09:53 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

視覚探偵 日暮旅人 「匂い・感情が目で視える探し物探偵…笑い&涙&スリル満載で贈る堤幸彦監督最新作」
e0080345_09001626.jpg昨年11月に放送されたスペシャルドラマが連続ドラマとなって復活

原作は、『探偵・日暮旅人』(たんてい ひぐらしたびと)シリーズは、山口幸三郎による小説。

日暮旅人(松坂桃李)は、過去に起きた出来事が原因で視覚以外の4つの感覚を失ったものの、やがて、匂いや感情などを“視る”ことができるようになった“探し物探偵”。

相棒の雪路雅彦(濱田岳)、血のつながらない娘・百代灯衣(住田萌乃)、そして、灯衣が通う保育園の保育士・山川陽子(多部未華子)らとの温かい絆に支えられながら、特殊能力を駆使してさまざまな難事件を解決し、生計を立てています。

一方、そんな日々の中で、20年前に旅人を襲った悲劇の真相も徐々に明らかになっていく。探し物探偵を生業とする旅人の真の目的とは…。となるみたいです。

初回は、インテリヤクザの組長・村山(桐山漣)から金庫破りの犯人を探して欲しいと頼まれ、それと、灯衣が通う保育園で、陽子が通ってた時代に、埋めたタイムカプセル関係で物語が進みますが、どうも、陽子と旅人は同じ保育園にいたよう。

灯衣、陽子、雪路(濱田岳)が、落とし穴に落ちてしまい危機になりましたが、旅人のおかげで無事、救出されてヨカッタ。

キャスティングも好みだし、不思議な雰囲気と、ミステリーが絡んで面白かったです。

世間の評判にも興味津々で、様子見です。

     (ストーリー)

都会の片隅にある探し物探偵事務所。そこには五感のうち四つ、聴覚・嗅覚・触覚・味覚を失ってなお、視覚だけを頼りに探偵をする日暮旅人(松坂桃李)という男がいる。彼の目には、見えないはずの匂いや温度、人の感情までもが色や形となって視えるという…。

ある日、インテリヤクザの組長・村山(桐山漣)から金庫破りの犯人を探して欲しいと頼まれた旅人と相棒の雪路(濱田岳)。不思議な目の力を使った旅人は、組員達の不自然な感情とハイヒールの足跡に残る異常な緊張の色から、村山の愛人が犯人だと突き止める。組員は総力で逃げた愛人を追う。

一方、旅人の娘・灯衣(住田萌乃)の保育園では、保育士の陽子(多部未華子)が、母親のいないせいで友達に溶け込めない灯衣と、父親の旅人のことを気にかけていた。そんな中、保育園の倉庫から陽子が園児時代に埋めたタイムカプセルの記録が出てくる。陽子は、思い出そうとしても不思議と思い出すことができない初恋の相手・たぁ君のヒントがあるかもと期待するが、カプセルを埋めた場所は謎のまま。

主治医の榎木(北大路欣也)から、このまま目の力を使い続ければ失明すると忠告される旅人だったが、雪路の心配を押し切りタイムカプセル探しを申し出る。実は旅人がカプセル探しに執着するのには、ある理由があった…。

そんな時、雪路が助っ人として雇った亀吉(上田竜也)が村山組とトラブルを起こし、巻き込まれた陽子と灯衣が行方不明に…。二人に危険が迫る中、旅人は目を使って必死に手掛かりを捜す!果たして、旅人の目に映ったものとは!?そして、タイムカプセルに隠されていたものとは…。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-23 08:57 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

A LIFE~愛しき人~ 「俺の患者!!譲れない医師の信念」
e0080345_08311451.jpg個人的には、初回より、この二話目の方が面白かったです。

壮大(浅野忠信)に頼まれ、深冬(竹内結子)の手術をするため壇上記念病院に残ることにした沖田(木村拓哉)。でも、難しい手術のようです。

今回は、院長(柄本明)の友人の和菓子職人、森本(平泉成)のケース。

「宮内庁御用達?」と、功を焦った、井川(松山ケンイチ)が自ら申し出て、担当になりますが、患者のデータをよく把握してなかったようです。手術が早く出来た自分に喜ぶほど、ですもん。

輪切りのCTではわからなかった血管が、本来右側にある血管が左側にあったらしく、今回の手術でその血管を塞いでしまったために右手に痺れが出た模様です。

しばらくして、森本にとって、職人の命綱、右手が不自由になり自殺未遂。

それがネットのニュースで流れ、家族にも訴えられ、壮大を筆頭に、病院側は、和解金で解決しようとしましたが、改めて、沖田が、検査した結果、手術が可能なことが分かり「手術させて欲しい」と訴えます。

壮大は、院長が責任をとって辞任すれば、お鉢が回ってくる、との肚もあったみたいですね。

孤立奮闘に思えた、沖田の立場でしたが、森本が「お願いします」と頭を下げ、手術が行われ、無事、右手は復活したのでした。

快気祝いに、院長は沖田を招き、自分を2度も助けてくれた、お礼を… と発言して、これが、さらに壮大のキモチを逆なでしそう…

次回、沖田が病院を辞める、と言い出すみたいですが、何があった?

     (ストーリー)

 壮大(浅野忠信)に頼まれ、深冬(竹内結子)の手術をするため壇上記念病院に残ることにした沖田(木村拓哉)。深冬の病状の深刻さに、沖田は考え込む。

 ある日井川(松山ケンイチ)は、森本(平泉成)という和菓子職人の患者を担当することに。院長(柄本明)が頼んだ患者だと知った井川は、張り切って大動脈瘤の手術のイメージトレーニングを繰り返す。森本への手術の説明時に後遺症の可能性について詰め寄られた井川は大丈夫、と断言。そして手術の日を迎えるが…。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-23 08:28 | ドラマ | Trackback(7) | Comments(0)

おんな城主 直虎「おとわ危機一髪」
e0080345_07451369.jpg亀之丞の逃亡を、囮になって手伝ったおとわ(新井美羽)でしたが、鶴丸(小林颯)と夫婦になることが決められ、今度は、髪を落として「出家する」という宣言をして、父・直盛(杉本哲太)を困惑。

事態を知った、鶴丸の父・小野政直(吹越満)は、主家・今川家へ報告。

それを受けて、義元(春風亭昇太)は、忠義の証として、おとわを人質に出すよう直盛に

が、かつて娘・佐名(花總まり)を人質に出したことを後悔する直平(前田吟)は、猛反対し、

今川家との戦さえ口にします。

おとわ出家による混乱を聞いた、南溪和尚(小林薫)は、逆に、おとわの出家を今川家に認めさせてはどうかと、直盛に提案

やがて事が落ち着いてから還俗させれば良いと。

言われるがまま、南溪に連れられ駿府へとやって来たおとわは、その町の華やかさに驚き。

佐名と、その娘・瀬名(丹羽せいら)に出会います。(よく、やがて菜々緒ちゃんになる子を見つけて来たなぁ)

南溪は、臨済寺にて雪斎(佐野史郎)と会い、南溪は、文をおとわに託します。

文を佐名に手渡し、寿桂尼(浅丘ルリ子)に託して欲しいという伝言

おとわ、街で貴族が興じてる蹴鞠に目を見張り、そこでガッツを見せて、大人達を呆れさせるというか、感心させるのですが、

渦巻く、大人達の思惑の中、それなりの判断で前に進む、おとわは凄いなぁ、とパチクリ。

      (ストーリー)

鶴丸と夫婦になることを拒み、出家をしようとしたおとわの捨て身の策は、 主家である今川義元の怒りを買うことになる。 義元は忠義の証として、おとわを人質に差し出すよう直盛に命じる。 井伊家存続のため苦渋の選択を強いられる直盛に南渓和尚は、 今川の怒りをしずめ、おとわの出家を認めさせて人質を免れることを約束し、おとわとともに駿府の今川館へ向かう。
[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-23 07:44 | ドラマ | Trackback(9) | Comments(0)

精霊の守り人 悲しき破壊神(Season2)「ファンタジー巨編・新章開始」
e0080345_06143192.jpg新ヨゴ国の王子・チャグム(板垣瑞生)との旅を終えて4年。お尋ね者となったバルサ(綾瀬はるか)は、新ヨゴ国の西隣に位置するロタ王国に身を潜め、用心棒稼業を続けていました

またまた、鈴木梨央、女優魂。目の前で生贄っぽく母を殺され、爆発的能力が炸裂。

ある日、バルサは人身売買組織に売られそうになったタル人の少女・アスラ(鈴木梨央)を助けますが、アスラはタルの破壊神“タルハマヤ”を招き、大量殺人を起こす力を授かった恐るべき存在であることが分かります。

結果、アスラを抹殺しようと、ロタ王家の密偵・カシャルたちが動きだし、一方、航海に出ていたチャグムは、海の国・サンガル王国を攻める南の大陸・タルシュ帝国の陰謀に巻き込まれます

新キャスト。真木よう子、板垣、鈴木梨央、ディーン・フジオカ、鈴木亮平、柄本明等を迎えて、どう壮大に展開する?!

    (ストーリー)

用心棒バルサ(綾瀬はるか)が逃亡生活を送るロタ王国に、薬草を求めて幼なじみの薬草師タンダ(東出昌大)がやって来る。2人が泊まった宿には、アスラ(鈴木梨央)というタル人の少女が捕らわれていた。人買いがアスラを怒らせると、まばゆい光が現れて周囲の人々を殺していく。アスラを助け出したバルサに、タンダは不吉だから関わるべきではないと忠告する。そんな時、アスラをさらおうとする呪術師シハナ(真木よう子)が現れる。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-22 06:07 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)

銀と金 「究極の心理戦」
e0080345_06152670.jpg今回は、めちゃくちゃサスペンスフル。

銀二(リリー・フランキー)と森田(池松壮亮)、いい味だしてました。

銀行から国会議員・海堂(丸山智己)への金の流れの証拠をつかむべく、海堂と義父で銀行頭取の土門(大石吾朗)、金の抜け穴となっている不動産会社の社長・丸石(羽場裕一)が会うよう仕向けます。

キーアイテムは、ボイスレコーダー。これを巡っての駆け引き&逃走劇。

次なる展開が楽しみです。ドキドキ

    (ストーリー)

 銀二(リリー・フランキー)や森田(池松壮亮)らは、銀行から国会議員・海堂(丸山智己)への金の流れの証拠をつかむべく、海堂と義父で銀行頭取の土門(大石吾朗)、金の抜け穴となっている不動産会社の社長・丸石(羽場裕一)が会うよう仕向ける。3人がいるマンションの一室に乗り込んだ銀二らは、銀行から海堂に金が渡ったと分かる会話を録音するが、周囲には海堂の手下が迫っていた。森田は銀二からレコーダーを託され、逃げ出す。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-22 06:00 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
貴族探偵 第11話(最終回)
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第11話(最終話)
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 最終話
from ぷち丸くんの日常日記
貴族探偵 (第11話/最..
from ディレクターの目線blog@..
おんな城主直虎 第25回..
from あしたまにあーな
おんな城主 直虎 第25..
from みはいる・BのB
マッサージ探偵ジョー TOP
from ドラマハンティングP2G
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)