<   2017年 01月 ( 100 )   > この月の画像一覧

就活家族~きっと、うまくいく~ 「リストラ夫家を買う!!妻の秘密…娘の反乱!?」
e0080345_07474249.jpg富川洋輔(三浦友和)、どうも、出世競争でハメられたっぽいですが、川村優子(木村多江)の横恋慕、高じて、手酷い裏切り。セクハラ疑惑が耐えられず、潔く退職してしまいました。展開、早っ!

その後、就活に励むのですが、過去のとりひきあった方々、バックの企業無しには相手にしてくれません。どんどん伸びる、リストのバツの数。でも、家族や妻には言えないんですね。

公園で、同じような境遇の天谷五郎(段田安則)と出会うものの、「わたしはあなたとは違う」と強がりを。

そんな中、妻・水希(黒木瞳)は夫の役員昇進を信じて疑わず、新しい家を買う気まんまん、です。

その水希も、過去に内申書の間違いから、希望した学校に行けず、現在、子供が引きこもっている家庭に陳謝すれど、強く当たられてしまいます。

長男の光(工藤阿須加)は、怪しげな就活塾『国原就活塾』に入塾して、踏ん張ってる間に、内定をとりつけました。塾長から期待されてる旨言われて、ちょっと舞い上がってます。

商品管理部でのセクハラに悩んでいた長女の栞(前田敦子)は、真壁雄斗(渡辺大)の仲介で外商部一課への異動を実現したものの、成果があがらずスランプで、外商部一課長の中原綾子(山本未來)に厳しく指導されますが、釘を刺されたにも関わらず、栞と真壁は、ちょっとラブラブな感じに…

どうなるんでしょうね。この家族模様。しばし様子見です。

      (ストーリー)

 早期退職について相談に乗っていた川村優子(木村多江)からの思いもよらぬ裏切り行為で窮地に追い込まれた富川洋輔(三浦友和)。“日本鉄鋼金属の人事部長が女性社員にセクハラ”というニュースは会社に甚大な被害を及ぼすため、社長の的場(中丸新将)から「彼女を説き伏せることが出来なければ、役員昇進だけでなく、社員という立場も危うくなる」と忠告される。

 身に覚えのない優子の告発に戸惑う洋輔は、真実を明らかにしようとするが優子は「お願いだからもう付きまとわないでください」の一点張り。固い信頼関係で結ばれていたはずの部下たちからも「まさかあの富川部長が…」と白い目を向けられ、次第に会社内で居場所を失っていく。ついには人事担当常務の織部から、新部署が決まるまで自宅待機を言い渡されてしまう!

 夫の役員昇進に喜ぶ水希(黒木瞳)に事実を言い出すことが出来ず、出社するフリをして公園で時間を潰す洋輔は、そこで同じ境遇の天谷五郎(段田安則)と出会う。同情の眼差しを向ける天谷にたまらず「わたしはあなたとは違う」と言い放つ洋輔だったが、やがて会社からは非情な通達を受けることになり…。

 その頃、商品管理部でのセクハラに悩んでいた長女の栞(前田敦子)は、真壁雄斗(渡辺大)の仲介で外商部一課への異動を実現させようとしていた。外商部一課長の中原綾子(山本未來)は栞と真壁の関係を確認し、「課内でイチャつかれると困るから」と釘を刺すが、栞はすでに真壁に対して特別な感情を抱きつつあった。

 一方、怪しげな就活塾『国原就活塾』に入塾した長男の光(工藤阿須加)。マラソンやトイレ掃除といった就職活動にはまったく関係ないカリキュラムに追われる日々に、次第に不安が募っていたが、国原耕太(新井浩文)に言葉巧みに丸め込まれ、さらなる高額の教材費を払うことになっていった。

 洋輔の日本鉄鋼金属退職を機に、徐々に形を崩し始めた富川家は…?

[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-20 07:48 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

レンタルの恋 「最強レンタル彼女現る!剛力が体当りのコスプレ披露」
e0080345_07361471.jpgあ~~、これは、完全に剛力彩芽ファンの為の作品ですね。

かぎりなく、コミックな演出なので、原作があるのか、と思いましたがオリジナルのよう。

最強で、ナンバーワンのレンタル彼女だけど、彼女には、ちょっとした秘密?の予感。

深夜のチャレンジ企画な番組だけに、吉と出るか否か?!

    (ストーリー)

高杉レミは、レンタル会社のルール内かつ時間内なら、お客さまからのどんな無理難題も決して断らず投げ出さず、リクエストを完璧に遂行し、必ず満足させるという人気No.1にして“最強のレンタルの彼女”だ。

お客さまの好みを把握し、態度や言葉遣いだけでなく、キャラクターも理想の彼女になりきるレミだが、人とは違う特徴を持っていた。それは、ひとたびデート(仕事)が終わると絶対に笑顔を見せない。そして、首には奇妙な包帯が――。

レミは一体何者なのか? なぜ首に包帯を巻いているのか? まさかサイボーグ? それとも地球外生物? もしかして実は猫かも!?

そんなレミが、ある男子大学生にレンタルされることになり……。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-19 07:36 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

東京タラレバ娘「あー幸せになりたい恋に仕事に悪戦苦闘!!右往左往」
e0080345_07225004.jpg原作は、累計発行部数180万部を突破した東村アキコの同名人気コミックをドラマ化。

お久しぶりです。吉高由里子さん。彼女がNHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」以来、約2年ぶりだそう。

しかも、8年前、冴えないクンで、彼女にアタック&玉砕。現在、ちょっとグレードアップした友人のプロデューサー・早坂を、鈴木亮平が演じて、初回のメイン話になるあたり、ちょっとした遊び心かな?

タラネバ娘とは、「奇麗になっ“たら”いい男が現れる」「好きになれ“れば”結婚できる!」。そんな“タラレバ話”を女子会で、繰り返しているさまを、モデルで、金髪のイケメン・KEY(坂口健太郎)が指摘して、グサグサ。

でも、演じてるのが、吉高由里子、榮倉奈々、大島優子と、チャーミングな女優さんだけに、トホホぶりがコミカルで笑えたのでした。

ある意味、彼氏がいるより、こんな風に、出動をかけると集まって話を聞いてくれる友人がいる方が幸せにも感じるけどなぁ…

2013年9月に、2020年のオリンピック開催地が東京に決定した後、作者のアラサー・アラフォーの独身の友人たちが次々と「一人で(または親と)東京オリンピックを見るなんて嫌だ」と言い出したことを元ネタにしているあたり、リアリティ

素朴に楽しめました。しばし、様子見です。

    (ストーリー)

倫子(吉高由里子)は、30歳・独身・彼氏ナシの売れない脚本家。 高校時代からの親友でネイリストの香(榮倉奈々)、居酒屋の看板娘・小雪(大島優子)と、 日々、“女子会”と称して集まっては好き勝手言い合いながら酒を飲むのが一番の楽しみだ。

ある日、倫子はドラマ制作会社の早坂(鈴木亮平)から「大事な話がある」と食事に誘われる。 8年前、ADでまだまだダサかった早坂に告白され、フッたことのある倫子だったが、今や早坂は立派なプロデューサー。

香と小雪は、「告白どころか今回はプロポーズされるのでは?」とあおり、倫子もまんざらでもなく感じていた。だが、そんな倫子たちの前に金髪のイケメン・KEY(坂口健太郎)が現れる。

KEYは、タラレバ話ばかり繰り広げる倫子たちに対し、何の根拠もないタラレバ話で盛り上がる「タラレバ女!」と言い放つ……!


[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-19 07:23 | ドラマ | Trackback(9) | Comments(0)

カルテット「偶然の出会いに隠された4つの嘘…大人のラブサスペンス!!」
e0080345_07552895.jpgどひゃ~~、その濃厚さに、少々、人を選びそうですが、とてつもないドラマが始まりました。

キャスティングが、また実に豪華。

主婦の巻真紀(松たか子)、無職の世吹すずめ(満島ひかり)、美容室アシスタントの家森諭高(高橋一生)、ドーナツ会社勤務の別府司(松田龍平)は、それぞれ音楽で食べていく夢をかなえることができないものの、意欲はあります。

そんな時、カラオケ店で偶然出会った4人は、ひょんなことからカルテットを組み、冬の間を、週末だけ、司の祖父が所有する別荘で過ごすことになる、って設定からして、既にユニークです。

初回ゲストは、売り込みにいった先のライブハウスで先に演奏してた、ピアニストのベンジャミン瀧田(イッセー尾形)

店の来杉有朱(吉岡里帆)によると“余命9ヶ月”をうたい、1年前から演奏を続けていると言うこと。

でも、真紀によると、5年前から同じ謳い文句で営業してた、みたいですね。

また、真紀の夫は「愛しているけれど、好きじゃない」と言い、ふとコンビニに買物に行ったきり失踪したみたいです。

最初は、なぜ、唐揚げとレモンの関係にこだわるのだろう、と不思議だったのですが、こんなところでリンクしてたとは! 真紀の夫は、唐揚げにレコンを絞るのが苦手だったけれど、ずっと言えなかったみたい、でした。

会話の微妙な和音、不協和音、と劇中の演奏が、なんとも贅沢。そして、サスペンスあり。で、椎名林檎がエンディングですから、アッパレ

絶賛派と、ちょっと苦手派と、かなり好みが分かれそうな気もしたのでした。

     (ストーリー)

ある日、“偶然”出会った男女4人。
夢が叶わないまま、人生のピークにたどり着くことなく緩やかな下り坂の前で立ち止まっている者たちだ。そんな4人がカルテットを組み、軽井沢で共同生活を送ることになる。しかし、その“偶然”には、大きな秘密が隠されていた……。

巻真紀(松たか子)は別府司(松田龍平)の運転で軽井沢の別荘へとやって来た。待っていたのは世吹すずめ(満島ひかり)と家森諭高(高橋一生)。東京のカラオケボックスで出会った4人は皆演奏者で、弦楽四重奏をやることになったのだ。ライブレストランで演奏しようという話になるが、その店では“余命9ヶ月”のピアニスト・ベンジャミン瀧田(イッセー尾形)がレギュラー演奏していた。そこで真紀は、突拍子もないことを言い出す。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-18 07:55 | ドラマ | Trackback(10) | Comments(0)

嘘の戦争 「詐欺で復讐…30年前の嘘と真実」
e0080345_07311127.jpg二科家の顧問弁護士を務める六反田健次(飯田基祐)が、ニシナグループ会長の興三(市村正親)をかばって五十嵐(甲本雅裕)に刺された浩一(草彅剛)に事故として済ませたい、と接近してくるのですが、

なんと彼は、30年前に新聞配達をしていた苦学生で、うその証言をした人物でした。

浩一を治療した楓(山本美月)は、古い傷の件が気になります。

浩一は、五十嵐に金を貸していた金融屋になりすまし、六反田に揺さぶりを。

焦った、六反田は、興三に助けを求めますが、今度は、浩一、隆(藤木直人)のなりすましメールで罠を仕掛けます。

そして、真相に近づくにつれ、新たなターゲットが増えていきます。

即席知識での野球監督は御愛嬌かな? でも、勝っちゃうあたり、凄いです。

偶然を必然に変えるのが詐欺師。けれど、もっと騙すのが上手い詐欺師は偶然を運命へと…

よって次なるターゲットは刑事みたいですね。

     (ストーリー)

ニシナグループ会長の興三(市村正親)をかばって五十嵐(甲本雅裕)に刺された浩一(草彅剛)は、二科家の顧問弁護士を務める六反田健次(飯田基祐)から、今回の一件は事故として済ませたいと言われる。“六反田”という名前を目にした浩一は、男が30年前に新聞配達をしていた苦学生で、事件当時、浩一の父親が一家心中を図ったことを決定づける、うその証言をした人物だと気付く。

一方、浩一を治療した楓(山本美月)は、胸元の大きな傷跡が気になっていた。浩一はタイでの仕事中に負ったものだと説明するが、医師である楓は、もっと古い傷だと気付いていたのだ。なぜ浩一がうそをついたのか、楓は少しずつ浩一のことが気になり始めて…。

その頃浩一は、五十嵐に金を貸していた金融屋になりすまし、六反田に揺さぶりをかけていた。「金を返さなければ、“30年前のうその証言”を公にする」――焦った六反田は興三に助けを求めるが、それを見計らったように、今度は隆(藤木直人)のフリをして次なるワナを浩一は仕掛け…。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-18 07:31 | ドラマ | Trackback(6) | Comments(0)

キック・アス(2010)
e0080345_15164701.jpgなんと原作は、人気コミック、だったのですね。

個人的に、あのリリコが「キック・アスの、とてつもなくキレのいい演技というか、アクションで我々を驚かせ、ノックアウトした、あの可愛い少女が…」と語ってたのを聞き、興味を持ちました。

ニコラス・ケイジも出ていてビックリ。ビッグ・ダディとして、いい味だしてました。

でも、この作品の目玉は、何と言っても、ヒット・ガールを演じた、クロエ・グレース・モレッツ(公開当時、13歳)の魅力に尽きますよね。ほとんど、カンフー作品的、悪漢をバッタバッタと打ち倒し、的な快感、であります。

もう、物語云々でなく、「彼女を観る」作品、かもしれません。

冴えないオタク主人公と、ヒット・ガールのツーショットが、なんとも絶妙バランス。

いろんな意味で、ハハ~ッだったのでした。

     (解説)

マーク・ミラー原作の人気コミックを「スターダスト」のマシュー・ボーン監督が映画化。ニューヨークに住む冴えないオタク少年のデイブは「誰もがスーパーヒーローを好きなのに、なぜ、誰もスーパーヒーローになりたがらない?」と思い立ち、何の特殊能力も持たないまま、ひとりコスチュームを着てスーパーヒーロー「Kick-Ass(キック・アス)」になる。だが、正義の味方として悪者を退治するのは骨の折れる仕事で、かなり痛い。やがて、傷だらけになりながらもキック・アスとしての活動を続けるデイブの前に、同じ稼業のビッグ・ダディとヒット・ガールが現れる。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-17 15:17 | ドラマ | Trackback(9) | Comments(0)

亜人ちゃんは語りたい「デュラハンちゃんは甘えたい」
e0080345_10131136.jpgまったくコミック世界は、自由でイイなぁ…

京子から、デュラハンについて色々と教えてもらった高橋先生。アイルランドに伝わる妖精をルーツに持つ、頭と胴体が分離している亜人で、かなりの距離、分離しても大丈夫、とのこと。

そして、頭部分を抱きしめられると、嬉しく、1度、デートというか、その形で街に出てみたい、と希望

京子と胴体部分がお留守番。デュラハンちゃんは、高橋先生にデートしてもらえることになりました。

だけど、実際に実行してみると、ぶらぶらしてる時の酔いの問題と、ジュース飲んだら、胴体部分がトイレ問題であたふた。

そして、京子も、ちょっと意地悪して、胸をツンツンして驚かしたりして…

面白かったです。でも、実際に、そういう風景に出くわすと(街のみんなが)驚くだろうなぁ…

よかったね。デュラハンちゃん、望みが叶って。えらいぞ、高橋先生

ファンタジー・ワールドならではで (^^*)

   (ストーリー)

町京子はデュラハンである。アイルランドに伝わる妖精をルーツに持つ、頭と胴体が分離している亜人で、現在世界に3人しかいないという。ある日の放課後の生物準備室、鉄男に自らのことを語る京子。デュラハンちゃんにはデュラハンちゃんの悩みと、そしてお願い事があるのだった。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-17 10:13 | アニメ・コミック | Trackback(8) | Comments(0)

YOU は何しに日本へ?(日本の御馳走と、「聖」なる旅)
e0080345_08200744.jpgYOUの聖なる密着 WAKUWAKUさせてよ地味っぽい顔はやめてSP~【80年代アイドル大好きYOUが熱唱!】~が楽しかったです。

まずは恒例「日本で、最も美味しかったものを教えてください」の問いに

ココ壱のカツカレー・ラブで、毎日、食べに通ったという熱烈支持者や(また、再現VTRがシズル感いっぱいで、凝り凝り

銀座にある、ミシュランの星も持ってるけど、オバマ大統領も行けなかった、という祝人肌・寿司屋の8千円のランチ! 海老が最高、とのことでした。シメの天かすを入れたお茶漬けまで絶品だそうですね

また、ベジタリアン・カップルの信州のおやきに「こんなの食べたことない」と、2人で22個も食べてしまったそうで、特に切り干し大根が大のお気に入り。大感激してました。

また、「聖」という字をキーワードに、日本の歌謡曲に夢中なアメリカでレストラン店員として働くプエルトリコ人のクリストファーさん(24歳)

80年代のアイドルが好きすぎて日本に来日!YOUTUBEで80年代アイドルの動画を観て松田聖子さんの大ファンに。今回の最大の目的はカラオケをすること。

カラオケをする前にショッピングがしたいと向かった先は浅草にあるプロマイド専門店『マルベル堂』。大好きなアイドルのプロマイド目にしワクワクが止らない彼。お気に入りのアイドルをプロマイドを観るたび乙女な声がチラホラ。

お目当てである松田聖子さんのプロマイドに大興奮!80年代ブームを巻き起こした松田聖子さんがしていた髪型「聖子ちゃんカット」が彼のお気に入り。クリストファーさんはファンを越えてマニアの域に入っているよう。

歌謡曲専門のレコードショップで当時発売された松田聖子さんのアルバムを発見し興奮が止らない。彼のアイドル知識が溢れんばかりに松田聖子さんの事を語ってくれました。

念願の日本でカラオケに!案内された部屋に行く途中のエレベーターからワクワクがとまらず、部屋に入ったとたんテンションが更にアップ!カラオケの機械に戸惑いカラオケ店員さんに指導を受け早速スタート!

1曲目は彼の好きな松田聖子さんの大ヒット曲「SWEET MEMORIES」を熱唱。キーが合ってないのかどこかずれた感じのクリストファーさんの1曲目。

ここから一人コンサートがスタート!松田聖子さんのヒット曲を連続で歌いまくる。カラオケ店で無料貸し出しした全身黄色の衣装に着替え更にヒートアップ!

歌いまくりの3時間!歌った曲は32曲!!!!ここまで日本の歌謡曲を知っているとはビックリ!いっぱい歌ったからアイドルの気分になったようで、とても楽しい時間をすごせたクリストファーさん。

また、「聖地巡礼の旅」で、「デュラララ」に夢中なYOUは、部隊となった、池袋を旅し、同じアングルの写真を撮ること。

フクロウ像を探したり、舞台となったお店に行ったり(実際にモデルになった店主もいて、感動のツーショットが撮れた)熱く語りつつ、巡る度は、発見に満ちて楽しそうでした。

なるほど。改めて、聖地巡礼の醍醐味に納得。また、日本のアニメが、ここまで海を超えて影響してることにも感動

[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-17 07:53 | テレビ | Trackback | Comments(0)

大貧乏 「今夜は少しサスペンス?大逆転!?手にした30億」
e0080345_08470460.jpgあいかわらず、ゆず子(小雪)の子供達は元気いっぱい、というか、ヤンチャ盛り。

なんとか、ゆず子の力になりたい柿原新一(伊藤淳史)、ファミリーを会社に招き、事情から、ゆず子がひとりで行かねばならない用事ができた時、ベビー・シッターをかって出てお疲れ様でした。

今回は、ゆず子が発見。思わず写真を撮ってしまった札束とか、少しサスペンスの要素が出てきたかな?

ちょっと、激戦区では魅力不足かも。もうしばし、様子見です

     (ストーリー)

 七草ゆず子(小雪)が出かけようとしている朝。実結(野澤しおり)が翔太(今井暖大)の靴を隠したと大ゲンカ。翔太に突き飛ばされた実結を助けようとしたゆず子は、手に怪我をしてしまう。驚いた兄妹はケンカを止める。ゆず子は、そんな子供たちの心配を振り払うように、お出かけの号令。そして、古びたソファの中に隠された翔太の靴を発見。そこは、実結がいつも何かを隠す場所だった。

 柿原新一(伊藤淳史)はM&Aを成功させ、木暮祐人(神山智洋)に持ち上げられてニコニコ。しかし、心中は別。実は、柿原は検事になりたかったのだ。その夢は今も無くしていない。そんなところへ加瀬春木(成田凌)が来た。柿原の思いを知った加瀬は、DOHの不正を暴きたいだろう? と煽る。もちろん、柿原は真実を追求したいが、ゆず子に会いたいという欲求も大きい。

 夕方、ゆず子が子供たちとスーパーで買い物をしていると、実結の姿が見えなくなった。スーパー中を懸命に捜すゆず子。と、男に手を引かれた実結の姿が。実結の名を叫ぶと男が振り返る。浅岡礼司(遠藤賢一)…その時、背後から翔太に呼ばれるゆず子。翔太は実結の手を握っていた。男を浅岡と勘違いしたのは、ゆず子の恐怖心。しばらく、ゆず子の震えは止まらなかった。

 翌日、加瀬とともに柿原を訪ねたゆず子は、子供の身を案じ、DOHの件にはこれ以上関わりたくないと話す。不正を暴けなくなる=ゆず子と会えなくなることが残念な柿原は、必死に食い下がるが…。


[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-16 08:47 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)

A LIFE~愛しき人~ 「帰ってきた職人外科医!!宿命の再会」
e0080345_08332290.jpgうわ~~、揃えましたね。役者さん達! ってのが第一印象でした。

よって、ヒーローもの、というより、かなりの群像劇になってます。

主人公で、外科医・沖田一光(木村拓哉)の、腕が確か、なのは安心ですが、かくも、逆風とは

壮大(浅野忠信)が、沖田に対して、ビミョーなのは、まだしも納得ですが、個人的には、松山ケンイチ演じる、井川までが、沖田にメラメラだったのに、あらら…

沖田、十年間、海外で修行、というか経験を積んでたのですね。

かつての恋人・深冬(竹内結子)は、壇上記念病院・副院長の壇上壮大(浅野忠信)と結婚して家庭を築いてました。

その院長・壇上虎之介(柄本明)が心臓疾患で倒れ、虎之介から、その手術を依頼されて帰国した次第。

一度目の手術は不測の事態で、手術終了後に意識不明に

その後、再手術でようよう意識が戻ります。

戻ってこないか、という誘いは、深冬が脳の難しい部分に腫瘍があり、それを手術して欲しいから、の模様。

実際、ラストで、深冬、倒れてましたが、この群像劇。どう展開していく?

     (ストーリー)

 外科医・沖田一光(木村拓哉)がアメリカ・シアトルから東京にある壇上記念病院へ10年ぶりに戻ってきた。

院長・壇上虎之介(柄本明)が心臓疾患で倒れ、虎之介からその手術を任されたのだ。しかし虎之介の娘で小児外科医の檀上深冬(竹内結子)とその夫で副院長の壇上壮大(浅野忠信)は、沖田を壇上記念病院に再び迎え入れることに戸惑っていた。

深冬はかつて沖田と交際しており、壮大は沖田と幼馴染だったのだ。沖田がアメリカへ渡ったあと、壮大は脳外科医でありながら秀でた経営手腕を虎之介に見込まれ、深冬と結婚。経営の合理化を進め、壇上記念病院での確固たる地位を築いていたが、最近では経営方針を巡って虎之介と対立していた。

 虎之介を診察した沖田は、第一外科部長の羽村圭吾(及川光博)が反対するにも関わらず、難しい虎之介の手術をやれると言い切る。

外科の若手医師・井川颯太(松山ケンイチ)はいきなり現れた沖田に懐疑的、オペナースの柴田由紀(木村文乃)は沖田に興味を持つ。手術当日、祈るように手術室のモニターを見守る深冬。一方で病院の顧問弁護士・榊原実梨(菜々緒)と手術室の様子を見ていた壮大は、この10年で沖田がオペの腕を上げたことを感じていた。沖田が手掛けた虎之介の手術は成功したかに思えたが…。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-16 08:32 | ドラマ | Trackback(8) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
そして誰もいなくなった(..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
おんな城主直虎 第12回..
from 事務職員へのこの1冊
大河ドラマ『おんな城主直..
from レベル999のgoo部屋
二夜連続ドラマスペシャル..
from ディレクターの目線blog@..
スペシャルドラマ「LEA..
from ディレクターの目線blog@..
NHK大河ドラマ「おんな..
from 真田のよもやま話
【おんな城主 直虎】第1..
from ドラマ@見とり八段
最新のコメント
まっつーさん、こんにちわ..
by noho_hon2 at 07:14
渡瀬恒彦さんのラストの迫..
by まっつー at 02:12
みっきー さん、こんにち..
by noho_hon2 at 15:41
「のほほん便り」の管理人..
by みっきー at 11:57
ふじき78 さん、こんに..
by noho_hon2 at 07:03
今度の冬には本能寺の変の..
by ふじき78 at 23:34
Dhunting(ドラマ..
by noho_hon2 at 07:19
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)