<   2017年 02月 ( 88 )   > この月の画像一覧

バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~「バイプレイヤーと悪役」
今回、スポットが当たったのは、寺島(寺島進)で、彼に、亡き父の面差しを重ね、熱烈ファンである小さな兄妹の為に、悪役をやめたい、とまで思いつめますが、

結局、プロ根性が勝ったのでした。でも、幼い兄妹、オットナ~~、全てわかって受入れてたのが凄かったです。

個人的に、椎名桔平の姿が、拝めたのが嬉しかったのでした。

   (ストーリー)

自主映画フィルムの盗難も脚本の盗作も、全て大杉(大杉漣)のうそだった。「うそはなしにしよう」という松重(松重豊)の言葉に皆が同意する中、テレビでは寺島(寺島進)が悪役を演じる時代劇が流れる。寺島には、毎週のように手紙を送ってくる保育園児の兄と妹のファンがいた。感激した寺島は2人に会いに保育園へ。しかし、寺島が悪役のせいで、彼らはからかわれていた。それを見た寺島は、悪役をやめることを決意する。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-02-25 05:57 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)

下剋上受験 「遺伝するのは魂だ!娘の反抗期対処法!」
今回は、スランプの巻。

信一(阿部サダヲ)と佳織(山田美紅羽)の俺塾は熱心さを増しているのに、佳織が忘れてしまうのに、信一は頭抱えモード。

そうれなくても、慣れない生活。勉強、家事、アルバイトに胃が痛くなってしまい、体調を崩す信一

香夏子(深田恭子)の仕事も、もう少しのところで、なかなか成果に結びつきません。

そんな中、徳川麻里亜(篠川桃音)は学校へ来なくなり、しかし、偏差値は回復。佳織、「体育は休むように」と言われてたのに、つい、ドッチボールに参加して右手を怪我。信一はイライラが募ります。

そうして迎えた模試。信一は胃痛で救急車で運ばれ、付き添った徳川直康(要潤)に「おまえはイイよな遺伝だもんな」とボヤいた結果。「実は血がつながっていない」ことを知ります。

それにしても、祖父の一夫(小林薫)、お金を工面して息子夫婦を助けたくて家を売る決意をしてましたが、これは相談すべきだったのでは?

どう展開する?

    (ストーリー)

信一(阿部サダヲ)と佳織(山田美紅羽)の受験勉強は佳境を迎えていた。信一は寝る間を惜しんで勉強をし、家事に加えて受験費用を稼ぐためにアルバイトも再開。しかし、がんばり過ぎが災いし体調を崩してしまう。そして、診断を受けた病院で遭遇した徳川直康(要潤)から麻里亜(篠川桃音)の受験準備が好調であることを聞き、信一の焦りはさらに膨らんでいく。

数日後、体育の授業で跳び箱をしたと話す佳織を信一が注意する。受験の邪魔になりそうなものは極力排除したいと考え、今後は体育の授業を休ませるという信一に、香夏子(深田恭子)は納得できない様子。しかし、その香夏子も物件の契約が全く取れずに落ち込んでいた。そんな多くの悩みを抱える桜井家の家計を助けるため、一夫(小林薫)は、あることを楢崎(風間俊介)に依頼する。

そんな中、信一が抱いていた不安が的中してしまう。佳織が体育の授業で右手を怪我し、鉛筆を握ることができなくなってしまったのだ。もはや受験勉強どころではない!憤りを覚えた信一は…。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-02-25 05:51 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)

三匹のおっさん3~正義の味方、みたび!!~ 「三匹が子供たちに大苦戦!? 子供食堂を狙う悪党を成敗! 」
今回の3匹は、キヨ宅の息子のお嫁さん、貴子(西田尚美)と共に、克恵(木野花)がオーナーを務め、親が共働き、等で、満足な食卓の囲めない、子供達のために格安・無料で食事を提供する「子供食堂」を手伝うことに

そこで貴子は、シングル・ファーザーで娘を育てる同級生の遠山(田口浩正)と再会。

遠山の淡い思いは、ボランティアスタッフのいずみ(酒井若菜)にあるよう。

そこに目をつけて、恐喝したり、施設に嫌がらせする、いずみの昔仲間を成敗っ!

どうやら、キューピットにもなれたみたいで、ヨカッタですね。

     (ストーリー)

キヨ、シゲ、ノリは貴子と共に、克恵(木野花)がオーナーを務め、子供のために格安・無料で食事を提供する「子供食堂」を手伝うことに。そこで貴子は、男手ひとつで娘を育てる同級生の遠山(田口浩正)と再会。

遠山がボランティアスタッフのいずみ(酒井若菜)に気があると気づいた貴子は、2人の仲を取り持とうとするが…。そんな中、「子供食堂」で悪質な嫌がらせが発生! 子供たちの笑顔を守るため三匹が立ち上がる!

[PR]
by noho_hon2 | 2017-02-25 05:39 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)

増山超能力師事務所 「パートナーは君じゃなきゃ」
思わず投げ捨てた指輪を探して欲しい、という依頼だったけれど、ビーズの指輪では、金属探知機では発見が不可能でしたね。

あと、務員・朋江(平田敦子)は夫・誠司(モロ師岡)からもらった結婚指輪を失くした件も並行して進み、双方、意外なハッピー・エンド。

展開が読めないあたりヨイです。

ゲストに花をもたせようとするあまり、この周辺が、ちょっと甘目だったかな?と感じたけれど、今回も面白かったです。

しかし、所長。増山にも、おウチでは密かな事情が?!

   (ストーリー)

 主題歌を歌うユナク(超新星)がゲスト出演!……男関係が派手な玲奈(山下リオ)の依頼は、「友達が窓から投げ捨てた指輪を探して欲しい」。

一方、事務員・朋江(平田敦子)は夫・誠司(モロ師岡)からもらった結婚指輪を失くし、増山(ココリコ田中)がその捜索に乗り出していた。

2つの指輪をめぐる謎を事務所メンバーが超能力で解き明かす。そこには深い思いと意外な真実が隠されていた…!そして増山の妻・文乃の秘密とは!?

[PR]
by noho_hon2 | 2017-02-24 08:36 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)

嫌われる勇気 「仲間を救え!刻む死の秒読み爆弾魔vs蘭子」
惜しむらくは、キャスティングで犯人はバレバレで、動機も、(^^;)でしたが、爆弾犯のクイズに奮闘する蘭子(香里奈)と、団結する8係が、アドラーでいうところの、共同体感覚だったのかな?

謎解きは、普通に面白かったし、爆発を回避すべく、疾走する蘭子は、なかなかにキマってました。

パン屋さんのエピソードも、なかなかイイ感じだったけれど、ミステリーとベストセラーの融合が、いまひとつ悔やまれるのでした。

     (ストーリー)

蘭子(香里奈)が出勤すると、応接室で青山(加藤シゲアキ)と半田(升毅)が、佐藤という男性(板尾創路)と向き合っていた。佐藤は、先日起こった爆発事件の目撃者で、犯人に命を狙われているから保護してくれ、と青山に訴えてきたのだ。

佐藤は、犯人から渡されたというカバンの中身を出すよう青山に指示。そこには、ぬいぐるみ、スマホ、タブレットが入っていた。青山がぬいぐるみを取り上げると、爆弾が仕掛けられていたことが判明。下に置くと爆発する、と佐藤に言われた青山は、手を離せなくなる。

そこへ、犯人からスマホに着信が。自分は先日の爆発事件の犯人で、8係を監視している。外部と連絡を取ったりすれば、ぬいぐるみを爆発すると予告。目的は何か、と聞いた蘭子に、君と勝負がしたい、と言った。

その後、犯人から二度目の着信があり、自分が指定した場所にある手紙に書かれたクイズに答えろ、と命じられる。ヒントは1枚の写真だったが、三宅(桜田通)の分析で場所を特定。蘭子は、その場へ向かう。爆弾を抱えた青山は、不安を感じながらも、蘭子を見送った。

犯人の狙いは蘭子なのに、巻き込まれて気の毒だ、という佐藤に、青山は、自分と蘭子は共同体だと返す。実は、その共同体感覚こそが、アドラー心理学のゴールだと、青山は大文字(椎名桔平)から教えられていた。

その頃、小宮山(戸次重幸)と浦部(丸山智己)は、一心不乱に駆けていく蘭子を目撃する。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-02-24 08:29 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

就活家族~きっと、うまくいく~ 「娘の婚約者vs無職の父!新居は誰のもの?」
水希(黒木瞳)たちは、洋輔(三浦友和)の退職理由が、優子(木村多江)へのセクハラだったと知り、説明すれど、信じてもらえず、ますます亀裂が深まり、洋輔は、ついに「自分が出ていけばイイんだろ」と、ひとり新居に。

でも、素朴な疑問ながら、清掃業で元・自分の職場に行くことになり、嫌がってたものの、結局、見つかって、あらら…になるのですが、それってバイトでしょうか? 水希と約束した、コンサル業を1ヶ月頑張って結果を見てくれ話は、どうなったのかな?

しかし、国原耕太(新井浩文)に脅され、彼を国会議員の竹之内に引き合わせて、「障害者施設設立のため」と言いますが、助成金詐欺の予感ヒシヒシですよね。

花屋でアルバイトをはじめた水希に正社員への誘い

栞(前田敦子)もデザイン画を見せて奮闘するものの、うまくいかず、内々定が出た、弟の光(工藤阿須加)と相談して、両親を仲直りすべく、彼氏を家に招待して、しぶしぶ、洋輔もやってきますが、喧嘩腰で気まずい雰囲気に。

このままだと、家族がバラバラになりそうな予感。どう起死回生する?!

     (ストーリー)

 洋輔(三浦友和)の日本鉄鋼金属退職の理由が、川村優子(木村多江)へのセクハラだったことがわかり、富川家は完全に冷え切った状態に。水希(黒木瞳)は「セクハラをしたことよりも、そんな大事なことを家族に隠してきた貴方に我慢ならない」と、洋輔を避けるように生活を始める。

 相変わらず清掃業者での仕事を続けていた洋輔はある日、日本鉄鋼金属のビルに配属される。かつての部下や同僚たちに見つからないよう、息を潜めながら清掃をする洋輔だったが、総務本部長の綿引(神保悟志)が清掃員をバカにするような発言をしたことに激怒。目深にかぶっていた帽子を取り、「お金をもらうために働いていることの何が悪い」と反論する。しかし綿引には「俺が役員になることを妬んでいるのか?」と嫌味を言われてしまい、洋輔は悔しい思いを抱えながら見送るしかなかった。

 コンサルタント業の顧客開拓も少しずつながら進んでいた洋輔は、国原耕太(新井浩文)から協力を求められていた障害者施設設立のため、彼を国会議員の竹之内に引き合わせる。行政からの助成金を得るため、竹之内に出まかせを並べる国原を警戒の眼差しで見つめる洋輔だったが…?

 学校を辞めた水希は花屋でアルバイトを始め、そこで正社員採用の打診をされる。しかし教育の仕事への未練を断ち切れない水希は返事を保留するのだった。

 一方、インターネット情報配信社の採用試験を受けた光(工藤阿須加)は内々定を取得。しかし名古屋の本社勤務の可能性が浮上し、家族が離れ離れになってしまうことに不安を募らせる。さらに、真壁雄斗(渡辺大)との結婚を本格的に考えだした栞(前田敦子)は、洋輔と水希に「真壁と会って欲しい」と頼む。冷え切った洋輔と水希の関係を元に戻そうとする栞と光は…?

 そして洋輔に今後の人生を左右する出来事が起こり、大きな決断を迫られることに!

[PR]
by noho_hon2 | 2017-02-24 07:53 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

「精霊の守り人Ⅱ 悲しき破壊神」(Season2)「聖なる場所へ」
話は、ますますダイナミックに展開。

しかし、バルサ(綾瀬はるか)危機一髪! 吊橋で、追っ手に迫られ、戦ってる内、先に行かせたアスラ(鈴木梨央)等とはぐれてしまいました。

お懐かしや、呪術師・トロガイ(高島礼子)、再登場。

冷酷な、タルシュ王子ラウルに、高良健吾、似合ってましたね。どんな役でも、「それらしく」見えてしまうところが凄いです。

アスラ・ママの、トリーシア(壇蜜)。その昔、ロタ王弟・イーハン(ディーン・フジオカ)と恋仲、だったのですね。

壮大な物語。なにげに旬な駒が揃ってワクワク。

    (ストーリー)

バルサ(綾瀬はるか)はアスラ(鈴木梨央)を知るタル人らと共に都を目指すが、彼らの影響でロタ人への憎しみを口にするアスラに「人を殺したいなんて思わないでくれ」と繰り返し言い聞かせる。つり橋で武装集団の襲撃を受けたバルサは、自ら盾となってアスラたちを先に行かせるが、背後からも襲われてしまう。一方、チャグム(板垣瑞生)はタルシュ帝国の属国となったヨゴ国に連行される。そこは、ヒュウゴ(鈴木亮平)の故郷だった。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-02-23 07:49 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)

ホクサイと飯さえあれば 「幸せのダブル親子丼」
実家から届いた荷物に関し、母親と電話してる内、些細なことで喧嘩してしまったブン(上白石萌音)。それに加えて、こだわり卵を抱えて帰る途中、凪(桜田ひより)が、ちょっとした悪戯して、割ってしまい気分は、ますます最悪に。

でも、当初は、ぬいぐるみのホクサイだけが話し相手というブンだったので、心を込めて、謝りに来る、いい友達ができて、良かったね。

送ってきた小鍋と、凪からもらった卵と三つ葉で作った、こだわりのダブル親子丼、美味しそうでしたね。

お母さんとも、仲直りできて、しかも、愛のパズルまで解けてヨカッタヨカッタ

    (ストーリー)

些細なことで母親と喧嘩をしてしまったブン。ホクサイは、早く仲直りをするよう言うが、ブンは絶対謝らないと意地を張り、モヤモヤした気持ちを静めるために、「今が旬」の卵を買いに行く。美味しい卵料理を妄想することで、ようやくいつもの調子を取り戻すが、いたずらをしかけた凪のせいで、大切な卵が割れてしまい、ブンの機嫌は再びどん底に。見たこともないブンの表情を目の当たりにした凪は焦り、卵を買いに走るのだが――?

[PR]
by noho_hon2 | 2017-02-23 07:37 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)

東京タラレバ娘 「幸せって、結婚って何だろう」
「やった、これだ!」と感じた相手に遭遇して、結婚も意識し、舞い上がってた倫子(吉高由里子)なれど、「ひとりになると開放感」「いかんともしがたい、噛み合わなさ」とは残念でしたね。

でも、そのイケメン・バーテンダーの奥田に、速水もこみちは、ナイス・キャスティングでした。

香(榮倉奈々)や小雪(大島優子)も、前進しようとすれど、女部分が勝ってしまい… 

香も、高価な結婚相談所で、相性バッチリ、という相手を紹介される寸前に、元カレから「逢いたい」と、電話。結局、頭で考えるより先に、彼のもとへと走ってしまい、トホホです。

だけど、小雪といい、男と女って、そういうもの… かも。

今回、新展開だった部分は、KEY(坂口健太郎)の過去かな? 意外な結婚歴

意外と倫子と、いい喧嘩ップルになる、かも。

明るく、軽い、コミックなノリと、目の保養キャスティングで、なかなかに楽しめるのでした。

     (ストーリー)

イケメンバーテンダーの奥田(速水もこみち)と付き合うことになった倫子(吉高由里子)。奥田から「ずっと一緒にいられたら幸せだろうな」とプロポーズのような言葉を言われ、すっかり舞い上がる。

話を聞いた香(榮倉奈々)や小雪(大島優子)はもちろん、KEY(坂口健太郎)も皮肉交じりに祝福。 遂に結婚か…と倫子もその気になるが、一緒に過ごしていくうちに、奥田との微妙なズレに違和感を覚えるようになっていく……。

一方、小雪は丸井(田中圭)と別れられなかったことを告白。結婚できないという事実に目をつむり、不倫の恋にどっぷりと浸かっていく。

そして、香は「東京オリンピックまでに結婚して子供を産む」という目標のため、結婚相談所に登録。すぐに香の希望通りの相手が見つかって会うことになるが、そんな時に涼(平岡祐太)から連絡が入り……。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-02-23 07:28 | ドラマ | Trackback(6) | Comments(0)

相棒 Season15 「ギフト」
「快楽殺人犯・北一幸(野間口徹)が、治療中の病院から逃走した」だなんて、うんと初期の相棒で、何度も出てきた、朝倉を連想させますよね。

とことんサイコだっただけに、知能犯してた部分といい、意表をつく方向性の変更(女性から男性に)といい、彼にシンクロした人々の存在とか、意外な展開で、見応えあったのでした。

でも、その謎を読み解いた、右京(水谷豊)さんに、犯人が感激するあたり圧巻。

賛否両論ありそうですが、ある意味で傑作かも、と感じたのでした。

それにしても、今回は、伊丹(川原和久)が災難でしたね。

    (ストーリー)

計6人の女性を殺害し、顔を切り刻むことに執着した快楽殺人犯・北一幸(野間口徹)が、治療中の病院から逃走した。裁判中だった北は、末期がんの治療のためにいったん入院していたのだが、見張りの刑事を殺害して姿を消したという。犯行は病院のシステムがダウンした十数分のうちに起きており、計画的なものと考えられるため、共犯者がいる可能性が高かった。

捜査に乗り出した伊丹(川原和久)は、図ったようなタイミングで北の弁護士・連城(松尾諭)から連絡を受け、北から伊丹宛に送られてきたというスマホを渡される。その途端、着信があり、北は犯行の再開を予告するような言葉を発した。どうやら北は、自分を逮捕し取り調べを担当した伊丹に、何かしらの思い入れがあるらしい。捜査本部は、かつて北が殺害対象者としてリストアップしていた女性67人の安否確認を急ぐ。

その矢先、伊丹宛に巨大な冷蔵庫が届く。中には、有村みなみ(片山萌美)というリストに載っていた女性の遺体が入れられていた。いっぽう、右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、上層部からにらまれながらも独自の捜査を開始。一年前の事件では、特命係によって、北が自分と“同じ臭い”がする殺人犯にシンパシーを覚え、身代わりになろうとしたという事件の真相が解明された。

右京と亘の脳裏には、“誰かのために罪を犯すことに喜びを覚える”という、北の不可解な思考が蘇っていた。その考え方を踏襲しているのであれば、今回の犯行も共犯者のために行っているのではないか? 2人は手掛かりを探すため、被害者であるみなみや、担当弁護士の連城、さらには病院で殺害された刑事の相棒の周辺を調べ始める。

連続殺人犯を助ける共犯者はいったい誰なのか?
伊丹に執着する犯人の意図とは…!?
日本を震撼させた猟奇殺人の悪夢が再び幕を開ける!

[PR]
by noho_hon2 | 2017-02-23 07:16 | ドラマ | Trackback(9) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
貴族探偵 #02
from 刹那的虹色世界
「釣りバカ日誌(2)」1..
from ドラマでポン
「人は見た目が100パー..
from ドラマでポン
貴族探偵 第2話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第2話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第2話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第2話
from ぷち丸くんの日常日記
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)