<   2017年 02月 ( 88 )   > この月の画像一覧

カルテット 「第二章開幕!!夫の告白、妻の涙…迎える衝撃の結末」
かなり、観る者を選ぶ、というより、試すような独特な回でしたね。

真紀(松たか子)が、軽井沢で、義母・鏡子(もたいまさこ)と再会。

その傍らで、すずめ(満島ひかり)が、真紀ダンナさん、幹生(宮藤官九郎)という男性と知り合い、別荘に招待。

真紀は鏡子に、幹生はすずめに告白する形で、双方の視点から、夫妻のなれそめから、夫の失踪までを告白します。

幹生の靴に防犯用のカラーボールの痕がついてたことから、警察を呼ぼうとして拘束されてしまい、

諭高(高橋一生)は割のいいアルバイトと称して猿を探しに行き、

司(松田龍平)は手違いから、会社の倉庫に閉じ込められてしまい、残り僅かの携帯の電源で助けを求めます。

有朱(吉岡里帆)が何故かバイオリンを盗もうとし、それは真紀のだったみたいで、幹生と揉み合いに。

でも、諭高が、聞いた、幹生、ベランダから転落の原因は、直接押した訳でなく、心理的なものだったみたいですね。

唐揚げのレモンに関しても、好きすぎて言えなかった雰囲気。

一目惚れした相手と結婚して、一緒になっても、ずっと妻に恋していたくて、小さな不満を募らせたロマンチストな男と、結婚して、家族になっていくのに幸福を感じていたリアリストな女のすれ違い… 切なかったのでした。

     (ストーリー)

ひょんなことから、すずめ(満島ひかり)は幹生(宮藤官九郎)という男性と知り合う。実は幹生は真紀(松たか子)の失踪した夫なのだが、幹生はなぜか諭高(高橋一生)の先輩だと身分を偽る。ある思いから幹生を別荘に招いたすずめは、幹生の靴に防犯用のカラーボールの痕がついていることに気付き…。

一方、真紀は、軽井沢で鏡子(もたいまさこ)と再会する。「幹生を殺したのか」と問い詰められた真紀は、ゆっくりと夫婦の過去を告白して──。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-02-22 07:50 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

嘘の戦争 「宿敵長男に復讐!一族崩壊へ」
興三(市村正親)に、復讐のため、接近した浩一(草なぎ剛)なれど、心筋梗塞で倒れ込んだ興三に、浩一は救命措置を行い、命を救います。

「もっと地獄を」とデビルな考えがあったみたいですね。

その独白を聴いてたがゆえに、興三が目覚めた時、浩一を目にして、目を見開き、心拍計が上昇して、病室は、緊急事態。家族以外は追い出されます。この気づきが、どう影響してくるのでしょうか?

また、そんな浩一の思惑に、百田(マギー)カズキ(菊池風磨)ハルカ(水原希子)は呆れかえりつつも、彼に従い、まずがターゲットを、次男の晃(安田顕)に絞ります。

晃、親が、こういう時だからこそ、と意気込むあまり、まんまと一同の作戦… 手管にかかり、二千万円、騙し取られます。

そんな失敗をした晃を、隆(藤木直人)は解任し、会社の厳しい現況を告げます。

やさぐれる晃を、ハルカは慰めに接近しますが、これは作戦? はたまた素朴な同情?

そして、どこまでも、浩一を疑う隆、パソコンのウィルス感染や遠隔操作に気づいたよう。

しかし、浩一は、今度は、六車了司(神保悟志)を罠にかけるべく、工作しますが、まんまと引っかかった結果、どうなる?

駆け引きがダイナミックで、微妙なスキを孕みつつ、今後、どう展開するか、ドキドキ

      (ストーリー)

30年前、一家心中に見せかけて殺された家族の復讐(ふくしゅう)を次々に果たした浩一(草彅剛)は、ついに、事件の首謀者である興三(市村正親)に近づくことに成功。興三の娘・楓(山本美月)との結婚も決まる。一方、またしても浩一の巧みなウソに翻弄(ほんろう)され、興三もまた「2人で話がしたい」と浩一を呼び出すが、思わぬ事態に…。

そして隆(藤木直人)は浩一が30年前の事件で生き残った“千葉陽一”だと疑いつつも、確固たる証拠をつかめずにいた。

隆の事を気にしつつも、浩一は30年前のOL殺人事件に関わっていながら、これまで何の罰も受けずに生きてきた晃(安田顕)に狙いを定め、事業拡大のために工場を全面改修するよう勧める。そして晃が早速、隆に工事に必要な多額の費用を用立ててくれるよう頼むと、隆は意外にもそれをあっさり承諾するが、それには隆なりの考えがあり…?

上機嫌の晃に、浩一はそれとなく、興三や隆のまわりで怪しい動きを見せる六車という男について尋ねる。晃の話を聞いた浩一の脳裏には、ある疑惑が浮かんで…。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-02-22 07:30 | ドラマ | Trackback(6) | Comments(0)

殿、利息でござる! (2016)
e0080345_12323384.jpg実話ベース、だそうですね。

ちょっとトボけたテンポとユーモアが見やすくって、最後に痛快劇になるあたり、あっぱれ!でした。

とかく、話題になったのは殿様役に、羽生結弦がキャスティングされてた部分ですが、なるほど、若いのに貫禄とカリスマ性…

本当に、キャスティングが絶妙で、クライマックス部分。仙台藩重臣の萱場(松田龍平)の、少し冷徹な演技も良かったし、冒頭とラストを締める、造り酒屋で質屋も営む浅野屋陣内(山崎努)の、圧倒的・存在感は圧巻で、

お茶を栽培する農家で知恵者の瑛太、造り酒屋の阿部サダオ、村の取締役の寺脇康文、千坂仲内役の千葉雄大がいい味だしてたし、あと、妻夫木聡と竹内結子、西村雅彦も、ナイスな配置で、良かったです。

大いに満足

   (解説)

『武士の家計簿』の原作者・磯田道史による「無私の日本人」の一編「穀田屋十三郎」を、『予告犯』などの中村義洋監督が映画化。江戸時代中期の仙台藩吉岡宿が舞台の実話で、年貢の取り立てや労役で疲弊した宿場町を救うため、藩に金を貸して毎年の利息を地域の住民に配る「宿場救済計画」に尽力する人々の姿を描く。町の行く末を案じる主人公を、時代劇初主演の阿部サダヲが演じるほか、瑛太、妻夫木聡という実力派が出演している。

   (ストーリー)

江戸中期、財政の逼迫(ひっぱく)した仙台藩が領民へ重税を課したことで破産や夜逃げが続出し、小さな宿場町・吉岡宿は困窮し切っていた。このままではダメだと考える商人・穀田屋十三郎(阿部サダヲ)と同志たちは、藩に金を貸し付け毎年の利息を住民に配る「宿場救済計画」を考えつく。町の存続を図るため、前代未聞の金貸し事業を成功させるべく、彼らは私財を投げ打ち……。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-02-21 12:32 | 映画 | Trackback(18) | Comments(0)

YOU は何しに日本へ?(マーティンさん、ネコバスでユーラシア大陸の旅ゴール)
さあ冒険だ!マーティン&古き良きYOUたち まさかのゴール!2時間SP~【綺麗な振り袖で成人式に出たいYOU】~

尺も長くて、見応えありました。

3年前に高校留学&ホームステイしていた大阪・高槻市の成人式に出席する予定のアメリカン人のセーラさんの、着物愛と、かつての同級生に再会したくて、あえて成人式に出たエピソードも感動的だったし

イベントYOU…大坂のミナミ、夜な夜な YOU が集まるビルを探してみると、なんと、忍者、侍、等の時代劇を経験できる場

忍者や侍、着物のコスプレセットと共に、効果音もバッチリ、お約束文句がカンペーに書かれ、プロの殺陣師を相手に時代劇を体験できる企画は、面白いなぁ、と感じました。

みんな「NARUTO」や「るろうに剣心」を読んで、こういう世界に憧れたとのこと。とても満足そうな表情が印象的

また、秘教YOUは、序盤、番組最速でターゲットが見つかったかと思いきやNGで、その後も見つからず、途中でディレクターと島を交代。かなり苦労して見つけたYOUは、佐渡ヶ島で、古い古民家を買い、薪を割って、風呂をわかしたり、暖をとったり、むしろ不自由を楽しんでる、子沢山YOUの幸福そうな感じが、印象的でした。

でも、なんといってもメインは、マーティンさんの、ネコバスでドイツを起点に、ユーラシア大陸横断の旅がゴールして、日本へ到着。ゴールした件だったかな?

途中、ネコバスが、まるでジープのように浅い川を渡ったり、モンゴルの大草原で、なぜか朝青龍の義理の母という、朗らかな御婦人が、プライベート写真を見せてくれたり、途中、ネコバスが故障して、これが想像以上に修理に時間がかかり、日本へ渡る船にギリギリになって、焦ったり…

だけど、日本は境港に到着して大歓迎。その人気の高さは圧倒的だったし、感動的でした。

ネコバスも、日本で走れるように修理、及び改造して、どうやら今度は、日本の全ての都道府県を回りたい、との希望。

横浜で、オチョオチョの彼女と再会してカラオケしつつ(夏川りみを歌ってて、これが上手!)マーティンさん、職場の方から、「そろそろ働きに戻って」と催促され、リターンマッチで再び日本に来た時の、オススメ企画を募集してたのも興味深かったです。

ともあれ、ゴール、おめでとうございます。次の旅も素敵なものになるとイイですね

[PR]
by noho_hon2 | 2017-02-21 08:35 | テレビ | Trackback | Comments(0)

突然ですが、明日結婚します 「女の実家で鉢合わせ」
思うところは、ありつつも、名波(山村隆太)と付き合うことを決めた、あすか(西内まりや)

ところが、その直後に突然、神谷(山崎育三郎)が、あすかにキス。それを、名波が見ていて複雑感。あすかは知らなかったのでした。

それにしても、集まってお食事&談笑ワイワイが多いですね。まずは、小野(森田甘路)のマンションで、お好み焼きパーティ。そのうち、歓迎してくれるのをいいことに、舞台は、あすかの実家になり… でも、急に仕事が入り、名波は行けなくなって

一方、あすかは、上司からいずみ証券との共同プロジェクト担当に打診。3年かかるのだそうで迷います

そこに、あすかの父・新太郎(古舘寛治)が、神谷を連れてきて、今度は、あすかの実家で名波と鉢合わせ

莉央(中村アン)と小野がつきあうこととなったり、どこか、食べて飲んでワイワイ、恋の気配もあって、って感じがタラネバっぽい、ラブコメになってきた感かな?

名波の元カノ・夕子(高岡早紀)が、あすかに急接近。さぁ、どうなる?

     (ストーリー)

打ち合せを終えたあすか(西内まりや)は、神谷(山崎育三郎)に小野(森田甘路)のマンションまで送ってもらう。ところがそこで、神谷は、いきなりあすかにキスをして彼女を怒らせる。実は神谷は、帰宅途中だった名波(山村隆太)が近くにいて、その光景を見ていることに気づいていた。

あすかは、莉央(中村アン)や桃子(岸井ゆきの)と一緒に小野の部屋でお好み焼きパーティーをする。やたらと明るく振る舞っているあすかをそっと見つめる名波。その席で小野や桃子らは、今度は皆であすかの実家に集まろうと盛り上がる。

別の日、あすかは、上司から、いずみ証券と新しく始める共同プロジェクトを担当しないか、と打診される。3年ほどのプロジェクトで、キャリアアップにもつながるという。

数日後、莉央たちは、約束通りあすかの実家を訪れる。典子(石野真子)と新太郎(古舘寛治)は、大歓迎で皆を迎え入れた。だが、名波だけは、夕子(高岡早紀)の都合で番組の収録のスケジュールが変更になり、結局参加できなくなってしまう。

そんななか、名波は、インフルエンザで休むことになった三上(沢村一樹)の代役で、経済番組の司会を頼まれる。そこで名波は、出演者のひとり、神谷の控室にあいさつに行くが…。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-02-21 07:41 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

視覚探偵 日暮旅人 「消えた音楽家探し」
白石刑事(吹越満)を見た旅人(松坂桃李)は、白石こそが20年前に自分を誘拐、監禁した犯人の一人だと気づきます。

旅人の主治医・榎木(北大路欣也)が、耳の聞こえない女性・静香(三吉彩花)のために人探し。

ジャズミュージシャン・犬飼啓(吉田栄作)の行方を探してほしいとのこと。

奇妙な落書き、旅人ビジョン、また独特の美意識世界でしたね。

吉田栄作、かっこよかったです。

また、静香には、犬飼の音と同質の哀しみを含んだものを、旅人にも感じる、と言ってたのも印象的でした。

いろいろテンコ盛りでしたが、ほ~ぉ、だったのでした。

      (ストーリー)

事件現場で古株の刑事・白石(吹越満)を見た旅人(松坂桃李)は、白石こそが20年前に自分を誘拐、監禁した犯人の一人であったことに気づくのだった。一方の白石は、売人のヒカル・レイこと川村(三浦貴大)が使用していたドラッグが、20年前のごく短い期間だけ出回った特殊なドラッグ『ロスト』だと知り、なぜか激しく狼狽していた。かつてロストが出回った時期は、旅人が監禁されていた時期と重なっていた……。

そんな中、旅人の主治医・榎木(北大路欣也)が、耳の聞こえない女性・静香(三吉彩花)のために、彼女がファンだというジャズミュージシャン・犬飼啓(吉田栄作)の行方を探してほしいと依頼する。犬飼は少し前から行方不明なのだと言う。

早速犬飼を探す雪路(濱田岳)と亀吉(上田竜也)は、麻薬取引の元締め・リッチー(北村有起哉)から、犬飼がドラッグの売人で警察からも追われていることを知らされる。目を大切にしたいことを理由に今回の依頼を雪路たちに任せると言っていた旅人は、犬飼がリッチー絡みの売人だと聞いた途端、なぜか捜査に参加すると言い出すのだった。

犬飼の住処で見つけた静香のファンレターに“強い悲しみの感情”を視た旅人は静香に会い、耳が聞こえなくても犬飼の音楽が不思議と伝わったこと、しかしある時から演奏から何も伝わらなくなったことを聞かされる。捜索が難航する中、ライブハウスに貼ってあった犬飼のサインからただならぬ感情の模様を視た旅人は、飲食店の壁に書かれた謎の音符の落書きにも奇妙な共通点を見つけ、単身犬飼に近づいていく……。

その頃、増子(シシド・カフカ)たちが集めた『ロスト』に関する資料をこっそり漁っていた白石は、20年前に監禁し死んだと思っていた子供が旅人であることに気づき、旅人の計画の前に立ちはだかろうとしていた……!!

[PR]
by noho_hon2 | 2017-02-20 08:37 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

A LIFE~愛しき人~ 「究極のモンスターペイシェント」
深冬(竹内結子)が、自分の病状を知るところとなりました。

あと、井川(松山ケンイチ)が執刀医に指名され、沖田(木村拓哉)が脇に回ったのが印象的だったかな?

賛否両論回であるのも、興味深いなぁ、と感じたのでした。

      (ストーリー)

深冬(竹内結子)が病状を知ってしまったのに、まだ有効な手術の手立てを見出せない沖田(木村拓哉)。深冬を気遣う壮大(浅野忠信)だったが、夫婦の間にもぎこちない空気が漂っていた。

そんなとき、早急に手術をしなければならない男性患者が救急で運び込まれ、沖田が執刀、井川(松山ケンイチ)が助手として入ることに。手術には家族の同意が必要だが、現れたのは壇上記念病院の顧問弁護士・実梨(菜々緒)。患者は実梨の父親だったのだ。

ところが、実梨は父親の手術には同意できないと繰り返す。説得しようとする医師たち。羽村(及川光博)から難しい手術だと聞いた実梨は、今度は井川が執刀するという条件付でオペに同意すると言い出す…。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-02-20 08:25 | ドラマ | Trackback(6) | Comments(0)

おんな城主 直虎「検地がやってきた」
次郎法師(柴咲コウ)は、井伊家のため、慕ってくれる直親(三浦春馬)を諦め、直親も、周囲の勧めで奥山朝利(でんでん)の娘・しの(貫地谷しほり)と祝言

その傍らで、左馬助(苅谷俊介)政次(高橋一生)は、直親の帰参と家督相続を認めてもらおうとします

すると、義元(春風亭小朝)から、条件。井伊谷の検地を申し出られ、困惑する直盛(杉本哲太)焦り、大反対する直平(前田吟)。

隠し里… “井伊の最後の砦”があったのでした。

なんとか、隠したい。そのため、あの手この手、すぐに発見されたしまったものの、直親、政次、次郎法師の機転で、この場を凌ぎ井伊家の思惑を交わしたのでした。

ただこの一件により直親と政次が それほど通じ合っていない事もわかってしまいました。

各方面に、やや強引だっただけに、どうなる?

     (ストーリー)

井伊家存続のため直親(三浦春馬)とのつらい別れを選んだ次郎法師(柴咲コウ)。政次(高橋一生)は今川館に出向き、直親の帰参と家督相続を認めてもらおうとする。これに対して今川義元(春風亭昇太)の出した交換条件は、井伊谷での大規模な「検地」の実施だった。井伊直平(前田吟)は自分の治める川名の隠し里に今川の検地の手が及ぶことを恐れ、怒りをあらわにする。
[PR]
by noho_hon2 | 2017-02-20 07:58 | ドラマ | Trackback(10) | Comments(0)

北の国から '95 秘密
e0080345_14153287.jpgなんだか、今、見ると、りえちゃんの若さ、初々しさが眩しくて、それだけで切なくなりますね。

現在では、貫禄マダムな横山めぐみの、少女時代や花嫁さん姿も、感慨深いです。

それに、みんな生命力に溢れ、生きることに真摯で、ジーーーン。

純と蛍が、青春、迷い路くねくね

少し前、連続ドラマから遺言まで見たのに、なぜか、これだけ偶然、抜け落ちてた為、やっと「ピースがハマった」感。コンプリート気分で一杯になったのでした。(^。^)v

     (ストーリー)

純(吉岡秀隆)は、富良野に戻り、市役所の臨時職員としてごみ収集の仕事に就き、正吉(中沢佳仁)と一緒にアパート暮らしをしていた。札幌に住むれい(横山めぐみ)と付き合ってはいたが、会う度に洗練されていくれいと純の距離は開くばかりだった。
 そんなある日、純は小沼シュウ(宮沢りえ)と知り合った。20歳のシュウはひと月前に東京から富良野に来たばかり。東京にはあまりいい思い出はないようだった。純が連れてきたシュウを五郎は張り切ってもてなす。新聞もテレビもない五郎の暮らしがすっかり気に入ったシュウは、度々五郎の石の家を訪ねるようになった。
 そんな折、札幌で看護婦をしているはずの螢(中嶋朋子)が行方不明だと勇次(緒形直人)が知らせてきた。螢は黒木という医者と不倫をしており、勇次のことを避けていたという。病院も辞めてしまったらしい。五朗がこのことを知ったらと、純は螢の身を案じた。
 一方、正吉は一冊のポルノ雑誌のグラビアに、シュウが写っていたのを見つける。純はまだ、このことを知らなかった。
 そして螢が突然、純のアパートにやってきた。根室の診療所で黒木と二人で暮らすのだと言う。やつれてはいたが、世間に逆らっても恋を貫こうとする螢には、これまで純が見たことのない凛とした強さがあった。
 年が明けて1995年、正月。草太(岩城滉一)のふとした一言がきっかけで、純はシュウが昔AV女優をしていたことを知ってしまう。そして純は、会えば過去を詮索するような口のきき方をして、シュウを傷つけてしまう。その頃五郎も、黒木の妻(大竹しのぶ)が訪ねてきたことにより、螢の不倫を知ってしまう。「昔のことを消せる消しゴムがあればいい」そうつぶやくシュウは、五郎とそれぞれの思いを語りながら一夜を明かす。
 翌朝、五郎は純の車で螢の元へ向かった。しかし診療所まで来たものの、五郎は言葉を失う。最果ての地まで逃れてきた螢に一体何をどう言えばいいのか…。「何をしようと、俺は味方だから…いつでも富良野に帰ってくるんだぞ」それだけ言うのが精いっぱいだった。
 シュウがまた、五郎の元を訪れた。シュウの過去に純が気づいたことで、二人は気まずい関係のまま会えない日が続いていた。シュウがつらい胸の内を話せるのは、五郎だけだった。
 ある日、れいから純に電話があった。「今日午後、お嫁に行くの。…純君のこと好きだった、多分、まだ今も」純は車に飛び乗り、れいのいる札幌に向かった。車のワイパーには、今夜会ってほしいというというシュウからのメモが。木立の陰からウエディング姿のれいを見つめる純。アパートに帰った純に、五郎は、シュウに会いに行くよう告げるが…。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-02-20 07:30 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

さらば あぶない刑事 (2015)
e0080345_16085768.jpgたかをくくってたのですが、なかなかに立派にエンタメしてて面白かったです。

とにかく、見せ場が決まってます。

オリジナルメンバーの健在ぶりも素敵。ユージ走りも健在。

個人的に、宿敵を演じた吉川晃司が若い頃より、むしろ素敵になり、独特の味があり、かっこよくてヨカッタです。

浅野温子のハジケ具合に最初は引いたのですが、ラストは、しっとりとして、やはり貫禄でした。

意外なラストもオシャレだったです。

こんな風に、年齢を経ても魅力的な人は、やはり永遠の引力ですね。

    (解説)

テレビドラマと映画の双方で人気を博してきた刑事アクション『あぶない刑事』シリーズの完結編。定年を目前にしたタカとユージの刑事コンビが、日本進出をもくろむ中南米マフィアを相手に壮絶な戦いを繰り広げる。メガホンを取るのは、テレビ版や『あぶない刑事リターンズ』などの劇場版も手掛けてきた村川透。舘ひろし、柴田恭兵はもちろん、浅野温子、仲村トオル、木の実ナナといったオリジナルメンバーが結集し、菜々緒や吉川晃司がゲストとして参加。タカとユージの最後の雄姿に引き込まれる。

    (ストーリー)

長きにわたり横浜の平和を守ってきた刑事コンビ、タカ(舘ひろし)とユージ(柴田恭兵)。定年を5日後に控えながらも、彼らは宿敵・銀星会の残党を追い、覚せい剤や拳銃が扱われるブラックマーケットの襲撃などを行っていた。そんな中、世界各国の闇市場や裏社会での縄張りを拡大している中南米マフィアが彼らの前に立ちはだかる。彼らの日本進出を阻止しようとするタカとユージだが、その戦いに横浜中の犯罪組織も絡んでいく。危険地帯と化した横浜で、二人は一世一代の勝負に挑むが……。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-02-19 16:09 | 映画 | Trackback(1) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
水曜ドラマ『過保護のカホ..
from レベル999のgoo部屋
わにとかげぎす TOP
from ドラマハンティングP2G
過保護のカホコ 第2話
from ドラマハンティングP2G
刑事7人 第3シリーズ ..
from ドラマハンティングP2G
過保護のカホコ 第2話 ..
from MAGI☆の日記
過保護のカホコ 第2話 ..
from ぷち丸くんの日常日記
【過保護のカホコ】第2話..
from ドラマ@見とり八段
最新のコメント
テンポが遅くてがっかりし..
by noho_hon2 at 11:10
期待が大きすぎたせてもあ..
by テンポが遅くてがっかりしました at 10:59
佐藤秀さん、こんにちわ。..
by noho_hon2 at 06:58
いつもお世話になってます..
by 佐藤秀 at 13:56
KGRさん、お気遣い、痛..
by noho_hon2 at 13:55
TBありがとうございまし..
by KGR at 12:53
KGR さん、こんにちわ..
by noho_hon2 at 11:56
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)