<   2017年 03月 ( 80 )   > この月の画像一覧

カルテット 最終回「最後のまさか…さよならドーナツホール」
e0080345_09123959.jpgついに念願の、ホールでのコンサートが行われ、ラストの演奏が、ドラクエ・マーチだったり、唐揚げとレモン関係でワイワイなったり、

すずめ(満島ひかり)の迷子になりつつ「みぞみぞする」で終わったり、色々リンクして遊び心… いい最終回でした。

警察に出頭した真紀(松たか子)、そして1年後、

別府(松田龍平)は失業し、家森(高橋一生)は週7日働き、すずめは、徹夜で試験勉強をしてます。

新しいバイオリンとして大橋絵茉を招きますが、ハイ・テンションに圧倒され、仮装演奏に落胆されて、改めて、みんなの真紀を懐かしく想う心が伝わってきて、笑えたのでした。

真紀は、どんどんメディアの有名人になり、仲間達のプライバシーまで明るみに。週刊誌にコロッケ・デートを撮られたことから、その背景より、ネットで場所を検索した探偵ぶりには恐れ入ったのでした。

それは大きな団地。そこで3人は演奏して、真紀を誘い出そうとします。そして、無事成功。

彼女を別荘に連れ帰り、再び4名での生活が始まりました。

そして、コンサートを開くことを提案する真紀。はからずして、みんなが有名人になったことを利用して。

動機はどうあれ、それによって、何名かの心に届けばイイと… 途中、缶を投げられ、妨害もあったり、途中退席もありましたが、いいコンサートでした。

それにしても、ちゃっかり幸せを引き寄せた、来杉有朱(吉岡里帆)おそるべし

別荘には、売家の看板。そして、意欲的に出張コンサートの旅に出かけたのでした。

とにかく役者さんの豪華さと、ユーモアと理屈っぽさ、意表を突く展開。独特の雰囲気… 坂元裕二ワールドを堪能。

    (ストーリー)

真紀(松たか子)はカルテットのメンバーの元へは戻らず、一人で仕事を始めていた。その真紀の帰りを待ちながら別荘で音楽を続ける司(松田龍平)、すずめ(満島ひかり)、諭高(高橋一生)の3人はどこか落ち着かない日々を過ごす。そんなある日、司たち3人は、取材に来た記者から写真を見せられる。そこには、見知らぬ男性と歩く現在の真紀が写っていた。笑顔の写真を見た司たちは動揺するが、もう一度、真紀に会いに行くことを決意する。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-03-22 07:43 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)

LEADERS リーダーズ1 特別編 ディレクターズカット
e0080345_16512790.jpg2014年、春の二夜連続ドラマ

やはり、こういうダイナミックに大きな物語に、佐藤浩市、映えるなぁ… と感心

香川照之、 吉田栄作も、作品温度を上げます。

支える妻役の山口智子や、華を添える宮沢りえや前田敦子も似合ってました。

夢を信じて突き進む、熱い男達の物語が、豪華キャスティングで描かれると感動おぼえますね。シンプルで明快、とても面白かったです。

こういう、大志を抱いた、ものづくりに関する、まっすぐな情熱物語は無条件でワクワクします。

まとめて見られ、お得気分になれたのでした。

     (ストーリー)

  第一夜

第二次世界大戦前、欧米先進諸国における自動車産業が持つ圧倒的技術力、産業力を目の当たりにしたある青年は、帰国と共に自らの手で国産自動車産業を育て上げたいという夢を燃やしていた。
青年の名は 愛知佐一郎 (佐藤浩市)。当時、父である愛知佐助が発明した自動織機 (自動的に糸を補充しながら繊維商品を織り上げる機械) は欧米企業から特許権を高額で買い求められるほどになっており、彼はその製造を手掛ける愛知自動織機の常務を務めていた。

自動織機会社の重役でありながら、自分の目で見たアメリカ自動車産業の隆盛を忘れられない佐一郎は、「 これからは日本にも車の時代が来る。」 と確信し、当時としては無謀とも言われた国産自動車の開発に乗り出すことを決意する。
佐一郎は早速、必要な技術者を自動織機の工員の中から選び出し、更には大学の同窓を頼って各技術の指導を仰ぐなど、開発を推し進めた。

しかし愛知自動織機の社長を務める 石山又造 (橋爪功) はこれに猛反対。資金を一度は捻出するが、その後は自分の責任で資金集めもするよう通告する。
「 日本人の為の車を、日本人の手によってゼロから全て創り上げる。それが俺の理想の国産車だ。」 ― 集めた工員たちの前で高らかにそう宣言した佐一郎だが、車の心臓とも言えるエンジンの鋳造工程で早くも大きな壁が立ちはだかることになった

  第二夜

愛知佐一郎 (佐藤浩市) の強力なリーダーシップと、それを支える仲間たちの努力によって、彼らはついに試作車第一号を完成させることに成功した。
しかし5年の歳月を費やしてようやく乗用車を完成した時には、皮肉にも戦争の足音が迫っていた。
軍用トラックの生産などによって戦時中の苦難を乗り切った佐一郎たちだったが、ようやく終わった戦争の後も日銀の金融引締めによる大不況という荒波が待ち受けていた。
会社の幹部総出で資金調達に奔走したものの、その中で取締役経理部長として資金調達の中心的存在だった 近藤 (萩原聖人) が倒れ、帰らぬ人となる。

銀行団の協調融資がまとまらない中で、佐一郎たちは起死回生の策として日銀に救済を申し出ることにしたが、そのとき、日銀名古屋支店長に就任したのは国内の自動車産業保護に消極的な 財部総裁 (中村橋之助) の元秘書・山梨良夫 (香川照之) だった。
資金難、人員整理に伴う労働争議、佐一郎の病とその後も次々と苦難が待ち受けるが、彼らは決して諦めることなく前向きに進んでいく。


[PR]
by noho_hon2 | 2017-03-21 16:52 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

YOU は何しに日本へ?(初めてのもんじゃ、日本に住みたい)
e0080345_07524712.jpgそろそろ春だから 日本が好きだから0からの新生活 なんとかなるっしょSP~【初めて"もんじゃ"を食べに来たin月島】~ が笑えました。

特に、食い道楽カップルが、初めて、月島でもんじゃを経験したエピソードにウケました。彼女は、すんなり馴染んだけれど、彼は、さすがに見た目に抵抗感。

でも、「食べれば食べるほど美味しくなった」と完食。また、新たなチャレンジが成功してヨカッタですね。

また、時計職人さんが腕を頼りに、「大好きな日本に住んで、スケルトン時計を売りたい」と奮闘するさまも、お疲れ様でした。だけど、無謀な挑戦なれど、偶然、その筋に第一人者に会うことができてラッキーだったな… と感じました。

なかなか道は険しく、まず飲食業で働いてお金を貯めて… で密着取材は終わったのですが、ぜひ、定期的に様子が知りたい気がしたのでした。

それから、YOU 専門の不動産屋さんで出会った女性への密着も、興味深かったです。持ち物は、とりあえずトランクひとつ。でも、1ヶ月後に、スタッフが訪問すると、女の子っぽい部屋になり、故郷の味っぽい料理を御馳走してくれて、ほのぼの、でした。

日本に憧れて「日本に住みたい」YOU は沢山おられるのですね。どうぞ、夢が叶いますように

[PR]
by noho_hon2 | 2017-03-21 07:53 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

突然ですが、明日結婚します 最終回「桜の木の下で…」
e0080345_07394341.jpgプロジェクトの報告会を成功させたあすか(西内まりや)と、モスクワ転勤が決まった名波(山村隆太)を、なんとかうまくいかせようと、

神谷(山崎育三郎)を筆頭に、あすかの弟・奏(葉山奨之)等、仲間達は応援しますが、本人達は、なかなか素直になれません。

夕子(高岡早紀)は離婚して独り身に。

でも、ようやく土壇場で、2人は想い合ってることを確認。ラストシーンでは、タイトルの台詞を言うことができたのでした。

本当に、主役の2人は大人の事情で、お疲れ様でした、と言いたいです。

個人的には、三枚目半な砂清水でない、山崎育三郎が、ちょっと新鮮だったかな?

ロフトつきのマンションでのパーティも、なかなか、目の保養的に夢があったです。

願わくば、月9の存在は消して欲しくないなぁ、と、しみじみ
次回作の、豪華なゲスト・バージョンが楽しみです

     (ストーリー)

プロジェクトの報告会を成功させたあすか(西内まりや)は、神谷(山崎育三郎)とともにグループの役員たちと会食をする。役員らは、NY支店とのテレカンファレンスに参加するようあすかたちに指示した。

一方、名波(山村隆太)は、訪ねてきた小野(森田甘路)にモスクワ支局への転勤を打ち明ける。小野は、あすかにもちゃんと伝えるべきだと主張した。しかし名波は、あすかにはもっと良い相手がいる、と返すだけだった。

三上(沢村一樹)と会った夕子(高岡早紀)も、名波があすかと別れたことを知る。中途半端な優しさで恰好をつけている、と名波を非難する夕子。三上は、名波も真剣に考えているのではないか、とかばうが…。

別の日、名波のもとにあすかの弟・奏(葉山奨之)がやってくる。自分のせいでふたりが別れたのではないかと気にしていた奏は、何故別れたのか、と名波に切り出す。 名波は、価値観の違いだと説明し、一緒にいてもあすかは幸せになれない、と答えた。すると奏は、名波が逃げていることだけはわかった、と捨て台詞を残して部屋を出ていく。

その夜、あすかは、夕子に誘われて一緒に食事する。その席で夕子は、名波から頼まれて付き合っているかのような芝居をしたこと、彼がモスクワに行ってしまうことを告げる。

そんな中、あすかは、一緒に見に行こうと名波と約束していた桜のつぼみが開いていることに気づき…。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-03-21 07:39 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

秒速5センチメートル (2007)
e0080345_15131224.jpgひとりの少年を軸に、物語を展開させた三本の連作アニメーションは、繊細で、とても美しかったです。

「ああ、世界がこんな風に見えた事があるなぁ…」と、背景の瑞々しさに感動おぼえます。

五感で味わう素敵さ、でした。

誰もが精一杯だっただけに、ちょっと切ない余韻ですね。

大ヒットした「君の名は」、及び、「言の葉の庭」にも通じるもの感じました。

アジアパシフィック映画祭「最優秀アニメ賞」やイタリア・フューチャーフィルム映画祭「ランチア・プラチナグランプリ」などの映画賞を受賞も、納得です
   (解説)

国内外で高い評価を受けた前作『雲のむこう、約束の場所』から2年、新海誠監督の待望の最新作。誰もが通り過ぎゆく日常を切り取った、切なくも美しいラブストーリー。一人の少年を軸に、ヒロインとの再会の日を描いた『桜花抄』、別の人物の視点から描く『コスモナウト』、そして彼らの魂のさまよいを切り取った『秒速5センチメートル』という三本の連作アニメーションからなる本作。映像の美しさに定評のある新海監督の、光や風、天や草木などの自然描写は極上。

   (ストーリー)

小学校の卒業と同時に離ればなれになった、遠野貴樹と篠原明里。そのとき、二人の間には二人だけの特別な想いが存在していた。しかし、無情にも時だけが過ぎてゆく……。そんな日々を重ねたある日、ついに貴樹は明里に会いに行くことを決意。訪れた約束の日、チラホラと舞う雪がスピードを増し、辺りを白く包んで行った……。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-03-20 15:13 | 映画 | Trackback(1) | Comments(0)

視覚探偵 日暮旅人 最終回「涙と衝撃の結末!!」
e0080345_06361940.jpgやはり、旅人のような特殊な役柄とか悪役、クセモノに松坂桃李、似合ってますね。

多部未華子の陽子先生のもつ、温かみや癒し力。キレ演技の北村有起哉、憎いところを抑えた北大路欣也、ヨカッタです。シシド・カフカも、いいキャラ。

雪路(濱田岳)は、“山田手帳”が原因で、父・照之(伊武雅刀)に命を狙われるとは。そして、全ては、仕組まれたことだったとは

“ロスト”の隠し場所での、旅人(松坂桃李)とリッチー(北村有起哉)、ロストを吸って、旅人ビジョンになるあたりもヨカッタです。陽子先生が持たせた携帯電話が効きましたね。

ラスト、旅人に対する、陽子先生の明るい未来予測図がヨカッタです。

堤幸彦ワールド、楽しめました。

    (ストーリー)

監禁され「ロスト」を吸わされた陽子(多部未華子)の元に危機一髪駆けつけた旅人(松坂桃李)。両親を殺した犯人を知るため、真相を知った陽子の心の中を目の力を使って視た旅人だったが、思いがけず陽子の心に自分に向けられた特別な感情があることを知る。しかし、復讐を果たすため真犯人のリッチー(北村有起哉)の元へと一人向かうのだった。

その頃、探偵事務所にいた榎木(北大路欣也)と灯衣(住田萌乃)の元には、鳥羽組のヤクザと雪路(濱田岳)の父・照之(伊武雅刀)の秘書(三浦力)が押しかけ、旅人が隠した「山田手帳」を手に入れようと手荒い家捜しをしていた。榎木が体を張って山田手帳を守り抜いたおかげで、駆けつけた雪路、刑事の増子(シシド・カフカ)と土井(和田聰宏)は山田手帳の内容を見る。そこに書かれていたのは照之が調整役として隠蔽してきた裏社会の悪事の数々だった。雪路は旅人のために、自分の父に罪を償わせようと増子に計画を持ちかける。山田手帳を餌に照之をおびき出し、罠にはめようとする雪路だったが……。


その頃旅人は、リッチーが姿を現わすであろう雪路家の別荘へと向かっていた。かつて5歳だった旅人が監禁されていたその場所には、今も大量のロストが隠されていた。旅人にはリッチーに復讐を果たすためのある計画があったが……。

仲間たちは、必死に旅人の行方を探すが、唯一居場所を知る刑事の白石(吹越満)もリッチーに撃たれ意識不明のまま、旅人の復讐の時が迫っていた……。果たして強い憎しみに駆られた旅人の目に最後に映るものとは……!?そして、仲間たちの気持ちは旅人に届くのか!?緊迫と感動の最終回!!

[PR]
by noho_hon2 | 2017-03-20 06:36 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

A LIFE~愛しき人~ 最終回「救いたい!!愛しき人の命…宿命の行方!!」
e0080345_06245804.jpgなんだか、ドクターxとは違った意味で、医療版・西部劇だったのかな?

賛否両論。どちらかというと否の方が多かったみたいでしたが、ハラハラさせて、最後は丸くおさまる意味では最終回らしかったかな?

個人的には、むしろ井川(松山ケンイチ)のひょうひょう演技が、いいアクセントになってて好きでした。

深冬(竹内結子)の手術、沖田(木村拓哉)が執刀したのですが、3つある腫瘍の1つが取りきれず、最後は、解雇されて、やさぐれてた夫・壮大(浅野忠信)を説得。2人、力を併せて、無事、成功したのでした。

そして、沖田先生は、またシアトルへ。

井川は留学も視野に入れて頑張っていこうということになり、柴田(木村文乃)はまずは後輩を育てて、壮大と羽村(及川光博)も仲直り。

バタバタとハッピー・エンドに向かいました。

願わくば、もっとキムタクに夢のある物語世界を。
浅野忠信さま、松山ケンイチの「もったいない」遣いに、ちょっと、うるうる… だったのでした。

      (ストーリー)

深冬(竹内結子)から手術は沖田(木村拓哉)に任せたい、と言われ激高した壮大(浅野忠信)。夫である自分ではなく、元恋人に命を託したいのか・・・傷ついた壮大は、虎之介(柄本明)らによる糾弾もあり、壇上記念病院から姿を消す。

深冬の手術は沖田に託され、沖田は準備を進める。そして壮大が不在のまま、深冬の手術当日を迎える。万全の体制で手術に臨んだ沖田だったが、深冬の状態が思ったよりも悪かったことを知り─。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-03-20 06:25 | ドラマ | Trackback(6) | Comments(0)

おんな城主 直虎「さらば愛(いと)しき人よ」
e0080345_06083280.jpg今回で、事実上の三角関係、というか、竜宮小僧を夢見た、3人パラダイスは終わりで、だから、おとわが、おんな城主になる経緯説明だったのかな?

罠にハメられた直親(三浦春馬)、お疲れ様でした。

まだしも、次郎と最後の逢瀬というか、挨拶ができてヨカッタ

さて、元康(阿部サダヲ)の裏切りに怒る氏真(尾上松也)は、瀬名(菜々緒)の処断を決断。

次郎法師(柴咲コウ)が、瀬名を救おうと奔走するも、いったんは成功したように見えて、結果的に失敗。母娘の母・佐名(花總まり)と別れることに。

桶狭間での大敗以降、衰退の一途をたどる今川家の跡を継いだ氏真と寿桂尼(浅丘ルリ子)は、離反者の粛清に躍起になってたのです。

次郎法師のもとに、元康からお礼の品が届いて、それを読んだ直親(三浦春馬)は、政次(高橋一生)に相談

今川と手を切り、元康と手を組むことを決意します

次郎に別れを告げ、帰ってきたら「一緒になろう」とも。

でも、直親は死を覚悟して駿府へ向かったが途中で今川に襲われ命を落としたのでした。

  (ストーリー)

瀬名(菜々緒)を救おうと取りすがる次郎法師(柴咲コウ)の元に、松平元康(阿部サダヲ)からの使者が到着する。桶狭間での大敗以降、衰退の一途をたどる今川家の跡を継いだ氏真(尾上松也)と寿桂尼(浅丘ルリ子)は、離反者の粛清に躍起になっていた。ある日次郎法師のもとに、元康からの御礼の品が届く。直親は今川家と手を切り、元康と手を組むことを決意する。ついに元康との密会を果たす直親だったが…
[PR]
by noho_hon2 | 2017-03-20 06:08 | ドラマ | Trackback(8) | Comments(0)

「精霊の守り人Ⅱ 悲しき破壊神」(Season2)「王子の足跡」
シーズン1では、少年だったチャグムが成長して十代になり(板垣瑞生)、危機一髪な冒険ののち、どんどん、ヒロイン・バルサ(綾瀬はるか)に近づいてきてるのが嬉しいです。

バルサも、チャグムを探して回りますが、南部の大領主スーアン(品川徹)に捕らわれていたのでした。

シーズン2の最終回では、2人の再会が見られるのでしょうか? 楽しみ楽しみ。

個人的に、聖導師を演じた、平幹二朗のお姿にジーーン。全くはまり役でした。冥福をお祈りします。

    (ストーリー)

チャグム(板垣瑞生)がロタ王国に向かったと聞いた二ノ妃(木村文乃)は、バルサ(綾瀬はるか)を捜すよう命じる。一方、チャグムが死んだと聞き無力感に襲われていたバルサだが、二ノ妃から用心棒に雇いたいと伝言を受け、生気がよみがえる。そして、チャグムが持つ宝石を手掛かりに捜索を始めるが、見つからない。実はチャグムは南部の大領主スーアン(品川徹)に捕らわれていた。焦るバルサの前に、ヒュウゴ(鈴木亮平)が現れる。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-03-19 09:17 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

真昼の悪魔 『挑戦』
もはや、サイコ・ドクター、葉子(田中麗奈)さまは、何でもアリ

ついに、下僕の大塚(大倉孝二)を助手に、自らの手術を行うというのですから、びっくり、です。

病院には、病院には匿名の告発文や、差出人不明の謎のDVDが届いて大騒ぎ。

復讐を誓い、メラメラな難波(中村蒼)と、一見、平静を取り戻した神父(伊武雅刀)が対照的。

でも、葉子さまは、神父様に自分の罪をぶちまけた後、神父の診断結果を改ざんし脳腫瘍を隠していたことを告白し、その寿命は私が決めると宣言。こわっ

もはや悪がどこまで支配してるか、人々を混乱、および魅了してるか分からなくて、次回の最終回が楽しみです。

     (ストーリー)

 葉子(田中麗奈)への復讐を誓う難波(中村蒼)は、神父(伊武雅刀)のもとを訪れ協力を要請する。そして計画実行のため、自ら心療内科の病室に戻った。そんな折、病院には匿名の告発文が届く。複数の不審死の殺人犯として葉子の名前が記されていたが、葉子は毅然とした態度で否定した。すると、病院にはさらに差出人不明の謎のDVDが届く。

 その後、葉子は教会に行き、再び神父と対峙する。かつて自分を挑発してきた神父は、以前のようにきれいごとを並べる姿に戻っていた。その姿に苛立った葉子は、神父の診断結果を改ざんし脳腫瘍を隠していたことを告白する。そんな葉子に、「あなたの病院で手術を受けようと思う」と答える神父。さらに愛と赦しを説く神父に腹を立てた葉子は、自分の罪を洗いざらいぶちまけた上に、神父の寿命は私が決めると宣言する。

 病院は、送られてきたDVDにより大混乱に陥っていた。その混乱を待っていたかのように、葉子は大塚(大倉孝二)に、病院を買収するように頼んだ。そしてもう1つ、葉子は大塚にしか頼めないという、あるお願いをする……それは、悪魔が自らの命を懸けた最大の挑戦だった。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-03-19 06:48 | ドラマ | Trackback(6) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
コウノドリ #06
from ぐ~たらにっき
映画「本能寺ホテル」
from FREE TIME
コウノドリ2 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
コウノドリ[2] (第6..
from ディレクターの目線blog@..
「相棒 season 1..
from 三毛猫《sannkeneko..
【この声をきみに】第7話..
from ドラマ@見とり八段
本能寺ホテル
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)