<   2017年 03月 ( 71 )   > この月の画像一覧

YOU は何しに日本へ?(突然のプロポーズ、初恋の人を求めて、現代の歌川広重写真)
e0080345_07513694.jpg遥かなる時を超え!YOUたちが一か八かの大勝負SP!!~【人生をかけて挑む写真家YOU】~が味わい深かったです。

空港は常にドラマチック。

初めての海外旅行に日本を選んだ6年愛のアメリカ・カップルが、突然、カメラの前で指輪を取り出し、プロポーズ。もちろん彼女は大感激「なぜ、今?」と泣きじゃくりながら、「ずっと機会を待っていたから」の彼氏が可愛かったです。

でも、びっくりしたなぁ…

また、30年前の初恋の相手が夫と死別。彼も独身になってネットで交流が始まり、再会することに、これは途中まで密着して流れたのですが、最後、一緒にディズニーランドに行って楽しそうな写真が流れ、ほのぼの、だったのでした。仲良くしてね。

そして、ラストの、歌川広重に感銘をうけ、自分なりの解釈を加えて、現代の写真で蘇らせてた、イタリア人YOUジュゼッペさんの撮影旅も素敵でした。

地道に時間をかけた企画。満足のいく仕上がりにできるとヨイですね。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-03-07 07:52 | テレビ | Trackback | Comments(0)

突然ですが、明日結婚します 「別れよう涙の決断」
e0080345_07375307.jpgあすか(西内まりや)と名波(山村隆太)の交際が順調だったところに、突然の名波の同棲と不倫の二股疑惑を伝えるゴシップ記事が

マンション前でも記者が張ってるかも、と、あすかは莉央(中村アン)、桃子(岸井ゆきの)、そしてマスコミ対策にも詳しいというカナママ(椿鬼奴)の協力を得て、何とか小野(森田甘路)のマンションに

名波は、三上(沢村一樹)から交流サイトからの流出が疑われると聞き、いっそう結婚してしまえば、とのこと

また、名波は、氷室(杉本哲太)に呼び出され、番組降板を告げられます。

あすかは、記者の草ケ谷(村上航)に付きまとわれるが、神谷(山崎育三郎)に助けられ、

紆余曲折。名波は、あすかに「別れよう」と提案。どうなる?

    (ストーリー)

名波(山村隆太)の同棲と不倫の二股疑惑を伝えるゴシップが報じられた。あすか(西内まりや)に電話をした名波は、彼女のことを気づかい、マンションの前で記者が張っているかもしれないと忠告する。

あすかは、莉央(中村アン)、桃子(岸井ゆきの)、そしてマスコミ対策にも詳しいというカナママ(椿鬼奴)の協力を得て、何とか小野(森田甘路)のマンションに戻る。

三上(沢村一樹)は、記事に掲載された写真が、個人のSNSから流出した可能性が高いことを名波に伝えた。あすかの心情を思いやる三上は、これを機に結婚してしまえば彼女を守れる、と名波に告げる。するとそこに、プロデューサーの氷室(杉本哲太)から電話が入る。名波を呼び出した氷室は、報道特番のメインキャスターから降板させる、と伝え…。

別の日、あすかは、フリーランスの記者だという草ヶ谷(村上航)からいきなり取材を申し込まれる。夕子(高岡早紀)の話を持ち出し、しつこくあすかに迫る草ヶ谷。そのときあすかを救ったのは、神谷(山崎育三郎)だった。

ほどなく、『ナナリュー同棲彼女の素顔』というネット記事が公開され、隠し撮りされたあすかの写真まで公開されてしまう。この一件はいずみ銀行内でも騒ぎになり、あすかは上司からも事情説明を求められる。

そんな中、あすかは、マンションの前で張っていた草ヶ谷と再び遭遇し、写真を撮られる。そこにやってきた名波は…。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-03-07 07:38 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

視覚探偵 日暮旅人 「いよいよ最終章!!」
e0080345_08391997.jpg今回は、陽子先生(多部未華子)の出番が多くて嬉しかったです。

また、旅人(松坂桃李)の目は、灯果(ともさかりえ)が、灯衣(住田萌乃)の実の母だったことを見抜きます。

ランドセルをプレゼントしてくたる人、という設定で、灯果と灯衣が直接、話すことができて良かったです。

灯衣も、何かを感じて、「お母さん?」と呼べて、ホッ。結果、悲劇ではありましたが、

旅人と雪路(濱田岳)の関係は、まだギクシャクしたままだし、今回のエピソードは、枝葉だったかもしれないけれど、あって良かったです。

ここから、怒涛の謎解き&伏線回収に入るのかな? 事件の黒幕やいかに?

    (ストーリー)

キャバクラのホステスを装っていたハルカこと灯果(ともさかりえ)の正体が、20年前に自分をドラッグ「ロスト」の実験台にした通称“ドクター”だと気づいていた旅人(松坂桃李)は、灯果に両親を殺した真犯人を問いただそうと迫る。しかし、灯果も事件の全貌を知らないまま犯罪に加担した一人だったと知り憤る。

その頃灯衣(住田萌乃)は、旅人との信頼関係が崩れ家を出た雪路(濱田岳)を心配して、それまで距離を置いていた保育士の陽子(多部未華子)に助けを求める。旅人と雪路を仲直りさせるため探し物探偵事務所を訪ねた陽子は、そこで居合せた灯果が灯衣の実の母親だということを旅人と共に知るのだった。

灯果は足を洗おうと鳥羽組を裏切り逃げながらも、整形をして娘の灯衣の様子を見に来ていたと語り、最後に一度だけ灯衣と2人きりで話がしたいと旅人に懇願する。

一方、刑事の増子(シシド・カフカ)は相棒の土井(和田聰宏)の証言から、先輩刑事・白石(吹越満)がヤクザと通じているのではないかと疑いを持ち始めていた。

灯果への憎しみに苦しみながらも、実の娘である灯衣に会えるように取り計らう旅人だったが、時を同じくしてヤクザの鳥羽組とはぐれ組員であるリッチー(北村有起哉)が灯果を巡り裏で手を回していた……。

その頃、旅人とやり直そうと決心し事務所に戻った雪路が目にしたのは、なんと猿ぐつわをはめられた亀吉(上田竜也)と待ち伏せしていたリッチー!それまで事情を知らずにリッチーから灯衣を預かっていた雪路は、灯衣が母親・灯果の元から人質として誘拐された子供だったことを知るのだった。

灯果に再びドラッグを作らせるための交渉の道具として灯衣を利用しようとするヤクザから守るため、雪路と亀吉は灯衣たちの元へと急ぐ!引き裂かれた親子の再会を波乱の展開が待っていた……!!そして旅人の過去に暗い影を落とす事件の意外な黒幕がついに明らかになろうとしていた……!?

[PR]
by noho_hon2 | 2017-03-06 08:39 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

A LIFE~愛しき人~ 「親父のオペ!!まさかの不覚…」
e0080345_08235020.jpg会議の席で、顧問弁護士の榊原(菜々緒)により、深冬(竹内結子)の脳腫瘍及び、それを知りながら医療行為を行ってたことを知り、憤る壇上(柄本明)

しかし、壮大(浅野忠信)は、沖田(木村拓哉)によって、既に有効な手術方法が見つかったことを報告。準備を進めてることを告げます。

また、沖田が、由紀(木村文乃)と共に実家の寿司屋に行くと、沖田の父・一心(田中泯)が倒れてました。

手術は羽村(及川光博)が担当する予定だったが、一心は息子にやってほしいと言いだします。身内の執刀は、感情が入り、難しいからです。

でも、父の望み通り、沖田が執刀。途中、沖田らしくないミスをしますが、周囲のフォローで、無事、成功。

井川(松山ケンイチ)が、全体がシリアスな中、ひょうひょうと、なかなかいい味だしてます。

沖田は、深冬の手術を間近に控え、壮大が執刀を申し出たり、色々と思い悩むのでした。

      (ストーリー)

 会議の席で深冬(竹内結子)の脳に腫瘍があることを知らされた虎之介(柄本明)は怒り狂い、壮大(浅野忠信)と沖田(木村拓哉)を責め立てた。しかしすでに手術方法を見つけていた沖田は虎之介に詳しく説明をし、大丈夫、と言い切る。

 深冬の難しい手術に備えて準備を進める沖田。そんな時、沖田の父・一心(田中泯)が心臓を患い、倒れる。

近親者の手術は行わないのが通例のため、羽村(及川光博)が一心の手術を行うことに。ところがそれを聞いた一心は、沖田に自分の手術をしろと迫る。

深冬の手術を間近に控えたうえ、身内の手術で不測の事態が起こった場合に冷静な判断ができるのか―迷う沖田だったが…。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-03-06 08:24 | ドラマ | Trackback(6) | Comments(0)

おんな城主 直虎「桶狭間に死す」
e0080345_07484625.jpg桶狭間の戦い、軽く楽勝と考えてたみたいですが、織田勢の奇襲で、今川勢、まさかの大敗。

今川義元(春風亭昇太)も、ナレ死してしまいました。

そして、次郎法師(柴咲コウ)の父、直盛(杉本哲太)も首だけの帰宅となりました。

首だけになっても、愛しむ妻の千賀(財前直見)が泣かせます。次郎に宛てた手紙も感動的だったのでした。

一方、尾張・大高城にいた元康(阿部サダヲ)は、義元が討ち取られたことを知り、瀬名(菜々緒)のアドバイスが脳裏に浮かび、三河・岡崎城へ戻ることを決断。無事に岡崎城へとたどり着き、元康は、ついに今川家から独立

次郎法師の周囲では、多くの犠牲者が出て、奥山朝利(でんでん)が命からがら戻り、政次(高橋一生)の弟・玄蕃(井上芳雄)も討ち死

そんな中、直親(三浦春馬)としの(貫地谷しほり)に待望の第1子を懐妊

政次は、思わぬ悲劇にみまわれるのでした。言い過ぎ、迫ってくる、奥山朝利を、つい殺めてしまい、次郎のもとに。どうなる?

     (ストーリー)

今川義元(春風亭昇太)に従い、尾張の織田攻めへと向かった直盛(杉本哲太)。父の無事を祈る次郎法師(柴咲コウ)の元に思わぬ悲報がとびこむ。桶狭間で今川軍が大敗し、直盛も討ち取られたというのだ。負傷兵たちの手当てに次郎法師が奮闘する中、供をしていた奥山孫一郎(平山祐介)から直盛の最期の様子が語られる。一方、松平元康(阿部サダヲ)は空になった古巣の岡崎城に入城し、ついに今川家からの独立を果たす。
[PR]
by noho_hon2 | 2017-03-06 07:49 | ドラマ | Trackback(8) | Comments(0)

「精霊の守り人Ⅱ 悲しき破壊神」(Season2)「神の守り人」
e0080345_15371239.jpgアスラが、周囲に、その能力を望まれた結果、再び、バルサ(綾瀬はるか)と出会うことができました。

アスラに「(無用な)人殺しはさせない」と望んで飛び込んできたシーンは劇的だったのでした。

王弟イーハン(ディーン・フジオカ)、シハナ(真木よう子)、アスラ母の幻(壇蜜)、怒涛の変化を示す異世界表現。

美術さんが、とても頑張っていました。感動

    (ストーリー)

アスラ(鈴木梨央)に味方と信じ込ませたシハナ(真木よう子)はその力を利用し、王弟イーハン(ディーン・フジオカ)にロタ王国を統一させようとする。建国の儀が無事終われば、正統な王として認められるのだ。だが、南部領主が異を唱え、さらにタルの民がなだれ込んできて儀式は大混乱に陥る。シハナの幻術に惑わされたアスラが破壊神を降臨させようとした時、バルサ(綾瀬はるか)が「アスラに人殺しはさせない」と飛び込んでくる。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-03-05 15:37 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)

銀と金 「決着!地獄のポーカー」
e0080345_06374817.jpg今週も、緊張感と絵面がハンパなかったですね。埋もれるほどの、大金の札束の中で対局する2人。固唾を飲んで、見守る周囲

森田(池松壮亮)、ピンチだったけれど、勝利し、同時に、相手のイカサマを見抜いて暴きました。

スリリングでした。

雰囲気と、主題歌がかっこいいです。

次は、さらなるビッグな額が動くみたいですね。

    (ストーリー)

大金を賭けて西条(大東駿介)と闇ポーカーをする森田(池松壮亮)は、手持ちのカードが役になっていないのにコールする。驚いた美緒(高月彩良)はブレーカーを落とし、暗くなった隙にカードを入れ替えさせようとするが、西条に阻止される。しかし、森田のカードは既に役になっていた。西条がテーブルに細工をしているのを見抜いた森田は、それを利用し、自分のカードがまだ役になっていないと思い込ませていたのだ。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-03-05 06:37 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

真昼の悪魔 『挑発』
e0080345_06303068.jpg葉子さま(田中麗奈)のデビル度、今週も、ますます加速

人間ドックの申し込みにやってきた、ずっと讒言してた神父(伊武雅刀)を凍らせ

もはや、半ば諦めて従順になった難波(中村蒼)を作家志望と知り、自分の生い立ちを小説の題材として提供。作品が完成したら、車椅子の事故と見せかけて、再び大怪我。

葉子の下僕である、婚約者の大塚(大倉孝二)、葉子さまを中傷するメールに悩まされます。そして、新たな恋敵?

浅川(瑛蓮)が手術を担当し、その後死亡した患者の妻が、医療ミスだと病院に詰め寄っていたのですが、自責の念にかられる、彼女をからめとります。そして、葉子、大塚から得たお金を示談金にしようとしますが、かえって、怒らせてしまい、その後、その妻に災難が。

ダークの中で輝く、田中麗奈な美貌が、似合ってるのでした。

     (ストーリー)

 葉子(田中麗奈)が勤務する病院に神父(伊武雅刀)が人間ドックの申し込みにやってきた。
 葉子は神父に対し、これからは自分らしく生きることに決めたと宣言する。そして、愛を説く神父への強い反発から対立を深めていく。

 心療内科医の病室では、すっかり生気を無くし、葉子に洗脳されたかのように従順な難波(中村蒼)が、一心にペンを走らせていた。葉子は亡くなった父・徳広(村井國夫)が最後に言いたかったことの意味を知るために、作家志望の難波に自分の生い立ちを小説の題材として提供していた。

 一方、葉子と婚約した大塚(大倉孝二)は、自分のスマホに登録していない番号から葉子を中傷するメールが多数入ってきているのが気になっていた。ホテルのバーで葉子を待っていると、かわりにやってきたのは芳賀(篠原篤)だった。メールの犯人はお前かとなじる大塚に、芳賀は葉子への思いをぶつけ、挑発する。

 そんな折、浅川(瑛蓮)が手術を担当し、その後死亡した患者の妻が、医療ミスだと病院に詰め寄る。その妻は熱心に教会に通っていたため、神父とも顔見知りだった。その話を聞いた葉子は勝手に金で示談を持ちかけたが断られ、さらに怒りに火をつける。「愛をお金で量るのは間違いだ」と非難する神父に対し、いら立ちの表情を見せる葉子。すると後日、その妻に思いもよらぬ恐ろしい災難が降りかかる……。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-03-05 06:30 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)

スーパーサラリーマン左江内氏 「鬼嫁が良妻に!?悩めるスーパーウーマンが人生相談」
e0080345_06163289.jpg左江内(堤真一)が、実家の父・茂雄(平泉成)の誕生日を祝おうと、家族全員で栃木の実家に。

円子(小泉今日子)が、良妻に見せようと、事前に家族の演技指導したり、逐一、睨んだりするのがコミカルで、キョンキョンしか出せない味だなぁ、と愉快でした。

しかし、左江内、信号をキャッチして行ってみると、左江内と同じ格好をしたスーパーウーマンのOL・桃子(永野芽郁)が、先に解決。そして、悩みを聞く羽目に。

さらに、その次は、彼女の自殺騒動。思わず諭します。

結局、最後の事件、工事現場から鉄骨落下騒動は、2人で解決し、桃子も左江内のおかげで、吹っ切れたみたいでした。

それにしても、左江内には鬼の形相になりつつ、見事に演じた円子が可笑しかったです。

なにげに、小池刑事(ムロツヨシ)が、ヨシヒコのメルブする遊び心には爆笑。

楽しかったです。

   (ストーリー)

左江内(堤真一)の父・茂雄(平泉成)が80歳の誕生日を迎え、左江内の実家でお祝いをすることになった。左江内が円子(小泉今日子)に、一緒に帰省してほしいと頼むと、円子は「やだ!」と拒絶。左江内はなんとかお願いをし、家族を連れて栃木の実家へ向かう。

左江内の両親、茂雄と春子(立石涼子)に良妻賢母だと思われたい円子。はね子(島崎遥香)と、もや夫(横山歩)も結託して、円子の良い母ぶりをアピールする。その甲斐あって、見事な妻を演じてみせる円子にただただ圧倒される左江内。

そんな中、左江内の耳にSOSが聞こえてくる。左江内が発信地へ向かうと、とあるビルから金が盗まれるという事件が起こっていた。犯人を追跡する左江内より一足先にその車を止めて犯人を捕まえる人物が現れる。その人物は、左江内と同じくスーパースーツを着て人々の危機を救っているOL・桃子(永野芽郁)だった。

「スーパーヒーローは日本で私一人なのかと思ってた」「僕もですよ」と、左江内と桃子は意気投合。仕事を抜け出して人助けに行かなければならなかったりと、同じ立場だからこそ分かる苦労やグチを語り「これからも頑張りましょう!」と励まし合って別れる二人だったが・・・。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-03-05 06:16 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)

三匹のおっさん3~正義の味方、みたび!!~ 「三匹vs悪徳"訪問販売"!! 絶交した親友と涙の再会!?」
e0080345_06031351.jpg今回もまた、町内イベントによる名簿を悪用した詐欺でしたが、清一(北大路欣也)の息子、健児(甲本雅裕)にスポットが当たり、人情&青春ホロリ話でヨカッタです。

芳江が手伝う健康クラブのイベントに出演予定だった芸人がキャンセルになり、かつてブレイクしたキャッチ松本(橋本じゅん)に白羽の矢が立ち、

それは、元同級生で漫才コンビを組んでいたが仲たがいをして疎遠になっていた仲。

しかし、キャッチ松本はブレイク時を過ぎても浪費癖、というか、後輩への奢り癖が抜けずに、いつしか、悪徳金融の餌食に。その悪徳金融が、キャッチ松本をエサに開運グッズを売りつけ、名簿を書かせて、さらに、悪徳商法を… 

また、キャッチ松本も法外な利息で、利用されてたのでした。

三匹、大活躍。そして、親友だったのに、積年の誤解が解けて、久々の漫才ステージを、みんなに披露して大爆笑を。温かいエンディングだったのでした。キャッチも再び再起できるとヨイですね。

来週は、ついに最終回2時間スペシャル!

     (ストーリー)

芳江が手伝う健康クラブのイベントに出演予定だった芸人がキャンセルに。そこで、かつてブレイクしたキャッチ松本(橋本じゅん)に白羽の矢が立つ。実は、健児と松本は高校の同級生だった。しかも漫才コンビを組んだ仲。しかし、ある出来事により疎遠に…。

思い切って連絡を取った健児は、松本との友情を確認し合い、イベントも大盛況のまま終了。ところが、その日からお年寄りが次々と訪問詐欺に遭い始める!?

[PR]
by noho_hon2 | 2017-03-05 06:03 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「真昼の悪魔」 最終話 ..
from トリ猫家族
「相棒 season 1..
from 三毛猫《sannkeneko..
【真昼の悪魔】第8話 最..
from ドラマ@見とり八段
真昼の悪魔 (第8話/最..
from ディレクターの目線blog@..
バイプレイヤーズ~もしも..
from ドラマハンティングP2G
バイプレイヤーズ~もしも..
from ディレクターの目線blog@..
増山超能力師事務所 第1..
from ドラマハンティングP2G
最新のコメント
みっきー さん、こんにち..
by noho_hon2 at 15:41
「のほほん便り」の管理人..
by みっきー at 11:57
ふじき78 さん、こんに..
by noho_hon2 at 07:03
今度の冬には本能寺の変の..
by ふじき78 at 23:34
Dhunting(ドラマ..
by noho_hon2 at 07:19
いつもお世話になっており..
by Dhunting at 16:42
こんにちわ、そよこさん。..
by noho_hon2 at 06:03
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)