<   2017年 04月 ( 89 )   > この月の画像一覧

これぞ、朝ドラ。みね子、就職決まった騒動(ひよっこ)
やはり、朝ドラは、こうでなくっちゃね。

美代子(木村佳乃)が行方不明のお父ちゃん(沢村一樹)を探しに行った時、大演説をぶった情熱にうたれ、その時のおまわりさんが、地道に尋ね人してくれて、結果を、便りでよこしてくれたり

登場人物が、みな善意に満ちていて、その世界観自体に、うるっとしてしまうのですが、本日は、極めつけ!

みね子(有村架純)の担任の田神先生(津田寛治)が、この就職活動も終わった時期に、家庭の事情で、急に就職にエントリー。そんな彼女に、なかなか空きはなく、藤井先生までが、地道に電話活動をしてくれた結果。

「急に夕方、欠員が出た」朗報を、自転車で飛んで報告しにきてくれるとは!

それが、なんという偶然。親友・時子(佐久間由衣)の就職先っ

ユーモラスな音楽や、テンポも、またヨイです。

津田寛治もまた、幅のある役柄… クセモノ役も多いだけに、この実直さは新鮮に感じました。

みね子は、そのまま、時子のもとに飛んでいき、時子も「本当は心細くて不安だったの」と抱き合って大泣きするさまと、見守る人々

しみじみと、朝ドラって、いいなぁ… と感じたのでした。

倉本先生のスパイスとチャレンジ精神に満ちた、「一石を投じる」昼ドラも魅力だけど、改めて、岡田ワールドに、ほっこり

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-26 15:13 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

人間の証明 (1977)
e0080345_09311356.jpg

先日、見た、ドラマスペシャル「人間の証明」から興味を持ち、昭和の大ヒットした映画を見てみたのですが、なんと、「犬神家の一族」に次ぐ角川春樹事務所製作第二弾で、

かなり枝葉部分が違ってたし、これまた原作とは、ちょっと違えたラストにしてあるとのこと。

ラストは、畳みかけるような不幸の連続ですが、大ヒットした主題歌のおかげで、透明な印象。

ニューヨーク・シーンが多かったのも「なるほどなるほど…」でした。

やはり、岡田茉莉子・松田優作は凄いなぁ、存在感が圧巻!と感じると同時。いやいや、鈴木京香も負けてなかったけれど、彼女ゆえに、枝葉やディテール、というより、むしろ幹部分まで、大幅に変えたのかな?とも感じたりして。

それに、原作者・森村誠一もカメオ出演してたみたいで、おやおや…

三船敏郎まで出てるとは思わなかったし、角川映画らしく、お祭り的な出演者も多くて (^^;)

しかし、昭和、平成と、今回を含め5回もドラマ化されたと知らなかったので、そういう意味でもビックリ

好奇心がホットな内に念願叶い、(^^*)v

    (解説)

「犬神家の一族」に次ぐ角川春樹事務所製作第二弾。舞台を日本とアメリカに据え、戦後三十年という歳月の流れをつつむさまざまな人間の生きざまを描く。脚本は一般公募で選ばれた「ふたりのイーダ」の松山善三、監督は「新幹線大爆破」の佐藤純彌、撮影は「悶絶!! どんでん返し」の姫田真佐久がそれぞれ担当。

    (ストーリー)

東洋的な風貌を頬に刻んだひとりの黒人青年が、ニューヨーク・バンクで六千ドルの大金を白人紳士から受け取り、みすぼらしいスラムをあとに、一路東京へと飛び発った。キスミーに行くという言葉を残して。東京ロイヤル・ホテルの四十二階で、人気絶頂の女流デザイナー八杉恭子のファッション・ショーが始まって間もないころ、エレベーターの中で、黒人が胸にナイフを突き刺し、西条八十詩集を抱いたままその場に倒れて死んでいた

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-26 09:31 | 映画 | Trackback | Comments(0)

あなたのことはそれほど 「暴走する春の恋!背徳の温泉旅行」
恋に免疫なかった分、フォーリン・ラブをエンジョイする、美都(波瑠)

でも、暴走がすぎて、アリバイ作りを頼んだのかな? 親友・香子(大政絢)との友情が壊れてしまいました。

また、相手の有島(鈴木伸之)は既婚者で、妻の麗華(仲里依紗)が妊娠中。

なんだか、某スキャンダルを彷彿させますね。

しかし、当人達は、すっかり舞い上がって、ついに内緒で温泉旅行。

ところが、そこに「子供が生まれた」連絡が。一気にw不倫が発覚。

涼太(東出昌大)と、麗華が気の毒すぎます。

ありがちな関係。涼太が、次第に狂気を見せ始めてますが、どういう方向に進む?

     (ストーリー)

幸せだが物足りない結婚生活を送っていた美都(波瑠)と、妊娠中の麗華(仲里依紗)を妻にもつ有島(鈴木伸之)。

ふたりは互いに結婚していることを隠したまま、一線を越えてしまう。有島との再会を“運命”だと強く感じた美都は、うっとり浮かれて上機嫌でいた。

恋にのめりこんでいく美都は、夫・涼太(東出昌大)に小さな嘘を積み重ね、自分の携帯電話を涼太が執拗にチェックしていることにも気付かない。

そんな美都に相変わらず優しい顔を崩さない涼太だが疑心は募り、美都の母・悦子(麻生祐未)が経営するスナック店を訪れる。

そこで、美都が占い師から「二番目に好きな人と結婚したほうがいい」と言われたことがあるという話を聞き出すと、笑い飛ばしながらも顔を曇らせるのだった。

一方、有島は里帰り出産の準備をする麗華を気遣い、はたから見れば仲睦まじい夫婦の優しい夫でいた。
里帰りの朝に居合わせた隣人・横山皆美(中川翔子)からも夫婦仲を羨ましがられる麗華。しかし、最近の有島に違和感を覚えていた麗華は意味深な言葉を呟く。

麗華を送り出した有島と温泉旅行に行くことになった美都は、親友の香子(大政絢)に有島との関係を話してアリバイ作りに協力してほしいと頼み込むが…。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-26 08:02 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 「国会議員襲撃!平成維新軍の脅威」
今回も、イケメン達のアクション満載で、スタイリッシュ、かっこ良かったです。

でも、オハナシとしては、ちょっと切ないものがありました。

あいかわらず、平成維新軍というネーミングには、他が、かっこいい分、馴染めない私、なのでした。

     (ストーリー)

贈収賄事件に関与した疑惑の議員が、顔を隠した3人組の男らに襲われ、報道陣の目の前で射殺された。直後に犯行声明を出した“平成維新軍”は、この先も権力を利用して私腹を肥やす者たちを排除すると、テロの続行を宣言。特捜班は犯人を逮捕してテロを未然に防ぐよう命じられる。

班長の吉永(田中哲司)から、襲撃犯が使用していた特殊な拳銃をたどって実行犯を洗い出すよう指示された稲見と田丸は、銃器マニアの暴力団組長が同じ型の拳銃を買い集めていたとの情報を得る。

裏取り捜査を進めると、やはり使われた拳銃は組長が所持していたもので、しかも保管していた拳銃はすべて組長の息子の譲(大和孔太)に盗まれていたことがわかる。

そして、譲は少年院を出所後に人が変わり、「社会のシステムを変えてやる」と言っていたという組長の証言から、稲見は何者かが譲をそそのかして、今回のテロ行為に及ぶよう誘導したのではないかと考える。

やがて譲の潜伏先を突き止めた特捜班は、拳銃を装備して現場へと向かう。吉永、樫井(野間口徹)、大山(新木優子)が建物の周囲を固め、稲見と田丸が部屋へ近づくと、ちょうど外出しようとしていた譲に出くわす。次の瞬間、譲は部屋の中の仲間に「逃げろ!」と叫び、同時に素早く拳銃を抜き、近づいてきた稲見と田丸に銃口を向けて――。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-26 07:51 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)

孤独のグルメ Season6 「東京都目黒区三田のチキンと野菜の薬膳スープカレー」
珍しく、五郎(松重豊)さんが、お仕事パートで、恐縮されつつダメ出しされてましたね。…新鮮っ!

でも、明るく考えて、カンフル飯というか、パンチのきいたものを… と、「薬膳スープカレー」の看板に心惹かれるのが「なるほど!」だったのでした。

我家では、内装から食器に至るまで「オシャレ~ッ」「凝ってるぅ」とバカウケしつつ見てしまいました。

女性店員、谷村美月が朝ドラとは、ちょっと違った印象で、イイ感じ。

この満足腹で、お仕事、順調にはかどりそうですね。

     (ストーリー)

客室インテリアのリニューアルという大きな仕事を請け負った井之頭五郎は、目黒駅ほど近いホテルにいた。自信満々だったものの、担当者の工藤(山崎樹範)は五郎の提案が気に入らなかった。「忘れられない部屋」というテーマでお願いしたのに…そう言われ、五郎はショックを受ける。「デカい仕事を取った自分に浮かれていたか?慢心していたか?」大反省しながら目黒の住宅街をさまよう五郎。

そのうちお腹がすき、店を探すが見つからない。やがて住宅街の中で≪薬膳スープカレー≫の看板に気づく。矢印の方へ歩いて行くと、やがて大きな猫のオブジェがある「薬膳スープカレーShanaia」を見つけた。

店内に入ると女性店員(谷村美月)が五郎を案内した。近くの席の女性が注文するのを見て見習った後、五郎は「チキンと野菜のスープカレー」を流暢に頼む。「スープのベースはオリジナルで、辛さは3辛、トッピングはいももち2ピース、ライスはターメリックライスの普通盛り」その時、カレーができるまで20分ほど時間がかかることを告げられ一瞬ひるむが、気を取り直して「シャナイア風ザンギ(3辛)」を注文。

先に出てきたザンギをつまんでいると、程なくカレーが運ばれてきた。生薬が浮かぶ香り豊かなスープ、レンゲで切れる大きなチキンとターメリックライスを口に運ぶ五郎。カボチャにピーマン、赤パプリカ…トッピングのいももち。さらに、食べ進めると大きな大根が現れる。最後にスターアニス(八角)の入った「自家製バニラアイス」も注文し、大満足の五郎。気分一新、仕事に戻るのだった。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-26 07:44 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)

冬物をしまう
雨天になる前に、冬物を洗濯
順番に、厚い冬物のしまい支度をはじめてるのでした。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-25 18:13 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

土曜プレミアム・ドラマミステリーズ ~カリスマ書店員が選ぶ珠玉の一冊~
e0080345_15441919.jpg

日本全国のカリスマ書店員たちがとっておきの短編として胸に秘めていた作品を映像化。

作品の共通点は、いずれも“どんでん返し”のエンディングが存在すること。

短編ミステリーの中に潜む、鮮やかな切れ味=どんでん返しを〈実力派俳優×映画監督×傑作ミステリー〉という極上の“三重奏”で提供。

キャスティングが豪華で、オハナシの先が読めない感じが斬新でした。

かぎりなく「世にも奇妙な物語」ティストですが、犬童一心ワールドを堪能

〈大泉洋×犬童一心×「妻の女友達」〉
〈土屋太鳳×犬童一心×「恋煩い」〉
〈向井理×犬童一心×「情けは人の…」〉

【出演者】

〈妻の女友達〉
大泉洋
高岡早紀
戸田菜穂

〈恋煩い〉
土屋太鳳
岸井ゆきの
井之脇海

〈情けは人の…〉
向井理
小澤征悦
大西利空

市毛良枝



【原作】
小池真理子著 「妻の女友達」集英社文庫
北山猛邦著 「私たちが星座を盗んだ理由」講談社文庫
今邑彩著 「盗まれて」中公文庫


[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-25 15:44 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

YOU は何しに日本へ?( 番組見て、決意の自転車旅。第二の故郷・熊本ボランティ&チャリティ・コンサート)
YOUも!日本も!がんばれSP~【日本縦断 自転車旅YOUに密着!】~が面白かったし、感動的でした。

特に、番組を知って、日本で自転車旅をしようとした、アルゼンチン人のエーセさん(46歳)凄かったです。

子供時代、習った空手の先生から日本に興味を持ち、そして、好きになり、番組を見て日本をエンジョイする人々に燃えて、家も車も売り払い、仕事も辞め、自転車旅をして、第二の人生を日本で送るきっかけを見つけたい、というのですから、ハンパじゃないです。

本当に人と日本が好きなんですね。「友達になりたい」とエピソードの数々が素敵でした。

また、ロシアで生まれ、現在、アメリカで生活してるイゴールさんのエピソードも感動的

10年、熊本の大津で暮らし、そこで日本女性と結婚、娘さんも生まれたことから、ボランティアを志願。夏休みを利用して、やってきて地道に働いてたのが、ジーーーンでした。

昔の友人にも会えて、良かった良かった。被害の惨状に言葉を無くしつつ、ポジティブに頑張ってる人々にパワーをもらうことしきり。(車中泊、大変だったろうに、生活が規則正しくなって、体調が良くなった、と笑いとばすバイタリティうに頭が下がりました)

加えて、遅れて合流した、妻子の奥さんがプロのフルート奏者。イゴールさんはギターを担当して、チャリティ・コンサートを行ったのですが、大成功。これも、「ああ、良かったなぁ」と感じました。

また、熊本で生まれたという娘さんが可愛い♪

いい番組でした。エーセさんの日本縦断旅も、今後が楽しみ。イゴールさん、ありがとう。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-25 09:10 | テレビ | Trackback | Comments(0)

貴族探偵「第1発見者は御前!メイドと女探偵が推理対決で謎を解く!」
e0080345_07561272.jpg

今回の被害者は、人気ミステリー作家、厄神春柾(大和田伸也)で、関係者は、厄神の妻・令子(横山めぐみ)、美咲と同じ編集者の松尾早織(豊田エリー)と滝野光敏(丸山智己)

鼻形(生瀬勝久)警部がユーモア担当で、かぎりなく、愛香(武井咲)が語り部、だってことは分かったのですが、

未だに使用人達の再現VTRに混乱してしまって、うむむ… です。

豪華キャスティングで展開される、美形達トボけたワールドも、それなりに斬新だと思うのですが、未だ、ちょっと蚊帳の外感、なのでした (^^;)ゞ

     (ストーリー)

 自らを貴族と称し、探偵をたしなむ貴族探偵(相葉雅紀)。しかし、推理は使用人の佐藤(滝藤賢一)、田中(中山美穂)、山本(松重豊)たちに任せきり。そんな貴族探偵が、今回現れたのは…。

 高徳愛香(武井咲)は、編集者、日岡美咲(紺野まひる)の車で、人気ミステリー作家、厄神春柾(大和田伸也)の別荘に向かっている。探偵に取材したいという厄神の依頼に愛香が招かれたのだ。

 山道を行く2人の車の前に、突然、巨大な石が落ちて来た。愛香が現場の安全を確保し、警察に通報して車に戻ると美咲がいない。と、愛香の目の前に驚きの光景が。何と美咲は、いつの間にか現れた貴族探偵とお茶をしているではないか。

 落石に憤る貴族探偵は、落下場所の真上にある別荘に文句を言いに行こうと動き出す。そこは愛香たちの目的地、厄神の別荘だった。呼び鈴を鳴らしても誰も出ないため、貴族探偵はズカズカと別荘内へ。すると、書斎のベッドに頭から血を流して横たわる死体が…。

 すぐさま、状況を把握しようとする愛香。警察も来た。なぜか管轄違いの鼻形雷雨(生瀬勝久)と常見慎吾(岡山天音)も。鼻形たちは貴族探偵専任になったらしい。鼻形は貴族探偵に不満を抱く管轄の久下村刑事(平山祐介)をなだめている。

 厄神の関係者、妻の令子(横山めぐみ)、美咲と同じ編集者の松尾早織(豊田エリー)と滝野光敏(丸山智己)に聴取する愛香と鼻形。厄神のファンだったと言うメイドの田中も捜査に付き添う。


[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-25 07:55 | ドラマ | Trackback(8) | Comments(0)

小さな巨人 「所轄刑事としての覚悟!隠ぺいされた真実を暴く!」
e0080345_15212637.jpg

初回の、ガンガンな熱いぶつかり合いではなかったものの

謎が解けてさぁ、と、あと一歩のところまで詰めて、あれれ、に地団駄~~な感じになりましたね。

同情の余地はあるものの… うむむ。

この、拳をどうおさめる展開にしてくれるのでしょうか?

   (ストーリー)

所轄刑事として捜査一課長の小野田(香川照之)と戦う覚悟を宣言した香坂(長谷川博己)は、ゴーンバンク社社長・中田和正(桂文枝)誘拐事件にはまだ裏があると、風見京子(富永沙織)の自殺について捜査をするため渡部(安田顕)と共に、現場となったビルを訪れる。

そこは、京子の元恋人で、中田の息子・隆一(加藤晴彦)が経営をするナカタエレクトロニクスのビルであり、ゴーンバンク社が新たに開発した防犯カメラが使用されていた。

香坂は、ビルの防犯管理担当・菜穂(吉田羊)から話を聞くも、新たな情報を得ることができずにいた。
そこで、小野田の指示で共に捜査をしていた山田(岡田将生)にあることを頼む。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-24 15:21 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
監獄のお姫さま 第9話
from ぷち丸くんの日常日記
明日の約束 (第9話・2..
from ディレクターの目線blog@..
民衆の敵 世の中、おかし..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
陸王 第8話
from MAGI☆の日記
民衆の敵~世の中、おかし..
from ぷち丸くんの日常日記
民衆の敵~世の中、おかし..
from ディレクターの目線blog@..
コウノドリ[2] 「第9..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)