<   2017年 04月 ( 89 )   > この月の画像一覧

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 「暗殺の真相を暴け」
初回が、アクション満載で、スタイリッシュだったので、そちらが動なら、今回は、やや静の、暗躍を探れ!な回だったかな?

田丸(西島秀俊)が、昔から知り合いの古垣伸一郎から、「国家の危機に関することで話がある」と連絡をうけ、待ち合わせた場所。目の前で殺害されてしまいます。

古垣の死因は、急性心筋梗塞と発表されますが、田丸は毒殺と確信。

公安機動捜査隊特捜班 は、内密に調査することになりました。

ヒントは、田丸に送られた1枚の写真と、死ぬ前に残した「アリス」というキーワード。

写真は、ごく普通の一軒家で、そこから探りを入れていく内、その家族… 娘さんの1人が救急車で運ばれ、家族は急に引っ越ししたことを知ります。

また、田丸が古垣宅を、家宅捜索しようとして、先に何かを盗もうとする者と鉢合わせ。稲見(小栗旬)とタッグを組めど、人質を取られて、道に放り出された彼女を助けようとして、逃げられてしまいました。

辿り着いたのは、大物政治家たちの悪行。

今回は、石田ゆり子が登場しましたね。どういう関係なのかな?

そして、幾多の謎は、どう展開する?!

     (ストーリー)

ある日、田丸(西島秀俊)は外事警察時代に知り合ったフリージャーナリストの男から、「国家の危機に関することで話がある」と連絡を受け、会う約束をする。しかし、待ち合わせ場所に現れた男は田丸の目の前で何者かに毒物を注射され、絶命。特捜班は、身の危険を感じていた男があらかじめ田丸に送った1枚の写真と、死ぬ間際に口にした「アリス」という言葉を手掛かりに捜査に乗り出す。

写真には、ごく普通の一軒家が写っていた。吉永(田中哲司)は樫井(野間口徹)と大山(新木優子)に家の特定を急がせるとともに、田丸と稲見(小栗 旬)には殺された男の自宅を捜索するよう指示。しかし、稲見に見張りを任せて、一人部屋へ入った田丸は、男の遺品を持ち去ろうとしていた侵入者と鉢合わせ。突然の攻撃に必死で応戦するも、一瞬の隙をつかれて取り逃がしてしまう。やがて、田丸の異変に気付いて駆けつけた稲見は、侵入していた男が殺し屋だと察知。激しい攻防戦を繰り広げるが……。

何者かがジャーナリストの死因を隠ぺいしようとしていることから、特捜班は今回の一件に政府が関与しているとにらむ。そしてようやく写真の家を見つけ出すが、そこに人が住んでいる気配はない。不審に思った吉永が近所の住民に話を聞くと、住んでいた家族は数日前に突然引っ越したことが分かり――。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-19 07:44 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)

劇場版 名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)(2016)
e0080345_09240000.jpg

コナン映画史上、ナンバーワンヒットになった記録的な作品、なんですってね。

きくところによると、ガンダムの主要声優陣も勢揃いで、そのあたりもファンを喜ばせた、とのこと。粋ですね。

やはり、黒の組織が絡むとダイナミックでスリリングです。

アクションも、「ありえない~~っ」レベルなのですが、そこがアニメの良いところ。

ちょっと悲劇性もあったけれど、迫力満点で、手に汗握るアクション満載。大変に面白かったのでした。

    (解説)

青山剛昌の人気コミックを基に、テレビアニメや映画でも高視聴率と記録的な興行収入をたたき出しているシリーズの劇場版第20弾。世界中の機密組織の極秘データを狙うスパイが日本の警察に侵入したことをきっかけに、コナンの体を小さくしてしまった犯罪組織・黒ずくめの組織と、FBIや日本の公安警察、そしてコナンがバトルを繰り広げる。黒ずくめの組織の謎や、物語の鍵を握るオッドアイの美女の存在など怒とうの展開に期待。

    (ストーリー)

ある夜、日本の警察に侵入したスパイが世界中の組織の機密データを持ち出そうとするも失敗。公安警察の安室透とFBIの赤井秀一の追跡によって、スパイの車は道路のはるか下へ転落する。次の日、東都水族館に遊びにきていたコナンたちは、ケガをした美しい女性を見付ける。彼女は左右の瞳の色が異なるオッドアイで、記憶を失っていた。そんな彼女とコナンたちの一部始終を、黒ずくめの組織のベルモットが見つめていた。 

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-18 09:24 | 映画 | Trackback(1) | Comments(0)

貴族探偵「推理は雑事!破天荒なニューヒーロー登場!誰よりも優雅に悪を裁く!」
原作は、ミステリー作家・麻耶雄嵩による本格推理小説「貴族探偵」とその続編「貴族探偵対女探偵」

いきなり美女2人… 高徳愛香(武井咲)は、喜多見切子(井川遥)の変顔で始まるオープニングも画期的なら、いろいろと、チャレンジ精神旺盛な遊び心に満ちたミステリーは、月9ドラマ30周年記念作品

キャスティングも豪華だし、全力で遊び要素満載にしてるサービス精神は、よく分かったのですが、ミステリ音痴の私には、あまりにもフェイントが多くて、本筋の勘所がいまひとつ不明だったのでした。

きくところによると、大いに褒めてる方もいる傍らで、ビミョーの声もあるみたいで、賛否両論に分かれそうだなぁ、と感じました。

エンディングは、オシャレでかっこよく、好きでした。

むしろ、世間の評判に好奇心です。

     (ストーリー)

上流階級の出らしいということ以外、本名、職業、年齢など全てが謎の紳士、貴族探偵(相葉雅紀)。不可解な事件現場にふらりと赴き、解決に導くのだが、一切の推理は運転手の佐藤(滝藤賢一)、メイドの田中(中山美穂)、執事の山本(松重豊)に任せきりにしか見えない。そんな貴族探偵が今回、現れた場所とは?

 一方、高徳愛香(武井咲)は、喜多見切子(井川遥)を師と仰ぎ、彼女の事務所に勤める女性探偵。その日、愛香は事務所の重要なクライアントである玉村家の令嬢、依子(木南晴夏)の別荘、通称ガスコン荘で行われるパーティーに招かれていた。

愛香が到着すると、出迎えた依子がすでに集った友人たちと昨夜パーティーを行ったとのこと。意に介さぬ愛香に、依子はガスコン荘の地下にある“鬼隠しの井戸”の話をする。その古井戸には、死体を投げ込むと消えてしまうという伝説があった。愛香は半ば強引に依子に案内してもらうのだが、古井戸の側にパーティーの客の死体が…。そしてその周囲には無数の血の足跡が!

 現場を確認した愛香は、警察に連絡。しばらくすると、警部補の鼻形雷雨(生瀬勝久)が部下の常見(岡山天音)をともなって現れ、パーティー客らを一部屋に集める。殺害状況などから、容疑者は昨夜からガスコン荘にいた者の誰かだと思われた。一晩ガスコン荘は密室状態…。ということは容疑者はこの中に?…。と、そこに、主人の使いで来た執事と名乗る山本が顔を出す。山本が一同を案内したのは、庭に作られた巨大な天幕。唖然とする一同の前に悠然と貴族探偵が登場。貴族探偵は、この事件を自分が解決すると言い放つ。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-18 07:39 | ドラマ | Trackback(8) | Comments(0)

山崎豊子ドラマスペシャル 女の勲章 第ニ夜
番組企画として、未来のファッションデザイナーたちをぜひ応援したいという思いから、一般学生よりドラマ内で実際に身につける衣装のデザイン募集を行い、結果。総数542に昇る申し込みがあった中から、主演の松嶋をはじめスタッフたちが厳正なる審査を重ね20点の優秀作品を決定したそう

服装がとてもレトロ華麗で、素敵だったので、それは斬新なアイディアだなぁ、と感心したのでした。

第二夜は、玉木宏が、野心でギラギラの悪い男全開。新境地、開拓です。

大庭式子(松嶋菜々子)が、初めての慕情を経験し、その三角関係と仕事の間で悩み、選んだ道は、衝撃的な結末で…

衣装もみな美しかったし、ヒロイン・松嶋菜々子が華麗に着こなすさまは、溜息モノでしたし、ヨーロッパ・ロケもよく映え、ドラマチックだったのでした。

かぎりなく、目の保養で、物語もサクサクと進んだし、面白かったです。

個人的に、読んだことはないけれど、デザイナーとハサミというキーワードにドキドキしてしまいました。このドラマチックな物語もまた… 感慨深かったのでした。

玉木宏に愛された4人の女達、みな魅力的でしたが、松嶋菜々子、まだまだヒロインの輝き充分ですね。

     (ストーリー)

大庭式子(松嶋菜々子)は、多忙な毎日に忙殺されながら、一方で八代銀四郎(玉木宏)が他の女と関係していることに心かき乱される。そんな中、式子は白石庸介(長塚京三)を次第に心の拠り所にするようになります

式子は、白石に言われてパリ留学を提案するが、八代は許さなかった。そこで、パリの有名デザイナー ジャン・ランベールの型紙を買い付けに行くことを条件に、パリ行きを許可されます

式子の行動を知った安田兼子(浅野ゆう子)は、横槍を入れて契約をさせないよう妨害する。そこで、式子は白石を頼って、ランベールと交渉することができるようになるのだった。式子は白石に恋心を抱き、2人は関係をもつようになる。だが、それを八代は邪魔立てし、2人を引き裂こうとするのでした

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-17 13:18 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)

ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~ 「奇妙なお悔やみ状」
原作、『ツバキ文具店』(ツバキぶんぐてん)は、「食堂かたつむり」などの、小川糸の小説。2017年本屋大賞候補作品

個人的には、多部未華子目当てだったのですが、とても丁寧に描かれた胸キュン・ドラマでした。

先祖代々、代書屋を営む祖母・カシ子(倍賞美津子)が亡くなり、孫の鳩子(多部未華子)が帰ってきたのですが、最初は、スパルタな嫌な思い出ばかりで、売る気まんまんです。

ところが、カシ子が亡くなる直前、彼女に手紙の代筆を依頼したという客・マダムサイダー(冨士眞奈美)の代書を引き受けてる内に、心に変化が起こり… 継いでみようか、という気になったのでした。

とても、ハートウォーミングな作品で風情もあったので、続きが楽しみです。

    (ストーリー)

鳩子(多部未華子)は8年ぶりに故郷・鎌倉へ戻る。「ツバキ文具店」という小さな文具店を営んでいた祖母・カシ子(倍賞美津子)が亡くなったのだ。ツバキ文具店は、依頼者が書けない手紙を本人に成り代わって書く店だった。幼い頃、母に捨てられ、厳しいカシ子に反抗して家を飛び出した鳩子は、店を継ぐ気はない。そんな中、カシ子が亡くなる直前、彼女に手紙の代筆を依頼したという客・マダムサイダー(冨士眞奈美)が現れる。



[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-17 13:02 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

小さな巨人「新警察ヒーロー誕生敵は味方のフリをする裏切り上司を倒せ!!」
まず、キャスティングの豪華さがインパクト。

今までにはないリアルな警察官の姿を描く、警察エンターテインメントドラマ、って、「踊る大捜査線」チックに、警察のリアルを、ユーモラスに追求したものなのかな?

警視庁捜査一課の刑事・香坂真一郎(長谷川博己)は、今年3度目の捜査本部事件を解決。その“祝勝会”が行われた料亭の前で、中小企業社長の中田隆一の飲酒運転を疑い、取り調べの際にその車に傷をつけてしまいます。

翌朝、大手ニュースサイト・ゴーンバンクに「飲酒状態の刑事、車を破損」という記事が掲載され、警察の名誉を傷つけたとして所轄署への異動を命じられる。左遷されて早々に、ゴーンバンクの社長・中田和正の誘拐事件が発生するが、香坂は捜査一課で部下だった山田春彦(岡田将生)から「所轄は後方支援」と冷たく言い放たれてしまいます。

なんだか、立場的なものから、パワフルに言い合ってる印象が強かったです。

ハセヒロと、岡田将生、香川照之、目当てで、しばし様子見、です。

      (ストーリー)

警視庁捜査一課強行班1係長の香坂(長谷川博己)は、今年三度目の捜査本部事件を解決する活躍をみせていた。その祝勝会と称して、前捜査一課長で今は所轄の署長をしている三笠(春風亭昇太)と料亭で会食していると、どこで聞きつけたのか現捜査一課長・小野田(香川照之)が現れる。三笠と小野田は優秀な部下の香坂を評価しているという共通点はあるが、互いの捜査理論の違いから腹の底ではいがみあっている。

会食を終えた香坂は、料亭の前で中小企業の社長・中田隆一の飲酒運転を疑い取り調べた際、偶然、隆一の車を傷付けてしまう。すると翌朝、大手ニュースサイト・ゴーンバンクの見出しに“飲酒状態の刑事、車を破損”と記事が掲載されていた。香坂は警察官による不正を調査する監察官・柳沢(手塚とおる)に呼び出され、宴席の直後に取り調べをしたのではないかと問いただされる。黙秘を続けるが、上司にあたる小野田が呼び出され、日本酒を飲んだことを打ち明けられ、警察の名誉を傷付けたとして所轄への異動を命じられてしまう。

香坂が所轄にやってくると、日本経済のトップに立つIT企業ゴーンバンク社の社長・中田和正(桂文枝)が誘拐される事件が発生する。誘拐犯は身代金を要求している。捜査一課の時と同様に捜査をしようとする香坂であったが、これまで部下であった警視庁捜査一課長付運転担当・山田(岡田将生)に「所轄は後方支援。現場は本庁に任せてください」と釘を刺される。香坂のもとに残されたのは、問題だらけの所轄刑事のみ。彼は窮地を脱し、捜査一課に返り咲くことはできるのか!?

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-17 08:38 | ドラマ | Trackback(8) | Comments(0)

おんな城主 直虎「おんな城主対おんな大名」
今川からの徳政令の命をはねつけた直虎(柴咲コウ)に怒る寿桂尼(浅丘ルリ子)

政次(高橋一生)を呼びつけ、直虎に駿府まで申し開きにこい、と命令します。

その傍ら、瀬戸、祝田の主となった方久(ムロツヨシ)は、荒地の有効活用を考えてました。

虎松(寺田心)の後見を降り、今川の考え通り、自身を後見にすべきと勧めますが、直虎は拒否。

中野直之(矢本悠馬)らの説得も虚しく、直虎は、政次や龍潭寺の傑山(市原隼人)昊天(小松和重)らとともに駿府へと向かう途中、襲われます。

だけど、それを「政次に後見を譲る」ということで、中野直之に助けられ、何とか駿府へたどり着く直虎

南溪和尚(小林薫)は、直之に仕事を依頼。

政次の意図を理解出来ぬなつ(山口紗弥加)は、南溪に相談。

直虎、危機一髪も、またまた、直虎を慕ってる書状が届き、懐柔して危機を回避できたのでした。

      (ストーリー)

直虎(柴咲コウ)が今川の下知に背いて徳政令をはねのけたことに怒った寿桂尼(浅丘ルリ子)は、政次(高橋一生)を呼びつけ、直虎に駿府へ申し開きにくるよう命じる。以前同じように駿府へ呼び出され、道中で惨殺された直親(三浦春馬)の記憶がよみがえる家臣一同。政次は直虎に虎松(寺田心)の後見を降りるよう勧めるが、直虎はそれを拒み駿府へ向かうことを決意する。
[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-17 08:21 | ドラマ | Trackback(6) | Comments(0)

山崎豊子ドラマスペシャル 女の勲章 第一夜
衣装が華やかで、キャスティングも豪華。

目の保養しつつ、ダイナミックなサクセス・ストーリー展開と、ドロドロを楽しむ意味で、「ああ、山崎豊子ワールドだなぁ」と実感。

「あさがきた」では理想の亭主を演じてた、玉木宏が、ドロドロの中心にいますが、清潔感のあるイケメンだから許されてしまう… 腹に一物キャラとして、また、新境地を開拓しましたね。

登場人物が、みな、野心ギラギラで、火花パチパチで人間臭く魅力的でした。

後半が楽しみ楽しみ。

     (ストーリー)

ドラマの舞台は原作者・山崎さんが生まれ育った大阪・船場で始まり、神戸・甲子園・京都など関西を中心に展開。

主人公・大庭式子(松嶋菜々子)は船場の羅紗問屋の娘として育ったが、戦争で家族や家を失ってしまう。焼け野原の中、闇市で1台のミシンを見つけた式子は、幼少の頃から興味があった洋服、婦人服の時代がこれから来ると感じ、洋裁教室を始める。それは、服飾学校となり、チェーンスクールへと発展。自らもデザイナーとしてデビュー、それが評判になり、映画衣装の話もきて…

洋裁教室時代からの式子の愛弟子として、津川倫子(ミムラ)、坪田かつ美(相武紗季)、大木富枝(木南晴夏)という3人の女性が登場する。こちらの3人は、恐ろしいまでの野心、欲望を内に秘め、時に感情をむき出しにする。原作者・山崎さんならではの、人間の暗部をえぐるような筆致が冴える人物を、3人の女優たちが熱演

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-16 17:43 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

架空OL日記 第1話
なにげないOLの日常なんだけど、なんと脚本家自らが女装してOLになってるなんて斬新!

バカリズムがブローしたり、グロス塗り塗りなシーンに素朴にウケてしまいました。

しかも、周囲が、それをしっかり受け入れてるところも可笑しいです。

ハロゲンヒーターの件も可笑しかったですね。これも面白そう… 様子見です

   (ストーリー)

升野(バカリズム)、マキ(夏帆)、小峰(臼田あさ美)、サエ(佐藤玲)、酒木(山田真歩)は仲良しOL5人組。金曜日の仕事終わりに悪夢は突然訪れた。会社帰りに更衣室で5人が雑談していると、マキがお金を出し合って買ったハロゲンヒーターがつかなくなっていることに気付く。それは寒がりなOLにとって死を意味していた。うちひしがれながら帰宅し、週明けに出社すると…。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-16 17:30 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

マッサージ探偵ジョー 「嫉妬のツボ」
なんだか、ゆるさと、すちゃらかさ、脱力感にウケてしまいました。

深夜枠ならではの、KAT-TUNの中丸雄一が主演を務めるサスペンスコメディー

ツッコミどころ満載なのも、楽しいです。キャスティングも、渋いし、これは、なかなか楽しめる… かも。

    (ストーリー)

女子高校の新体操部へ出張マッサージに行ったジョー(中丸雄一)は少女たちを前にして動揺するが、何とか施術を終える。その夜、新体操部のエース・翔子(小松美月)が殺される。不思議なことに遺体の首には2回締められた痕があった。ジョーは刑事・マネー(小澤征悦)と謎解き勝負をすることになる。やがて、翔子や元エース・みどり(吉本実憂)らの間にレギュラーの座を巡るライバル同士の嫉妬があった可能性が浮上する。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-16 17:26 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
NHK大河ドラマ「おんな..
from 真田のよもやま話
【おんな城主 直虎】第4..
from ドラマ@見とり八段
科捜研の女17期第1話 ..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
相棒16期第1話(10...
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
【陸王】第1話 感想
from ドラマ@見とり八段
先に生まれただけの僕 (..
from ディレクターの目線blog@..
【先に生まれただけの僕】..
from ドラマ@見とり八段
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)