<   2017年 04月 ( 81 )   > この月の画像一覧

架空OL日記 第1話
なにげないOLの日常なんだけど、なんと脚本家自らが女装してOLになってるなんて斬新!

バカリズムがブローしたり、グロス塗り塗りなシーンに素朴にウケてしまいました。

しかも、周囲が、それをしっかり受け入れてるところも可笑しいです。

ハロゲンヒーターの件も可笑しかったですね。これも面白そう… 様子見です

   (ストーリー)

升野(バカリズム)、マキ(夏帆)、小峰(臼田あさ美)、サエ(佐藤玲)、酒木(山田真歩)は仲良しOL5人組。金曜日の仕事終わりに悪夢は突然訪れた。会社帰りに更衣室で5人が雑談していると、マキがお金を出し合って買ったハロゲンヒーターがつかなくなっていることに気付く。それは寒がりなOLにとって死を意味していた。うちひしがれながら帰宅し、週明けに出社すると…。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-16 17:30 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

マッサージ探偵ジョー 「嫉妬のツボ」
なんだか、ゆるさと、すちゃらかさ、脱力感にウケてしまいました。

深夜枠ならではの、KAT-TUNの中丸雄一が主演を務めるサスペンスコメディー

ツッコミどころ満載なのも、楽しいです。キャスティングも、渋いし、これは、なかなか楽しめる… かも。

    (ストーリー)

女子高校の新体操部へ出張マッサージに行ったジョー(中丸雄一)は少女たちを前にして動揺するが、何とか施術を終える。その夜、新体操部のエース・翔子(小松美月)が殺される。不思議なことに遺体の首には2回締められた痕があった。ジョーは刑事・マネー(小澤征悦)と謎解き勝負をすることになる。やがて、翔子や元エース・みどり(吉本実憂)らの間にレギュラーの座を巡るライバル同士の嫉妬があった可能性が浮上する。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-16 17:26 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)

4号警備 第2話
凸凹コンビの味も、なかなか良く、今回も窪田正孝の身体を張ったアクションが観られたのが、嬉しかったです。

オドオド、北村一輝も新鮮…

でも、今回の被害者は、ストーキングのみならず、ネットでまで被害にあってお気の毒でしたね。

どうぞ、故郷では平穏な暮らしがおくれますように。

     (ストーリー)

ホテルのフロントで働く上野(阿部純子)は正体不明のストーカーに悩まされていた。朝比奈(窪田正孝)と石丸(北村一輝)は、通勤時と勤務中だけという契約で上野を警護することに。しかし、朝比奈は上野の帰宅後も自発的に張り込みをし、ストーカーの正体を突き止めようとする。石丸はその熱心さをいぶかしむが、そこには朝比奈の過去が深く関わっていた。そんな折、警護の隙を突いてストーカー・小川(小沢一敬)が上野を襲う。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-16 06:43 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

犯罪症候群 Season1 「私は本気で人を殺そうとしたことがあります」
武藤隆(玉山鉄二)の娘の真梨子(桜田ひより)は、散々心配してたけれど、夜、繁華街をうろついてただけで帰ってきました。

でも、補導されたことを環敬吾(渡部篤郎)が把握してたことを戦慄。

交通事故に遭った母を自宅で介護しつつ、息詰まっていた、咲子(ミムラ)に、優しいメールを送ってたのは、、“小口誘拐”の首謀者「ジーニアス」(要潤)でした。

でも、咲子が田村公平(甲本雅裕)の子育てブログに連絡をとったことから、自分がアルバイトのつもりで、事件に加担したのではないかと疑いを。子供を連れてきた後藤(生島翔)の後をつけて競輪場にいきます。

それを、つける武藤… 武藤は、警察時代のトラウマに悩まされ続けて、独自調査を始めます。

どうなるのかな? 興味津々

     (ストーリー)

 妹を殺した犯人を自らの手で殺し復讐しようとした武藤隆(玉山鉄二)。警察官でありながら抱いてしまったどす黒い感情に恐怖し、二度と捜査には関わらないと警察を辞めたのだが、そんな武藤の異常なまでの犯罪者への執着心を利用しようと近づく謎の男・環敬吾(渡部篤郎)は、武藤を再び捜査の現場へ引きずり出そうと手段を選ばなかった。「自分の娘がいなくなったら、分かるかもしれませんね」環の言葉が武藤の耳にこびりつく。

 武藤は、娘の真梨子(桜田ひより)が夜遅くまで繁華街をうろついた末に警察に補導されたことまで環が把握していたことに戦慄する。命令に背けば娘はただでは済まない…環はそう匂わせているのだ。「やり方は自分で決めます。二度と娘に近づかないでください」それだけ言い残し、武藤は怒りの形相で環の前から立ち去る。

 子どもを誘拐し小額の身代金を確実に振り込ませる“小口誘拐”。武藤は「身代金の要求額500万円がたまたま手元にあったから、娘を救えた」という被害者の田村公平(甲本雅裕)の言葉にひっかかるものを覚える。500万円という要求額は“たまたま”だったのか…?さらに事情を聞き出そうと田村家に接近を試みるが、田村は、犯人を刺激し再び娘に危害が加えられることを警戒し、武藤の捜査を拒絶する。それでも、被害者の気持ちが分かる武藤は…

 そんな中、“小口誘拐”の首謀者「ジーニアス」(要潤)は、さらなる計画を練っていた。咲子(ミムラ)は自分がまさか犯罪に加担しているなどとは疑いもせずジーニアスにより誘拐された子供たちの面倒を見ていたが、どこからともなく子どもを連れて現れる後藤(生島翔)の粗暴さに次第に不安と不信感を募らせていた。そんな時、ニュースで誘拐事件を伝える報道を目にする…。

 一方、警視庁捜査一課では“小口誘拐”の捜査が突然打ち切られる。その裏で見え隠れする人事課の環の怪しい動きに不可解なものを感じる鏑木護(谷原章介)だが、捜査一課長の浜村にはこの件への介入を止められる。いったい環とは何者なのか…密かに調べ始めた鏑木は、環が警察を退職している者の多くに接触していることを知る。今は警察から遠ざかっている武藤も環に利用されているのではないか。鏑木は武藤に会い、「警察に戻ってきたらどうだ」と告げるが、武藤はかつて復讐のために人を殺そうとした自分にその資格はない、と答える。とにかく環に関わらない方が良い、と忠告することしかできない鏑木だが、環と対峙した鏑木は語気を強める。「武藤には手を出すな」

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-16 06:39 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

ボク、運命の人です 「壁越しの運命。見知らぬ二人、奇跡の恋開幕 」
今回の亀梨クンは女運の無い、冴えないイケメン役。そこに、すちゃらか神様(山下智久)が現れて、運命の人・湖月晴子(木村文乃)とカップルになれ、と至上命令。

さもないと、地球の運命が変わってくるそうで… しぶしぶ、実行するも、完全にストーカー扱い。幾多の偶然エピソードを語っても「キモチワルイです」と、完全に嫌われてしまいました。

どう展開するとかな? エンディングの3人が歌って踊るさま(ほとんど、流行ですね)は楽しかったのでした。

頑張れ、亀ちゃん♪

     (ストーリー)

この4月、都内の会社に異動してくることとなった正木誠(亀梨和也)。彼は女運がなく、なぜか付き合う女性たちには大きな難があり、挙句に別れを告げられるような恋愛を重ねていた。そんなある日、誠の目の前に自らを“神”と名乗る謎の男(山下智久)が現れる。

彼は突然、誠が“運命の人”と信じる現在交際中の女性について「残念ながら君は騙されている」と言い放つ。怒る誠だったが、謎の男がテレビを点けると、そこには美人局の容疑者として今正に逮捕されている彼女の姿が。愕然とする誠。なぜ自分はこんなにも不運なのかと嘆く誠に、神様は言う。「それは君に『本当の運命の人』がいるからだよ」と。そして差し出す1枚の写真。それは湖月晴子(木村文乃)の写真だった。だが、誠は晴子のことを知らない――。

自称神の男が言う『本当の運命の人』:湖月晴子。彼女とは顔見知りではないが、実は5歳の頃の海水浴場で、大学受験の時の試験会場で、今年の初詣の神社で、何度も「運命」のすれ違いを重ねていた女性だという。そして今、彼女は誠が異動してきた会社の壁を挟んで向こう側、背中合わせで仕事する「運命」の距離にいるという…。

晴子は今年30という年齢を迎えながら、男運に恵まれず、「次こそが最後の恋愛にしよう」と堅実で地に足の着いた人と恋愛することを願っていた。謎の男から不思議な運命を告げられた誠は、会社のビルで晴子と同じエレベーターに乗り合わせる。焦る誠。だが、勇気を振り絞って声をかける。「あの…ボク、運命の人です…」と。が、勿論突然のそんな発言を晴子は気味悪く感じてしまい――。

最悪の出会いから始まる最大の運命の物語。振り返れば「運命」だったのかもしれない、あの「偶然」の数々。運命を武器にした一

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-16 06:30 | ドラマ | Trackback(7) | Comments(0)

村井 博美 写真展 [ふかうら ~思いをつなぐ~]
銀座ニコンサロンで、村井 博美 写真展 [ふかうら ~思いをつなぐ~]を鑑賞

この写真展では、世界自然遺産・白神山地の麓にある深浦町(青森県西津軽郡)に3年間住んで、人々の暮らしや伝統行事などを撮影した写真を展示。米作りとある老夫婦の暮らしを縦糸に、伝統行事を横糸に、深浦町の「いま」を伝え、それを通して、わが国における生活共同体の意味、今後のあり方を問いかけてます。

伝統行事や大自然が、自然と、生活の中にとけこんでる暮らしに感心。

人々の自然な表情が素敵でした
e0080345_18005706.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-15 18:01 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

ワカコ酒 Season3 第2夜「ご近所の町中華で晩餐」
「ドラマでポン」さんがチェック中…とのことで好奇心。

初めて観てみました。

いい感じに、可愛いのんべぇさんで、ご近所の町中華で晩餐、ってのがオツでした。

親しみやすい美人OLのワカコが、実に美味しそうに飲み食いしてて、なるほど、シーズンを重ねられた理由も納得。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-15 06:21 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

4号警備 第1話
時間が30分なので、見やすいです。

思えば、窪田正孝、「THE LAST COP/ラストコップ」では、モーレツ親父、唐沢寿明に翻弄されましたが、今度は、気弱で冴えない、人間嫌い役の北村一輝(新鮮っ!)と、バディになるんですね。

窪田正孝、性格俳優さんか、と思ってたら、アクションもイケる、と知って嬉しかったのでした。

なかなか味わい深いので、様子見です。

    (ストーリー)

警備会社ガードキーパーズの警備員・朝比奈(窪田正孝)は、上司の池山(片岡鶴太郎)から「4号警備」の任務を命じられる。相棒に指名されたのは、冴えない中年男・石丸(北村一輝)。初めての警護対象者は、目の見えない広瀬(水橋研二)という男性で、多額の遺産相続に絡んで何者かに命を狙われていた。朝比奈らは通勤路を変えるよう進言するが、広瀬はなぜか変えようとせず、あえて危険に身をさらすかのように振舞う…

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-15 06:15 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)

リバース 親友の死に隠された秘密…復讐は十年後に始まった」
原作は、湊かなえによる同名小説。第37回吉川英治文学新人賞の候補作。

今度の藤原竜也は、ちょっと気弱で不器用な、オドオドさん、なんですね。要するに冴えない存在…

でも、唯一の親友、広沢由樹(小池徹平)を、十年前、友人達との旅行中、訳アリで失ったことから、ますます、消極的に…

だけど、馴染みの喫茶店のママ、乾恭子(YOU)の機転で、越智美穂子(戸田恵梨香)とイイ感じになり、無事、付き合うことができてヨカッタですね。

そんな人生開けた折に、不吉な張り紙。美穂子への手紙。彼を「人殺し」と… その謎を追っていく物語みたいです。

キャスティングが、好みなので、楽しみになりそうです

     (ストーリー)

深瀬和久(藤原竜也)は、冴えない男だ。有名大学を卒業しながらも、地味でつまらないほど普通の人生を送ってきた。唯一の彼の取り柄は、美味しいコーヒーを淹れること。そしてその度に彼の頭をよぎるのは、たった一人の親友・広沢由樹(小池徹平)を失ったことだった。それは10年前、大学のゼミ仲間5人とのスノボ旅行中に起きた悲しい事件、それは――。

いつもの仕事帰り、深瀬は行きつけのコーヒー店へ寄ると、そこには懇意にしてくれる乾恭子(YOU)と圭介(バッファロー吾郎A)夫婦の、いつもと変わらない笑顔があった。そんな恭子の計らいにより、深瀬は越智美穂子(戸田恵梨香)という女性と運命的に出会う。 頼りない自分にも明るく接する彼女の姿に、いつしか強く惹かれてゆく深瀬。

そんな深瀬の自宅に「人殺し」という張り紙がされていた。驚きを隠せない深瀬だったが、そんなとき深瀬は、10年前に起きた広沢の事故死の秘密を墓場まで持っていくという、ゼミ仲間との約束を思い出していた。

そんなある日、深瀬が通った大学の、教授の退官祝賀会を知らせる手紙が届いた。広沢のことを思い出すのを恐れながらも会場へ向かった深瀬は、10年前の旅行メンバーである、社会科教師の浅見康介(玉森裕太)や、県議会議員秘書の村井隆明(三浦貴大)、村井の妹・明日香(門脇麦)の夫で大手商社マンの谷原康生(市原隼人)らゼミ仲間と再会する。また、その会場には広沢の母・昌子(片平なぎさ)も訪れていた。広沢の死後、8年ぶりに会う昌子に対し気まずさを覚える深瀬たち。

一方、そんな深瀬たちを遠巻きに見つめる一人の男、ジャーナリストの小笠原俊雄(武田鉄矢)の姿が……。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-15 06:08 | ドラマ | Trackback(6) | Comments(0)

100万円の女たち 第1話
原作は、青野春秋の同名コミックを基にした密室ミステリー

とんでも設定。とんでも展開に、びっくり。

美女たちが、売れない小説家道間慎(野田洋次郎)に、家賃兼生活費として毎月100万円もの大金を慎に支払い、同居生活をする、という謎のシェアハウス

主人公の道間慎を演じるのは、人気バンド・RADWIMPSのボーカルである野田洋次郎、だそう

個人的に、シェアハウスなのに、食事時、全裸という存在にど肝抜かれました。

やがて、この奇妙な共同生活の謎が明かされ、平穏が訪れた頃、すべてを崩壊させる事件が、とのことですが、見届けられるかな? ドキドキ

     (ストーリー)

道間慎(野田洋次郎)は売れない小説家。彼は半年前から5人の謎の美女たちと一つ屋根の下で暮らしている。美女たちは家賃兼生活費として毎月100万円もの大金を慎に支払うが、この共同生活にはいくつかルールがあり、彼女たちに対する質問は一切禁止されていた。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-14 07:49 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
木曜劇場『人は見た目が1..
from レベル999のgoo部屋
木曜ドラマ『緊急取調室(..
from レベル999のgoo部屋
人は見た目が100パーセ..
from MAGI☆の日記
緊急取調室 #02
from ぐ~たらにっき
人は見た目が100パ-セ..
from ぷち丸くんの日常日記
緊急取調室 SECOND..
from ぷち丸くんの日常日記
緊急取調室 [SECON..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)