<   2017年 04月 ( 89 )   > この月の画像一覧

64 ロクヨン 前編
e0080345_14190524.jpg

豪華キャスティングと役者力で、魅せてくれたし、わずか1週間の昭和64年に発生した少女誘拐殺人事件・通称「ロクヨン」事件が、多くの人生にダメージを与え、その軌跡を狂わせたことは分かったのですが、

いまひとつ、佐藤浩市が、現在は警務部の広報官として働き、記者クラブとの確執や、刑事部と警務部の対立などに神経をすり減らす日々の詳細が、よく理解できず、

対立の理由や、特に娘さん(これが先日まで朝ドラヒロインだった、芳根京子だったのですね)の反発の原因がよく分からなかったのでした。

誘拐事件のさなか、科捜研にミスがあり、それを隠して責任を感じた当人は、やがて引きこもりに… ってな状態は、まだしも理解できたのですが、

プロフィールを秘した人物が何者で、ロクヨンと、どういう関連があったのか、よく飲み込めなくて…(追記。公安関係の娘さん、だったのですね)

記者クラブ(特に瑛太)の怒りと、情報開示後の動きも、今ひとつ見えませんでした。

そして、後編ではロクヨンを模したような事件が起こるのだそう… ついていけるか、ドキドキ。

   (解説)

「半落ち」「クライマーズ・ハイ」などで知られるベストセラー作家・横山秀夫の著作で、2012年「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、13年「このミステリーがすごい!」第1位など高い評価を得た警察小説「64(ロクヨン)」を映画化した2部作の前編。佐藤浩市を筆頭に、綾野剛、榮倉奈々ら若手から永瀬正敏、三浦友和らベテランまで、豪華キャストが集結し、「ヘブンズ ストーリー」の瀬々敬久監督がメガホンをとった。わずか1週間の昭和64年に発生した少女誘拐殺人事件・通称「ロクヨン」。事件は未解決のまま14年の時が流れ、平成14年、時効が目前に迫っていた。かつて刑事部の刑事としてロクヨンの捜査にもあたった三上義信は、現在は警務部の広報官として働き、記者クラブとの確執や、刑事部と警務部の対立などに神経をすり減らす日々を送っていた。そんなある日、ロクヨンを模したかのような新たな誘拐事件が発生する。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-04 14:19 | 映画 | Trackback(17) | Comments(0)

YOU は何しに日本へ?( ロボット相撲、和食修業卒業、キャリアレディ女子旅)
e0080345_09051488.jpg

祝5年目突入でYOUがお祭り騒ぎ!新たな出発!2時間スペシャル~【竹打ち祭りin 秋田県 美郷町六郷】~が、なかなか味わい深かったです。

ロボット相撲大会に南米からきたチーム、家族で一丸となった編成が良かったです。まずは、秋葉原でお買い物して、お国にないパーツ達に狂喜乱舞。

なかなか強かったのですが、3回戦突破ならず、残念だったですね。伝統的に、YOUに出てくるチーム、チームワークは良好で、雰囲気イイのですが、自滅したり、なかなか強いチームは無かったので新鮮だった… かも。

また、ずっとシリーズで追っていた、東京、京都の名店で、和食修業するYOU達、腕をめきめきあげ、最後は、まかないを任されたり、御両親が視察にやってきたり、仲間達が送別会を開いてくれたり、とてもイイ雰囲気でした。

つきじ田むらの大将も、最後は泣いちゃってましたね。

彼等には華があって職場が明るくなるし、その真摯さは見てて感動。とてもいい企画でした。

あと、お国では、バリバリ仕事してきたキャリアレディ達、50歳以上の9名、スキー女子旅、パワフルでした。家庭に仕事に全力投球してきた分、ちょっと少女気分な女子旅、いい感じでした。

初めてのスキヤキ、に、ジンギスカン、間違えても、笑い飛ばすあたり大らかで笑えたのでした。

司会のバナナマン、ちょっと椅子がグレードアップして、5周年の御褒美だったかな?

また、お祭りYOU… インド人メルビンさんはが参加した、「竹打ち祭り」ものすごい迫力でした。かなり荒ぶるお祭りでしたが、参加して良かった、との感想に、良かった良かった

ますます、盛り上がるとイイですね

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-04 09:05 | テレビ | Trackback | Comments(0)

ドラマスペシャル「人間の証明」
e0080345_08324248.jpg

こういう物語、だったのですね。昭和のヒットした映画バージョンも、森村誠一の原作も知らず、有名な主題歌とコピーだけ、インパクトだったので、思わず「へ~~っ」だったのでした。

やはり、要となる八杉恭子を演じた、鈴木京香の存在感がハンパなく、ほとんど、彼女の為にあるかのよう。

なんだか「華麗なる一族」で演じた悪女役を思い出してしまいました。

そういう意味では、ちょっと藤原竜也が、やや、もったいなかった… かな? たしかに華がある存在感は素晴らしいのですが、狂気を伴ったようなキレ演技な存在でなかったのが、個人的に残念。

また、重要な役どころとして草笛光子も良かったです。

調べてみると、昭和のヒット映画では、岡田茉莉子・松田優作が主演だったのですね。…納得。

主題歌を、EXILE、ATSUSHI & Charでカヴァーしてたのも、ポイント高かったです。

有名な作品を、またひとつ知ることができて、満足でした。

     (ストーリー)

昭和49年、東京。ホテルの最上階に向かうエレベーターの中で、一人のみすぼらしい身なりの黒人青年が息絶える。胸には深々と突き刺さるナイフ。頬には一筋の涙が伝っていた。
 現場に駆け付けた麹町東署の棟居弘一良(藤原竜也)は、本庁捜査一課の横渡伸介(緒形直人)とともに捜査を開始。青年が向かおうとしていた最上階で聞き込みを始める。
 その日、最上階では高名な美容家の八杉恭子(鈴木京香)による盛大なレセプションパーティーが開かれていた。大勢のマスコミや招待客がひしめき、大物議員の夫(中原丈雄)と一人息子(堀井新太)とともにスポットライトを浴びる恭子は、理想の妻、理想の母として日本中の憧れを集めていた。
 殺された青年の名前はパスポートからジョニー・ヘイワードと判明する。しかし、恭子のパーティー客に該当する人物はいなかった。
 その後の捜査で、ジョニーはニューヨークのスラム街育ちであること、片言ながら日本語が話せたこと、そして死の間際「ストウハ」という謎の言葉を残していたことが分かるが…。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-03 08:33 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)

おんな城主直虎 「城主はつらいよ」
e0080345_07560208.jpg

予想通り、前途多難な発進の直虎

今川家は、まだ幼い虎松(寺田心)の後見として、政次(高橋一生)を指名

だけど、南溪和尚(小林薫)は、虎松の後見人に“井伊直虎”を推挙

家臣達の前に現れたのは、次郎法師(柴咲コウ)。

中野直之(矢本悠馬)奥山六左衛門(田中美央)ら家臣は反発しますが、南溪はカタチだけであると断言。政次は困惑しながらも、直虎を支えると宣言

しの(貫地谷しほり)やなつ(山口紗弥加)は困惑。しのに至っては、直虎でも、政次でも、納得できない様子です。

家臣の心もつかめず、百姓からも、女性だからとバカにされます。

やがて瀬戸村の甚兵衛(山本學)らがやってきます。度重なる戦で、人材不足もあって、田畑が荒れ、代替わりを期に、“徳政令”の発布を求めてきます。貸し借りをナシにする制度ですね。

現地を見学し、軽く引き受けてしまった、次郎でしたが、井伊の借金が山のようにあることが発覚。金を貸しているのは瀬戸放久(ムロツヨシ)

実際、年貢なしでは、予算が立ち行きません。

徳政令の噂を聞き、ほかの村まで徳政令を求めに来ました

当然、大騒ぎ。

政次の後見就任をあくまで拒みます。 政次は寿桂尼と密談

直虎、放久の屋敷を訪ね、懇願します。 百姓の年貢に支えられているから、譲れない!と訴える直虎

放久からもらった硯と筆で命を書き。徳政をあきらめた直虎。
そこで、放久を家臣とすることにします。

家臣、中野(矢本悠馬)は「のっとりではないか!!」と奥山(田中美央)は「思い出の地を奪うとは!!」と怒ります

徳政を求め今川に訴える百姓達。裏でうごめく、政次

まさに「城主はつらいよ」 …どうなる?!

    (ストーリー)

井伊家の領主として名乗りを上げた井伊直虎(柴咲コウ)。幼い虎松(寺田心)が元服するまでの間、後見として国を治めることを宣言するが、家臣たちは反発する。虎松の母・しの(貫地谷しほり)も直虎の勝手なふるまいを認めようとしない。ある日、領主が代替わりしたことを聞きつけた瀬戸村の百姓・甚兵衛(山本學)が直虎のもとを訪れ、借金の棒引きを意味する「徳政令」の発布を求める。
[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-03 07:56 | ドラマ | Trackback(7) | Comments(0)

べっぴんさん、最終回
e0080345_22452955.jpg

ヒロイン他、主要メンバーが青春まっさかりの溌剌世代だけに、ラスト、子孫を得た皆様の、老け演技に感心してしまいました。

学生時代の仲間達が、力を併せて好きなことに、人の笑顔の為、誠実に邁進した、美しい物語だけに、朝ドラらしく、応援してしまったのですが、

部分的に、ヒロインの口癖じゃないけれど、「なんか… なんか、なぁ…」って気分になってしまました。

印象に残ったのは、すみれの娘、さくらが時折みせるワガママぶりだったかな?

なまじ見目麗しい、可愛い子役さん達が演じてるだけに、近江の実家で「ぜんざいが美味しくない」と文句言ったり、引退間近の弱った靴屋さんに、強引に靴を作らせたり、横恋慕して家出騒ぎを起こしたり、結婚後、ご主人側のお宅の孫可愛さ。同居に断固反対しいたり… ちょっとザラリ感感が残ってしまったのでした。

いつまでも、学校時代の仲間達と和気藹々するほんわかへの、お汁粉の潮的スパイスだったのでしょうか?

でも、とりあえず大団円、上手に着地できてヨカッタ

願わくば、「今日も気持ちよく頑張るぞ」な朝ドラ・ファンタジーの伝統を続けて欲しい気がしたのでした。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-01 22:47 | ドラマ | Trackback(7) | Comments(0)

H&Mエコバッグと、最新エコバッグ
ガーーーン。H&Mで、2百円以下で、こんなに素敵でオシャレなエコバッグを販売。
最近リメイクしたエコバッグを重ねると、こういう感じです。

どちらが、使いやすいの… かな?
e0080345_22235020.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-01 22:24 | ファッション | Trackback | Comments(0)

小林惠写真展「潮路の譜」
銀座ニコンサロンで、小林惠写真展「潮路の譜」を鑑賞

沖縄や奄美の島々では、旧暦の節目の行事が大切に伝承され、海の彼方は楽土でもある、そう

これらの写真群は、沖縄の久高島から、五島列島の小値賀諸島までのいくつかの島々の記録の断片

伝統の祭りや儀式、自然の風景や人々を見てると、とても空気感や時間の流れ、色彩が違い、信仰にも似た自然への畏怖を伴う価値観に、頭が下がりました。

何か、見失いがちだけど、大切なものを思い出せそうな、美しい沖縄の原風景達でした。
e0080345_17465054.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-01 17:47 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

ミュージックステーション3時間SP
初出演や秘蔵映像も沢山(特にジャニーズでは、デビュー前のお宝映像の宝庫ですよね)楽しかったです。

坂道AKBの、48グループ、坂道グループからメンバーが選抜された坂道AKBは欅坂46の平手友梨奈がセンターを務める「誰のことを一番愛してる?」… 怖いもの知らずな年齢ならではの、スリリングで刺激的な歌詞も画期的。

AKB48は、卒業する小嶋陽菜が演出! 主役感バリバリで、オシャレで豪華でした。

ゴールデンボンバーの新曲。あいかわらず、オモシロ企画で、笑かしてくれました。
まさか、アチコチにバーコードを出す洒落っ気。ラストは裸芸の彼が出てくるとは…

X JAPANは、トリの貫禄充分です

    出演者ラインナップ

AKB48
「小嶋陽菜 Mステ卒業メドレー」
坂道AKB
「誰のことを一番愛してる?」
X JAPAN
「紅」「La Venus」
エレファントカシマシ
「悲しみの果て」
尾崎裕哉
「卒業」「27」
関ジャニ∞
「がむしゃら行進曲」「なぐりガキBEAT」
Kis-My-Ft2
「Tonight」
CHEMISTRY
「PIECES OF A DREAM」
Cocco
「カウントダウン」
ゴールデンボンバー
「#CDが売れないこんな世の中じゃ」
三代目J Soul Brothers
「MステSPメドレー~THE JSB WORLD~」
浜崎あゆみ
「ourselves」「TO BE」
藤巻亮太
「3月9日」
三浦大知
「Darkest Before Dawn」
ゆず
「贈る詩」「タッタ」

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-01 06:30 | テレビ | Trackback | Comments(0)

バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~ 最終回「バイプレイヤーとバイプレイヤーズ」
e0080345_06222569.jpg

なんと、「バイプレイヤーズ」の栄光と、大杉が、鬼屋敷監督に刺され、やがて転落、仲間達と、のほほんと農作業しながら共同生活する十年後に、池松壮亮がやってきて、叱咤激励!ってのは、すべて夢オチ。

シャアハウスで、修学旅行みたいに枕を並べて眠ることになり、結果、枕投げに。(可愛いっ!)

なんとか、「バイプレイヤーズ」を作ろうとするものの、それを実行すれば、岡田将生が犠牲になって撃たれてしまう。そこに、なぜか天海祐希が親分として出てきて、お互いが「俺を殺せ~~」って場面で、鬼屋敷登場。これが、真の「バイプレイヤーズ」ラスト・シーンになったのでした。

最後の座談会には、役所広司まで現れて、最終回とあってか、ゲストも豪華でした。

面白かったです。本人役とか、虚と実が混じり合い、新たなドラマの可能性を拓いた意味で、意義合った… かも。

ラストの、Forever Young/竹原ピストルが、とても効いてました。

    (ストーリー)

仲たがいや芸能界追放の危機などの困難を乗り越えた遠藤(遠藤憲一)、大杉、田口(田口トモロヲ)、寺島(寺島進)、松重(松重豊)、光石(光石研)は、俳優仲間の協力もあり、10年がかりで映画「バイプレイヤーズ」の製作にこぎ着ける。そんなある日、6人は‘芸能界のドン’に呼び出される。彼らの目の前には拳銃を持った男がいた。そして大杉ら‘バイプレイヤー’のシェアハウスでの共同生活が終わりを迎える。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-04-01 06:22 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
明日の約束 (第9話・2..
from ディレクターの目線blog@..
民衆の敵 世の中、おかし..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
陸王 第8話
from MAGI☆の日記
民衆の敵~世の中、おかし..
from ぷち丸くんの日常日記
民衆の敵~世の中、おかし..
from ディレクターの目線blog@..
コウノドリ[2] 「第9..
from ディレクターの目線blog@..
日曜劇場『陸王』第八話
from レベル999のFC2部屋
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)