<   2017年 07月 ( 95 )   > この月の画像一覧

ごめん、愛してる 「俺に子守唄を歌ってくれないか」
それにしても、凜華(吉岡里帆)の父・恒夫(中村梅雀)、律(長瀬智也)の指輪ペンダントを見て、何を思ったのでしょうね。何も娘をぶったり、律を毛嫌いすることないのに…

また、律の父親違いの弟・サトル(坂口健太郎)、サックス奏者・塔子(大西礼芳)に求婚大作戦をしたのに、風船 in 指輪作戦は失敗。凜華が、仕込んでおいて飛び散った、婚約指輪を探すことに。

そこに、麗子(大竹しのぶ)がやってきて、塔子、サトル、席を話して、サトルのボディガード、律と食事することに。

また、ゴシップ記者・加賀美(六角精児)が現れ、麗子を傷つけようとしたとみて、律が反撃パンチ。

律は刑務所入りになってしまいました。律を待ってた、居候してる家の親子、心配して気の毒でしたね。

結局、加賀美が訴えを取り下げて、刑務所からは出たのですが、お互い、愛が報いられぬ律と凜華、膝枕と子守唄は胸キュンでした。

次回は、律の頭の病状が悪化する?

    (ストーリー)

律(長瀬智也)と娘・凜華(吉岡里帆)が親しくなっていく様子に不安を覚える凜華の父・恒夫(中村梅雀)。律が持っているサファイアのリングを見かけ、思い当たることがあったのだ。律をサトル(坂口健太郎)の運転手兼ボディーガードにするという麗子(大竹しのぶ)に止めるよう進言するが、麗子は聞き入れない。

 一方、サトルは片思いだったサックス奏者・塔子(大西礼芳)と上手くいきそうな雰囲気。彼女にプロポーズをしたいと、凜華に手伝いを頼み・・・。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-07-24 07:58 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

おんな城主 直虎「女たちの挽歌」
寿桂尼(浅丘ルリ子)が亡くなる前後、歴史は大きく動き始めました。

それにしても、今回は、ほとんど虎松(寺田心)の回でしたね。めちゃくちゃ上手いです。

駿府にいる今川氏真も武田との絶縁が決定的になって戦になる前触れ

なんとか「人が死ぬことだけは避けたい」直虎(柴咲コウ)は徳川家康(阿部サダヲ)に書状を送り、上杉と同盟を組んで武田の今川攻めの動きを封じ込む策を進言

そんな家康に、時を同じくして武田から今川攻めの誘い

松下常慶(和田正人)は井伊と徳川の同盟の証として、しの(貫地谷しほり)を人質に出すよう要求

幼くして漢文もこなす利発な虎松、これに対して、直虎に、しのの代わりの者をおくってはどうか、とか色々と問答してきます。

それも、しのが虎松の成長を願ってのことでした。

母が居なくなった虎松は、ここで、直虎の養子となります。あえて「父となる」のだそう

どこまでも、作戦で戦を避けようとする直虎は、怒涛の時代を、どうのりきっていく?!

     (ストーリー)

直虎(柴咲コウ)は徳川家康(阿部サダヲ)に書状を送り、上杉と同盟を組んで武田の今川攻めの動きを封じ込む策を進言する。いったんはこの策に乗ろうとした家康だったが、時を同じくして武田から今川攻めの誘いが来てしまう。その頃、駿府では寿桂尼(浅丘ルリ子)が死の床についていた。松下常慶(和田正人)は井伊と徳川の同盟の証として、しの(貫地谷しほり)を人質に出すよう要求するが…。
[PR]
by noho_hon2 | 2017-07-24 07:43 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

NHK土曜時代ドラマ 悦ちゃん 「お見合い相手はご令嬢」
悦ちゃん 、楽しげにワンピースを着てくれてヨカッタですね。

それにしても、瓢箪から駒な「お見合い」

美人にかかわらず、かなり癖があるけれど、碌太郎の詞が気に入ってたよう

芸者さんの陰謀で、遅刻ギリギリになったけれど、随分、意気投合して会話が弾んでましたね。

どうなる?!

   (ストーリー)

村岡との恋に破れ、新たな嫁探しに乗り出す碌太郎。そんな碌太郎に実姉の鶴代が1件の見合い話を持ってくる。その相手は大銀行・日下部銀行の令嬢・日下部カオル。絶世の美女であるカオルは、だがえり好みが激しく、26になろうというのに、今だ独身であった。芸術を好むカオルは「真実の愛」を求めて、自分にふさわしい相手とめぐりあうことを夢見ていた。釣り合わない碌太郎だったが、ひょんなことから令嬢に気に入られ・・

[PR]
by noho_hon2 | 2017-07-23 08:44 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

居酒屋ふじ 第3話
音楽と、鉄拳のペラペラ漫画のせいか、心なしか「あまちゃん」ティストですね。

しかし、まさか水川(水川あさみ)の悩みが「なまり」で、写真に撮られた相手は、標準語の先生。しかも、西尾(永山絢斗)に、そっくりだったとは

西尾渾身の芝居によって危機を回避できましたね。面白かったです。

    (ストーリー)

 熱愛疑惑で週刊誌の記者に追われていた女優・水川(水川あさみ)が「居酒屋ふじ」に逃げ込んでくる。本人はぬれぎぬだというが、記者に突き付けられた写真には、水川と密会している西尾(永山絢斗)の姿が写っていた。大森(大森南朋)は、週刊誌の記者から逃げるため、水川を外に連れ出す。一方、西尾はアルバイト先の工藤(村上淳)や、偶然会った麻衣(飯豊まりえ)に、見えを張って「連続ドラマが決まった」などとうそをついてしまう。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-07-23 08:38 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)

屋根裏の恋人 最終回
わぁ、レトロなほどに、正しいメロドラマっ!

ドラマチックで、それなりに結果オーライ?!

最後に、誠(勝村政信)、衣香(石田ひかり)、瀬野(今井翼)、杏子(三浦理恵子)、特に、千鶴子(高畑淳子)に見せ場があって、コテコテで、ドロドロなドラマが、それなりに美しくフィニッシュした気がしました。

個人的には、最終回が1番好きでした。特に、大胆告白、大金を渡して、踊り、「これからも、まだまだ…」という高畑淳子に女優魂を感じました。

石田ひかり、今井翼を筆頭に、なかなかにハマってた気がしました。

でも、ラストの子供は… ホラー? 幻想? 何かを示唆?

    (ストーリー)

誠(勝村政信)は衣香(石田ひかり)に殺人を犯したことを明かし、自分と離婚して瀬野(今井翼)の元へ行くよう言う。衣香は瀬野と落ち合う約束をしていたが、とてもその場所へ向かう気になれない。そんな中、杏子(三浦理恵子)が西條家に現れた。彼女の話から逮捕される覚悟を決めた誠は、千鶴子(高畑淳子)ら家族に全てを話す。皆に動揺が走る中、千鶴子は衣香に誠への思いを語る。その深い愛に突き動かされた衣香は瀬野の元へと駆け出す。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-07-23 08:34 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)

ウチの夫は仕事ができない「巧みな嘘で乗り越えろ!初仕事の成功と夫婦崩壊の危機」
終わりよければ、全て良しなハッピー・エンドでヨカッタヨカッタ。

新妻・沙也加(松岡茉優)は可愛いし、司(錦戸亮)、またまた、横取りされそうになってたけれど、2人を見て、世界的デザイナーのレイジカキタニ(岸谷五朗)の創作意欲が… 溜飲が下がりました。

物語では、全て正直に正直に… って方向で結果OKでしたが、

個人的には、愛する人を守りたい、あるいは心配させないための嘘は、あくまで愛から出たものゆえ、許される気がして…

    (ストーリー)

司(錦戸亮)が慕う先輩「クロカワアキラ」が男性だと思い込んでいた沙也加(松岡茉優)は、家まで司を送ってきた黒川(壇蜜)が美人女性上司だったことに衝撃を受け、一人嫉妬心に苦しむ。そんな中、アルバイトの面接を受けに行った近所のパン屋で、偶然店員として働いていた高校時代の元カレ・名取に再会する沙也加。司を自分と同じ嫉妬心で苦しませないため、元カレとの再会を秘密にすることに。

一方、土方(佐藤隆太)から、ショッピングモールの集客イベントの企画を出すよう言われた司は、沙也加とみどり(江口のりこ)の力を借り、10本の企画書を提出する。しかし、コンペを通ったのは本命を引き立てるために出したダメ元企画で、世界的デザイナーのレイジカキタニ(岸谷五朗)の協力を仰ぐものだった。司は一緒に企画を進めることになった田所(薮宏太)に文句を言われながらも、超多忙なレイジを捕まえるため奔走する。

デザインに2ヶ月の時間が欲しいというレイジに対し、田所は2週間後に迫った締め切りを隠し、とりあえず仕事の確約をとることを優先しようとする。しかし、嘘がつけない司は本当の締め切りを明かしてしまい交渉は決裂!そんな中沙也加は、名取との関係について司に嘘をついてしまう。

マタ友のあかり(イモトアヤコ)が話していた「ウソをつくと関係性が静かに変わる」という言葉に罪悪感を抱える沙也加は、夫婦間の微妙な変化に不安を感じていて…。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-07-23 08:27 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)

ぼくらの勇気 未満都市2017
1997年に連続ドラマとして放送された同作は、当時18歳のKinKi Kidsが主演を務め、土曜21時枠で放送。高校生のヤマト(堂本光一)とタケル(堂本剛)が、問題や事件を乗り越えながら仲間とともに、暴力に支配された子供だけの街に秩序を取り戻していくというストーリーで、その最終回で「20年後、またこの場所で会おう」と言って別れた彼らが、KinKi Kidsのデビュー20周年を記念して、その約束を果たすことになり、当時のキャストだった嵐の相葉雅紀と松本潤、矢田亜希子、さらには芸能界を引退した小原裕貴さんも出演したのだそう。

旧作を見てなかったのですが、対比されて映る以前の映像が20年の歳月を物語っていて、それだけでも、大いに感慨深かったです。

個人的には、松潤がやたらと、みんなから「大きくなったなぁ」と言われてたのが可笑しくて

好企画だったと思います。面白かったです。

    (ストーリー)

1997年、幕原市はT幕原型ウィルスによって大人が死に絶え、ヤマト、タケルら20歳未満の子供たちだけが生き残った。生きるために力を合わせ、国の陰謀に立ち向かった彼らは「20年後、またこの場所で会おう」と約束して別れた。

そして、20年後の2017年。ヤマトはさえない中学教師に、タケルは風変わりな弁護士になっていた。幕原地区は再開発事業が進み、復興のシンボルとして記念図書館が建設中。しかし、その建設現場で古いガス管による爆発事故が起き、死者が出てしまう。

約束の日である2017年12月24日、ヤマトとタケルは20年ぶりに再会。20年前の思い出の地を歩いていた2人は、アキラ(相葉雅紀)を見つける。一級建築士になったアキラは、例の図書館の建設に携わっており、再会を喜んだのも束の間、2人はアキラから、お金を貸してほしいと頼まれる。

その後連絡が取れなくなったアキラが、他の幕原の仲間たちからもお金を借りていることが分かり、タケルは、レストラン経営者となったモリ(松本潤)を訪ねる。アキラはモリにもお金を借りに来たが、モリはその頼みを拒絶していた。モリはなぜか幕原の仲間と距離を置きたいらしく、タケルに「もう連絡しないで」と冷たく言い放つ。

一方、ヤマトは20年前の恋人・スズコ(矢田亜希子)に電話する。スズコは、夫が図書館の爆発事故に巻き込まれて命を落とし、シングルマザーになっていた。アキラはスズコの元にも訪れていて、爆発事故で夫を亡くした話を聞いて顔色を変え去って行ったという。

ヤマトとタケルは、アキラが勤める設計事務所を訪ねるが、アキラはすでに辞めていた。2人はアキラの後輩・カザマ(千葉雄大)から、爆発事故の後にアキラが図書館の建設中止を主張して会社と衝突していたことを聞かされる。

こうして、ヤマトとタケルは、大人を死に至らしめるウィルス・T幕原型が再び蘇ったのではと推測。2人は図書館の建設現場に侵入し、そこで思いがけない物を発見する。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-07-23 08:20 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)

マイクロソフト Surface Laptop [サーフェス ラップトップ ノートパソコン] OfficeH&B搭載 13.5型 Core i5/256GB/8GB DAG-00059
新しいノートパソコン買いました。グレーのボディが、かっこいいです

ヨドバシポイントが、1%しかつかなかったけれど、逆にポイントが貯まっていたので、思い切って、それをつぎ込みました。ラッキー

かなり斬新な子だそうで、ダンナ様は、いつもケモノ道ずんずん、なので、今回もまた… なのかな?

どう、未知数で楽しませてくれるのか… 楽しみ楽しみ
e0080345_18192812.png

[PR]
by noho_hon2 | 2017-07-22 18:20 | パソコン、家電等 | Trackback | Comments(0)

ブランケット・キャッツ 「嫌われ者のブランケット・キャット」
わぁ、今回のスポットが当たったのは、「ゆとりモンスター」君(太賀)じゃありませんか!

猫が原因で、家族を亡くし、ますます気難しくなった大家の権田を伊武雅刀が好演。

今回も人情ありの、なかなか味で粋なオハナシでした。頑張れ、若いカップル!

    (ストーリー)

フリーターの卓也(太賀)のマンションに恋人の悦子(松本穂香)が捨て猫を抱えてやって来る。悦子は母親とけんかをし、卓也の所へ逃げてきたのだ。ところが、卓也の部屋は一人暮らし用でペットも禁止だった。大家の権田(伊武雅刀)は月に一度、秀亮(西島秀俊)から猫を預かり、マンションに連れてきていた。それを卓也は、権田がルールに反して飼われているペットを見つけ出すためだと考えるが、権田にはある事情があり…。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-07-22 06:13 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)

下北沢ダイハード 「裸で誘拐された男」
相棒のラムネ監察官が、なんとまぁ… 国会議員でありながら、ディープな趣味が高じて、さらに刺激的な状況に。

そして、「裸でスーツケース」に入り街へ出たものの、間違えられて、誘拐の現場に… と、それ以降はネタバレになるので… 面白かったです。

相変わらず、この枠はトバしてますね。オープニングもエンディングも好きでした。

     (ストーリー)

 選挙を控えた国会議員・修(神保悟志)には、SM好きという秘密があった。‘女王様’の麗奈(柳ゆり菜)は、修に全裸でスーツケースに入れと命令。そのまま東京・下北沢を歩くという異常な状況に興奮する修だが、他人にスーツケースを取り違えられてしまう。間違えたのは清(村杉蝉之介)と千夏(桜井ユキ)夫妻。彼らのスーツケースには誘拐された息子の身代金が入っていたようだ。そして、金の受け渡し場所に誘拐犯(吉沢亮)が現れる。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-07-22 06:05 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
水曜ドラマ『過保護のカホ..
from レベル999のgoo部屋
過保護のカホコ 第6話 ..
from MAGI☆の日記
過保護のカホコ 第6話 ..
from ぷち丸くんの日常日記
3Q>『ひよっこ』第11..
from 何がなんだか…ひじゅに館
新しい靴を買わなくちゃ
from 象のロケット
コード・ブルー ドクター..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
『新しい靴を買わなくちゃ』
from 京の昼寝~♪
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)