<   2017年 08月 ( 76 )   > この月の画像一覧

奥茨城母の会で、母・君子、初めて本音(ひよっこ)
e0080345_15212900.jpgあかね荘でみね子(有村架純)と実(沢村一樹)の2人暮らしが始まり、

奥茨城に戻った母・君子(羽田美智子)は、気の置けない仲間達と反省会を開き、そこで初めて本音を言えて、ヨカッタなぁ、と感じました。

なんといっても相手は天下の女優宅ですもん。引け目や、緊張が尋常でなかったでしょう。優しく抱きしめる、仲間達に、思わずほっこり。

それでも、蕎麦屋の気遣いに、「この人が好きだなぁ、と感じたの。もう1度、好きになって欲しい」という純情にほろり。

案の定、ときよ(柴田理恵)の家では、明るい嫁姑バトルが起こってるけれど、「でも、気に入ってるの」に安堵

綿引さんに手紙で報告したら、大喜びで返事がきてヨカッタ

みね子のもとに届いた、ひらがなだらけの世津子の手紙も、また感慨深く、切なかったです。学校へ行けず、密かに苦労されてたんですね。

頑張る、みね子が健気で、用事をやって回ってる実の誠実の人柄は、そのままで、そこにも、キュン

    (ストーリー)

あかね荘でみね子(有村架純)と実(沢村一樹)の2人暮らしが始まる。富(白石加代子)に頼まれたペンキ塗りや修理をして過ごす実。そんな父を見守るみね子のもとに、世津子(菅野美穂)から手紙が届く。一方、美代子は君子(羽田美智子)ときよ(柴田理恵)を呼んで“奥茨城母の会”を緊急開催する。東京での出来事を聞いてあぜんとする君子ときよ。世津子の印象を遠慮がちに尋ねると、美代子は複雑な気持ちを打ち明ける。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-08-07 15:21 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

過保護のカホコ 「キレる」
e0080345_15102197.jpg初(竹内涼真)の影響で、自立が目覚め、泉(黒木瞳)に反抗したりしてたカホコ(高畑充希)だったけれど、

それでも、朝のお洋服は一応、聞いてみる、カホコと、選んだ服を着なかったあたり、ユーモラスでした。

夕食も「食べない」と言って自室に引きこもっていたけれど、父・正高(時任三郎)が気遣うと、「だけど、カホコ。それでも、お腹がペコペコになるのが悲しいの」ってのが微笑ましく、

そっとコンビニに夜食を買いに行き、泉に睨まれるあたり可笑しかったです。

結局、失恋したカホコだったけれど、正高は、初のもとを訪れ、「カホコには君が必要だ。友達になって欲しい… でないと、家の空気に耐えられない」ってお願いするあたりも、笑えました。

また、親戚が集まった席で、初のお酒を飲み、その勢いで再び全力疾走。初のもとに駆けつけるあたりも、なかなか… でした。結局、酔いつぶれて、初に連れられて戻ったけれど。

結局、ラストは初の正高の反抗。キレて本音を言うあたり、本当に家族のバランスって絶妙ですよね。

目が離せないのでした。

    (ストーリー)

 カホコ(高畑充希)が生まれて初めて泉(黒木瞳)に反抗したことで、固い絆で結ばれた母娘の関係は冷戦状態に突入する!間を取り持とうと奮闘する正高(時任三郎)は、お互い譲らない2人の板挟みにあってしまう。

 そんな中カホコは、勢いで告白したまま逃げ出してきてしまった初(竹内涼真)と顔を合わせづらく悩む。人は誰かと出会うことによって自分を変えることができるという叔母の環(中島ひろ子)の言葉に励まされ、改めて初に会うカホコだったが、変な期待をさせない方がいいと思った初から、過保護でガキっぽいところがタイプではないとあっさりフラれてしまい…。

 人生初失恋のあまりのショックから食事もとらず部屋に引きこもるが、失恋中もしっかり空腹を感じることに自己嫌悪で落ち込むカホコ。正高は泉に隠れてカホコに差し入れをするが、そのことが泉にバレて過保護だと責められる。

 一方、退院したイト(久保田紗友)はカホコを通じて知り合った初を訪ねるが、チェロを弾けなくなったことを親のせいにするイトに、初は冷たく接してしまうのだった。

 部屋に引きこもったまま『失恋から立ち直る方法』を調べるカホコに、正高は気分転換のため泉の実家を訪ねることを提案。しかし、集まった親戚もタイミング悪く各々の家庭の問題を抱え、いつもおしゃべりな泉がいないこともあって空気は沈んだまま。失恋の痛手を忘れるにはお酒が効くと聞いたカホコは、初めてお酒をガブ飲みし、酔ってしまう。そして、その勢いのまま初の元へ向かう!

[PR]
by noho_hon2 | 2017-08-07 15:10 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)

おんな城主 直虎「虎松の首」
井伊家の取りつぶしを意味した、氏真(尾上松也)により、徳政令の実行

e0080345_15444679.jpg

直虎(柴咲コウ)は、とりあえず受けることにして策を巡らし、政次(高橋一生)もまた、「俺に任せろ」と、汚れ役をひきうけて、立ち退きます。

今川に従うふりをし、裏で徳川家康(阿部サダヲ)と手を組むことで井伊家復活を図るという策

裏切ったふりをする政次は今川の代官として井伊の館に残ることになるが、氏真は嫡男・虎松(寺田心)の首を差し出すよう要求され、厚化粧をした子供の首を差し出し、「疱瘡だったので」で、窮地を逃れます。

直虎は経を上げて弔います。

政次の、盾になってくれてる、頼もしい策士ぶりに、高橋一生の芸達者ぶりが似合い、柳楽優弥もいいけど、個人的に胸キュン

    (ストーリー)

直虎(柴咲コウ)は今川氏真(尾上松也)の命に従い、徳政令を受け入れることを決める。これは井伊家が取り潰しになることを意味していた。直虎と政次(高橋一生)はいったん今川に従うふりをし、裏で徳川家康(阿部サダヲ)と手を組むことで井伊家復活を図るという策をとったのだ。井伊を裏切ったふりをする政次は今川の代官として井伊の館に残ることになるが、氏真は嫡男・虎松(寺田心)の首を差し出すよう要求してくる。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-08-07 08:49 | ドラマ | Trackback(6) | Comments(0)

ウツボカズラの夢 「萌芽/未芙由という少女」
e0080345_08360366.jpg今度の志田ちゃんは、とても厳しい境遇の中で、したたかに、たくましく行きていくのかな?

高校時代、長野。未芙由(志田未来)母の看病、家事をいっさい引き受けてたのに、母が死んだとたん、父の浮気が発覚、新しい女性(しかも、妊娠中)のファミリーを家に引き入れ、結局、3万円で、家を追い出されてしまいます。

行き場をなくした、未芙由は、東京の高級住宅街にある幸恵のいとこ・尚子(大塚寧々)の家を訪ねるものの、尚子は、ハイソだけど、とっても肩身の狭い境遇で、なにやら、ややこしいファミリー。「1ヶ月なら、置いてあげられるかな?」と言われ、家事を引き受け、居場所を作ろうとします。

そんなある日、未芙由は尚子の夫・雄太郎(羽場裕一)の秘密。不倫の事実を知り、ふと抱きつく大胆行動。

行きていくために、居場所を確保するために、懸命な未芙由に、ウツボカズラの説明… 未芙由は、そんな食虫植物へと進化していくの… かな?

    (ストーリー)

長野。18歳の未芙由(志田未来)は、病を患う母・幸恵(芳本美代子)の看病や家事に追われていた。8カ月後、未芙由は東京の高級住宅街にある幸恵のいとこ・尚子(大塚寧々)の家を訪ねる。幸恵の死後、父・幸司(春田純一)が愛人を家に引き入れ、居場所がなくなったからだ。尚子は未芙由を迎えるが、長居させるつもりはなく、未芙由は先行きに不安を抱く。そんなある日、未芙由は尚子の夫・雄太郎(羽場裕一)の秘密を知る。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-08-07 08:36 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

ハロー張りネズミ 「ママ、淋しかったの-前編-」
e0080345_08245956.jpgオハナシは、どんどん、オカルトチックになっていき、今回は心霊現象

あんなにアクションでは強かったのに、びびる、小暮(森田剛)

霊能力者・河合(蒼井優)まで登場して… ずんずん、大根仁ワールドになっていくのが、楽しいです。

どう決着がつくのか、楽しみ

    (ストーリー)

ある日「あかつか探偵事務所」に人気漫画家の北村(内田慈)という女性が訪ねてきた。その依頼は、娘の七恵(後藤由依良)と二人暮らしの家の中に、ほかの誰かが家にいる気配がするので調査して欲しいとのことだった。奇怪な依頼に表情を曇らせるグレ(森田剛)だが、人情とお節介をモットーにしているからとゴロー(瑛太)たちは、この依頼を引き受けることにする。

その二日後、仕事場のマンションに缶詰になる北村は、七恵を一人で留守番させるという。その機会を利用して、ゴローは北村の自宅に数台のカメラを設置し、娘の様子を監視することに。すると、七恵が誰かと話をしている様子が映し出された。

その後、続々と起こる怪奇現象の数々にどう対処してよいか困ったゴローは、南(リリー・フランキー)に相談し、河合(蒼井優)という霊媒師を紹介してもらうのだが……。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-08-07 08:24 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

ブランケット・キャッツ 最終回「さよならのブランケット・キャット」
e0080345_07553457.jpg秀亮(西島秀俊)が伝えた、実は黒猫ちゃんが病気だってのを言い忘れた、ってのは、薬の忘れ物から、たえ子の身を案じた、嘘も方便だったのね。

母親に会いたがって、連れて行った兄妹でしたが、既に実の母親には、新しい家族があり、待ってる現在の家族のもとに戻れてヨカッタ。両親も大塵肺しながらも、優しく迎えてくれて安堵

テンパって、海に入ったたえ子に、秀亮は不慮の事故死した妻(酒井美紀)の死とリンクして、どうしても助けたい、生きて欲しい、と願って助けに海に入ります。不思議なことに、黒猫の縁… そして、たえ子は入院し、「死ぬまでにしたいことノート」に「生きる」と記したのでした。

それにしても、秀亮の幼馴染で、彼を慕う美咲(吉瀬美智子)、最後には、食事に誘われてピースでしたね。

黒猫は、たえ子さんの退院を待って預かってることに。

だけど、ラスト、また猫増えた~~! ほっこりしつつも、笑えました。

    (ストーリー)

猫を預かったたえ子(富田靖子)ががんを患っていると知った秀亮(西島秀俊)は、彼女が自殺を考えているかもしれないと心配し、美咲(吉瀬美智子)と共に捜しに行く。その頃、たえ子は、両親の離婚後、離れて暮らす母親に会いたいという小学生のきょうだいの願いをかなえようと、必死で2人の母親の家を捜していた。その最中、猫がいなくなってしまう。さらに、たえ子が長年勤めていた会社の金を持ち去っていたことが発覚する。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-08-07 07:55 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)

記憶喪失だった、実お父さん。世津子さん宅から、あかね荘に(ひよっこ)
e0080345_07185191.jpg先々週から先週にかけての、ひよっこは劇的でしたね。

でも、実お父さん(沢村一樹)、見つかってヨカッタ。

世津子さん(菅野美穂)に発見され、雨男さんと名付けられて、保護され、大切にされてて安堵

「初めて帰るのが嬉しかった」という、世津子さんの気持ちも切なくて、君子(羽田美智子)お母さんの、服のほころびが気になる気持ちも痛いほど分かり、

その前にも、実お父さんが見つかったけれど、記憶を無くしてた件に、あかね荘の人々も、すずふり亭の人々も優しくてジーーーン

家族で帰る、蕎麦屋のエピソードも秀逸でしたね。

なぜか、君子さんは先に奥茨木に帰ってしまい、しばし、みね子のいるあかね荘で実は滞在することに。

あかね荘での歓迎パーティもヨカッタです。

劇的展開。切なさと、ほっこりと、いろいろな感情を呼び覚まされた1週間でした

[PR]
by noho_hon2 | 2017-08-06 07:11 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

越沼玲子写真展「灯る」
銀座ニコンサロンで、越沼玲子写真展「灯る」を鑑賞

ゆったりとした、自然の、何げない風景にスポットを当てて雰囲気でした
e0080345_18163009.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2017-08-05 18:16 | Trackback | Comments(0)

飛行機が整列
羽田空港で、ANAの飛行機が、整然とズラリ
e0080345_18053436.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2017-08-05 18:05 | 街角スケッチ | Trackback | Comments(0)

キリン一番搾り 高知に乾杯
「キリン一番搾り 高知に乾杯」を天ぷらと一緒にいただきました
e0080345_18025048.jpg
e0080345_18042988.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2017-08-05 18:03 | Trackback | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「新しい靴を買わなくちゃ」
from ゆっくり歩こ。
金曜ドラマ『ハロー張りネ..
from レベル999のgoo部屋
ハロー張りネズミ 第6話..
from ぷち丸くんの日常日記
ハロー張りネズミ #06..
from ぐ~たらにっき
ハロー張りネズミ (第6..
from ディレクターの目線blog@..
木曜劇場『セシルのもくろ..
from レベル999のgoo部屋
木曜ドラマ『黒革の手帖』..
from レベル999のgoo部屋
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)