<   2017年 11月 ( 59 )   > この月の画像一覧

すなば珈琲
シャレのきいた心意気がナイスでした
e0080345_16110842.jpg
e0080345_16105988.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2017-11-18 16:11 | 街角スケッチ | Trackback | Comments(0)

池田 勉 写真展 潜伏 長崎かくれキリシタン今昔
銀座ニコンサロで、「池田 勉 写真展 潜伏 長崎かくれキリシタン今昔」を鑑賞

長きに渡る、とても深淵なオハナシでした。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-11-18 16:05 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

新宿セブン 第6話
テディベアの謎… あの世とリンクして、オハナシがファンタジックでした。

今回も佳作だった気がします。

      (ストーリー)

健太(中村倫也)が店番をしていると、セーラー服の少女(川島鈴遥)が古い限定品のテディベアを預かってほしいとやって来る。タグには彼女の名前と思われる「三鷹渚」と書かれていた。3万円と査定した健太は名前を書いてもらおうとするが、少女は3万円とともに消えてしまう。店に戻ってきた七瀬(上田竜也)はテディベアから少女の様子が見えてこないことを不審に思い、名前とセーラー服を手掛かりに少女を捜そうとする。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-11-18 06:35 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

重要参考人探偵 「隣人の秘密!?セレブ妻の裏の顔!!」
今回は、ちょっとしたターニングポイント回。弥木圭(玉森裕太)の体質とリンクする謎が最後には、キレイに解けるとイイですね。

引越し屋さん姿は、ファンサービスでもあったかも。オハナシが、やや凝ってました。

    (ストーリー)

「弥木圭(玉森裕太)と仕事をすると殺人事件に巻き込まれる」――業界内でそんな“都市伝説”が生まれてしまい、圭の仕事が激減。圭の代わりに、斎(小山慶一郎)がモデルの仕事を引き受ける事に…。一方の圭は、体力づくりも兼ねた引越し業者のアルバイトに精を出すことになる。

 シモン(古川雄輝)とともに高級住宅街に住む依頼主・昭島のぶえ(岩本多代)の元を訪れた圭だったが、途中で上品な奥さん風の柘植梓(紺野まひる)に出くわす。一方でのぶえの荷造りはまったく進んでいないという事態に遭遇。急いで梱包作業をするようのぶえからキツく言われた挙げ句、引越し業者社員の引田(辻修)からも、その作業を丸投げされてしまう。

 渋々、梱包を始めようと家の中に戻った圭だったが、そこには頭部を殴打され死んでいるのぶえの姿が! またも第一発見者となってしまった圭は、凶器と思われる社交ダンスのトロフィーを手にしてしまっていた。

 第一発見者である上に、凶器に指紋も残されている――。状況証拠も揃っている今回こそ重要参考人として署まで同行を、と登(豊原功補)らに連行されそうになってしまう。せめて近隣の住人たちの目撃証言を聞いてからにしてくれ、という懇願を聞き入れてくれたのは、なんと捜査一課長の古仙淳(西岡德馬)だった。

 のぶえの向かいに住む空木勝子(青木さやか)と浜有起哉(六角慎司)に話を聞くも、「誰かと争う声を聞いた」「その直後、この人(圭)が家から飛び出してきた」など、語られるのは圭の不利になる証言ばかり。ますます追いつめられた圭は、咄嗟にのぶえの家の玄関先に拡声器があったことを思い出し、周辺住民と“ご近所トラブル”があったのではないかと考えるが…。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-11-18 06:31 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~ 第5話
今回は、町おこしの企画と、昔からあるラーメン屋さんの三浦(高杉亘)にスポットが当たりました。

最初は、三浦からの依頼、完全リニューアルを企ててましたが、考えが変更に。最後は町の魅力も「つまらない」をキーワードするあたり、意外な展開でした。

でも、それはそれで、ほっこり。恋心が底にあったとは

ラストは、杉山(沢村一樹)等とさくら(和久井映見)の奮闘で、気持ちよく盛り上がりますように。

     (ストーリー)

 杉山(沢村一樹)はさくら(和久井映見)の提案で、各店舗のアピールポイントを載せた商店街マップを作ることに。そんな中、商店街でラーメン店を営む三浦(高杉亘)が広告依頼に来る。普段は定時で帰る事務兼経理担当の猪熊(片瀬那奈)が熱意を見せ、残業続きで三浦と新しいラーメン作りに挑む。そんな三浦をホステス・千絵(田中美奈子)が温かく見守っていた。一方、杉山はマップを作る中で、商店街に共通する持ち味に気付く。



[PR]
by noho_hon2 | 2017-11-18 06:27 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

この声をきみに 最終回「美しくひびきよく」
不器用だった孝(竹野内豊)も、京子(麻生久美子)も成長し、想いは届きましたね。

朗読発表会も、いろいろな遊び心ある演出に満ちていて、心温まりました。

みんな、人生を前進できそうで安堵

    (ストーリー)

京子(麻生久美子)が朗読教室を辞める決意は固く、孝(竹野内豊)の告白も届かない。発表会が近づく中、孝たちは京子を引き留める作戦を思い付く。そんなある日、息子の龍太郎(加賀谷光輝)から手紙が届き、喜ぶ孝。そして、孝は奈緒(ミムラ)と久々の再会を果たす。教室では泰代(片桐はいり)が発表会で読む本について悩んでいた。片思いしているヨガ教室の先生を誘ってしまったのだ。そんな泰代に、京子はある本を薦める。


[PR]
by noho_hon2 | 2017-11-18 06:21 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

コウノドリ 第2シーズン 「母子を救え!チーム救命医療」
下屋(松岡茉優)の迷いと成長物語でしたね。

でも、問題となる妊婦さん役で、福田麻由子がゲスト出演してて、その成長に驚くと共に、不安や親密さや、微妙な病気の予兆から最期まで圧巻で、その演技に圧倒されました。

悲しみを代弁する、サクラ(綾野剛)の演奏も素晴らしかったです。

回り道をして、さらに多くなって戻ってきますよう。

今回も圧巻でした。

      (ストーリー)

下屋(松岡茉優)は、ピンチヒッターとして行ったこはる産婦人科で、切迫早産で入院している神谷カエと出会う。この病院で唯一の入院患者のカエは、不安が募っていた。

下屋はカエの不安を少しでも取り去ってあげるため積極的に相談に乗っていた。名前も年齢も同じ2人は意気投合し、次第に仲良くなっていく。

患者に首をつっこみすぎじゃないかと言う白川(坂口健太郎)に下屋は、自分で判断する力をつけることも大事、サクラ(綾野剛)や四宮(星野源)に頼ってばかりじゃ、一人前になれないと反論するのだった。

そんな中、下屋はカエの様子に違和感を感じ、こはる産婦人科の院長に告げるが、「週明けに検査する」とだけ返されて帰路につく。

ペルソナに戻った下屋のもとに、こはる産婦人科からの緊急搬送が。なんと、心肺停止で運ばれて来た妊婦はカエだった──。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-11-18 06:15 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)

刑事ゆがみ 「適当傲慢真剣勝負」
e0080345_08201312.jpg総資産300億円を誇る若きIT企業家で、強引な企業買収を繰り返す、貝取勝平を演じた、新田真剣佑が、ちょっと新鮮でした。

出てきた頃のキムタクや玉木宏じゃないけれど、新人の内に、正統派でない難しい役を演じさせるのも、また芸の幅を広げる?!

プラネタリウムを舞台に起きた、殺傷事件。

新井美羽も出ていて、なかなか… でした。面白かったです。

     (ストーリー)

弓神(浅野忠信)や羽生(神木隆之介)らは、総資産300億円を誇る若きIT企業家・貝取勝平(新田真剣佑)を狙った傷害事件を捜査する。事件は、貝取が来週オープンさせる予定だったプラネタリウムで起きた。貝取をプラネタリウムまで送り届けた運転手が、指示された通り深夜0時に迎えに行くと、彼が血を流して倒れていたという。貝取は、サプライズ企画の準備でプラネタリムを訪れることをSNSに投稿していた。

弓神と羽生は、意識を取り戻した貝取に会いに行く。だが貝取は、イヤホンで音楽を聴いていて振り向いたらいきなり刺されたため、犯人の顔は見ていないという。

強引な企業買収を繰り返す貝取は、多くの人間から恨みを買っていた。そのひとりが、望遠鏡メーカー『スタームーン』の創業者・星月亘(辻萬長)だ。事件現場のプラネタリウムもこの会社が携わっていたが、貝取が出資話を白紙に戻したせいで倒産し、社長だった星月の息子・晃介は借金苦で自殺していた。

弓神たちが星月から話を聞くと、事件発生時刻は酒を飲んで寝ていたという。孫娘の光希(新井美羽)の証言も同じだった。その際羽生は、モンスターを集めて遊ぶゲームアプリ『モンコレ』がきっかけで光希と仲良くなる。

そんな中、弓神たちは、貝取が『モンコレ』人気で急成長した『テンドーカンパニー』の買収も目論んでいたと知り、社長の天堂英里(MEGUMI)に会いに行くが…。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-11-17 08:20 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

ブラック・リベンジ 「ゲス不倫の重い代償」
なんだか、どんどん、関係者が不幸のズンドコに。

子供が、遊びご友達から仲間はずれにされて悪口言われるのは、可哀想すぎる。

本来のオハナシな復讐譚から外れてきて、どうフィニッシュするのでしょうか?

はた

    (ストーリー)

黒幕の星流編集長、福島勲(佐藤二朗)は、沙織の妹の綾子(中村映里子)が圭吾の愛人だったという記事を星流に掲載。綾子は圭吾との肉体関係を認め、悠斗(佐藤令旺)が圭吾との間にできた子供と沙織に打ち明ける。圭吾、綾子に裏切られ、打ちひしがれる沙織に追い打ちをかけるように福島は悠斗の事も最新号に掲載。さらに福島は星流の記者に綾子を直撃取材させる。心労から倒れて病院に運ばれる綾子。沙織は病室で眠っている綾子の首に両手を伸ばして・・・。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-11-17 08:11 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

ドクターX 外科医・大門未知子 第5シリーズ 「おしどり夫婦の緊急Wオペ!? 私麻酔もできるので」
e0080345_08065232.jpg本当に、色々な困難バリエーションを考えつきますね。

巧妙な、フリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)への濡れ衣で、「東帝大学病院」出入り禁止に

また、本来の入院患者は、2人が懇意にしている中華料理店の店主・六浦良夫(平泉成)の妻・敦子(松金よね子)だったのに、血を吐いて倒れたのは、夫の側。緊急オペに。

しかし、野戦病院から、動物(馬)のオペまでやってのけた天才外科医・大門未知子(米倉涼子)のことです。

「私、麻酔も失敗しないので」と言い放ち、並行しつつ難手術を成功させました。それに、2人のタッグも復活。

原晶(岸部一徳)ダンスもバリエーションでしたね。さすが、エンタメに徹した医療ドラマ!

      (ストーリー)

 「東帝大学病院」の外科副部長・猪又孝(陣内孝則)によるオペを受けたVIP患者が、術後の経過についてクレームを入れてきた。猪又はとっさに、フリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)の不手際でオペに時間がかかったのが原因だ、と嘘をついて責任逃れ。何の非もない博美は正々堂々と食ってかかるが、猪又の狡猾な根回しによって、「東帝大学病院」への出入りを禁止されてしまう。しかも、この一件を機に浮上した“ある事実”が火種となり、これまで同志の絆で結ばれていたフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)とも険悪な雰囲気に…!

 そんな中、未知子が博美とともに担当する予定だった手術の日が近づいてくる。患者は2人が懇意にしている中華料理店の店主・六浦良夫(平泉成)の妻・敦子(松金よね子)。だが、敦子の手術を前に、良夫の膵臓に複数の腫瘍があることが判明してしまう! その病状は深刻で、根治させるには膵臓を全摘するしかない状態…。しかも、術後の生活も含め、極めてリスクの高いオペとなる。それでも未知子は命を救うために全摘を主張し続けるが、良夫のオペはさまざまな思惑から安全策を重視する猪又の手に渡り…。

 だが、それで諦める未知子ではない。完璧な全摘手術で良夫の命を助けるには、博美の腕が必要――そう考えた未知子は「名医紹介所」の所長・神原晶(岸部一徳)の力を借り、博美の出入り禁止を解こうとするが、当の博美は「手術はやらない」と突っぱね…!?

[PR]
by noho_hon2 | 2017-11-17 08:07 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
映画「本能寺ホテル」
from FREE TIME
コウノドリ2 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
コウノドリ[2] (第6..
from ディレクターの目線blog@..
「相棒 season 1..
from 三毛猫《sannkeneko..
【この声をきみに】第7話..
from ドラマ@見とり八段
本能寺ホテル
from だらだら無気力ブログ!
刑事ゆがみ #06
from ぐ~たらにっき
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)