あのころのミライ
e0080345_9252859.jpg思えば、20歳の頃。友人と語り草だったのは「(四国に)橋が全部かかる頃には、私達、どうなってるんだろうねぇ…」ってことでした。

だって、試験の問題で、うんとインパクトあったのは「橋ができ、高速道路が通ったのちの未来予測図を書きなさい」みたいなもの、だったんですもの。

第一、宿題で、うんうん言いながら設計したインターチェンジの「実物を見たことなかった」のでした。 (就職の際、はじめて上空からまのあたりにして、大感激)

あの頃の夢は、岡田恵和・脚本ドラマに出てきそうな、下宿のオバちゃんになること。

それまでは、ヘルメットをかぶり「歌って踊れて、図面も引ければ、測量と発破もできる飯炊きオバちゃん」が、ひとつの目標、だった気がします。都会の住人になるなんて、ましてやオフィス街に勤めるなんて、小指の先ほども思ってませんでした。

残念ながら、歌と踊りは、鬼も落涙級にド下手!で、トホホ… 料理も、どちらかというと「ごまかしの達人?!」になってしまったけれど、測量&発破のライセンスと、爆薬ついでにガソリン(危険物)と、なぜか縁があった不動産と、販売や秘書の知識も、学んでみると面白かったなぁ。

(しっかし… なんちゅう、一貫性のなさ)

ヘルパーは、ずっと関心はあったのですが、なにより、母親の夢を何ひとつ叶えてあげられなかった(できれば、薬剤師にして、近くに置きたかった)ことへの償いが、大きな原動力のひとつだった、かもしれません。  

あのころのミライからは、随分遠く離れてしまったけれど、これはこれで味かな、とも感じてしまいます。とくに、ネットをきっかけに、いろんなことに興味をもてたし (^。^*)

未来は「予測がつかない」からこそ、面白い、のかもしれませんね。
[PR]
# by noho_hon2 | 2006-04-11 09:49 | 雑感 | Trackback | Comments(2)

届きました
ついに、ホームヘルパー2級の「終了証明書」が届きました。
感慨無量… ジーーーン (ρ_;)

e0080345_1804385.jpge0080345_1805276.jpg
[PR]
# by noho_hon2 | 2006-04-10 18:02 | 日々のメモ | Trackback | Comments(16)

初期コロンボはヒッチコックの匂い
e0080345_9333920.jpgケーブルテレビに入って、すっごく「嬉しい!」こと… それは新年度ゆえんか、毎週末。1本のペースで「刑事コロンボ」が、最初の最初から見られることであります。しかも、きわめて美しい映像で♪

前回が、記念すべき第一回目の「殺人処方箋」で、今回が「死者の身代金」…

とにかく、コロンボが感動的に若いっ!
それに、初期コロンボって、もちろん、そのベースはかなり明快にできてるんですが、雰囲気的に、どことな~くヒッチコック的な匂いがするんですね。それが、たいそう印象的でした。

(たとえば、銃声のあと、犯人の、キッと睨んだ目が光り、フェイドアウトして、クルマのライトの光になったり… 等々。そういう映像の遊び心が、妙に斬新~~っ)

ひとつにはファッションや小道具、インテリア等々が、当時の最先端であり、流行の美意識&映像技術ゆえんでしょうか? …という訳で、調べてみたら、本国での放映は1968年からだったんですね。な~るほど! 

なんだか急に、謎が解けた思い。ひとり勝手に、むふむふ…

しかし、逐一。当時の米国のリッチマンというか、オカネモチの暮らしぶりに「なに、これ?!(40年近く前なのにぃ)」と感動しまくり。ディテールの懲りようがハンパじゃない!んですもの。

名作は時を経て、ますます鮮明というか、色褪せないものだなぁ…と、しみじみ。
[PR]
# by noho_hon2 | 2006-04-10 09:47 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

続・MacでWindowsが動く!
e0080345_713482.jpgすみませんすみません。先日の「ウグイスとメジロを、ああ、勘違い」に続き、ガセを m(_ _;)m  の、おわびです。

じつは、先の記事を書いてのち、ダンナさんに「わはは。古いIntelの入ってない、我家の Mac mini では、残念ながら動かないんだよん」と指摘されて、ガーーーン

そして昨日。本当に、秋葉原で「MacでWindowsが動く」実物をみてきたのですが… すごく新鮮っ! 比喩は極端ですが、個人的に、こち亀で「家具調・木目パソコン」を見た時ぐらい、「あらま~~」だったのでした。

だって、(自分の中では)データ数こそ少ないけれど「Mac って、こ~んな風に動く」みたいな概念を崩す感じ、だったんですもの。でも、デザインで選ぶなら断然、コチラですよね。

ド素人判断ながら、流れが大きく変わりそうな予感ヒシヒシ
[PR]
# by noho_hon2 | 2006-04-09 07:21 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

桜と水たまり
現在、東京の桜は、こ~んな感じです。花と葉が半々位…かな?

(ちなみに、左写真。中央部、やや右に見えるものは、以前、トリビアで紹介されてた「建築モデルを、たまたまマチ針で代用したばかりに、そのまんま作られてしまった」交番です)

ものすごい降り!だったり、晴れ間がのぞいたり…

e0080345_1801179.jpge0080345_1802049.jpg
[PR]
# by noho_hon2 | 2006-04-08 18:01 | 街角スケッチ | Trackback | Comments(0)

MacでWindowsが動く!
我家でも、ダンナさんが興奮してます、興奮してます。
パソコン史に残る一大事件。MacでWindowsが“快適”に動くという、このニュース。

我家のMac miniも、起死回生なるでしょうか? 今後の展開が、興味津々…

e0080345_1821551.jpge0080345_1822412.jpg
[PR]
# by noho_hon2 | 2006-04-07 18:02 | 日々のメモ | Trackback | Comments(2)

プロフェッショナル
e0080345_17323547.jpg今回は、スタジオジブリのプロデューサー、鈴木敏夫が取材されてたのですが…

その、一見。力が抜けていながら、抜群の眼力と知らない間に周囲を動かすパワーはもとより、なにげない細かなエピソードが興味深かったです。

特に、あの「千と千尋の神隠し」のアイディアのもと、は、な、なんと、キャバクラお姉さんのオハナシだったんですってね。

意外なことに、この方面にたずさわる方には、少々、シャイで引っ込み思案な子が多く、しかし、そういうお仕事をすることによって、能力が開拓され、本来の生きるエネルギーが回復することがある… みたいなエピソードに「へ~ぇ」と感心してしまいました。

いや、すごく分かるような気がしてね。それこそ自らに「オシゴトです」と号令する、というか、今の語でいうなら「キャラを演じる」ことによって、違う面が引き出されることって、まま、ありますもんね。

じつは、鈴木氏。今のたぐいまれな「人を動かす」能力も、じつは20代の自信満々だった頃の挫折経験。「あんたは、ただ、器用なだけだ(巧いだけの文章は、いくらでも替えがいる)」と指摘され、それが転機となって「人の力を発揮させる」方面にめざめた、とのこと。

とくに、マイナー時代の「アニメージュ」をして、当時。スタッフに、だ~れも専門家がいなかったことから、そういう方面に造詣が深い大学生に「ページをまかせた」ってのは、じつに痛快。(相手の情熱と、自分の編集力を合体させる、って発想がすばらし~っ)

そこから、宮崎監督との出会いもあり、あのナウシカもできた訳だし。

あの松下幸之助も、自らが病弱で学歴がなかったことから、逆に「人を動かす」すべを会得した部分に似てる気がして… 面白いなぁ、と感じてしまったのでした。

意外と、ずば抜けた人って、じつは欠点を追い風にした方、なのかもしれませんね。
[PR]
# by noho_hon2 | 2006-04-07 17:55 | テレビ | Trackback | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
明日の約束 第一話
from レベル999のgoo部屋
明日の約束 第1話
from MAGI☆の日記
【監獄のお姫さま】第1話..
from ドラマ@見とり八段
明日の約束 (第1話/初..
from ディレクターの目線blog@..
今からあなたを脅迫します..
from ぐ~たらにっき
【先に生まれただけの僕】..
from ドラマ@見とり八段
ドクターX 外科医・大門..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)