終りに見た街
e0080345_923690.jpg思えば、これまでも語りつくされ、ほとんどパターン化された感のもの(戦争体験)を再びとりあげるのは「ああ、またか…」の感。

それに、あえて挑戦して「(斬新な斬り口で)ビビッドに追体験させる」「それによって、思わず考えさせる」のって、本当に“難しいこと”ですよね。

でも、ディテール部分に「本当に、それを体験した人間でないと知りえないリアル」が光ってたり、(貧困と食糧難、プレッシャーによる人々の余裕なさが、妻を苦しめ、夫に不満をぶつけた時。「俺だって、毎日、殴られているっ!」にハッとしたり…)

並々ならぬクリエイターならではの眼力と想像力がきわだってて、(最初に音をあげた、現代っ子達が、いつのまにか時代の空気に、すごい勢いで“染められていく”展開とか)一線を画した作品に仕上がってた気がしました。

     やはり、山田太一、おそるべしっ!

個人的には、ラストのエンドロール。映像センスがきわだつメッセージ性が、とても秀逸だったように思われました。

きくところによると、この作品は、あの「想い出づくり」「早春スケッチブック」等々、名作がどんどん生み出された時代。もっとも、彼が最も脂がのっていた時期に生まれたシナリオ、なんですってね。

(個人的には、「岸辺のアルバム 」の原作。“大手会社に勤める、お父さんが関わってたヤバい仕事”が、あまりにもヘビィで、“テレビ的には変えられてた”のが、驚きだったし、ショック。うんと印象的に残った記憶あります)

ひょっとして、その暗さと特異性。視聴率的にはナニかもしれないけれど、ひとつの「テレビの役割」としての、スタッフの心意気を、大いに評価したい気がしたのでした。
[PR]
# by noho_hon2 | 2005-12-06 09:41 | テレビ | Trackback(2) | Comments(2)

光るF4たち (花より男子)
e0080345_18455867.jpgあいかわらず、ダイナミックな「んなバカなっ!」ぶりと、タイプの違うイケメン達が、じつに目の保養。きわめて少女漫画してるのが、楽し~~っ♪

聞くところによると、前々回の上野動物園デートの時。ロケしてたら、修学旅行生達が集まってきて、ものすごい「ひとだかり」になり、えらい騒動!だったんですってね。

ラジオ番組に出てた、松本潤が、そのエピソードを語ってて、パーソナリティの方に「動物達より大人気ですね」と突っ込まれ、これには思わず爆笑っ!

今回は、巷の「他のF4の面々にも光をっ!」ってリクエストにお応えしてか、そういうサービス精神にみなぎってたように思われて印象的でした。松田翔太の和服姿も、なかなか…

ちなみに、こちらでは、ダンナさん。「このロケ現場、どこ? すげ~っ」と感心してました。

それにしても、さすが、F4。傷だらけになっても、かっこいい♪
[PR]
# by noho_hon2 | 2005-12-05 18:38 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

アイちゃん、愛にめざめる (あいのうた)
e0080345_1855956.jpgついに、愛にめざめたアイちゃん。どんどん「美しくなって」ますよね。

もう、泣いても笑っても、スネても怒っても、絵になる、菅野美穂。素晴らし~っ! (羨ましい)

毎回、胸キュンの展開と、物語全体のファンタジー性、独特のムードもさることながら、眺めてるだけで、「はぁ、うっとり♪」であります。

でも、視点が違うと面白いもので、いつのまにか一緒に見始めたダンナさん。
「この映像を作ってる人、特徴として、すごく“シンプルに絵をつくる”ね。表情のアップで全てを表現したり…」には、(そういう発想が無かっただけに)タマゲてしまったのでした。

黒澤映画を見ても「ひとつひとつのカットが、完全に“1枚の絵”だね…」と感心するし… う~ん、違うビジョンって… やっぱ、新鮮。

余談ながら、みなさんは誰に、いっとう感情移入してますか?
きくところによると「最も自分に近い人、似てる人」に「…他人と思えなひ…」ものを感じるそうですが、私の場合、人間では、小日向文世、演じる飯塚。

「全然、空気が読めない」ところといい、情報が、いっちゃん最後に伝わる、ところ、気がついて「え~~っ、そうだったのぉ?!」と驚くあたりといい、異性としては「圏外っ!」と言われてしまうあたりといい… きわめて「他人と思えない!」のでした(^^;)ゞ

あと、役者さん以外では、ワンちゃんかな?
みなさんの芸達者ぶりも凄いけれど、このワンちゃん、イイですよね~っ。トボけてて

岡田ワールドには決して「後味の悪い」エンドって存在しないような気がするので、願わくば、ハッピー・エンド、切に切に、望む…
[PR]
# by noho_hon2 | 2005-12-05 18:19 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)

富士山っ!
e0080345_17304122.jpg関東にやってきて1番、感動したことのひとつは「(天候によっては)富士山が見えるぅぅ!」ってことでした。

噂によると、人は「シンメトリーに弱い」のだそうですが(竹内久美子説によると、美人やイケメンにぐらっとなるのは“より、シンメトリーである”ことに、うっとりしてしまうのだとか)

あのシルエットには、一種、黄金比に近い、無条件に訴えかける美、が、存在するのかもしれませんね。

こちらにやってきたばかりの頃。東京の下町に住んでる高校時代の友人のもとを訪れた際、電車が鉄橋を渡るとき、はるか遠方に富士山が見えて、思わず目を見開いてしまいました。

もっともっと空気の澄み、高い建物が無かった昔など、もっと圧倒的なものがあったのかもしれませんね。あの北斎が「富嶽三十六景」を描いたのも、分かるような気がして…

荷物が半分片付きかかった時。偶然、山ほどの名産品が送られてきて、うわおっ! ちゃっかり、お裾分けとご挨拶を一気に済ませるべく(!)、同じ棟の方々に声をかけたら、た~またま、みなさん子供のいない新婚さんばかりで、すっかり意気投合。

こんな寒い冬の日には、上の階の住人さんが「は~い、今日は富士山が見えま~す。お菓子もあるよ。見に来ない?」な~どと電話がかかり、他の棟の住人さんまでが全員集合。えらい楽しかったことなど思い出してしまったのでした。

卵や野菜を切らした時なぞ、世界の中心ならぬ、階段で叫ぶと、しっかと物々交換が成立。まるで女子寮みたいに、ワーワー、キャーキャー。

(理科系ゆえ)男だらけの青春だったもので、女子高とか女子寮のキャピキャピ♪に憧れてた私ですが、はからずして「夢が叶っちゃったナ…」と感じたのも懐かしくて(^^*)
[PR]
# by noho_hon2 | 2005-12-05 17:48 | 街角スケッチ | Trackback | Comments(0)

青山ブックセンター
e0080345_1535297.jpg最近、なにかと紆余曲折のあって、話題になった、このお店ですが、以前とかわらず、まるで何事も無かったかのように、静かな文化の薫り高い、独特の空間が展開されてて、感動してしまいました。

毎回、訪れるたび感心させられる、このスペース。
「一体、その、どこが(他の本屋さんとは)ひとあじ違うんだろう…」と、ずっと謎でたまらなかったのですが、突然、膝ポンッ! そうか。ここって

   本屋界の、じつに秀逸なるセレクトショップ

だったんだぁ、と思い当たり、勝手に、ひとりニンマリなってしまうことしきり。

最近、広い面積に、膨大な蔵書量を誇る本屋や、独自のサービスを展開させてる場は、多々ありますが、ここには、他に無いセレクトと空気があると思いません? とくに「空間の使い方」が抜群にお上手!ですもんね。

それゆえに経営難に陥ったり、はたまた、その情報をききつけ、熱烈支持者が出現。署名運動まで展開されたり…  それって、あまり聞いたこと無い展開。ちょっとした事件ですよね。「なるほどなぁ」なものがありました。

そこにいて、ただ、本を眺めてるだけで、“とても豊かな気分になれる”ってのは、すごいことだなぁ、と、しみじみ。

もちろん、スペース的には限られた中、絞り込まれたセレクト。そして、ひと味もふた味も違う、提案の仕方… ふと、個人的には、このセレクト&提案上手に、なにかと女性を魅了してやまない、自由が丘の街づくりの成功例をみるような気がして。

引き算上手と、プレゼン達人… とくに、これからの時代に残りうるキーワード、かも
[PR]
# by noho_hon2 | 2005-12-04 15:15 | 街角スケッチ | Trackback(1) | Comments(0)

エチカ表参道に、びっくり
表参道に新しい商業施設ができたとの噂。
ひさびさに原宿から表参道、渋谷にかけて散歩してきました。

改めて眺めると、原宿駅って、こ~んな雰囲気の駅舎だったんですね(左図)

e0080345_1831090.jpge0080345_18314410.jpg

e0080345_18311084.jpg同潤会アパート跡には着々と、新しい商業施設が建ちつつありました。

完成まで、あとわずかの雰囲気。

その1番、端っこには、このように昔の面差しを残した場も… 博物館にでもなるのでしょうか?

しかし、ひとつ大きな「ああ、勘違い」

ものすご~く大きな施設と想像してた分、エチカ表参道。施設の半分は駅の中にあり、めちゃくちゃ、こじんまりとしてて驚きました。その中に、押すな押すなに沢山の人… でも、彼等も同様に「それ、どこ?」と当惑気味。パンフレット片手にうろうろしてました。
 
まるで阪神百貨店の地下のよう(きわめて個人的でローカルな比喩で、すみません)で、これまた、びっくり。 
[PR]
# by noho_hon2 | 2005-12-03 18:42 | 街角スケッチ | Trackback | Comments(2)

なにかとブーイング、「スキウタ」
e0080345_17101497.jpgここにきて、やれ「3曲も入って落選とはナニゴトだっ!」と橋事務所がプンスカしてる、だの、出る気充分だった、中森明菜ガックシだの… 八方で不満続出!な、NHKの人気投票。「スキウタ」ですが

思えば、偶然、目にした時。民放のように、よりすぐって、バックにサビ部分を流すでなく、ただただ、「ランキングを、早口言葉よろしく、淡々と読み上げる」サービス精神の欠如ぶりに、アングリした記憶あります。

昨年度、古田が交渉で快挙!だった際。「既に、オヤジ達には、眼鏡(のセンス)で勝っていたよ。これ、一事が万事ね」な指摘にウケてしまった件じゃないけれど…

ネーミングの時代遅れ感。(FMヨコハマでさえ、いっとき「時流に乗ろう」として、ハマラジと改名。でも、あまりの不評に、あわてて戻した)それが、全てをあらわしてたのかもしれませんね。
[PR]
# by noho_hon2 | 2005-12-02 17:19 | テレビ | Trackback(2) | Comments(2)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
おんな城主直虎 第42回..
from 平成エンタメ研究所
NHK大河ドラマ「おんな..
from 真田のよもやま話
【おんな城主 直虎】第4..
from ドラマ@見とり八段
科捜研の女17期第1話 ..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
相棒16期第1話(10...
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
【陸王】第1話 感想
from ドラマ@見とり八段
先に生まれただけの僕 (..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)