顔と歳月
e0080345_17381817.jpge0080345_17534356.jpge0080345_17371686.jpg


おもいがけず、白線流しのスペシャルが、まとめて再放送されてラッキー♪

でも、ほぼ2年ごとの周期でつくられてたものをエブリデー見てると、みんなして、顔や雰囲気が、ものすごい勢いで「変わる!」のに、ビックリ。ふつふつと感動おぼえたのでした。

(見比べると、その変貌ぶりが、ものすご~く「よく分かる!」と思いません?)

特に、「旅立ちの時」では、主役の2人が、物語の最初と最後で、めちゃくちゃ「顔が変わる!」んですよ。うまく言えないけれど、突然、ぶわ~っとオーラが出たり、急にくすんだり… これには、いたく感心させられました。

でも、こんな風に10年近いスパンでもって、「丁寧に作られたドラマ」に出演できるのは、俳優さんとしても、うんと幸福なことですね。
[PR]
# by noho_hon2 | 2005-10-06 18:09 | テレビ | Trackback | Comments(0)

リバー・ランズ・スルー・イット
e0080345_1754857.jpgずっと見てみたかった作品です。

たしか、公開当時。おすぎが「これは、ただただ、ブラピの美しさを堪能するためだけにあるの!」と力強く断言してて、ビックリ。その表情と台詞ゆえ、ひどく印象に残ったのですが、それに加え、モンタナの自然描写が、また実に素晴らしいこと…

調べてみると、カメラが、あの『ディーバ』を撮った方だそうで「なるほどなぁ…」。ひどく納得してしまいました。パリの街並もモンタナの大自然も、この人の手にかかると、最大限に、その美しさを引きだされて、すごいやすごいや。

ずっと、「兄の視点で、語られる」のが不思議だったのですが、物語が進むにつれ、「ああ、そういうことだったのか…」と、しんみり。ある意味で、この陽気で奔放、だけど憎めない弟役は、ブラッド・ピット以外「ありえな~い!」ってほどですよね。

ただ、ネット評では、やや物語的な起伏の乏しさ。淡々…ぶりが、難としてあげられてましたが、私は映画は、「スターと背景が、もう、ひたすら美しい」ってのもアリでは?と感じてしまいました。女優さんならずとも、初々しく美しい時に、その輝きを映像として残せるのは、素敵なこと。

たしか、この当時は、ブラピが「ロバート・レッドフォードの若い頃と、劇似!」と、評判でしたが、その方向性ゆえんか、最近、かなり差別化が進んできて(?)そういう意味でも興味深かったのでした。
[PR]
# by noho_hon2 | 2005-10-06 17:13 | 映画 | Trackback(4) | Comments(4)

舞&アテナ、げっちゅう♪
e0080345_20522979.jpg

値札も見せるべく「ぜひ、大きな画像にして欲し~い!」とのリクエスト。
(えらいぞ、LUMIX…)
レジの前に置かれ、「おひとりさま1個」とのことだったそうです。

ちなみに、このピンキーストリート。ニューフェイスちゃんのお名前は、舞&アテナ…
[PR]
# by noho_hon2 | 2005-10-05 20:53 | コレクション | Trackback(1) | Comments(4)

なるほど、スタイル
e0080345_8204028.jpg思えば、はじめてブログを経験して感動したのは「ををを、なにやら、実にサマになってるじゃあ~りませんかっ!」ってことでした。

「なんて、読みやすいんでしょ」と感心。わが、へっぽこ写真と迷走文でも、「それっぽく見える」ことに、ふつふつと感動…

それに昨今。遅ればせながら…の着道楽が実現できて、しみじみ感じたのは、ある「スタイル」をチョイスして「そこに入る」のって、ある意味「すっごく楽!」だし、うんと気分。「効果絶大なものがある」んですもの。

たとえば、制服を着ると、誰しも「ソレっぽく見える」のは、日常で、よく経験すること。

白衣を着ると、それだけで印象、3割増ぃ?! (そういえば、パイロット姿の結婚詐欺もいましたね)逆に、スチュワーデスさんや看護士さんが、カジュアルな私服着てたら、ちょっと困ってしまうようにさえ思われて…

十代の青春スターが制服をきると、なまじの私服より断然、キラキラして見えるし、かの大ヒットドラマ。『ごくせん』の不良生徒達なぞ、スタッフ達が(個性をだすべく)「その崩し方に工夫をこらした」ってエピソードに「それ、分かるぅぅ!」 思わずウケてしまったのでした。

スタイルの面白さは「崩す」醍醐味にもアリですもんね。

また、思いっきり脱線ながら、むふふエリアで不動の人気なのは、意外と、各種、制服路線で、なぜなら「没個性になることで、逆に個性と色気がでる」説に「へ~ぇ」と感心してしまったのでした。

たかがスタイル、されどスタイル… なかなかに奥深いものがある気がしません?
[PR]
# by noho_hon2 | 2005-10-05 17:54 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

半落ち
e0080345_9543396.jpgある時期から、横山秀夫の原作が、クチコミでとても評判になり、あれよあれよ… という間に、年間でも堂々の存在に。

各種のミステリー年間ランキングで第1位を獲得。直木賞落選の際も、大きな話題になったり… ほとんど「その年の顔」的存在にもなった感の、この作品。

そういう意味で、ヒット作の映像化に、非常に興味があったのですが、先日とは逆に、ちょっと期待が大きすぎて、「…ひょっとしたら、原作の方が、もっと凄いのかしらん?」な気分になってしまいました。

登場人物が「それぞれ、事情を抱えまくってた」だけに…ね。

とにかく、キャスティングが贅沢で、ハマり役。特に主人公をつとめた、寺尾聰が絶品でした。前にみた 『CASSHERN』では、その資質ゆえに、少し損しちゃったかな?と残念なものを感じただけに「そうよそうよ、彼は、こういう役でなくっちゃ!」と思わず膝を叩いたほど。

ただ、高瀬舟問題(と、あえて、お呼びしたい)に加え、大きな核として白血病問題をも扱ってた分。この作品が発表された、2002年ってのは、とてもラッキーだったのかな?とも感じたのでした。

その後、セカチューに韓国ドラマに… ほとんど定番の感、になってしまったので。やはり「先にやったもん勝ち」を実感…

よくできてただけに、(あくまで、コチラの勝手な都合ですが)順番マジックが、残念無念。
[PR]
# by noho_hon2 | 2005-10-05 10:16 | 映画 | Trackback(1) | Comments(0)

むかし、宿場町
 e0080345_819246.jpg
e0080345_820544.jpg

駅の階段に、こういう絵が張られてたのにビックリ、でした。さすが、そのむかし宿場町だった場所。

思えば、はじめて、こちらにやってきた時。失業保険をもらいに出かけたら、案内図片手に歩く職安までの道が、まるで映画のセットの中に舞い込んだよう。異国情緒にあふれてて、おもわず感動おぼえたのですが…

必要に迫られ、でかけた場所で、こういう遊び心にであうと、なんだか♪になりますね
[PR]
# by noho_hon2 | 2005-10-04 17:33 | 街角スケッチ | Trackback | Comments(2)

恋愛適齢期
e0080345_16582737.jpgダイアン・キートン、ジャック・ニコルソン、キアヌ・リーブスってキャスティングを聞いただけで「それは、かなり見てみたい…かも」。

正直いって、「俳優さん見たさ」が先行し、オハナシ自体への期待は薄かったのですが、思いがけず楽しい作品で「ちょっと得した気分」になりました。

「人生って… イイね。いくつになっても、恋は素敵だね」と、素直に感じさせてくれる物語… (ダイアン・キートンの着こなしは、やっぱり素敵♪)

私、思うに、ちょっと年齢が高目の恋愛物語って、エンターテイメントとして成立させるのが、すっごく“難しい!”と思うんですよ。

それが、彼等の芸達者ぶりと、抜群の存在感、オーラと可愛げ、全体に流れるユーモラスな味つけのおかげで、上質の娯楽作品に仕上がってるのには「…さすがっ!」だったのでした。もちろん俳優さん達もえらいけれど、監督の力量を感じてしまったなぁ…

それにしても、脇役が、なんとも贅沢っ! ばりばりに主役を張れる、あのキアヌ・リーブスが脇に回り「じつに、イイ味だしてるぅ」んですもの。思いっきりの“いいひと”ポジションだけど、彼でなければ「ありえな~い」ほど。彼ナシでは、作品全体に、やや、華とファンタジー性に欠ける気がして、大いに感心させられたのでした。

(彼は、アクションやSF方面にはツヨいけれど、やや恋愛方面では弱目かなぁ…と感じてたんですが、こういう“素材の活かし方”もあったんですね。ある意味で、新境地?!)

だけど、考えてみると、普通の恋愛モノでは、往々にして“いいひと”ポジションは、ちょっとオトナで、理解と包容力にあふれたハンサムが演じて、うっとり… なんですが、それを、まんま年下美形の彼が演じるあたり「その手があったかっ!」

なにやら、今後。こういう方面の、新たな方向性を見たような気がして…

思えば、ジャック・ニコルソンといえば『シャイニング』で見せた、つきぬけた狂気の演技が、ダイアン・キートンは、ウディ・アレン作品のヒロイン役が忘れられず、映画界の名作に出演した方々だけに、うまい役者さんって、本当に何でもできるんだなぁ、と改めて再確認。
[PR]
# by noho_hon2 | 2005-10-04 17:22 | 映画 | Trackback(2) | Comments(6)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
Baker busine..
from Baker business..
Plant busine..
from Plant business..
映画「青空エール」
from FREE TIME
おんな城主直虎第33回「..
from 森の中の一本の木
警視庁いきもの係 第7話
from レベル999のgoo部屋
日曜劇場「ごめん、愛して..
from レベル999のgoo部屋
大河ドラマ『おんな城主直..
from レベル999のgoo部屋
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)