トドメの接吻 「なぜ俺は殺される?百億の令嬢狙う男に迫る真犯人の影…!?衝撃ラスト必見」
e0080345_08391087.jpg1話目を見損ねたのですが、

堂島旺太郎(山崎賢人)は、過去のある事件をきっかけに愛を捨て、金と権力のみを追い求めるようになったナンバーワンホスト。誰も愛さず成り上がることだけを目指す旺太郎は、ある日、日本企業のトップ・並樹グループの社長令嬢・並樹美尊(新木優子)と出会う。

美尊こそ自分の求める理想の女と確信し、落としにかかる旺太郎。しかし、そんな彼の前に、青白い顔で真っ赤な唇の謎の女(門脇麦)が現れる。

その女にいきなりキスをされた旺太郎は、突然呼吸困難に陥り、命を落とす。ところが次の瞬間に目を覚ますと、そこは見覚えのある景色が広がる7日前の世界だった、と展開したみたいですね。

キスするたび、殺されて、そのたびタイムトリップ… アイディア自体は面白いのですが、人気絶頂の山崎賢人が、クズなホスト役でヨカッタのかな? (^^;)

門脇麦の演じるキス攻撃で命を奪う存在は、バンパイアみたいな不気味さで雰囲気でした。

しばし、様子見です。

     (ストーリー)

旺太郎(山﨑賢人)は自分を襲う“キスで殺す女”(門脇麦)から「あなた、狙われてるか」という謎の言葉を残され混乱する。心配しボディガードを買って出た和馬(志尊淳)から暫く出歩かない方がいいと言われる旺太郎だが、どうしてもモノにしたい100億円の女・美尊(新木優子)の友人の菜緒(堀田茜)から指名を受け出勤する。

しかし、美尊に会うための糸口を探っている最中、店のバックヤードで旺太郎の栄養ドリンクを飲んだ同僚ホスト・柿崎が倒れて騒ぎに。さらに旺太郎のロッカーから毒物が見つかり、容疑者にされてしまう!和馬の助けで警察署から逃げ出した旺太郎は、イブの夜ロッカーにあった赤いルージュの「デンジャラス」というメモが毒入りドリンクの警告だったのではと思い、店へと急ぐ。すると毒物騒ぎで閉店へと追いやられた店にキス女からの呼び出しの電話がかかってきて…。

警戒しながら待ち合わせ場所に向かった旺太郎だが、なんと突然背後から包丁で刺されてしまう!意識の遠のく中、現れたキス女が再び「あなた、狙われてるか」という言葉とともに死のキスをして…。

目を覚ますと、そこは7日前のナルキッソス。旺太郎は毒入りドリンクを飲もうとしている柿崎を危機一髪のところで止め、容疑者になる運命を回避する。そんな中、再び興信所の根津(岡田義徳)が現れ、旺太郎の弟・光太の捜索協力を仰ぐため、父・旺(光石研)の居所を教えて欲しいと話す。しかし、旺は出所後、行方不明になっており…。過去と決別したい旺太郎は根津を追い返す。

そして、並樹乗馬倶楽部の初乗り会の日。長谷部(佐野勇斗)や布袋(宮沢氷魚)から煙たがられながらも美尊の気を引こうとする旺太郎は、真凛(唐田えりか)や他の部員たちが美尊に遠慮して本音を言えない中、間違いを諌め叱ってくれる尊氏(新田真剣佑)を美尊が慕っている様子を見る。しかし、二人で話すチャンスを得た矢先、立てかけられた鉄骨が突如旺太郎目がけて倒れてきて…!!血を流し身動きが取れない旺太郎と混乱する美尊の前に再びキス女が現れて…。

そんな中、ただ一人旺太郎がタイムリープをしていることを知る春海(菅田将暉)は、キス女について意外な考えを話すが…。さらに、並樹グループの社長秘書・郡次(小市慢太郎)は旺太郎の過去を嗅ぎ回っていて…。未だ謎に包まれたキス女の狙いとその言葉の意味とは!?

[PR]
# by noho_hon2 | 2018-01-15 08:39 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

99.9-刑事専門弁護士- SEASON II 「型破りな弁護士が返ってきた!!元裁判官からの依頼!?逆転不可能な事件に挑め」
e0080345_08303624.jpg2016年に放送されて好評を博したリーガル・エンターテインメントの第2シーズン。

初回延長ゆえ、やや遊び要素が多かったかな? でも、ちょっとトボケたタッチで、ユーモラス。主人公他、周囲が、実にキャラ立ちして、顔芸もたっぷり。何より痛快劇なのが嬉しいです。

前作では描かれなかった裁判官との激しい攻防戦も見どころとなる、のだそう

99.9%有罪とみなされた案件でも、残された0.1%の事実をとことん追求する型破りな弁護士の深山大翔(松本潤)は、国内屈指の大手・斑目法律事務所に所属。敏腕弁護士の佐田篤弘(香川照之)とチームを組み、ぶつかり合いながらも依頼された事件に隠された事実を暴いてきた。

ある日、事件の依頼者の付き添いとして、元裁判官の弁護士・尾崎舞子(木村文乃)が事務所にやって来る。舞子は状況証拠から有罪は免れそうにない事件にも関わらず、わずかな可能性を追い求める深山と対立してしまう。

一方、佐田は、舞子の優秀な経歴を知り、事務所の新戦力としてスカウトするが、舞子には、退官後に司法の世界から距離を置いていた理由があった。

現代らしく、インスタならぬ、記念写真の映像を八方検証。キモとなって、無罪を勝ち取るあたり、良かったですね。

エンドテロップから既に、2話目に入って、謎が深まります、ずんずん。

       (ストーリー)

深山大翔(松本潤)は、99.9%有罪とみなされた案件でも、残された0.1%の事実を自らが納得するまでとことん追及する刑事専門弁護士。そんな超型破りな弁護士・深山に振り回されて、刑事事件専門ルームの室長はなかなか定着せず、所長・斑目春彦(岸部一徳)は頭を抱えていた。

そこで、斑目から白羽の矢が立ったのは、民事の仕事に戻っていた敏腕弁護士・佐田篤弘(香川照之)。
所長の打診に全身全霊で抵抗する佐田だったが、刑事事件専門ルームの後任を探すまでの兼務ということと、後任が見つかったら、マネージングパートナーを譲るということを条件に渋々承諾。
こうして、再び深山と佐田の名コンビが復活する。

そんな中、とある殺人事件の弁護依頼が舞い込む。依頼人は、加害者・鈴木二郎の娘・加代。
鈴木が借金をしていた沢村ファイナンスの社長が殺害され、鈴木は、その事件の容疑者として逮捕・起訴されていた。そして、依頼人・加代の親友で、付き添いとしてやってきたのは、元裁判官・尾崎舞子(木村文乃)だった。舞子はエリート裁判官として、順調にそのキャリアを重ねていたが、ある事件がきっかけで裁判官を退官。司法の世界から距離を置いていた矢先に、加代に相談されて、やって来たのだ。

しかし、舞子が、深山たちに求めたのは、加代の父親の無実を証明することではなく、情状酌量だった。舞子は裁判官時代の経験から、調書を見る限り加代の父親の犯行であることは明らかだと考えていた。

そのため、状況証拠から有罪は免れない事件でも0.1%の事実を追求する深山と、真っ向から対立する。一方、舞子の優秀な経歴を知った佐田は、あることを画策する――。

調書だけを見れば、有罪は確実。裁判で覆すことは困難に見えるこの殺人事件…果たして深山たちは事実を明らかにすることができるのか?

[PR]
# by noho_hon2 | 2018-01-15 08:30 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

西郷どん「立派なお侍」
e0080345_08185776.jpg第一話で、少年時代の西郷どん、こと小吉は、島津斉彬(渡辺謙)に、「強くなれ。そして、また会おう」と激励されて、すくすくと育ち、

朝ドラも真っ青に、まっすぐで、青い青年になってたのが微笑ましかったです。

青年となった西郷は、吉之助(鈴木亮平)と名乗り年貢を司る役人の補佐役に。

しかし、年貢に困窮し、売られそうになった娘を、なけなしの金で助けたり、空腹にあえぐ子供達に、自分の弁当のにぎりを与えたり、とにかく気は優しくて、力持ちっぽい好青年。

だけど、大人の事情。努力はすれど、敵もさるもので、結局、救えなかった娘に、「立派なお侍さん」と言われて言葉を無くす回でした。

脇を固める俳優陣が良く、魅力的。その成長が楽しみです。

      (ストーリー)

青年となった西郷は、吉之助(鈴木亮平)と名乗り年貢を司る役人の補佐役をつとめていた。年貢が払えず困窮する百姓たちを助けようと奮闘する吉之助は、斉彬(渡辺謙)が藩主になれば悪しき農政の仕組みを変えてくれると願うが、斉彬の父・斉興(鹿賀丈史)とその側室・由羅(小柳ルミ子)が実権を握っていた。藩の悪政に怒った吉之助は家老・調所広郷(竜雷太)に直訴しに行く。


[PR]
# by noho_hon2 | 2018-01-15 08:19 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~第1話
e0080345_08200518.jpgキャスティングが贅沢ですね。

主人公が野村周平、片想いの相手が、飯豊まりえ、

ひとり暮らしのはずが、ひょんなことから、同居生活が始まる、電影少女が、乃木坂の西野七瀬だなんて…

設定が新鮮で、なかなかの、目の保養。ちょっと期待です。

      (ストーリー)

高校生の翔(野村周平)は、両親の離婚を機に、絵本作家の叔父・洋太(戸次重幸)の空き家で一人暮らしを開始。学校では同じクラスの奈々美(飯豊まりえ)に恋心を抱いているが、彼女は翔の親友・智章(清水尋也)を思っていた。ある夜、翔は家のクローゼットから壊れたビデオデッキを発見。デッキを直して入ったままのテープを再生すると、アイ(西野七瀬)と名乗る女の子の映像が流れる。しかも、そのアイが突然、画面から飛び出してくる。

[PR]
# by noho_hon2 | 2018-01-14 08:21 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~「セレブ一家の爆笑スキャンダル!末っ子悲壮な決意で証拠隠滅大作戦」
e0080345_08151848.jpg浮世離れと、ナンセンス、キャスティングを楽しむコメディ… てっきり原作はコミックだと思ってたので、思いっきりの極端設定&コミカル・ディテールに、目をパチクリ

でも、そんな中で、役者さん達は大真面目に奮闘。それに感心してしまったのでした。

個人的には、新人・執事が千葉雄大だなんて、贅沢だけど、ちょっと髪型が… と思ってしまったのは私だけ?

敏腕弁護士の姉、知晶(波瑠)と、天才外科医の兄、博文(小澤征悦) 、似合ってました。

そんな中で、みそっかす末っ子の、北沢秀作(山田涼介)、なりゆきから警察官としてあるまじきことを… しかも、色気が無いとまで言われて、お気の毒。

出演者のファンで、コミック感覚、週末をお気楽に楽しむには向いている… かも。

     (ストーリー)

エリート警察官の北沢秀作(山田涼介)は、敏腕弁護士の姉、知晶(波瑠)と、天才外科医の兄、博文(小澤征悦) 、難関私立中の学園長である父、泰蔵(中村梅雀)に、名家の一員として様々なプレッシャーをかけられ続ける、ちょっとしんどい人生を送ってきた。

そんな中、北沢家に母親が亡くなって以来の危機が訪れる。

泰蔵が好きになった女性に裸の写真を撮られ、金を要求されたのだ。厳格な父のまさかの告白にショックをうける秀作。これが世に出れば北沢家は終わる。博文と知晶は医者と弁護士の職業倫理に反してでも何とかしようと奔走し、秀作にも協力させようとする。

そして“平成の華麗なる一族”の北沢家で執事見習いを始めたばかりの楠木(千葉雄大)は、この一家の一大事を口外すればクビだとベテラン執事の小岩井(浅野和之)から釘をさされる。

そんな中「家族を守りたいが法律は犯せない」と葛藤し追い詰められた秀作は、女性を説得しようと、警察の中でも説得のスペシャリストであるSITのホープ、尾関(小瀧望)に相談するが…。

[PR]
# by noho_hon2 | 2018-01-14 08:15 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

MUSIC STATION 2時間SP
e0080345_08484282.jpg個人的に、乃木坂46と、Little Glee Monsterが「Jupiter」にウケました。

でも、何より、部活に青春を捧げる高校生に聞いた「アガるJ-POPランキング!」が良かったです。

インタビューもさることながら、高校生によるスペシャルパフォーマンスが圧倒的でした。

しみじみと、歌は世に連れだなぁ…

[PR]
# by noho_hon2 | 2018-01-13 08:48 | テレビ | Trackback | Comments(0)

アンナチュラル 「名前のない毒…連続不自然死の謎を解け」
e0080345_08121599.jpg法医解剖医の三澄ミコト(石原さとみ)が働くのは、アンナチュラルな死を遂げた御遺体を解剖して死因を特定する、お仕事。

また、メンバー達がイイですね。好きなキャスティングでワクワクします。でも、所長の松重豊、なぜ、急に白髪? (^^;)

元気な青年・高野島が突然の死。急性腎不全の症状が見つかり、薬毒物死が疑われました。

すると、高野島は仕事で、「名前のない毒」を開発中で、他にも突然死した同僚がいたことが分かりました。パートナーが疑われますが、「ひとりでいた」とのことだし、「名前のない毒」ゆえ、死因の特定法が見つかりません。

また、高野島の第一発見者も倒れて…

面白かったです。次回も期待。

      (ストーリー)

法医解剖医の三澄ミコト(石原さとみ)が働く不自然死究明研究所(unnatural death Investigation laboratory)=通称UDIラボでは、東京都23区外、西武蔵野市を中心に、全国津々浦々で発見された異状死体や犯罪死体を引き受けている。警察や自治体から依頼されて運ばれてくる遺体は年間約400体。その遺体を解剖し、死因を究明するのが、ミコトたちUDIラボの仕事だ。

UDIラボには、三澄班と中堂班の2チームが存在する。三澄班は執刀医のミコト、臨床検査技師の東海林夕子(市川実日子)、記録員の久部六郎(窪田正孝)。中堂班は法医解剖医の中堂系(井浦新)、臨床検査技師の坂本誠(飯尾和樹)。そして、それらの個性的なメンバーを束ねるのが所長の神倉保夫(松重豊)だ。

 そんなある日、中年夫婦がUDIを訪ねてきた。一人暮らしで突然死した息子・高野島渡の死因に納得がいかないという。警察医の見立ては「虚血性心疾患」(心不全)。しかし息子は、まだまだ若く、山登りが趣味だというぐらい身体も丈夫で元気だった。心不全という死因は、素人目にも、あまりにも不自然だ。なにか、ほかの原因があるのではないか。夫婦はもっときちんと死因を調べてくれるようにと警察に頼んだが、事件性も不審な点もないと、剣もほろろに断られてしまった、という。

 ミコトたちは、さっそく、解剖に取り掛かった。すると心臓にはなんの異状もなく、代わりに、急性腎不全の症状が見つかる。

ミコトたちは、薬毒物死を疑い、詳細な検査にかけるが、死因となった毒物が何かがどうしても特定できない。

そんな折、高野島と一緒に仕事をしていた若い女性同僚が、高野島が亡くなった翌日に、原因不明の突然死を遂げていたことが判明する。

 死因を究明すべく高野島のアパートでミコト、六郎、東海林が調査をしていると、高野島の遺体の第一発見者でもある婚約者・馬場路子が現れる。

馬場の仕事は、なんと劇薬毒物製品の開発。
馬場が、もしまだ誰も知らない未知の毒物、すなわち「名前のない毒」を開発していたとしたら……。既存の毒物と比較検出するだけの、現在の毒物鑑定システムでは、「名前のない毒」を検出できない。すなわち、完全犯罪が成立する。

「高野島が死んだときの私のアリバイ?いいえ。一人で自宅にいたのでアリバイはありません」
悠然と微笑む馬場路子に、ミコトたちはどう立ち向かうのか?

[PR]
# by noho_hon2 | 2018-01-13 08:12 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
海月姫 第1話
from レベル999のFC2部屋
FINAL CUT 第2話
from ぷち丸くんの日常日記
きみが心に棲みついた 第1話
from ぷち丸くんの日常日記
きみが心に棲みついた (..
from ディレクターの目線blog@..
FINAL CUT (第..
from ディレクターの目線blog@..
海月姫 #01
from ぐ~たらにっき
海月姫 第1話
from MAGI☆の日記
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
初めての肩こり?
at 2018-01-17 16:52
エラゴン 遺志を継ぐ者 (2..
at 2018-01-17 15:39
賭ケグルイ
at 2018-01-17 08:23
きみが心に棲みついた 「冬の..
at 2018-01-17 08:16
FINAL CUT 「消され..
at 2018-01-17 07:59
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)