地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子DX
e0080345_04464082.jpg
悦ちゃん(石原さとみ)の、くるくる変わるファッションが可愛くて、その恋もキュート

菅田将暉も、とても良かったです

念願のLassy編集部と古巣の校閲部を、行き来しながら、また大切なことを見つけました。

心憎い仕掛けもあり、とても面白かったです。

      (ストーリー)

悦子が校閲部から念願のLassy編集部に移動して1年。

そんな中、「Lassy」に凄腕の新編集長がやってくる。

しかし、創刊当時からのベテランスタッフのクビを切るなど編集長の冷酷なやり方に悦子は猛反発する。

校閲の存在をバカにされ追い出される始末。

さらに、幸人の新しい担当編集者に胸騒ぎ…。

仕事に恋に大ピンチの悦子は一体どうする!?


[PR]
# by noho_hon2 | 2017-09-21 04:47 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

カンナさーん! 最終回「遂に復縁!?感動号泣プロポーズ…が、アノ年上イケメンが緊急帰国で大波乱!?仰天ラスト」
e0080345_05132355.jpg
随分、引っ張ったけれど、やはり主人公・カンナ(渡辺直美)の体全体を使った表現力豊かなパワフルさと、愛息子・麗音(川原瑛都)の可愛さがキモだったかな?

個人的には、楽しげな音楽も好きでした。

紆余曲折あったけれど、結局、ニック難波(加藤雅也)さんの粋なはからいが功を奏して、大団円のハッピー・エンド

よかったよかった

     (ストーリー)

デザイナーのイスを懸けて、同僚の翔子(トリンドル玲奈)とデザインコンペで真剣勝負を繰り広げたカンナ(渡辺直美)。しかし自分らしいデザインにこだわった結果、これまで勤めてきたブランド、ガーリー・セバスチャンを去ることになった。その決断に悔いはないものの、デザイナーとしての再就職は難しく、何社にも断られ続けていた…。

そんな中、愛息子・麗音(川原瑛都)には初恋の試練が!転入してきた女の子のことが気になるものの、なかなか声をかけられないでいるのだ。そんな麗音の様子を温かい目で見守るカンナと保育士の青田(工藤阿須加)。

その一方で、大きな仕事を終えて「やっとカンナと麗音を迎えに行ける!」と喜んでいた元夫の礼(要潤)には大事件が起きていた…!

なんとクライアントが倒産し、礼が社長を務めるCG制作会社が5000万円の借金を抱えることになってしまったのだ。礼は取引先への支払いのため、父・徹三(遠山俊也)と母・柳子(斉藤由貴)にお金を貸してほしいと泣きつく。しかし、徹三は心を鬼にして、その申し出を断る。また、柳子も礼にある決断をせまり…。

何社に断られ続けても、「ピンチの後にはチャンスがあるはず!」と信じて仕事探しに奔走するカンナ。頑張りたくても、頑張る場所がない…。そんなカンナの目に飛び込んできたのは、工事現場で生き生きと働く沙知(高橋メアリージュン)の姿だった。「今を逃しちゃいけない」と思ったカンナは…。

その頃、カンナの元を去ったニック難波(加藤雅也)が、あるサプライズのために日本へ帰国。カンナの住むマンションを訪れていた。麗音や礼、美香(山口紗弥加)、翔子、青田と再会し、カンナの置かれた状況を知ったニックは、麗音と協力して、ある「魔法」をかけた!?

麗音の初恋は?青田と翔子の恋の行方は?
そしてカンナと礼の今後は?

[PR]
# by noho_hon2 | 2017-09-20 05:13 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

僕たちがやりました 最終回「償いへの逆転劇!生き続けろ」
e0080345_05052035.jpg
やはり、主人公・トビオ(窪田正孝)の演技力と熱演が、圧倒的だったかな?

結局、トビオ、伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)、パイセン(今野浩喜)のライブ会場ジャックは失敗。

ド派手な告白や動画も、悪戯ととられて謎のグループに連れていかれます。

トビオらを拉致したのは、輪島(古田新太)の指示を受けた西塚(板尾創路)、玲夢(山田裕貴)たち

印象的だったのは、そして5年後、やがて10年後が描かれたことかな?

だから、窪田正孝の起用だったのね、と納得。

市橋(新田真剣佑)の幻、蓮子(永野芽郁)の現在もインパクト

「何があっても、しぶとく生き続けろ」がメッセージだったのかな?

後半にパワーがあった分、序盤のもたもたが、ちょっと残念でした。

      (ストーリー)

ライブ会場に乱入し、大勢の観客の前で「僕たちがやりました!」と罪を告白するド派手な自首をぶち上げた、トビオ(窪田正孝)、伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)、パイセン(今野浩喜)。
ところが、動物のマスクを被った謎のグループに襲われて気を失い、そのまま連れ去られてしまった。

トビオらを拉致したのは、輪島(古田新太)の指示を受けた西塚(板尾創路)、玲夢(山田裕貴)たちだった。4人が前代未聞の自首を決行する一方、事件の真相を告白する動画を公開していたせいでネットは騒然。この騒動に激怒した輪島から、パイセンを殺せと命じられたというのだ。

「小坂秀郎はこれから殺される。あなたたちはもう関係ない。全部忘れてください」。西塚はトビオ、伊佐美、マルにそう言い放つと、絶体絶命のパイセンを残して10秒以内に消えろと迫り…。

一方、動画を見た蓮子(永野芽郁)はトビオを苦しめていた事件の全貌をようやく知り、トビオの元に駆けつけるが、すでにトビオらの姿はなく…。

同じ頃、安否もわからないトビオらの行方を追う飯室(三浦翔平)に、菜摘(水川あさみ)はある重大な事実を打ち明ける。

ささいなイタズラ心をきっかけに、大きな過ちを犯してしまったトビオたち。罪の意識にさいなまれ、過酷な逃亡生活を経験した結果、“最高の自首”を選んだ4人。認められない罪が認められ、彼らは罪を償う事ができるのか!?

原作を超える衝撃のラストが待ち受けている!

[PR]
# by noho_hon2 | 2017-09-20 05:03 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

吾輩の部屋である 第1話
e0080345_05052296.jpgこれは、地味な理系男子のナンセンスを楽しむ作品なのでしょうか? 原作は、田岡りきによる漫画だそう

都内某所、駅から徒歩5分の場所にある1Kの木造2階建てアパートで一人暮らしをしている、23歳のごく普通の大学院生・鍵山哲郎(菊池風磨)。

彼は今日も誰にも邪魔されない空間で、「部屋のホコリの発生原因について」「エアコン清掃計画」「大好きな植村さんからの難読メール解析」「新旧フライパン・対照実験」「お風呂場リスクマネジメント」など、日常の中の“あるあるな出来事”について、家具や家電製品からツッコミを入れられながらも、悩み、もだえ、解決法を探るための考察に一人没頭する、のですが、なんか逐一、可笑しく

主役が新人クンで、突っ込むモノ達の声キャスティングが、えらく豪華で笑えました。

見る人を選びそうですが、ツボに入った方には、ウケそうです。

    (ストーリー)

大学院生・哲郎(菊池風磨)は吸盤が外れシンクに落ちているスポンジ入れを見て恋について考察。また、好きな女性からの意味不明なメールに翻弄される。

[PR]
# by noho_hon2 | 2017-09-19 05:04 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON 最終回「最終回・暗闇の先にあるもの」
e0080345_04564825.jpg地下鉄開通前の線路内で崩落事故の現場に急行した一同。だけど、二次災害の崩落にあい、前回、エースの藍沢耕作(山下智久)が、手だけ出た状態で埋もれた状態で終わり、ドキドキだったのですが、無事でヨカッタです。

最初は、ダメ・フェロー達だった面々も成長し、立派になりました。

それに、最少の被害で戻ってこられて安堵。

ピアノ少女、奏(田鍋梨々花)も前向きになったし

橘啓輔(椎名桔平)も、息子が歩く姿を見ることが出来て、大団円だったかな?

個人的には、シリーズ半ばの粛々とした臓器提供シーンが印象に残りました。

細かい部分は気になったけれど、とりあえずレギュラーメンバーの活躍が見られ、ハッピー・エンドで満足です。

映画化決定には、納得しつつ、驚きました

    (ストーリー)

地下鉄開通前の線路内で崩落事故が発生したとドクターヘリ要請が入った。藍沢耕作(山下智久)、白石恵(新垣結衣)、緋山美帆子(戸田恵梨香)、冴島はるか(比嘉愛未)、藤川一男(浅利陽介)、名取颯馬(有岡大貴)、横峯あかり(新木優子)、雪村双葉(馬場ふみか)たち救命チームが総動員体制で現場に向かう。心の傷が癒えていない灰谷俊平(成田凌)は患者の受け入れのために橘啓輔(椎名桔平)と病院に残った。

藍沢たちが事故現場の蒔田中央駅コンコースに到着すると大人数でごった返している。開通記念の見学イベントが開催されていたため、一般参加者が300人もいたらしい。医療者たちの指揮を任された白石は、藍沢と藤川を地下2階の崩落現場へ向かわせる。冴島は思わず「行かないで」と藤川に言ってしまう。しかし、藤川は冴島を残して地下へと降りた。

藍沢、藤川から重症者の報告を聞いた白石は、2人にその場で治療を継続するよう伝える。新海広樹(安藤政信)も現場に来た。その頃、緋山と名取は藍沢たちとは別の地点で頭部外傷の妊婦を見ていたが助かりそうにない。緋山は傍にいる妊婦の夫に、母体は助からないが子供の命は救えるかもしれないと話す。

一方、治療を続けていた藍沢は肩口に地下水が滴り落ちていることに気づいた。次の瞬間、頭上から大量の土壌が崩れ落ちて来る。地下2階で再崩落が発生してしまった。患者だけではなく消防などの救助隊、そして藍沢たち医療者は無事なのだろうか…。

[PR]
# by noho_hon2 | 2017-09-19 04:55 | ドラマ | Trackback(8) | Comments(0)

愛してたって、秘密はある。 最終回「衝撃と涙の真実!!黒幕は俺!?」
e0080345_05050771.jpg思いっきりネタバレ失礼します。(だって、最終回自体が、そういう謎解きパターンだったんですもの)

結局、やたらサプライズで、おどろおどろしい謎の数々は、黎(福士蒼汰)が両親の呵責に耐えられず、別人格・策となって、やったこと、だったのですね。

それを知っていた、母・晶子(鈴木保奈美)も、息子、可愛さと不憫ゆえ、言われるがままに。

爽(川口春奈)との婚約を知り、仲を裂こうとしてたのも、策の仕業でした。

そして、ラストは、どんでん、どんでん、の繰り返し。

イケメン、爽やかボーイが続いた、福士蒼汰の、役者としての新境地、開拓精神のチャレンジは分かるけれど、ちょっと似合ってなかった… かも。

オハナシも、「意表を突く」のを狙うあまり、ちょっと凝りすぎに感じました。

     (ストーリー)

「奥森(堀部圭亮)を殺したのは自分だ」と爽(川口春奈)に告白した黎(福士蒼汰)。爽は驚きのあまり、黎を拒絶してしまう。

爽の態度にショックを受けながらも、黎は罪を償おうと警察に向かう。しかしその矢先、一ノ瀬(矢柴俊博)から、奥森を殺したトロフィーを爽に送った人物が判明したと告げられる。段ボールが送られた配送センターの防犯カメラに映っていたのは、黎がよく知る女性で----。これまで黎を脅かしてきた不気味な出来事は、すべてこの女の仕業だったのか…信じられない黎は、真相を確かめるまでは自首を思い留まることに。

そんなある朝、黎は自宅のリビングで、ビリビリに引き裂かれて散乱した奥森の日記のコピーと、見覚えのないDVDを見つける。そのDVDには、真夜中のリビングで日記のコピーを破いてまき散らす、思いもよらない人物の姿が…!!

一方、黎を拒絶してしまったことを後悔する爽は、虎太郎(白洲迅)から、「黎と連絡が取れなくなった」と聞かされ、思わず黎の家へ走る。しかし、そこで待っていたのは…。

黎は警察へ向かい、晶子(鈴木保奈美)と接見することに。そこで晶子の口から語られたのは、衝撃の事実だった…!黒幕は果たして誰だったのか…!?ついに、すべての謎が解き明かされる!!そして、黎と爽の愛の行方は----?

[PR]
# by noho_hon2 | 2017-09-18 05:13 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)

ごめん、愛してる 最終回「最終回!出逢えて良かった…生まれてきて良かった」
e0080345_05052354.jpg最初は、すごくアレンジしてあったのと、主人公が、長瀬君で生命力を感じすぎ、にやや抵抗感… だったのですが、

長瀬智也、大竹しのぶに負けず、役者魂、だんだん「ただ、母に愛されたくて…」な不憫な子、律に見えてきました。

あと、凜華(吉岡里帆)の健気さ、可憐さがヨカッタかな?

若菜(池脇千鶴)と魚(大智)の存在も、雰囲気でした。

エンディングの良さもあり、それなりに納得です。

     (ストーリー)

 体調が悪化するのを感じた律(長瀬智也)は、凜華(吉岡里帆)を悲しませたくないという思いから若菜(池脇千鶴)と魚(大智)を連れて塔子(大西礼芳)の別荘に身を潜める。一方、凜華は父・恒夫(中村梅雀)から律の命が長くない事を聞き、律が姿を消した意味を悟るが…。

 自分が死んだら心臓はサトル(坂口健太郎)に、そんな約束を改めて麗子(大竹しのぶ)とした律。ところが、病院を抜け出したサトルが律の前に現れる。心臓をくれるという律に真意を問いただすサトル。律はサトルに秘密を打ち明けるが、サトルもまた、秘密を抱えていた…。

[PR]
# by noho_hon2 | 2017-09-18 05:05 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
地味にスゴイ!DX校閲ガ..
from レベル999のgoo部屋
TOO YOUNG TO..
from 銀幕大帝α
地味にスゴイ!DX 校閲..
from ぷち丸くんの日常日記
超高速!参勤交代 リターンズ
from to Heart
地味にスゴイ!DX 校閲..
from ディレクターの目線blog@..
わにとかげぎす (第9話..
from ディレクターの目線blog@..
超高速!参勤交代 リターンズ
from そーれりぽーと
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)