女囚セブン 「老老介護で夫殺し!?ついに“冤罪事件"の黒幕が明かされる!」
今回、スポットが当たったのは、老老介護の末に、夫と義姉を殺害するに至った、うめ(木野花)

でも、そのやり取りの中で、終盤、黒革の手帳の話が浮かび上がってきましたね。

琴音(剛力彩芽)が働いてた、置屋は事件の影響で、経営が傾いてるとの噂。

そんな折、一条(梶芽衣子)の置屋の玄関先には正体不明の大金が

表と裏で全く違う顔を見せる次期総理大臣の呼び声も高い法務大臣、内藤 裕次郎(高嶋政伸)とは、はたして、どういう関係?

    (ストーリー)

 百目鬼(宍戸美和公)が口を滑らせたことにより、徐々に黒革の手帳の正体に近づいてきた琴音(剛力彩芽)。ミスを挽回しようと焦る百目鬼に代わり、次なる一手を打つべく、いよいよボスと思われる人物が動き始める…。

 そんな中、花園刑務所では更生プログラムの強化週間がスタート!「被害者の気持ちを知ることによって再犯を防ごう」という趣旨のもと、犯罪被害者の体験談を聞いたり、「オレオレ詐欺」の犯人役・被害者役に分かれての実演講習などが始まる。

 イヤイヤ面倒くさそうに取り組む奈津(安達祐実)や沙羅(トリンドル玲奈)たちに対し、うめ(木野花)は講習に前向きな姿勢を見せる。

 しかし一方で、うめの不可解な言動がますますエスカレートしているような様子もあり、同部屋の女囚たちは心配そうな様子を見せるのだった。

 うめが老老介護の末に、夫と義姉を殺害するに至った背景を聞いた琴音は、うめのことを気にかけつつ、次なる刺客を注意深く観察し続けていた…。

 そんなとき、うめが衝撃的なひと言を口にする。なんと、夫と義姉だけではなく「もうひとり殺した」というのだ! そんなことが百目鬼たちにバレたら大変! うめを守るため、奈津らは必死にうめの発言を誤魔化すが…?

 一方、一条(梶芽衣子)の置屋の玄関先には正体不明の大金が置かれる。「うちらも大きなどす黒い渦に巻き込まれてしもたようやな…」と呟く一条の目には覚悟の光が…。そしてついに、琴音を冤罪事件に追い込んだ黒幕の正体が明かされる…!

[PR]
# by noho_hon2 | 2017-05-20 06:02 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)

ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~ 「愛するチーちゃんへ」
今回の依頼は、母・千代(草村礼子)の介護に悩んでいた白川(高橋克典)から。

どうも、施設にいながら、今もずっと夫からの手紙を待ち続けてるよう。

参考に、と多くの書簡を渡してもらったのですが、すっかり煮詰まり、そんな折、バーバラ夫人(江波杏子)や男爵(奥田瑛二)たちから、御朱印集めの小旅行に誘われ、そんな旅の中からヒントを

急に取り組み始めます。

押し花を散りばめた、凝ったお手紙が素敵でしたね。白川は「父の字だ…」と感涙

今回も、いいオハナシでした

    (ストーリー)

ツバキ文具店に白川(高橋克典)が現れる。母・千代(草村礼子)の介護に悩んでいた白川は、ついに母を施設に預けることを決意。ところが、亡き夫からの手紙が来るはずだから家に戻ると言う千代に困り果てていた。鳩子(多部未華子)に父からの手紙を書いてほしいという白川は、参考にと、父が生前、出張先から母に送ったたくさんの手紙を渡す。白川の両親の間の深い愛情に、鳩子は果たして自分が代書できるのかと不安になる。

[PR]
# by noho_hon2 | 2017-05-20 05:56 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

リバース 「第2章開幕…新たな容疑者!愛媛に隠された親友の謎」
深瀬(藤原竜也)の会社が倒産。無職になってしまいます。

村井(三浦貴大)は突然、行方不明。谷原(市原隼人)の意識が回復しないまま。

でも、谷原の妹・明日香(門脇麦)だが、広沢(小池徹平)の死について疑惑を抱いている様子。

謹慎中の浅見(玉森裕太)と深瀬は、当時の謎を探りに、広沢の実家を訪れ、母・昌子(片平なぎさ)と父・忠司(志賀廣太郎)には温かく迎え入れてもらったものの、当時の同級生達は、冷ややかでした。

でも、広沢の恋人のカワちゃん(夏菜)や、親友の古川大志(尾上寛之)の存在を知ります。

そして、現場も訪れ、当時、(飲酒運転がバレぬよう)血の跡を隠したことなど、思い出し… どう、真実は見えてくる?

      (ストーリー)

地味ながらも真面目に勤めていた会社が、突然倒産してしまった深瀬(藤原竜也)。職と共に、同僚にコーヒーを振舞う大切な時間も奪われてしまった。10年前の事件について浅見(玉森裕太)と谷原(市原隼人)の隠蔽を疑っていた村井(三浦貴大)が突然行方不明になり、また、相変わらず谷原も意識が回復しないままだ。周りの人間に次々と悪いことが起きていくことに不安な日々を過ごす明日香(門脇麦)だが、広沢(小池徹平)の死について、兄である村井にある疑惑を抱いていた。そして、深瀬に当時の記憶を話し始める。

そんなある日、久しぶりに美穂子(戸田恵梨香)と顔を合わせる深瀬。ぎこちない会話が続く中、精神的にも疲弊していた美穂子が実家の大阪に帰るかもしれないということを知り、動揺を隠せない。そんな深瀬だが、事件の真相と自分の知らない広沢の素顔に迫るため、謹慎中の浅見と共に広沢の故郷・愛媛へと向かう。ほどなく愛媛へ着くと、広沢の母・昌子(片平なぎさ)と父・忠司(志賀廣太郎)が快く二人を迎え入れてくれるのだが…。

[PR]
# by noho_hon2 | 2017-05-20 05:49 | ドラマ | Trackback(7) | Comments(0)

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 (2016)
e0080345_08260514.jpg今度、メガホンをとったのは、ジェームズ・ボビンで、前作の監督ティム・バートンは製作に回ったのですね。

前作のシュール・ワールド、そのままに、さらにバージョン・アップ。

今回は、友情や王女達の幼少期のトラウマ癒やしもあって、新たな味。全編、冒険活劇。

特に後半が、なかなかに楽しめました。

むしろ、前作より「一般受け」になった、気がしたのですが、ジョニー・デップを活かしきれてなかったせいか(!)興行成績的には、今ひとつ、だったんですってね。

でも、映画ならではの不思議ワールドを堪能。

「アラン・リックマンに捧げる」のエンドテロップが印象的でした。

    (解説)

「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」をモチーフにした前作の続編で、アリスが時間の旅に出るファンタジーアドベンチャー。帰らぬ家族をひたすら待っているマッドハッターを助けるべく、アリスが時をさかのぼり奮闘する姿を活写。前作の監督ティム・バートンが製作を務め、『ザ・マペッツ』シリーズなどのジェームズ・ボビンがメガホンを取る。ミア・ワシコウスカやジョニー・デップなど前作のキャストが続投し、時間を司るタイムを、『ブルーノ』などのサシャ・バロン・コーエンが演じる。アリスをはじめチェシャ猫など人気キャラクターによる新しい物語に期待。

    (ストーリー)

ワンダー号での3年に及ぶ船旅からロンドンに帰郷した後、青い蝶アブソレムにマッドハッター(ジョニー・デップ)のことを聞いたアリス(ミア・ワシコウスカ)。マッドハッターは、ワンダーランドで死んだ家族の帰りを待っていたのだ。ワンダーランドに着いたアリスは、白の女王(アン・ハサウェイ)たちから頼まれ、マッドハッターの家族をよみがえらせるべく、過去を変えようとする。時間の番人タイム(サシャ・バロン・コーエン)から時間をコントロールできる“クロノスフィア”を盗み、時間をさかのぼったアリスだったが……。

[PR]
# by noho_hon2 | 2017-05-19 08:26 | 映画 | Trackback(20) | Comments(0)

人は見た目が100パーセント 「逆境から這い上がれ花束を君に」 
ベッドで勉強してて、寝てしまった純(桐谷美玲)は、うっかり眼鏡を壊してしまいます。

新しい眼鏡を買うべく、早く家を出た純は、想い人の美容師・榊(成田凌)に出会い、パニクってしまい、眼鏡店の入口ガラスに激突。入院する羽目になってしまいます。

ところが、近いから運んでくれた先は、偶然にも、そこはセレブ病院。人がくるたび、緊張と気後れの連続となります。

同じころ、満子(水川あさみ)と聖良(ブルゾンちえみ)は、PCのトラブルに遭遇。それは、データを届けに来た研究員仲間の丸尾(町田啓太)が解決してくれて「頼られると、男は嬉しい」とのこと。それを見た満子は、ふと思うものがあり…

そこに純から、sos。この格好ではトイレにも行けないので、部屋着を調達して欲しい、とのこと。そこから、仲間達、奮闘。コミカル展開になったのでした。

そして、榊が純の見舞いに来てくれるかもしれないことになり、さらに焦る彼女。

個人的には、聖良の恋バナに、もっと移行してくれないなぁ、と期待。

なかなかのコメディアンヌ、水川あさみと、芸人・ブルゾンちえみを、もっと上手に使えば、いいのにね。

     (ストーリー)

ベッドの上で勉強していてそのまま眠ってしまった純(桐谷美玲)は、うっかりメガネを壊してしまう。メガネ店に立ち寄るため、早めに家を出た純は、そこで思いを寄せている美容師・榊(成田凌)と出会う。動揺した純は、メガネ店を見つけて一目散に走り出したが、そのまま入口のガラスに激突。榊に助けられ、近くの病院に運び込まれる。

同じころ、満子(水川あさみ)と聖良(ブルゾンちえみ)は、PCのトラブルに遭遇していた。聖良は、データを届けに来た研究員仲間の丸尾(町田啓太)に、その修理を頼む。聖良いわく、男子はこういうときに女子から頼られると嬉しいらしい。そんな聖良のようすを見ていた満子は何かを察し…。

純は、念のため2、3日検査入院することになった。が、純が入院したのは、セレブ達が利用することで有名な病院だった。おしゃれなモデルやイケメン秘書を引き連れた女社長らと同じ病室になってしまった純は、人に見せられるような部屋着もなく、トイレにすら行けないありさまだ。困り果てた純は、おしゃれな部屋着を買ってきてほしい、と満子と聖良に依頼。満子たちは、さっそくルームウエアの研究を始める。

そんな折、榊が純の見舞いに来てくれるかもしれないことになり…。

[PR]
# by noho_hon2 | 2017-05-19 07:56 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)

緊急取調室 SECOND SEASON 「記憶をなくした男」
通勤時間帯のオフィス街で血まみれ男が、しかもナイフをもっていました。どうやら、それは凶器のよう。

しかし、渡辺鉄次(速水もこみち)と監物大二郎(鈴木浩介)が職務質問すると、「仕事を終えたあと、今朝、目覚めるまで記憶がない」とのこと。

まもなく男は旅行会社の社員・水越辰也(塚本高史)だと判明。しかし、被害者もわからず、“キントリ”が取り調べを命じらるが、身柄を確保しした2人が志願し、取り調べたものの、供述が二転三転して失敗。

結局、小石川(小日向文世)有希子(天海祐希)にバトンタッチ。

ところが「自分達はヒーローだ。世間に一矢報いるために、事件を利用した」と言い出しますが、彼が、すぐに助けを呼んでいれば、被害者は死なずに済んだ訳で…

「警察犬になりたかった」って、その発想はどこから? きっかけは何だったのでしょう

ちょっと不条理事件、だったのでした。

    (ストーリー)

 通勤時間帯のオフィス街に、大量の血を浴びた男が現れた。捜査一課の刑事・渡辺鉄次(速水もこみち)と監物大二郎(鈴木浩介)が職務質問すると、男はあろうことか包丁を取り出し、「朝起きたら、この包丁を握っていた。誰かを殺してしまったかもしれない」と言い出す!

 まもなく男は旅行会社の社員・水越辰也(塚本高史)だと判明する。だが、夜10時に退社してから、包丁を握った状態で目覚めるまで、水越の記憶は白紙。肝心の被害者も特定できない状態だ。捜査一課長・沢渡巌(三上市朗)は早急な事件解決を求め、真壁有希子(天海祐希)ら緊急事案対応取調班(通称・キントリ)に取り調べを一任する。ところが、水越を確保した渡辺と監物が、取り調べも自分たちでやりたいと申し出て…!

 やがて取り調べの最中、ほんの一部ではあるが、水越の記憶がよみがえる。詳細は不明だが、退社後に舵輪(=船の舵)を見たというのだ。僕は船に乗ったのかもしれない――水越の証言を受け、渡辺と監物はナイトクルーズまわりを捜査することに。一方、有希子と取調官・小石川春夫(小日向文世)は水越の身辺を洗うため、勤務先を訪問。新入社員の福永絵梨(入山杏奈)を捕まえて話を聞くのだが…!?

 まもなく、水越が断片的な記憶を新たに取り戻した! そのころ、キントリの管理官・梶山勝利(田中哲司)のもとには、刑事部長・磐城和久(大倉孝二)から“不可解な要請”が入る――。

[PR]
# by noho_hon2 | 2017-05-19 07:42 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)

リリイ・シュシュのすべて (2001)
e0080345_07571703.jpg岩井俊二監督が、インターネットのインタラクティヴ・ノベルとしてスタートさせた企画を発展させて成立させた異色の青春映画。

まず、インターネット小説が公開され、後に原作本と映画が制作された。現実と架空をリンクさせた構成と、現代の少年問題を描いた内容が大きな話題に

岩井監督をして、「遺作を選べたら、これにしたい」と言ったほどだとか。

美しい田園風景の中、イジメや援助交際などなど現代の少年少女たちにまつわるさまざまなダークな問題を、これまでにないほど身近なものとして織り込みつつ、彼らのリアルな心の声を繊細に描き上げていきます。

思春期のひりひりとした側面、ダークサイドを描きつつ、それでも「どんな子どもでも、光る時間を過ごすのだ」といった岩井監督のメッセージが痛切に伝わり、胸をしめつける必見の秀作

物語は、田園が美しいある地方都市。中学二年の蓮見雄一 (市原隼人) は、かつての親友、星野 (忍成修吾) にいじめられ、窒息しそうな毎日を送っている。唯一の救いはカリスマ的歌姫リリイ・シュシュの歌声だけ。

(ハル)みたく、折々で画面に、文字が打ち込まれる演出が印象的でした。

市原隼人が初々しく、忍成修吾も、まだあどけないです。そして蒼井優は可愛い! 伊藤歩、坊主頭になるなんて、体当たり演技!

なにげに、少年・高橋一生の姿も見て、嬉しくなったのでした。

ダークを描いてなお、美しく、透明感。心に残る作品でした。

   (解説)

ウェブサイト上で展開されたインターネット・インタラクティブ小説から生まれた衝撃の問題作。「スワロウテイル」の岩井俊二監督が、14歳の少年少女たちの心の闇、焦燥、痛みを鮮烈に描き出す。中学生になった蓮見雄一は同じクラスの優等生・星野修介と仲良くなる。夏休み、2人はほかの仲間たちと西表島へ旅行に行く。しかし、旅行から戻った星野は変質し、番長を倒し自らその座に収まり、蓮見はいじめの対象になっていく……。

   (ストーリー)

中学生になった蓮見雄一は同じクラスの優等生・星野修介と仲良くなる。夏休み、2人はほかの仲間たちと西表島へ旅行に行く。そこで星野は2度命の危険にさらされる。そして逆に、島で知り合ったばかりのバックパッカーのあっけない死を目の当たりにする。旅行から戻った星野は変質し、番長を倒し自らその座に収まり、蓮見はいじめの対象になっていく……。学校での星野の凶悪さは常軌を逸し、その仕打ちに傷つく蓮見は、唯一の慰めとなっていたカリスマ的女性アーティスト“リリイ・シュシュ”のファンサイトを立ち上げ、そこで痛々しい心情を吐露していくのだったが……。

[PR]
# by noho_hon2 | 2017-05-18 07:59 | 映画 | Trackback | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
貴族探偵 #06
from 刹那的虹色世界
貴族探偵 第6話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第6話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
アリス・イン・ワンダーラ..
from ★yukarinの映画鑑賞ぷ..
「4号警備」~最終回 ☆..
from ドラマでポン
「釣りバカ日誌(2)」~..
from ドラマでポン
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)