道原裕写真展:足音の町
銀座ニコンサロンで、「道原裕写真展:足音の町」を鑑賞

街角の何気ない日常ながら、それを撮った時の日付と天候、その日の気分や諸々を記録してたのが興味深かったです。
e0080345_17192851.jpg

[PR]
# by noho_hon2 | 2017-10-14 17:19 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

セトウツミ  第一話
e0080345_05341663.jpg原作は、此元和津也による漫画作品。

いなりの異色作ですが、今をときめく、池松壮亮と菅田将暉のダブル主演で映画化され見ました。

話題になったし、独特の味があり面白かっただけに、ちょっと期待。

男子高校生2人が放課後の河原でまったりしゃべるだけなのに、その練りに練られたユニークな会話の面白さから大人気の「別冊少年チャンピオン」連載中の同名コミックを連続ドラマ化。

2016年に公開されスマッシュヒットとなった映画版も記憶に新しいが、今回キャストを一新し、クールな内海想を高杉真宙、お調子者の瀬戸小吉を葉山奨之という今注目の若手俳優2人が、ダブル主演で演じるので、どんな風に仕上がるか興味。

まったり、とぼけた調子は、あいかわらずですが、はたして、彼等。第二の池松壮亮と菅田将暉になれるでしょうか?


[PR]
# by noho_hon2 | 2017-10-14 05:41 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

新宿セブン 第1話
e0080345_05343080.jpg原作は、同名人気コミック

KAT-TUNの上田竜也が連続ドラマ初主演。それに加え、主題歌もソロで担当する話題作に挑む。新宿歌舞伎町とアジアを舞台に、上田演じる質店の店主で抜群の鑑定眼を持つ主人公・七瀬が、物の真贋(しんがん)を見極めると同時に、依頼人の悩みや事件を解決していくさまを描くのだそう。

東洋一の歓楽街と呼ばれ、怪しく危険に満ちた眠らない街・新宿歌舞伎町。この街で一目置かれる存在の「七瀬質店」店主・七瀬(上田竜也)は、抜群の鑑定眼で、持ち込まれた“物”のみならず、“人”の真贋も見抜く天才鑑定士だ。七瀬の店には、時計やバッグはもとより、拳銃、クスリ、臓器まで、あらゆる物が持ち込まれる。

“物”も“人”も、本物しか信じない七瀬は、持ち込まれた品物を鑑定し、依頼人の悩みをも解決していく。彼が、なぜこの街で質店を経営しているのか? そこには、歌舞伎町に潜む謎と、隠された理由があった。

人を選びそうだけど、なかなか雰囲気でした。楽しみです。

    (ストーリー)

新宿・歌舞伎町にある「七瀬質店」の店主、七瀬(上田竜也)は“新宿一の鑑定士”と呼ばれていた。七瀬の店には、あらゆる物が持ち込まれる。時計やバッグ、果ては拳銃、クスリまで…。ある日、七瀬に鑑定の依頼が。健太(中村倫也)と共に向かった先は轟組長の愛人・明日香(片山萌美)のマンション。幹部の鮫島(駿河太郎)曰く、明日香が組の金に手を付けたという。それ相当の金品がないか鑑定してほしいというが七瀬はある「物」から真実に気づき…

[PR]
# by noho_hon2 | 2017-10-14 05:34 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ~ 後篇
e0080345_05282982.jpgあいかわらず、おどろおどろしい雰囲気ですが、比嘉ミカ(波瑠)と犯人少女のやりとりに現代的な闇と緊迫感があり、迫力ありました。

浅川(石丸幹二)が呆気なく殺されちゃって、ちょっと残念だったかな?

波瑠の魅力がよく引き出されてた気がしました。

    (ストーリー)

連続女子中学生殺人事件を追っていた刑事・中澤(工藤阿須加)が、重要参考人の男を署に連行した。永正大学医学部法医学教室の教授・浅川(石丸幹二)は彼が犯人だと断言するが、浅川の助手・比嘉ミカ(波瑠)は根拠の薄弱さを指摘。浅川の怒りを買った比嘉は、自らの手で真実を突き止め、被害者たちの無念を晴らそうと立ち上がる。比嘉が見立てた新たな犯人像とは…

[PR]
# by noho_hon2 | 2017-10-14 05:28 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

コウノドリ 第2シーズン 「命についてすべてのこと」
e0080345_05200688.jpg鴻鳥サクラ(綾野剛)は、恩師・荻島勝秀(佐々木蔵之介)のいる島で、小学校で子供たちの前でピアノを演奏

そして、島では対応出来ない妊婦を、ドクター・ヘリで搬送。先天的に赤ちゃんに心臓疾患があったのです。

また、耳が聞こえないけれど、子供は欲しい2人の、筆談する妊婦(志田未来)の不安を根気よく聞きます。

初回は、人物と世界観、紹介の感だったかな?

でも、不安のあった妊婦達にも、無事、天使が訪れ、それを待つ夫婦、医師達の健気さが感動的だったのでした。

やはり、ベビーは、どういう形であれ未来を運んでくる愛すべき存在ですね。

      (ストーリー)

あれから時が経ち、産婦人科医としてベテランの域に入った鴻鳥サクラ(綾野剛)はかつての恩師である荻島勝秀(佐々木蔵之介)がいる離島の病院へ行く。

島の人たちと近い距離で向き合う荻島の姿を見てサクラはあることを思う。

一方、研修医だった下屋(松岡茉優)と新生児科の白川(坂口健太郎)もそれぞれ専門医となりペルソナで精力的に働いている。

離島から帰ってきたサクラは助産師の小松(吉田羊)と耳が聞こえない妊婦の早見マナを診察する。
夫の健治も付き添いで来ていたが、健治も耳が聞こえない。医療用語は手話や口唇術では伝えるのか難しいため、ホワイトボートを使い筆談で伝えることに。

一方、産婦人科医・四宮(星野源)は早く仕事に復帰したいキャリアウーマンの妊婦、佐野彩加を診察する。予定通りに生まれるのか聞いてくる彩加に耳を貸さず、丹念にエコーをかける四宮。診断の結果、彩加の赤ちゃんは“心室中隔欠損”と呼ばれる心臓に小さな穴が開く疾患にかかっている事が分かる。激しく動揺する彩加に周産期センター長の今橋(大森南朋)も加わり、慎重に彩加と夫の康孝に伝える。彩加は早く仕事に復帰したい気持ちと病気の赤ちゃん。2つの不安に挟まれてしまう。

さらにマナも出産を前に、サクラにある不安を打ち明ける…。

[PR]
# by noho_hon2 | 2017-10-14 05:20 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)

ブラック・リベンジ 第2話
e0080345_05021633.jpg何度も映像で、今宮沙織(木村多江)の復讐の原点は出て来るのに、

今回は、人気絶頂の女優、サユミが、幼馴染を、内心。引き立て役にし、やがてはマネージャーとして「夢を託される」存在として二人三脚してたのに、結婚と大手事務所への移籍を前に、彼女をポイし、言葉でボコボコにしたことへの恨みから

表では清純派なのに、彼女の裏の顔を、結婚式に、秘密のスキャンダラスな写真でバレバレに。

女って、恐ろしいのよ、「なめたら、あかんぞ~」の先鞭をつけたのかな? ちょっと賛否分かれそうですね。

     (ストーリー)

5年前、将来有望な政治家だった寺田圭吾(高橋光臣)は「週刊星流」にスキャンダル記事を掲載され、それを苦に自殺。最愛の人、生まれてくる新しい命を奪われた妻の今宮沙織(木村多江)はスキャンダルがねつ造だと知り、ねつ造した塚本修二郎(神尾佑)、愛原サユミ(芹那)、南條夕子(横山めぐみ)への復讐を誓う。

「週刊星流」契約ライターになった沙織は、年商1500億円を誇るIT企業のイケメン社長との結婚式を10日後に控える人気絶頂の女優、サユミのスキャンダルを暴くために動く。世間的には清純派女優で通っているが、裏では俳優、モデル、スポーツ選手らと派手な恋愛を繰り返してきたサユミ。

これだけ遊んでいてもサユミは週刊誌にスクープされた事が一度もないのは、サユミの幼馴染でもあるマネージャーの足立奈津(小野ゆり子)が裏で手を回しているおかげだった。沙織は必死にサユミを守る奈津に接触を試みる。サユミを骨の髄まで炎上させるために・・・。

[PR]
# by noho_hon2 | 2017-10-13 04:59 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

刑事ゆがみ「超適当偏屈自分勝手非常識遅刻常習犯KY問題児、だけど天才」
e0080345_04511265.jpg原作は「弁護士のくず」で知られる、井浦秀夫による漫画、だそうですね。

独特な推理力を持ち、違法捜査も日常茶飯事の刑事・弓神適当(ゆがみゆきまさ)と、真面目で正義感あふれる新米刑事・羽生虎夫の凸凹バディが犯罪を解決する、1話完結の刑事ドラマ。

ただ、個人的に、神木クンの新米刑事ぶりが新鮮で、ゲストの杉咲花ちゃんの女車掌姿が、あまりにも健気で可愛く、いい感じの爽やかな組み合わせに見せたので、のちの展開に「あらま~っ」となってしまいました。

大後寿々花も出てるそうで、ちょっと楽しみです。

    (ストーリー)

弓神適当(浅野忠信)はうきよ署強行犯係の刑事。適当でだらしなく、人と一緒に行動することを嫌う変わり者だ。だが、ひとたび事件の捜査になると、常識やレッテルに惑わされず、ただひたすらに真実を追い求める男だった。

そんな弓神とバディを組むのは、上昇志向と正義感が強い若手刑事の羽生虎夫(神木隆之介)。早く出世したいと考える羽生にとって、違法捜査もお構いなしの弓神はやっかいな存在だ。弓神とは同期でもある強行犯係係長の菅能理香(稲森いずみ)も自分勝手な弓神には手を焼いていた。

ある日、女子大生の押田マイ(小倉優香)が、歩道橋下で仰向けに死んでいるのが発見される。死亡推定時刻は深夜1時。マイは酒を飲んで帰宅途中に、誤って階段から転落した可能性が高かった。が、死体を見て何かを感じた弓神は、羽生を巻き込んで勝手に捜査を始めてしまう。

弓神は、ハッカーの“ヒズミ”こと氷川和美(山本美月)からも情報を得て、事件当日、マイと一緒に飲んでいた友人・倉間藍子(大後寿々花)に会いに行く。すると藍子は、1週間ほど前にマイが電車内で痴漢した男を捕まえたこと、男から現金を受け取り警察には届けなかったこと、そして、その夜から嫌がらせを受け始めたことを打ち明ける。

弓神たちは、痴漢騒動があったうきよ台駅を訪れ、当日勤務していた駅員・坂木望(杉咲花)から話を聞く。望とは中学時代の同級生だった羽生は、思わぬ再会に心が躍る。やがて、弓神と羽生は坂木の協力を得て、痴漢疑惑の男・沢谷(岡田義徳)を発見するが…。

[PR]
# by noho_hon2 | 2017-10-13 04:51 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
おんな城主 直虎 第42..
from みはいる・BのB
おんな城主直虎 第42回..
from 平成エンタメ研究所
NHK大河ドラマ「おんな..
from 真田のよもやま話
【おんな城主 直虎】第4..
from ドラマ@見とり八段
科捜研の女17期第1話 ..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
相棒16期第1話(10...
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
【陸王】第1話 感想
from ドラマ@見とり八段
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)