アッパレ・ミセスに嬉しくなる
e0080345_9311390.jpg新聞からのヨモヤマ話…

ここのところ、朝日新聞夕刊の1面で「主婦ってなに?」って連載が続いてて興味深く読んでるんですが、昨日は若松美穂がとりあげられてて嬉しかったです。

つけられた肩書きは「カリスマ節約主婦」とか「スーパー読者」とか銘打ってあったですが、ほ~んと似たような企画。星の数ほどもいそうな登場者の中で、彼女は、出てきた当初から、ちょっと“光るものがあって”大注目してたんですよ。

場合によっては、彼女にスポットがあたり、しかも情報量が多いと、思わず買ってしまうほど。それだけに、「やはり、大新聞さんも、そう感じましたかぁ!」と、心密かに、むふっ♪だったのでした。

(当初の頃の、のんびりした、センスといい専業主婦の若奥さん風から、怒涛の取材によってか、どんどん「顔が、しまってきた」変化も、ある意味で目が離せなかったりしてね)

また、今朝の朝刊の投稿欄。リタイア組の夫婦の奥さんの手記が紹介されてたんですが「だんなさんの趣味である、お遍路経験」を、すっごく上手に“活かしてる”エピソードにも「ほ~ぉ」でした。

留守によって、お互いがお互いの貴重さを、再確認。
それに、奥さんが、ここぞ!とばかりに「ひとりの時しかできないこと」に精をだし、八十八箇所巡りの旅から帰った時は、身体もスリム化して健康になるし、表情も穏やかでイイ感じになるわ…

しかも、その体験を「みんなの前でオハナシする」ことによって、地域にも還元。とかく、リタイア後の男性が地域から浮遊しがちなリスクも回避。「なんて賢い。オミゴト!」と唸った次第。

どんどん、ワクワクする見本がでてきて嬉しいな嬉しいな
[PR]
# by noho_hon2 | 2005-11-09 09:46 | 日々のメモ | Trackback | Comments(2)

メイドかメードか?
e0080345_1855327.jpgじつに他愛ないことで、すみません (^^;)ゞ

メイド喫茶、などなど。ネット方面では、「メイド」が主流だけど、新聞とかでは、あくまで「メード」なんですね。

…ちょっと感心
[PR]
# by noho_hon2 | 2005-11-08 18:51 | 日々のメモ | Trackback | Comments(2)

何度もやり直した、あみだくじ (野ブタ。をプロデュース)
e0080345_185579.jpgひょっとすると、チャングムは別格。「あいのうた」は個人的趣味として、これが今期、作品的には1番、頭ひとつ抜けてる…かも。

今をときめくアイドルを起用しつつも、軸をなす、彼等彼女等が、じつに上手っ!

その成長を、繊細かつユーモラスに表現できるなんて… ほとんど「恐れ入りました~~っ」の感。

内側に「今を斬る」ほどの深~いものを抱えつつ、コミカルで軽い味つけといい、じつにセンスいいですもんね。夏木マリなぞ、じつにイイ味だしてるしぃ
 
何度もやり直した、あみだくじの綾に、思わず胸キュン…
[PR]
# by noho_hon2 | 2005-11-08 18:12 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(2)

殴られ上手、松潤 (花より男子)
e0080345_17525854.jpgう~ん、やはり松嶋菜々子、タダモノじゃないですね。

完璧なまでに漫画チックな世界で、これほどキマるなんて… 改めて、その資質。感服させられるばかり。

(今、求められてる人材って、こういうワールドに、ぴたっと“ハマる”“映える”キャラ、みたいな気がします。声優さんが人気沸騰し、今やチャートをにぎわしてきてるのも、そのショーコ?!)

なんだか、とにかく、その「ありえな~い!(怒涛のブルジョアぶり、とか)」と、つくし役の井上真央、道明寺司役の松本潤を見てるだけで「…満足…」なのでした。

友人とも盛り上がってしまいましたが、松潤よ「殴られ上手」は必ずや大成するよ。思わず太鼓判っ!
[PR]
# by noho_hon2 | 2005-11-08 18:00 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

少女編ラスト (チャングムの誓い)
e0080345_1745483.jpg今回で、ちびチャングムの活躍はおしまい。

きっと、容姿だけなら、もっと美形ちゃんもいたでしょうが、じつに表情豊かで、表現力(とくに健気さ)がビビッド。まさに「キミこそ、まさにチャングムだぁ!」の感ですよね。睫毛、長いし。

「いつも、ひとこと多いんですぅ…」みたく、師たるハン・サングンの前で嘆くシーンも可愛かったし、「…柿でございます」で、周囲を「ぎゃふんと言わせる」部分なぞ、もう最高っ!

宮中で陰謀、どろどろ渦巻く中「ここは、ひとつ、人形を据えてしまえ」のはずが、じつは白羽の矢が立った人物こそ、大器だった展開も、じつに痛快。

ダンナさんは「2回目なのに、楽しく見てるぅ」と笑いますが、だって、私の回路は、人間関係や利害関係の把握に弱く、リピートしてみて、はじめて「なるほど。そうだったのか(やっと納得)」なんですもの。面白いものは、何度みても面白~い!

最初は、いかにも悪そ~~な、太目チェゴサングン(失礼)が、どうして、気がつくとチョン・サングンに代わってたのか、すっかり忘れてたしぃ

でも、(2度目なのにぃ、と)笑ってるダンナさん。じつは、パソコンで編集しながら、痛快場面は2回みていることを、私は知っているぅ。ほほほ。

(画像は、11月だというのに、根性で咲く、ひまわり。…この、ズレ加減。なんだか他人と思えなひ…)
[PR]
# by noho_hon2 | 2005-11-08 17:49 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(6)

きっかけ
e0080345_9471776.jpge0080345_9325055.jpg

やっぱ、きっかけって不思議…

たとえば「バッグにデジカメを忍ばせてる」だけで、随分、日常風景も「違って見え」ますもんね。それに、たとえ、どんなに世間で流行ってて、興味はあっても、スーパーのイベント企画でハーブの種をもらわなければ「ゼロから育ててみよう」とは思わなかった気がします。

長い間、「文章を書く」だなんて、自分には無縁と思ってました。
第一、夏休みの読書感想文だなんて、苦痛の最たるもの!だったしぃ (^。^;)ゝ

強いていえば転校続きだったので、いただいたお便りを、そのままにしておくと「なんか気になるぅ…」性分ゆえ、お返事だけはマメに書いてた… ぐらいでしょうか?

今にして思えば、青春の摩訶不思議。
自分では、遠恋の自覚すら無かったのですが、あしながおじさんのジュディよろしく、どんなに彼が筆不精で、お返事こなくても、他愛ない話を綴って、送り続けるのが好きでした。

いつか、その報告自体が「ひとつの楽しみと励み」になってたんですね。…たぶん

そんなことも、すっかり忘れた頃。ネットへのきっかけは、「お手紙、うまいじゃん。楽しかったよぉ(し、知らなんだぁ!) きっと、向いてる…と、思う」と、彼におだてられたから。

「こんなに一生懸命、環境つくったのに、使わないともったいないと思わない?」と説得されて、渋々… 正直いって、最初は乗り気でありませんでした。電話線うりうりして、一体。何が面白いの?と、きわめて謎だったし。

かくして、つい木の登ってしまった豚(!)のワタクシメ… 彼が、パームやクリエに出会うまで「じつは、メモ大好き人間」であるのを知らなかったように、私も、こんなツボがあるとは思ってもみませんでした。びっくり。

そんな、タワゴトの道楽レポ… 遊びに来てくださって、本当にありがとうございます。
心から感謝感激。ふかぶか~~っ
[PR]
# by noho_hon2 | 2005-11-08 10:08 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

同じ20代半ばなのに…
e0080345_1812510.jpgかたや、26歳の杉村太蔵議員は、ほとんど星新一のショートショートさながらの展開。ひょんなことから、現代のオトギ話を地でいくし、

かたや24歳のNHK記者は、上司にガミガミされた腹いせか、放火魔になっちゃうし

でも、ある意味で2人は、なかなかのエリート。きっと高校時代なんか、似たようなポジションだったんだろうなぁ… ってより、むしろ困ったちゃん記者氏の方が、輝ける存在だった… かも

どこで、道が分かれてしまったのか、じつは当人が1番??かもしれませんね
[PR]
# by noho_hon2 | 2005-11-07 18:17 | 日々のメモ | Trackback(1) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
おんな城主直虎 第17回..
from あしたまにあーな
フランケンシュタインの恋..
from ぐ~たらにっき
小さな巨人 (第3話・2..
from ディレクターの目線blog@..
【おんな城主 直虎】第1..
from ドラマ@見取り八段・実0段
おんな城主 直虎 第17..
from みはいる・BのB
フランケンシュタインの恋..
from ディレクターの目線blog@..
孤独のグルメ Seaso..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)