ケーブルテレビがやってきて…
e0080345_18154448.jpgもうすぐ2週間。
日々、その映像の、あ~まりの美しさに感心しとりまする。というか、半ば、アングリ…

なまじ画面が大きい分。その差は歴然。なにげなく見えて、そのクリアさ、奥行き感の差は、ほとんど、トランジスター・ラジオがオーディオになったぁ! の感。

ダンナさん、いわく。
「な~んか、ここまでくると、空しくなるよな」
との感想に「…は?」
「ずっと同じ電波が流れてたのに、今まで見てたのって、一体。何?ってね」
に、思わず、ブハッ!

チャングムを見ながら、プチ・ダイエット中(単なる、オヤツを辛抱、だけだけど…)の彼が「ああ、食いたい~っ」と、ジタバタ。悶絶してるのも可笑しかったりしてね。
[PR]
# by noho_hon2 | 2006-01-30 18:28 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

高橋由伸選手、小野寺麻衣と結婚
またまた、野球選手&人気女子アナ・カップルの誕生となりましたね

たしかに、知り合うチャンスも多いし、ある意味で、運にも資質にも恵まれ、同じような風に吹かれてる2人は「似た者同士」を感じて、惹かれやすいのかもしれません。

…だけど、このふたり。顔の層までが「相似形カップル」に思われるのは私だけ?
e0080345_10481087.jpg

[PR]
# by noho_hon2 | 2006-01-30 10:39 | テレビ | Trackback(4) | Comments(2)

苦手とのつきあい方
e0080345_10141779.jpgエコ掃除から、思いがけず… 話の続き。

これが、きっかけで漠と感じてしまったのですが、「苦手とつきあうにもコツがある?!」と感じるようになってきました。

というのも、他の方は分かりませんが、私にとって「苦手意識」って、それだけで、かなりのストレス。でも、「逃げてる」から、よけい気が重くなるのかなぁ、って気もしてきて… ハタッ

たとえば私は、掃除、片付け、整理整頓の類が大の苦手。ある一定上やってると(あまりのダメさに)泣きそうになります。それに、気働き不足と、「すぐ、空想にふける」癖があるため「お世話する」系は、たまごっちでさえ「…ムリ…」と背をむけてたぐらいだったのですが… 

普通、6~7割で及第なところを、「2~3割できれば上等」とみて、地道に短時間だけコツコツやれば、「決してゼロでは無い」部分に救いと感じるようになりまして

「真似してみる」「つとめて短く」なら、イケるかも、と開眼。

それに、あえて苦手をとりいれると、対比効果で、得手や好きが「より輝いて感じられるっ!」のも、ちょっと新鮮な発見… 小さな光を感じてる今日この頃。

ほんの少~しだけ、亀の歩みなれど、前進の予感に、むふむふ。
[PR]
# by noho_hon2 | 2006-01-30 10:26 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

選ぶなら、たくさんある内に
e0080345_9525023.jpg昨年末、話題のエコ掃除(重曹と酢、石鹸の類を使用)にチャレンジしてみました。

結果。その時点では、比べてみて「う~ん、どちらかというと、短時間でダイナミックに落としたい時は、やっぱ強力洗剤に軍配かな?」と感じたのですが

最近、ふと思い立ってキレイにしたい時は、やっぱ、エコ掃除のテクって、お手軽&安心(やっぱり強力洗剤ってアフター・フォローが大変)でイイなぁ… と思うようになりまして

改めて本屋さんを見てみると、あれほど雨後の筍のごとくゴマンとあった、その類の本が、わずか1ヶ月の間にキレイになくなってるのに、アングリしてしまいました。ホリエモンに対する風向きの変化じゃないけれど、この変わり身の早さたるや、ほとんど感動モノっ?!

でも1度は「試しに、やってみて」方法&長短をマスターしてヨカッタなぁ… と実感。

同時に、「たくさんあるうちに、選んでおく」「道だけはつけておく」重要性を再確認… 肝にぐりぐり
[PR]
# by noho_hon2 | 2006-01-30 10:07 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

ちょいモテおやじのルーツ?!
e0080345_9284752.jpg週末の新聞。恒例・別冊ミニ特集で、この「私をスキーに連れてって(1986年)」が取りあげられてて、なかなかに興味深かったです。

とくに目から鱗だったのは、この作品を、今の若い子がみたら「当時の人って、こんなのも“異性のことで頭がいっぱい”だったんですか?」と、いたく感心してたリアクション。いうか、恋愛至上主義ぶりの指摘に「…なるほどなぁ」

たしかに現代では、他にも楽しいことがいっぱいだし、場合によっては生身の異性より、二次元の方が(裏切らないので)イイってな方も少なからずいらっしゃいますもんね。

作品からは大脱線ですみません。

いやね。唐突に思ったのですが、最近、話題になてる「ちょいモテおやじ」雑誌のブレイクは、本当に「モテたい」と願ってる、ってより、むしろ、多感な頃に培った価値観(あるいは空気)が心地よい… ってな傾向の現われなのかなぁ、と、ふと感じてしまったりしてね。

「今、再び、おやじロックがアツいっ!」みたいな記事や特集が、関心を集めてる現象じゃないけれど…

たとえば、そのかなり上世代… 若い頃に社交ダンスが流行ったり、フラダンスを習得したりした方の間で、そういうものが静かに深く熱く支持されてる旨じゃないけれど、

やっぱ、ヒトの核は「子供時代」あるいは「多感な頃」と「青春時代」に、なにに夢中で、なにが輝き、どういう道がついてるかに、生涯スパンで左右されるのかもなぁ、と改めてしみじ~み
[PR]
# by noho_hon2 | 2006-01-30 09:43 | 雑感 | Trackback(1) | Comments(0)

お茶犬、お米ギャラリー
ちなみに、右は「お米ギャラリー」さんです (^-^)

e0080345_17392843.jpge0080345_17393728.jpg

[PR]
# by noho_hon2 | 2006-01-28 17:41 | 街角スケッチ | Trackback | Comments(0)

どうなるんでしょ、ボビー
e0080345_17333589.jpg笑っちゃイケナイのですが、通訳決まらず聴取できずの記事に、思わずウケてしまいました。

一応、国際都市の日本でも、そういうことがあるだなんて…

そんな場所からやってきて人気者になったのですから、努力やストレスも大変なものだっただろうなぁ。疲れに金銭トラブルの理不尽が重なり、キレちゃったのかしらん?とか

だけど、おかげで年齢詐称がバレて、踏んだり蹴ったりだよね… (欧米ではアジア人の年齢が分からないのと似てる?)とか、思わず、うむむのむ、だったのでした。

日本人におきかえると、侍時代にヨーロッパに渡り、社交界で「ブレイクした」みたいなものだから、よくぞ、ここまで… と思えるんだけどなぁ。

個人的には、決してこれで消えてしまうことなく、良い方向に転んで欲しい気がするのでした。  
[PR]
# by noho_hon2 | 2006-01-27 17:41 | 日々のメモ | Trackback(1) | Comments(2)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
貴族探偵 第11話(最終回)
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第11話(最終話)
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 最終話
from ぷち丸くんの日常日記
貴族探偵 (第11話/最..
from ディレクターの目線blog@..
おんな城主直虎 第25回..
from あしたまにあーな
おんな城主 直虎 第25..
from みはいる・BのB
マッサージ探偵ジョー TOP
from ドラマハンティングP2G
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)