ボクらの時代 北川悦吏子×紫門ふみ×秋元康
e0080345_1583144.jpg言わずと知れた、稀代の時代のヒットメーカー達の夢の対談企画。

可笑しかったのは、2人ずつでは(雑誌の取材等で)会ってるのに3人揃うのは初めて、とのことに「へ~~っ」 意外や意外で、思わずウケてしまいました

紫門ふみから秋元康に疑問。「自分は柴門“さん”なのに、なぜに、北川悦吏子さんはオマエとか呼び捨てなの?」との疑問に 感覚的に“可愛い後輩っぽい”に、なるほ~ど。

考えてみると、柴門ふみ「ずっと、(昔から)“さん”づけで、呼び捨てにされたことはないなぁ…に、思わずクスクス (分かるっ!)

たしかに、呼び名に1番。外から見たキャラやポジション、みたいなものがあらわれますよね。面白いなぁ… このあたりの“なにげない目のつけどころ”自体が、時代の嗅覚へもあらわれてるのでしょうか? (^。^*)

柴門、秋本の興味が、北川悦吏子、天性のモテ・パワーみたいなものに着目。柴門ふみなぞ、思わず創作の参考にしてしまうとのこと。(余談として、トヨエツのモテ自覚ナシ話、可笑しかった)

「可愛いキャラ」として、「カチューシャがちゃんとできる(そういう、ディテールに気をつかえる、女子力のある)子」説に、ほかの2人がキョトン… これには、思わずウケてしまいました。たしかに、このあたりの着眼の差が面白くて (^m^)

個人的には、それぞれの代表作として、柴門ふみを紹介する際、フジテレビだった関係。「あすなろ白書」の映像が流れ、思わずブレイク前の初々しいキムタクに、思わず見入ってしまいました。

あと、当然のように秋元康の代表的な仕事として、「おニャン子クラブ」と「AKB48」が紹介されたのですが、柴門ふみ「男子の好きなタイプって、時代がかわっても全然、かわらないよね」とバッサリ。これにも、思わずウケました。(…言えてる…)

こたえて、秋元の「その一生懸命さ」と「進化してるから」と理由も付け加えてたのに「言えてる」 (案外、龍馬伝の数字… 視聴率は、それゆえん? 成長期に高かった)

紫門ふみの創作ベースとして、実在のモデル(っぽい人)がいるとのこと。
だから、業界のモテ・クィーン(!)の北川悦吏子なぞ、無性にディテールを観察したくなり、こういう人物がいると、こういうコトをしがちで、こういう空気になり、周囲が、このように対応し… あとの物語な顛末が腕の見せ所、説に「…なるほどなぁ」と唸ってしまったのでした。

とにかく、北川悦吏子。その天真爛漫さ、年齢不詳の「可愛い」オーラを持っていますものね。どこか阿木燿子や八千草薫にも通じる声と仕草の永遠さにタメ息。キャラ的に、永遠の少女性を感じます。(気のせいか、声が阿木燿子系)

それに対し、どうしても、秋元、柴門組は、同じ学校の生徒に例えると、「生徒会の重鎮」っぽい雰囲気が漂っていますもんね。エネルギーと聡明さに満ち「任せて安心」感があります。おふたりが、不公平感を訴きつつ、興味を感じるキモチ、分かる気がしたのでした。

「モテ」に関しては「持って生まれたもの、と50をすぎて、ようよう分かってきましたよ(達観できた?)」の秋元、柴門、両先輩の「参りました」発言みたいなのに、思わず、あははは…

その人物のもつセクシーさについては「幼稚園の水を飲む仕草で、既に決まってる」は… 言えてるかも。ダンスの上手な子や運動神経抜群な子、色っぽい子は、既に、この頃から全然、違いますもんね (^^;)

ドラマに関し、北川悦吏子いわく。現在、時代的には、刑事モノ、医療モノが支持されてて、恋愛モノがウケない時代。「だけど、自分が好きになれないものは、どうしてもダメ」に、「…らしいなぁ」と納得。「自分が好きになれないと」のキーワード、あとのふたりも大いに共感

現在。若い人が仕事や就活等で疲れ、昔みたいに、恋愛にエネルギーを注げない、説は「…言えてるかも」 その分「おひとりさま」が生きやすくなった、には「なるほど」

3人共、円満な結婚生活を送りつつも、そのディテールが、それぞれのキャラらしく、とても、個性に合った距離感と感想。柴門夫妻はもはや甘いムードには無縁みたいで、秋元夫妻が未だ結婚記念日してるらしき話に驚嘆していたし

柴門ふみのお嬢さんが、中学生ぐらいの頃かな? 親離れ宣言として「親のことは、10%ぐらいしか頭にない(あとは学校や友達)」発言をしたら、北川悦吏子、「そんなの、私、泣いちゃう」には爆笑してしまいました。

気のせいか、北川悦吏子の「私、(子供時代)頭よかった(のに、学級委員したことない)」発言で、お茶目に炎上してましたが、それも御愛敬 (^^;) 3人して、人生の折り返しを過ぎた年齢。でも、秋元は「いまだ、締め切りがあるからこそ… やり残したことがあるのはイイことだ」は、なかなか含蓄の深い発言だったかもしれません

3人を見てたら、ヒットメーカーとして、それぞれの分野で時代を席巻。でも、そういう眼力やパワーの源は、一般人と同じようなところにあるのかも。そういうベースにヒット作は作られるのかな?と興味深いものを感じました

でも、それを上手に「形にする」こと。「人々の心に響く」ことこそ、まぎれもなく才能!ですよね。選ばれし人です。思わず感慨無量 (^-^*)

(PS:北川悦吏子の黒髪ボブヘアー、ウィッグだったんですってね。知りませんでした。でも、微妙な別人感が、よくお似合いでプチ・サプライズ… こういうところがまた、天性の“姫な”勘所、なんでしょうね)
by noho_hon2 | 2010-10-10 16:00 | テレビ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://perple.exblog.jp/tb/13386192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 龍馬伝 さらば高杉晋作 SPEC 魔弾の射手!! >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
sneak a peek..
from tsunami
javtsunami
from Jav
best yano pu..
from kmhr
Tube Marco
from tubemarco porn
tsunami
from Yano purple ce..
TubeMarco
from Tubemarco jav
TubeMarco.com
from Tubemarco last..
最新のコメント
みっきーさん、ありがとう..
by noho_hon2 at 07:26
☆noho_hon2さん..
by みっきー at 16:20
ありがとうございます>ふ..
by noho_hon2 at 19:32
なんとなんとそうだったん..
by ふゆこ at 16:49
すみません。どうも、ミク..
by noho_hon2 at 15:17
関係ないことでごめんくな..
by ふゆこ at 20:47
松木よしの さん、こんに..
by noho_hon2 at 15:39
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)