人気ブログランキング |


鈴木先生 誰が好きだっていいじゃない
鈴木先生 誰が好きだっていいじゃない_e0080345_864818.jpgなんだか、毎回。凄いものを目の当たりにしてる感の、鈴木先生。ほとんど、お約束に、冒頭は、鈴木先生(長谷川博己)、小川蘇美(土屋太鳳)との妄想劇場から。

ついには駆け落ち(から、彼女の心変わり)まで、どんどん、エスカレートしたのは、逆に今回・妄想バイバイ… な結果になったから? (^^;)

オハナシは前回の続き。そこにいるだけで、年齢を問わず異性を魅了し、妄想を筆頭に、ただならぬ思いを抱かせてしまい、同性の同級生には、ライバル心や警戒心をかきたて、キモチを波立たせる少女・小川の存在。

みんな、彼女の「好きな人」の存在が気になってたまりません。鈴木先生は、勝手にうぬぼれてみたり、新任の続木護(夕輝壽太)先生が、じつは小川の幼馴染みであることにショックをうけ、崩壊寸前になってしまったり(笑えた。長谷川博己、うますぎ!)。当然、学校でも勝手な憶測で、噂が走りまくります。

ついには学級でコソコソ手紙が回り「その相手は鈴木先生」と噂されたことから波乱がおきてしまいます。追い詰められ、ショックをうけて、屋上に駆け上がってしまった彼女。小川は、まだ14歳のひとりの少女だったのでした。年齢相応に、悩める思いの丈を叫びます

ようよう落ち着いた保健室での告白。彼女は年齢以上に大人びたところを見せ「(人気ナンバーワンな)先生の背負ってるものや、苦労が分かった気がします。自分も頑張って、自分にとって、あるいはオトナが見て、“いいな”と思った少女役を演じてみせるから、先生も、どうか、逃げずに、みんなに慕われる先生でいてください。私も頑張るから」みたいに言われるシーンには、思わずジーーン。

うるうる… なんて、なんてオトナなんでしょ。というか、オトナになるしか無かったんでしょ、小川蘇美! どこまで健気なんだ。それに伴う、鈴木先生の「(妄想が)…逝った」の鳩パタパタな演出も可笑しかったけれどね。

あと、じつは続木も密かに小川の崇拝者で、それを更衣室で鈴木先生にコクり、抱き合って慰め合ったり、今回は遊び心を含めて、見どころ満載でしたね。それによる、エスパー恋人・麻美 との接近も、なるほど、と思わせたり、さすが、古沢良太の脚本です。

やはり、勝因はバランスの絶妙さ、ですよね。シリアスとユーモア。表の顔と裏の顔の落差が可笑しい、鈴木先生といい、妄想劇場といい、数々のチャレンジャー要素が、大いに楽しみだっただけに、それが無くなってしまう?のは寂しいけれど、どう展開していくのでしょうか? 読めないだけに、次はどうなるのか楽しみ楽しみ。

  (あらすじ 公式ページ)

竹地公彦(藤原薫)の一件は、鈴木章(長谷川博己)だけでなく、一部の生徒たちに思わぬ余波を残していた…。小川蘇美(土屋太鳳)に思いを寄せる藤山高志(桑代貴明)、出水正(北村匠海)、横関康輔(岡駿斗)、紺野徹平(齋藤隆成)たちを中心に、多くの生徒たちの心の中に「小川が好きな相手とは誰なのか?」という命題が渦巻いていた。
 
恋人の秦麻美(臼田あさ美)から、自分には特殊な能力があり、小川との妄想が見えてしまうことを告げられた鈴木は、衝撃を受けつつも、事実であることを認め、この問題に決着をつけると麻美に宣言。小川のことを断ち切ろうと決意する。
 
そんななか、退職した山崎潔史(山口智充)の後任として、続木護(夕輝壽太)がやって来る。イケメンで爽やかな続木に、職員室の外では早くも女子生徒たちが興味津々。そこに中村加奈(未来穂香)と小川が鈴木のところへやって来る。
 
ところが、続木の姿を見た途端に小川が硬直。しかも、お互いを「蘇美ちゃん」「護さん」と呼び合うふたりは、かつて同じ社宅に住んでいたご近所同士だと言うが、小川のただならぬ様子に鈴木は、ふたりの関係が激しく気になりだす。
 
しかし、続木の最初の授業は、2年A組とB組合同のプールの授業。続木先生の前で小川が水着姿をさらしているのかと思うと、鈴木の理性は壊れてしまう…。
 
プールの授業中、続木のかっこよさに多くの女子生徒がはしゃぐ中、入江沙季(松本花奈)は、職員室で見た続木と小川のことを、他の女子生徒たちに話してしまう。すると、噂は瞬く間に広がり、やがて「小川が好きなのは続木先生だ」との噂が流れ出す。
 
それを聞いた中村は、すぐに噂を潰しにかかり、軽はずみに話した入江を責める。だが、仲の良かった中村が急に小川と親しくなり、ここ最近疎外感を抱いていた入江は、嫉妬の念に駆られる。
 
小川を嫌うB組の神田マリ(工藤綾乃)は、入江から「小川の好きな人は鈴木先生だと思う」との言葉を聞き、入江と共謀して『小川蘇美の本命は鈴木』というメモを、A組とB組に回し始める。
 
メモは、瞬く間に各クラスを駆け巡り、噂としてどんどん広がり、思わぬ波紋を引き起こす。
by noho_hon2 | 2011-05-25 08:43 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)
トラックバックURL : https://perple.exblog.jp/tb/14837273
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 幸せになろうよ 好きって言っち... もようがえ・3 (パソコン本体... >>


備忘録として、折々で感じたままに綴ってます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
Situs Poker ..
from Situs Poker On..
agen poker t..
from agen poker ter..
シロでもクロでもない世界..
from ぐ~たらにっき
https://jrbo..
from https://jrbola..
juarabola
from juarabola
sci-wiki.com
from sci-wiki.com
sukajudi.yol..
from sukajudi.yolas..
最新のコメント
カテゴリ
検索
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)