人気ブログランキング |


カエルの王女さま 最終回「涙のラストソング」 
 カエルの王女さま 最終回「涙のラストソング」 _e0080345_7584848.jpg音楽堂の急なピン~チ!あり、陰謀あり、その画策あり、ゲリラライブあり、ヒロイン・澪(天海祐希)の旅立ちと、彼女への仲間達からのはなむけあり、と、盛り沢山の1時間でしたね。

音楽堂の工事が早まったいきさつや、裏陰謀、等々は、かなり強引で、突っ込みどころも満載だったけど(^^;)ゞ

目玉である、シャンソンズの「ショークワイア」と、ステージもふんだん。最後は、上手にまとめてたんじゃないかな、と感じました。

個人的には、せっかく、元・劇団四季の久野綾希子をキャスティングしたのだから、彼女には裏方でなく、瞬時でもイイ、歌って踊る場面を見たかったような… と感じたのは、私だけでしょうか? (岸部一徳と久野綾希子のデュエット、見たかったなぁ)

また、やはり集団になると、さすが、宝塚とAKB48で鍛えられてる天海祐希と大島優子は、ダンスのキレが違いますね。身長差が親子ほどあったれど、最前列で踊ってたのも分かる気がしたのでした

濱田マリは「お茶目なナレーターさん」と思ってたので、元・歌手でもある経歴に「へ~っ」 それと昨今の、俳優としての活躍ぶりに感心…

あと、市長ファミリー和解の回… 岸部一徳の青春時代を演じた俳優さんが、あまり似てたので驚いてたら、本当の親子で、しかも本職が歌手だと知って、2度びっくり、だったのでした。

正直いうと、幾度か挫折しかかったのですが、毎回の選曲が、けっこう楽しみになり、ヒット曲ほど、アレンジが異なったり、違う人が歌うと新鮮。物語とリンクした「ショークワイア」が、贅沢なカラオケ感覚で楽しみ、だったのでした。

物語的、キャスティング的には、かなり、もったいない感が多かったり、突っ込みどころも満載でしたが、天海祐希・劇場に、圧倒されて完走。なるほど、きわめた方の芸は違いますね。

日本版「グリー」を目指したのかな? でも、できれば、トラブル・ハードルの連続でなく、俳優さん達をもっと「上手に使った」、カラッと陽気な痛快劇が見たかった気がしたのでした。

    (あらすじ)

音楽堂に、取り壊しのための重機が入ってくる。現場監督によると、来週だったはずの工事が早まって明後日になったという。哲郎(小泉孝太郎)の調べで、ごみ処理場建設に関わる孫請け会社が、いつの間にか全て安見重建の関連会社に変わっていたことが判明する。さらに、その会社の経営者は、由芽市と合併しようとしている安見市長・鴻池(ミッキーカーチス)の三男だった。由芽市の井坂市長(岸部一徳)と哲郎は談合を疑い、安見市の不正を調べ始める。井坂は澪(天海祐希)に、安見重建のことは何とかすると宣言し、音楽堂を千人の客で埋め尽くして未来への可能性を見せてほしいと告げる。シャンソンズのメンバーたちに澪は、残りのチケットの販売、歌とダンスの習得、会場と衣装の準備を全て一日でやり遂げ、明後日に音楽堂でコンサートを開こうと訴える。
by noho_hon2 | 2012-06-22 08:37 | ドラマ | Trackback(16) | Comments(0)
トラックバックURL : https://perple.exblog.jp/tb/18229269
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< もう一度君に、プロポーズ 最終回 台風4号 >>


備忘録として、折々で感じたままに綴ってます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
Binary optio..
from Binary options..
Bandarqq Ter..
from Bandarqq Terpe..
building sur..
from building surveys
amoxicillin ..
from amoxicillin 500
togel Singap..
from togel Singapor..
Source Webpage
from Source Webpage
Read Homepage
from Read Homepage
最新のコメント
カテゴリ
検索
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳