人気ブログランキング |


天地明察
e0080345_1554350.jpg本屋大賞を受賞して話題になってた頃から興味を持ってたので、映像で見ることが出来て嬉しかったです。

惜しむらくは、主役のふたりの、話題性が先行しすぎて、映画作品的には損をしたように感じましたが、なかなか、お似合いのふたりです。じつに目の保養… (^。^*)

市川猿之助の関孝和がハマってました。
染谷将太が、いつにないキレイな役どころで新鮮…

やや、賛否両論あったみたいですが、私は面白かったし、感動しました。満足

    (解説)

2010年第7回本屋大賞を受賞した冲方丁の小説を、「おくりびと」の滝田洋二郎監督が映画化。20年以上の歳月をかけて日本独自の太陰暦を作り上げていく天文暦学者・渋川春海の姿を描く。江戸時代前期、碁打ちとして徳川家に仕え、算術や星にも熱心な青年・安井算哲(後の渋川春海)は、4代将軍家綱の後見人で会津藩主・保科正之に目をかけられる。その頃の日本では、800年にわたり使われてきた中国の暦にずれが生じはじめており、算哲は保科から新たな暦を生み出すという一大計画の責任者に任命される。主演は「V6」の岡田准一。算哲の妻となるえん役に宮崎あおい。その他、中井貴一、松本幸四郎らが共演。

    (ストーリー)

将軍に囲碁を教える名家の息子として生まれたものの、出世も富にも興味がないまっすぐで不器用な男、安井算哲(岡田准一)。星の観測と算術の設問を解いている時が一番幸せで、自分の好きなことに熱中しているときは周りがみえなくなってしまう。仕事である囲碁に疑問を感じ、いつも真剣勝負の場に身を置いていたいと願う熱い思いを心にひめていた。将軍・徳川家綱の後見人である会津藩主・保科正之(松本幸四郎)は、そんな算哲を見込み、800年にわたって使われていた暦の誤りを正し、新しい暦を作る大計画のリーダーに抜擢する。これには、大きな難関がふたつ待ち受けていた。ひとつは、日本全国で緻密な天文観測を実施すること。ふたつめは、古来の暦を重んじている朝廷に新しい暦を認めさせること。数々の挫折にも負けず、持ち前の誠実さとひたむきさで果敢に立ち向かっていく算哲。頼 もしい師や友人、そして愛する人に支えられ、決してあきらめない男・算哲と皆の夢をかけた、果しなき挑戦がはじまる―。
by noho_hon2 | 2016-01-04 15:06 | 映画 | Trackback(19) | Comments(0)
トラックバックURL : https://perple.exblog.jp/tb/24021267
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 読書と映画とガーデニング at 2016-01-04 15:13
タイトル : 映画・天地明察
2012年 日本 冲方丁さんの原作に素直に感動し、映画はどんな雰囲気に仕上がっているか、とても楽しみにしていました 350年前、徳川家綱の時代 将軍に囲碁を教える名家の息子として生まれた安井算哲(後の渋川春海) 長い年月をかけ星や太陽の観測を続け、日...... more
Tracked from Akira's VOICE at 2016-01-04 15:20
タイトル : 天地明察
「明察」の過程が簡単すぎて気が入らん。   ... more
Tracked from 日々“是”精進! ver.F at 2016-01-04 15:33
タイトル : 試写会「天地明察」
天は知れば知るほど、奥が深い… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209050000/ 天地明察(上) (角川文庫)冲方 丁 角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-05-18売り上げランキング : 160Amazonで詳しく見る by G-Tools 天地明察...... more
Tracked from 花ごよみ at 2016-01-04 15:38
タイトル : 天地明察
冲方丁作の同名小説の映画化。 監督は滝田洋二郎。 江戸時代、それまで使われてきた、 中国の暦に変わって、 新たな暦を作った人物である、 安井算哲を描いています。 岡田准一が安井算哲を演じます。 その妻には宮崎あおい。 徳川家に碁打ちとして、 仕えてきた算哲...... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2016-01-04 16:18
タイトル : 『天地明察』
□作品オフィシャルサイト 「天地明察」□監督・脚本 滝田洋二郎 □脚本 加藤正人 □原作 冲方丁□キャスト 岡田准一、宮崎あおい、佐藤隆太、市川亀治郎、笹野高史、       中井貴一、松本幸四郎、岸部一徳■鑑賞日 9月23日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの...... more
Tracked from こみち at 2016-01-04 16:30
タイトル : 天地明察
JUGEMテーマ:邦画     安井算哲役の岡田准一が、若い頃の真田広之に   そっくりですね。ナレーションが真田広之だったので   これまた驚きでした。   えんが拗ねたり怒ったりといろいろな表情を   見せてくれましたが、久しぶりに映画で観た宮崎あおいは   とても可愛らしい妻をうまく演じていま...... more
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2016-01-04 16:42
タイトル : 天地明察
実学の範囲内にとどまった明察 公式サイト。冲方丁原作、滝田洋二郎監督、岡田准一、宮崎あおい、佐藤隆太、市川猿之助、笹野高史、岸部一徳、渡辺大、白井晃、横山裕、市川染五 ...... more
Tracked from こねたみっくす at 2016-01-04 17:11
タイトル : 『天地明察』
算術バカの一代勝負記なのに人間ドラマが薄い。キャラクターがどれも魅力的なのに映画としては全く面白味がない。 第7回本屋大賞を受賞した沖方丁先生の原作を名の通ったスタッ ...... more
Tracked from 風に吹かれて at 2016-01-04 17:36
タイトル : 天地明察
日食で白黒つけるぜ公式サイト http://www.tenchi-meisatsu.jp原作: 天地明察 (冲方丁著/角川文庫)監督・脚本: 滝田洋二郎  「陰陽師」 「おくりびと」将軍に囲碁を教える... more
Tracked from 勝手に映画評 at 2016-01-04 17:38
タイトル : 天地明察
第7回本屋大賞を受賞した『天地明察』が原作。 確かに『天地明察』を原作にしているものの、内容はだいぶ違うかな。原作本が、安井算哲が数学・天文学に打ち込み、改暦を成すまでの鬼気迫る様子を描いているのに対し、映画では、確かに安井算哲が数学・天文学に打ち込ん...... more
Tracked from カノンな日々 at 2016-01-04 17:54
タイトル : 天地明察/岡田准一、宮崎あおい
2010年本屋大賞を受賞した冲方丁さんの小説を原作に映画化した娯楽大作時代劇です。本屋大賞受賞作やノミネート作品は基本的に好みなのが多いんですけど、最近は既に売れているヒッ ...... more
Tracked from うろうろ日記 at 2016-01-04 19:10
タイトル : 天地明察
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】岡田くんが天文学を元に、結構頑張っち... more
Tracked from 【徒然なるままに・・・】 at 2016-01-04 19:41
タイトル : 『天地明察』(2012)
冲方丁の小説は何となく題名だけは知っていたのですが、どんな内容なのかは全く知りませんでした。ただ本屋大賞を受賞したりで人気があるんだろうなあ、ぐらいに考えていたのですが、映画化が決まって予告編を見た際に、ああ面白そうだなと思ったものの、そのままにしてしまってました。物語は江戸時代、将軍家綱の治世に始まります。これまで採用されてきた暦が正確性に欠ける為、囲碁棋士の安井算哲という人物が正しい暦の作成を命じられ、多くの協力者を得、また数々の妨害を受け、失敗を繰り返しながらも遂に新しい暦を作り上げる、というも...... more
Tracked from 西京極 紫の館 at 2016-01-04 20:04
タイトル : 天地明察  監督/滝田洋二郎
【出演】  岡田 准一  宮崎 あおい  松本 幸四郎  中井 貴一 【ストーリー】 代々将軍に囲碁を教える名家に生まれた安井算哲は、対局よりも星と算術に夢中になり、時間を忘れてのめり込んでしまう事もしばしばだった。ある日、会津藩主の保科正之から日本全国で北極...... more
Tracked from だらだら無気力ブログ! at 2016-01-04 20:27
タイトル : 天地明察
渋川春海って“はるみ”って呼ぶんだ。ずっと“しゅんかい”だと思ってた。... more
Tracked from よくばりアンテナ at 2016-01-04 20:46
タイトル : 映画『天地明察』観てきたよ~~♪
原作でめっちゃ感動したので、 楽しみにしてたんですよ~~ 原作の感想はコチラ ストーリーも↑の原作の記事に書いてある通りです(^_^;) 映画を観ての感想は、 うん、北極星の観測に使う道具とか、大きくて、そんなの江戸時代に作ってたのか~と あらためてびっくりしたり、 登城するシーンで渋滞してるっていうのが、面白い。 こんなシーンは他の時代劇であんまり見ないよね。 ...... more
Tracked from ただの映画好き日記 at 2016-01-05 07:43
タイトル : 天地明察
碁をもって徳川家に仕える碁打ち衆の家に生まれた安井算哲(後の渋川春海)。囲碁以外にも、算術・神道など様々な知識を持つ算哲が最も愛したもの、それは星を眺めること。... more
Tracked from いやいやえん at 2016-01-05 13:49
タイトル : 天地明察
江戸時代に日本独自の暦作りに挑んだ実在の人物・安井算哲の生き様を描く時代劇ドラマ。原作は吉川英治文学新人賞、本屋大賞など数々の文学賞を受賞した冲方丁の同名小説、未読です。 将軍に囲碁を教える名家の息子として生まれたものの、出世も富にも興味がなく、星の観測と算術の設問を解いている時が一番幸せという算哲を、将軍・徳川家綱の後見人である会津藩主・保科正之は800年にわたって使われていた暦の誤りを正し、新しい暦を作る大計画のリーダーに抜擢する。難関は、日本全国で緻密な天文観測を実施する事と、古来の暦...... more
Tracked from オールマイティにコメンテート at 2016-01-05 22:40
タイトル : 「天地明察」数多くの失敗を重ねて知った暦を司る算術の答え..
「天地明察」は江戸時代前期に暦の改暦という重大な命を受けた安井算哲が算術と星の尺度で暦の改暦に挑むが様々なしがらみに阻害されながらも改暦を成し遂げるストーリーである。 ...... more
<< ラーメン大好き小泉さん2016... 新春ドラマスペシャル『坊っちゃん』 >>


備忘録として、折々で感じたままに綴ってます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
have a peek ..
from have a peek at..
tunes-interi..
from tunes-interior..
click the fo..
from click the foll..
mouse click ..
from mouse click th..
stay with me
from stay with me
linked inter..
from linked interne..
Wcwpr blog e..
from Wcwpr blog entry
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)