人気ブログランキング |


ドラマスペシャル 検事の本懐
e0080345_17345592.jpg実は、既に第三弾、だったのですね。

やはり、殿、こと上川達也、こういう骨太な物語の主人公として映えるなぁ、と感心。

ブレない男、佐方貞人を好演。

個人的には、ブランチを離れて、本業で本仮屋ユイカちゃんが頑張ってて嬉しかったです。

物語も、よくできていました。佐方の亡き父が残した29年前の謎が明らかに!

(少年時代を演じた、俳優さんが、上川に雰囲気が何となく似ていてヨカッタ)

シリーズ化も納得です。

      (ストーリー)

米崎地検検事・佐方貞人(上川隆也)庄司真生(松下由樹)は、東京地検特捜部の応援に駆り出されることになった。現在、特捜部では大物代議士・大河内定和(寺田農)と、“技術技能支援財団”代表理事・増元敬清(六平直政)の贈収賄事件の捜査に当たっていたが、疑惑の渦中にいた重要参考人、事業団の経理担当役員・園部勝也(稲田龍雄)が自殺。捜査の糸口が絶たれ、上層部は焦りを抱いていた。
 だが実際に東京地検に赴くと、参考人の取り調べなどの重要な捜査は特捜部が行い、応援組の仕事は些末なものばかり…。佐方は、事務官の加東栞(本仮屋ユイカ)からも「地方でのやり方はお忘れください」と冷静にいさめられてしまう。
 そんな中、次なる鍵を握る人物と思われた、事業団の経理責任者・葛巻利幸(手塚とおる)が行方をくらました。佐方は葛巻の残したメモを分析し、加東と共に彼の居場所に迫るが、結局見失ってしまう。
 その後、佐方は特捜部の主任検事・輪泉琢也(正名僕蔵)から、葛巻の従兄・岩舘啓二(春田純一)の事情聴取を行うよう命じられる。逃亡中の葛巻の居場所を吐かせろという指示だが、岩舘には余命いくばくもない母がおり、その見舞いに行きたがっていた。それを知った佐方はある“策”を講じて岩舘を救うが…!?
 一方、週刊誌記者・兼先守(山口馬木也)は、強制捜査を取材した際、佐方の存在を知り、佐方の父・陽世(中原丈雄)が逮捕された29年前の事件を思い返す。その事件は、陽世が顧問弁護士を務めていた建設会社会長の遺産5000万円を横領したというもの。陽世は容疑事実を認めたものの、完全黙秘を貫き、懲役2年の実刑判決を受けた。今回の一連の事件と29年前の陽世の疑惑を絡めて書けば面白い記事になるとにらんだ兼先は、広島に調査に赴く――。
 あらゆる手段を講じて、贈収賄の真相を闇に葬ろうとする大河内と増元。そして、検察の面子を守ろうと躍起になる特捜部。一方で、佐方の父の事件の真相を暴き、検察を地に貶めようと狙う兼先。それぞれの思惑が交錯する中、佐方がたどり着いた驚愕の真相とは…!?

by noho_hon2 | 2016-12-04 17:35 | ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://perple.exblog.jp/tb/25008066
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 真田丸「引鉄」 THE LAST COP/ラス... >>


備忘録として、折々で感じたままに綴ってます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
recent post ..
from recent post by..
More about t..
from More about the..
great post t..
from great post to ..
ロレックス レディース ..
from ロレックス レディース ベル..
Discover Mor..
from Discover More ..
check this s..
from check this sit..
on the main ..
from on the main page
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)