人気ブログランキング |


コウノドリ 第2シーズン 「自然分娩良い母になるリスク」
新米ドクター、赤西(宮沢氷魚)と、トーラック(帝王切開後の自然分娩)を希望する妊婦の蓮(安めぐみ)ファミリーの成長が見どころでした。

こんな大変な時に「屋台船」なんて言ってた、ダンナさんの、当初の呑気さと、やがて現実を知る部分も、ヨカッタです。

ラストの、サクラ(綾野剛)先生のピアノ演奏が素敵でした。誠実なドラマだと思います。

    (ストーリー)

ある日トーラック(帝王切開後の自然分娩)を希望する妊婦の蓮(安めぐみ)がサクラ(綾野剛)の元へ訪れる。

我が子を愛せていないのではないか不安になる蓮は、その理由の一つが帝王切開で生んだことにあると考え、次の出産はどうしても産道を通して産みたい気持ちを高めていく。 蓮の希望を優先してあげたいサクラと、ただでさえ人員不足なのに子宮破裂の危険があり、緊急事態を巻き起こしかねないトーラックはリスクが高すぎると考える四宮(星野源)は激しく意見が対立する。

一方、産科医にはなりたくないと言っていた研修医の吾郎(宮沢氷魚)はそんな蓮の出産に向き合うことにより、自分の中で何かが変わるのを感じていく。

by noho_hon2 | 2017-11-04 05:53 | ドラマ | Trackback(6) | Comments(0)
トラックバックURL : https://perple.exblog.jp/tb/26152734
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2017-11-04 06:34
タイトル : コウノドリ[2] (第4話・2017/11/27) 感想..
TBSテレビ系・金曜ドラマ『コウノドリ[2] 命についてのすべてのこと』(公式) 第4話『自然分娩 “良い母”になるリスク』の感想の第2弾。 なお、原作:鈴ノ木ユウ「コウノドリ」(漫画)は未読。 研修医・吾郎(宮沢氷魚)が報告を怠ったことで妊婦の体が危険にさらされた。サクラ(綾野剛)たちがすぐに対応したため、大事には至らなかったものの、四宮(星野源)は...... more
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2017-11-04 06:34
タイトル : コウノドリ[2] (第4話・2017/11/27) 感想..
TBSテレビ系・金曜ドラマ『コウノドリ[2] 命についてのすべてのこと』(公式) 第4話『自然分娩 “良い母”になるリスク』の感想の第2弾。 なお、原作:鈴ノ木ユウ「コウノドリ」(漫画)は未読。 研修医・吾郎(宮沢氷魚)が報告を怠ったことで妊婦の体が危険にさらされた。サクラ(綾野剛)たちがすぐに対応したため、大事には至らなかったものの、四宮(星野源)は...... more
Tracked from レベル999のgoo部屋 at 2017-11-04 08:13
タイトル : 金曜ドラマ『コウノドリ(2)』第4話
『自然分娩 良い母になるリスク』内容赤西(宮沢氷魚)が妊婦の情報を伝えたかったことを、激昂する四宮(星野源)“これだからジュニアは。。。”と。下屋(松岡茉優)も赤西の頬を平手打ちして、叱りつける。そしてサクラ(綾野剛)は、妊婦の体を普通の人と同じに考える危険性を伝える。 同じ頃、秋野蓮(安めぐみ)は、自身の娘・美奈のことを、十分に愛せていないのは、帝王切開のせいではと考えて...... more
Tracked from ぷち丸くんの日常日記 at 2017-11-04 14:55
タイトル : コウノドリ2 第4話
帝王切開後の自然分娩を希望する妊婦・蓮(安めぐみ)が、サクラ(綾野剛)の元を訪れます。 蓮は、帝王切開で出産したことが、わが子を愛せていない一つの理由なのではと考えていました。 サクラは、次の出産はどうしても産道を通して産みたいという蓮の希望を優先させてあげたいと考えます。 しかし、人員不足の中で子宮破裂の危険を伴うことから、四宮(星野源)は「リスクが高すぎる」と考えて、サ...... more
Tracked from ぐ~たらにっき at 2017-11-05 22:40
タイトル : コウノドリ #04
『自然分娩 良い母になるリスク』... more
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2017-11-06 18:14
タイトル : コウノドリ[2] の感想 ~かなり濃厚な第2弾~
TBSテレビ系・金曜ドラマ『コウノドリ[2] 命についてのすべてのこと』(公式) 第4話『自然分娩 “良い母”になるリスク』の感想のかなり濃厚な第2弾。 なお、原作:鈴ノ木ユウ「コウノドリ」(漫画)は未読。 研修医・吾郎(宮沢氷魚)が報告を怠ったことで妊婦の体が危険にさらされた。サクラ(綾野剛)たちがすぐに対応したため、大事には至らなかったものの、四宮...... more
<< ユニバーサル広告社~あなたの人... 相棒 Season16 「銀婚式」 >>


備忘録として、折々で感じたままに綴ってます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
simply click..
from simply click t..
http://ms-sk..
from http://ms-sk.c..
click the ne..
from click the next..
グッチ ラッシュ
from グッチ ラッシュ
Read More Li..
from Read More List..
http://www.h..
from http://www.hod..
click over h..
from click over her..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)