人気ブログランキング |


ミス・ポター (2006)
ミス・ポター (2006)_e0080345_08024514.jpg邪道かもしれませんが、20世紀はじめの、英国の田舎が美しく、逐一、その意識や習慣の差に感心。

ヒロインのレニー・ゼルウィガーが、とても魅力的で、オハナシも、すごく痛快でした。

はみだし個性を愛してくれる父と、出会った人々との愛情や友情もヨイです。

ただ、悲劇も待ち受けていたけれど、最終的には、ハッピーエンドでホッ

ほどよいユーモアもいい塩梅… 好きな作品です。


   (解説)

ピーターラビットの生みの親、ビアトリクス・ポターの波乱に満ちた半生を描いた感動のヒューマン・ドラマ。運命の出会いを果たした編集者と二人三脚で世界的名作を生み出すポターの逸話を2人の恋愛を絡めて描く。監督は『ベイブ』のクリス・ヌーナン。ポターに『ブリジット・ジョーンズの日記』のレニー・ゼルウィガー。彼女の初恋の相手となる編集者ノーマンをユアン・マクレガーが演じる。劇中で実現したポターとピーターラビットの劇的な共演が感動的。

   (ストーリー)

1902年、ヴィクトリア王朝時代。封建的で身分の高い女性が仕事を持つことなど考えられなかった時代に、上流階級の女性ポター(レニー・ゼルウィガー)は“ピーターラビットとその仲間たち”の物語を次々と出版する。やがて編集者のノーマン(ユアン・マクレガー)と恋に落ちるが、身分違いの恋には思わぬ運命が待っていた。

by noho_hon2 | 2018-01-07 07:50 | 映画 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : https://perple.exblog.jp/tb/26479880
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ノルウェー暮らし・イン・原宿 at 2018-01-10 16:55
タイトル : 映画「ミス・ポター」ゆかりの地をたずねて
いや~、正直言って、お土産付試写会でなかったら応募していなかった地味そうな映画。 ところがどっこい! なんだか~いいんだな~~この映画。 本当に癒される映画・・・・・・自然と微笑んで観ている自分がそこにいた。 このレビューは、2007年に試写会で観た時のもの。 今回はその撮影場所を訪れたのでレポを追記したYO☆... more
<< 敦煌 (1988) 幼獣マメシバ (2009) >>


備忘録として、折々で感じたままに綴ってます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
大河ドラマ『麒麟がくる』..
from レベル999のFC2部屋
連続テレビ小説『スカーレ..
from レベル999のFC2部屋
スカーレット (第97回..
from ディレクターの目線blog@..
病室で念仏を唱えないでく..
from ぐ~たらにっき
病室で念仏を唱えないでく..
from ディレクターの目線blog@..
心の傷を癒すということ ..
from ディレクターの目線blog@..
コタキ兄弟と四苦八苦 (..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
検索
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)