エラゴン 遺志を継ぐ者 (2006)
e0080345_15385757.jpg原作者がティーン・エイジャーとは知らなかったので、びっくりポン。しかも17歳で自費出版した10代のベストセラー?!

主役は、18万人から選ばれた新星エド・スペリーアスがエラゴンを演じた、ってところも話題だったのですね。

ああ、ファンタジー・ワールドだなぁ、と感じました。ILMが総力を挙げて生み出したVFXに注目、とのことでしたが、なるほどっ! 映像がビビッドです。

かなり賛否両論みたいですが、十代の作ならではの想像力が御愛嬌かな?

ほどよい華とダイナミックさのある、冒険活劇でした。

同じファンタジー小説がベースなのに、「霊の守り人」クライマックスだし、美術やキャスティングも豪華。よく出来ているのに、長丁場すぎたのが難だったのか、狭いレア・ファンに支持されてるのが、残念だなぁ…

    (解説)

15歳で物語を書き始め、17歳で自費出版した10代のベストセラー作家クリストファー・パオリーニのファンタジー小説を映画化。邪悪な王の圧政に苦しむ帝国アラゲイシアを舞台に、国を守るドラゴンライダーに選ばれた17歳の少年エラゴンが愛と勇気の冒険を繰り広げる。監督はジョージ・ルーカスのVFX工房ILM出身のシュテフェン・ファンマイアー。18万人から選ばれた新星エド・スペリーアスがエラゴンを演じる。ILMが総力を挙げて生み出したVFXに注目。

    (ストーリー)

かつてはエルフやドワーフが人間と共存する平和な土地だったが、今では邪悪なガルバトリックス王(ジョン・マルコヴィッチ)が支配する遥か彼方の帝国アラゲイシア。農場に暮らす17歳の少年エラゴン(エド・スペリーアス)は、ある日、森の中で光を放つ青い石を見つける。その石は、世界の命運を握るドラゴンの卵だった。

[PR]
by noho_hon2 | 2018-01-17 15:39 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://perple.exblog.jp/tb/26635854
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 初めての肩こり? 賭ケグルイ >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
もみ消して冬~わが家の問..
from ぐ~たらにっき
もみ消して冬~わが家の問..
from ぷち丸くんの日常日記
アンナチュラル (第7話..
from ディレクターの目線blog@..
映画評「モアナと伝説の海」
from プロフェッサー・オカピーの部..
もみ消して冬~わが家の問..
from ディレクターの目線blog@..
[PAN ~ネバーランド..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
「モアナと伝説の海」☆海..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)