anone 「あの謎の札束の真相とは?触れ合う孤独な2つの魂を引き裂いたのは誤解が招いた誘拐事件」
e0080345_08212351.jpgあら~、今度は、阿部サダヲに小林聡美が登場。どれだけ実力派が集合。豪華やねん。

今回は、スペシャル・メニュー・山芋たっぷりのお好み焼きでしたね。気のせいか、ユーモアと中和係担当かな?

ハリカ(広瀬すず)は、「林田印刷所」の名前を頼りに亜乃音(田中裕子)の元を訪ねます。かつて更生施設で一緒だった“カノン”こと紙野彦星(清水尋也)の病気を治すには、お金が必要だったので。

そして、2人で過ごす内、札束の謎と、15年前に失踪したはずの亜乃音の娘・玲(江口のりこ)が、死んだ亜乃音の夫・京介(木場勝己)と写っている写真が発見。少しだけ、亜乃音の事情が見えてきます。

なりゆきで、ネットカフェには戻らず、亜乃音の家で泊めてもらうことに。

また、2人が留守の「林田印刷所」に、冒頭の2人が強盗に。部屋を散々に荒らしていきます。

そこに、たまたまハルカが現れ、誘拐されてしまいます。

荒らされた家と、居なくなったハルカを見て、亜乃音の心中やいかに?

再び、偽札は作られる?

瑛太は何者? どういう関係者?

亜乃音と、娘・玲の切ない再会。多くの謎を残して、物語は続くのでした。

       (ストーリー)

かつて更生施設で一緒だった“カノン”こと紙野彦星(清水尋也)の病気を治すには、お金が必要であることを知ったハリカ(広瀬すず)は、「林田印刷所」の名前を頼りに亜乃音(田中裕子)の元を訪ねる。そこで再会を果たすのだが、亜乃音の持っていたあの札束の衝撃的な真相を知ることとなる。

さらに札束の出てきた床下の穴から、15年前に失踪したはずの亜乃音の娘・玲(江口のりこ)が、死んだ亜乃音の夫・京介(木場勝己)と写っている写真が発見される。
探していた娘が、隠れて夫と会っていたことに亜乃音はショックを受ける。

一方、舵(阿部サダヲ)が幼なじみの西海(川瀬陽太)に言われるままカレー店を乗っ取られようとしていることを知ったるい子(小林聡美)は、札束を燃やして捨てる人間がいるくらいだから、世界には裏メニューがあると、何かたくらみを抱いている様子…。

そして、写真の情報をもとに玲の足跡を辿るハリカと亜乃音が知るのは更に切ない現実で…。

[PR]
by noho_hon2 | 2018-01-18 08:21 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : https://perple.exblog.jp/tb/26638888
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ぐ~たらにっき at 2018-01-18 23:15
タイトル : anone #02
『あの謎の札束の真相とは?触れ合う孤独な2つの魂を引き裂いたのは誤解が招いた誘拐事件』... more
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2018-01-19 00:41
タイトル : anone (第2話・2018/1/17) 感想
日本テレビ系・水曜ドラマ『anone』(公式) 第2話『あの謎の札束の真相とは?触れ合う孤独な2つの魂を引き裂いたのは誤解が招いた誘拐事件』の感想。 亜乃音(田中裕子)の‘秘密’を握ったハリカ(広瀬すず)は、印刷所兼住まいを訪ね、口外しない代わりに印刷所で働きたいと申し出る。しかし、亜乃音は1年前に夫・京介(木場勝己)が急死して以来、営業はしていないと頼み...... more
<< ラーメン大好き小泉さん 相棒 Season16 「暗数」 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
『トリガール!』をユナイ..
from ふじき78の死屍累々映画日記..
高嶺の花 第2話
from MAGI☆の日記
劇場鑑賞「美女と野獣」
from 日々“是”精進! ver.F
『トリガール!』('17..
from みはいる・BのB
高嶺の花 第2話
from ぷち丸くんの日常日記
トリガール!
from あーうぃ だにぇっと
映画「美女と野獣(201..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
みっきーさん、ありがとう..
by noho_hon2 at 07:26
☆noho_hon2さん..
by みっきー at 16:20
ありがとうございます>ふ..
by noho_hon2 at 19:32
なんとなんとそうだったん..
by ふゆこ at 16:49
すみません。どうも、ミク..
by noho_hon2 at 15:17
関係ないことでごめんくな..
by ふゆこ at 20:47
松木よしの さん、こんに..
by noho_hon2 at 15:39
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)