家族の旅路 家族を殺された男と殺した男 「私は…一体何者なのだ!自分自身との対峙…祐介を待ち受ける苦難の道」
e0080345_06442427.jpg
うわ~~、真相は、意外や意外

主人公・大富祐介(滝沢秀明)、死刑囚、柳瀬(遠藤憲一)の元妻・礼菜(谷村美月)と紆余曲折あり、

育ててくれた親のもと、ベビー時代のアルバムを見ての気づき

疑惑、というか、謎を追っていく内、辿り着いた真実に、そのアイデンティティが、崩壊しかかり?!

そして、柳瀬と対面、語り始めます。

      (ストーリー)

 30年前、大富祐介(滝沢秀明)の両親と祖父は、生まれたばかりの祐介の目の前で、突然家に侵入してきた男によって殺害された。しかし今、その犯人として逮捕され死刑判決を受けている柳瀬光三(遠藤憲一)は、全くの冤罪である可能性が極めて高い。執念の調査で真犯人へ肉薄する祐介だが…。

 柳瀬を家族の仇として憎み続けてしまった祐介が過ごした30年は、冤罪であるにもかかわらず自ら進んで死刑に処されようとする柳瀬が独房で過ごした絶望の30年と同様に重い。真実を捻じ曲げたままになど絶対にできない。事件の真相を明らかにし、全力で柳瀬の冤罪を晴らすことを決意する祐介。

 しかし、柳瀬と光男を捨て、事件の発端を作ったとされる河村あかね(横山めぐみ)の父・花木重彦(目黒祐樹)は、祐介が事件の真相に迫ることに危機感を覚える。「浅利先生、この話、このまま伏せておいて貰う訳にはいきませんか…。本当ならあの一家こそ皆殺しになるはずだった、きっと世間にそう言われるんです、30年も前に起きた事件の為に…」

 さらに、祐介の育ての母・由美子(いしのようこ)も祐介が働く事務所を直接訪れ、所長の澤田(片岡鶴太郎)に、息子を何が何でも真実から遠ざけてくれるよう頭を下げる。「今になって真相を掘り起こせば、新たな苦しみが生まれることだって…」

 また、祐介の決意は、愛してしまった礼菜(谷村美月)との決定的な別れになりかねないある重大な真実を告げねばならぬことも意味していた。

 弁護士として、冤罪で死刑が執行されることなど決して認めることはできない。そして何より、なぜ柳瀬はやってもいない罪を被り今なお死刑になることを覚悟しているのか。自分の命と引き換えに葬り去ろうとする秘密とは?

 祐介の手によって、今、全てが明らかになろうとしていた。

[PR]
by noho_hon2 | 2018-03-04 06:18 | ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://perple.exblog.jp/tb/27116354
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 西郷どん「江戸のヒー様」 もみ消して冬~わが家の問題なか... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
22年目の告白 -私が殺..
from ぐ~たらにっき
「ドリーム」☆崇高な爽快感
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
dele/ディーリー 第5話
from ぷち丸くんの日常日記
金曜ナイトドラマ『del..
from レベル999のFC2部屋
金曜ドラマ『チア☆ダン』..
from レベル999のFC2部屋
dele/ディーリー (..
from ディレクターの目線blog@..
木曜劇場『グッド・ドクタ..
from レベル999のFC2部屋
最新のコメント
みっきーさん、ありがとう..
by noho_hon2 at 07:26
☆noho_hon2さん..
by みっきー at 16:20
ありがとうございます>ふ..
by noho_hon2 at 19:32
なんとなんとそうだったん..
by ふゆこ at 16:49
すみません。どうも、ミク..
by noho_hon2 at 15:17
関係ないことでごめんくな..
by ふゆこ at 20:47
松木よしの さん、こんに..
by noho_hon2 at 15:39
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)