トドメの接吻 最終回「感動の結末!キスがもたらす本当の愛…彼女の幸せを願う、切なすぎる決断」
e0080345_08400063.jpg
惜しむらくは、初回を見逃したので、ずっと謎が多かったのですが、美形率が高かったし、映像センスの面白さと、菅田将暉が出て、エンディングも歌ってた興味から見続けました。

ついに、キーマンである宰子(門脇麦)が、留置所から脱走した尊氏(新田真剣佑)から旺太郎(山﨑賢人)を守るため、旺太郎と美尊(新木優子)の結婚式で刺されてしまい、これまでのようなキスによるタイムリープができなくなりました。

しかし、謎のストリートミュージシャン・春海(菅田将暉)、一家心中の犠牲になったことがきっかけになり、キスによるタイムリープができるようになったようです。

それを知って、旺太郎は、すべての人を、特に、宰子に幸福をもたらしたい、とキスを申し出ます。

でも、タイムリープ後も今ある世界はパラレルワールドとして続いていくという春海の話を聞いた旺太郎は、今までタイムリープで完璧な人生を上書きしてきたわけではなく、パラレルワールドで自分の犯した過ちは一生取り返せないと知り、衝撃を受けるものの、果敢にチャレンジ。

果たして、最低のクズ男・旺太郎が知った本当の愛への決着のつけ方は?

なかなかに、爽やかでキレイな終わり方だった気がします。個人的には、あくまで目の保養だったかな? 納得 

      (ストーリー)

留置所から脱走した尊氏(新田真剣佑)から旺太郎(山﨑賢人)を守るため、旺太郎と美尊(新木優子)の結婚式で刺されてしまった宰子(門脇麦)。何度もキスをする旺太郎の努力もむなしく、すでに宰子に息はなく…。ショックから立ち直れない旺太郎だが、宰子の願いを叶えるため、美尊を愛して幸せになると誓う。そして尊氏のさらなる不祥事に衝撃が走る並樹家では、副社長の椅子を狙う郡次(小市慢太郎)の助けで、旺太郎の入籍と入社の準備が着々と進んでいた。

そんな中、旺太郎を殺す機会を狙って結婚式にも紛れ込んでいた和馬(志尊淳)が旺太郎の部屋に姿を現わす。愛を否定し続けてきたクズ男・旺太郎が愛に苦しむ姿を見て満足する和馬の言葉に、旺太郎は初めて自分の宰子への気持ちを自覚し、深い悲しみに絶望して…。

そして、住人のいなくなった宰子の部屋で目覚めた旺太郎の前に現れたのはまたしても謎のストリートミュージシャン・春海(菅田将暉)。過去に遡る力で人が幸せになれるのかを観察していたと話す春海は、ついに謎に包まれていた自らの正体を明かす!!タイムリープ後も今ある世界はパラレルワールドとして続いていくという春海の話を聞いた旺太郎は、今までタイムリープで完璧な人生を上書きしてきたわけではなく、パラレルワールドで自分の犯した過ちは一生取り返せないと知り、衝撃を受ける。

入籍と入社を目前に控える中、今まで自分が狂わせてきた人の人生に思いを馳せる旺太郎は、ある決意のもと、美尊を自分の部屋に呼び出し、初めて素の姿を見せる…。一方、結婚式で必死に宰子にキスする旺太郎の姿を見た美尊は、自分が宰子とのキスで経験したことが夢ではなく、宰子に時を戻す力があることに勘付いていた…。旺太郎から真実を知らされた美尊のとった行動はとても意外なもので…。

果たして、最低のクズ男・旺太郎が知った本当の愛への決着のつけ方とは!?清々しい感動の最終回!!

[PR]
by noho_hon2 | 2018-03-12 08:40 | ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://perple.exblog.jp/tb/27132422
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 映画 「聲の形」 (2016) 99.9-刑事専門弁護士- S... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
映画評「君の膵臓をたべたい」
from プロフェッサー・オカピーの部..
君の膵臓を食べたい・・・..
from ノラネコの呑んで観るシネマ
『君の膵臓をたべたい』
from 真紅のthinkingdays
映画『君の膵臓をたべたい..
from yutake☆イヴの《映画★..
『君の膵臓をたべたい』(..
from みはいる・BのB
君の膵臓をたべたい
from あーうぃ だにぇっと
木曜ドラマ『未解決の女 ..
from レベル999のFC2部屋
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
ドカベン46年目の最終回
at 2018-06-21 11:57
時を休もう
at 2018-06-12 09:32
君の膵臓をたべたい(2017)
at 2018-06-12 07:43
関根 大樹 写真展 反遠近法..
at 2018-06-09 18:23
銀魂 (2017)
at 2018-06-08 07:49
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)