正義のセ 「阿川佐和子原作お仕事ドラマ新米検事が初の殺人事件に挑む」
e0080345_08353343.jpg
物語が、阿川佐和子原作らしく「聞く」力によって、動くのに好感。

それぞれの事情なんだなぁ… と感心しました。親子問題に家庭内雨暴力とsnsの機微があったとは!

凜々子(吉高由里子)の実家が、下町で、実家でも、豆腐屋を継ぐ、継がない問題が起こってたところも興味深かったです。

おおむね痛快な余韻だったのに、安心

     (ストーリー)

ある日曜日、凜々子(吉高由里子)は優希(大野拓朗)と3ヵ月ぶりのデートをしていた。
しかし、徳永(塚地武雅)から「日直の仕事を変わってほしい」と連絡が。凛々子はすぐ仕事に行かなければならなくなり、またしてもデートはお預けになってしまう。

そんな中、凜々子は梅宮支部長(寺脇康文)から初めて殺人事件を任され、「頑張ります!」と大張り切り。相原(安田顕)は、張り切り過ぎると空回りする凜々子を心配して「常に冷静に落ち着いて」と釘を刺すのだった。

殺人事件の被疑者は、夫の義之(大澄賢也)を殴って死亡させた主婦・町田かれん(財前直見)。「夫の暴力から身を守るためだった」と殺意を否認するかれんの話を聞き、思わず同情する凜々子だったが、相原は、かれんに疑いを抱く。かれんには19歳になるまりあ(矢作穂香)という一人娘がいたが、娘がどこに住んでいるのか知らないと供述しており、「母親が、19歳の娘の居場所が分からないなんて」と、娘への態度に違和感を覚えるのだった。

その後、かれんが夫以外の男性と頻繁に会っていたという情報がもたらされる。さらに司法解剖によって新事実も明らかになり、殺意があった疑いが強まっていく。凜々子は供述の矛盾をかれんに突き付け、自白に追い込もうとするが……。

[PR]
by noho_hon2 | 2018-04-19 08:35 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)
トラックバックURL : https://perple.exblog.jp/tb/27206710
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 西風随想 at 2018-04-19 08:51
タイトル : 正義のセ 第2話
ある日、凜々子(吉高由里子)は支部長・梅宮(寺脇康文)から、主婦・かれん(財前直見)が口論の末、夫・義之(大澄賢也)を花瓶で殴り殺した事件を任される。初の殺人事件に奮起する凜々子だが、相原(安田顕)は不安顔。殺人事件では被疑者の殺意の有無によって刑罰が異なるため、検事の見極めが重大となるのだ。いよいよかれんの取り調べに臨んだ凜々子は、殺意を否認して後悔している様子の彼女に思わず同情してしまう...... more
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2018-04-19 10:31
タイトル : 正義のセ (第2話・2018/4/18) 感想
日本テレビ系・水曜ドラマ『正義のセ』(公式) 第2話『阿川佐和子原作お仕事ドラマ 新米検事が初の殺人事件に挑む』の感想。 なお、原作の阿川佐和子「正義のセ」(角川文庫)は既読。 ある日、凜々子(吉高由里子)は支部長・梅宮(寺脇康文)から、主婦・かれん(財前直見)が口論の末、夫・義之(大澄賢也)を花瓶で殴り殺した事件を任される。初の殺人事件に奮起する凜々子...... more
Tracked from レベル999のFC2部屋 at 2018-04-19 18:05
タイトル : 水曜ドラマ『正義のセ』第2話
内容久々に、恋人・中牟田(大野拓朗)とのデートを楽しむ凜々子(吉高由里子)そこに先輩検事・徳永太一(塚地武雅)から電話がある。妻子が熱を出し、帰らなければならなくなり、交代して欲しいと。慌てて地検にやってきた凜々子。すると相原(安田顕)もいた。すでに、仕事は引き継いでいると言うこと。早速、被疑者の取り調べをはじめる凜々子。翌朝、徳永から、感謝される凜々子。そんなとき、梅宮支部長(寺脇康文)の...... more
<< グッドモーニング・コール ou... 特捜9 「花嫁消失」 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
シグナル 長期未解決事件..
from ぐ~たらにっき
デイジー・ラック 第1話
from ぷち丸くんの日常日記
火曜ドラマ『花のち晴れ~..
from レベル999のFC2部屋
シグナル長期未解決事件捜..
from レベル999のFC2部屋
花のち晴れ~花男 Nex..
from MAGI☆の日記
シグナル 長期未解決事件..
from ぷち丸くんの日常日記
花のち晴れ~花男 Nex..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)