人気ブログランキング |


事警察 その男に騙されるな (2012)
事警察 その男に騙されるな (2012)_e0080345_07283230.jpg
2009年にNHKで放送され、人気を博したサスペンスドラマの映画化

キャスティングが、みな魅力と存在感たっぷり。

個人的に、華を添える、女性陣の、真木よう子と、尾野真千子が生命感たっぷりでビビッド。美しく撮れてるなぁ、ってのが印象に残りました。

物語も、サスペンスフルで、映像的にも凝ってました。映画化できてヨカッタですね。

    (解説)

警視庁公安部外事課を主舞台に国際テロリズムとの戦いをリアルに描き、2009年にNHKで放送されて人気を博したサスペンスドラマを映画化。11年、震災で揺れる日本にウランが持ち込まれたという情報が米CIAからもたらされる。かつて警視庁公安部外事4課ウラ作業班主任を務めていた住本健司は、現在は外事課から外され、内閣情報調査室に所属していたが、事件を追うため外事課に復帰。住本と外事4課のメンバーは、テロリストと交流があると疑われている企業・奥田交易の社長夫人を“協力者”に仕立て上げようと動き始める。しかしその矢先、住本が何者かに刺されてしまい……。主演はドラマ版に続き渡部篤郎。「男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW」のキム・ガンウらが出演。

by noho_hon2 | 2018-08-01 07:28 | ドラマ | Trackback(6) | Comments(0)
トラックバックURL : https://perple.exblog.jp/tb/27459685
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 映画のブログ at 2018-08-01 07:48
タイトル : 『外事警察 その男に騙されるな』 キッザニアでは体験できない
 「日本の公安は能力が低いですね」とは、2012年5月の中国の一等書記官・李春光氏の事件を受けた中国人記者の感想である。  当時、李春光氏はスパイではないかということで日本のマスコミが大きく取り上げた。この人物が人民解放軍のインテリジェンス部門である総参謀部第二部の出身らしいことから、スパイ話が盛り上がったのである。  しかし報じられたときには、すでに本人が中国に帰国していたこともあり、...... more
Tracked from 日々“是”精進! ver.F at 2018-08-01 13:48
タイトル : 劇場鑑賞「外事警察 その男に騙されるな」
全ては、住本の掌の上… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206020002/ 外事警察 その男に騙されるな オフィシャルガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 298号)東京ニュース通信社 2012-05-12売り上げランキング : 22146Amazonで詳しく見る b...... more
Tracked from あーうぃ だにぇっと at 2018-08-01 15:51
タイトル : 外事警察 その男に騙されるな
外事警察 その男に騙されるな@よみうりホール... more
Tracked from ノラネコの呑んで観るシネマ at 2018-08-02 17:16
タイトル : 外事警察 その男に騙されるな・・・・・評価額1650円
目を凝らしていても、騙される。 所謂カウンターテロリズム、カウンターインテリジェンスのスペシャリストとして、日本で暗躍する国際テロリストや外国の諜報員対策などに奔走する、警視庁公安部外事課、通称「外事警察」の活躍を描く骨太のサスペンス映画。 2009年にNHKで放送された同名連続テレビドラマのザ・ムービーだが、ほぼ独立した映画として構成されており、ドラマを観ていなくても問題ない。 ...... more
Tracked from みはいる・BのB at 2018-08-04 13:42
タイトル : 『外事警察 その男に騙されるな』 ('12・初鑑賞60・..
☆☆★-- (10段階評価で 5) 6月2日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:30の回を鑑賞。... more
Tracked from ノルウェー暮らし・イン・原宿 at 2018-08-04 23:24
タイトル : 「外事警察 その男に騙されるな」息詰まる2時間
NHKが本気を出したらすごい!を見せ付けてくれたドラマ「外事警察」 「ハゲタカ」同様、まるで映画みたいだなーと思っていたら、今度は本当に映画になった。 決して正体を明かさない『元外事警察官』が監修にあたっただけのことはある、骨太でリアリティのある展開は、息つく暇を与えないハードで白熱した人間の業のぶつかり合いだった。... more
<< 高嶺の花 「ついにももの正体が... 義母と娘のブルース 「私達は契... >>


備忘録として、折々で感じたままに綴ってます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
大河ドラマ『麒麟がくる』..
from レベル999のFC2部屋
連続テレビ小説『スカーレ..
from レベル999のFC2部屋
スカーレット (第97回..
from ディレクターの目線blog@..
病室で念仏を唱えないでく..
from ぐ~たらにっき
病室で念仏を唱えないでく..
from ディレクターの目線blog@..
心の傷を癒すということ ..
from ディレクターの目線blog@..
コタキ兄弟と四苦八苦 (..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
検索
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)