スペシャルドラマ『太陽を愛したひと~1964 あの日のパラリンピック~』
e0080345_09141266.jpg
1964年、東京パラリンピックを成功に導いた伝説の医師・中村裕の奮闘と生涯を描いた物語

リハビリと言う言葉もなかった時代に、障害者の自立に一生を捧げた医師役に向井理。そんな夫を支える妻役に上戸彩。その波乱の人生を描いた感動的な内容

NHKらしい、誠実なドラマ。

情熱の人、中村裕を演じた向井理もヨカッタですが、健気に家庭を守りつつ、夫を支えた上戸彩も、とても似合ってました。

特に、要となる青年を演じた、志尊淳…

部活中、事故で車椅子生活を余儀なくされる。中村と出会い、車椅子バスケを薦められるが、当時の日本では常識はずれなこと。強引な中村の誘いに心が動き、車椅子バスケを始め、やがて中村が作った障害者用の施設で働き、そして、なんと結婚まで!

見事な演技でした。

尾上松也も、中村を支える意味で、美味しい役回り。パラリンピックの水泳で、頑張る、安藤玉恵の姿も感動的でした

ナレーションも岸恵子と贅沢。素晴らしい内容だっただけに、この尺で観るのは、ちょっともったいない気さえしたほど。

ぜひ、多くの人に観て欲しいドラマです。

     (ストーリー)

1960年、研修先のイギリスでスポーツを取り入れた障害者医療を学んだ整形外科医・中村裕(向井理)は、研修中ひとつの言葉に出会う。

『失ったものを数えるな。残っているものを最大限に生かせ』

その後、この言葉は彼の人生の原動力になる。

帰国後、中村は障害者スポーツをなんとか広めたいと奮闘するものの、その頃の日本にはまだ「リハビリ」という言葉もなく、「見世物にしないでほしい」などの抵抗に遭う。しかし、ひとりの少年との出会いをきっかけに、車椅子バスケットを少しずつ普及させていく。

そんな彼に、第2回のパラリンピックとなる東京パラリンピックを実現せよという依頼が来る。立ちはだかる”社会の常識”という壁。障害者の家族からの反対…

しかし、家族や仲間の支えでそれらを乗り越え、1964年東京パラリンピックを成功に導き、その後、障害者自立支援のための施設の設立など、障害者の社会復帰に一生を捧げた。


[PR]
by noho_hon2 | 2018-08-23 09:14 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : https://perple.exblog.jp/tb/27513589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2018-08-23 10:00
タイトル : スペシャルドラマ「太陽を愛したひと~1964 あの日のパ..
NHK総合・スペシャルドラマ『太陽を愛したひと~1964 あの日のパラリンピック~』(公式) 『1964年の東京パラリンピックを成功に導いた伝説の医師・中村裕(向井理)。妻・廣子(上戸彩)の支えを受け、障害者の自立のため闘い続けた。取材をもとに初ドラマ化!』の感想。 なお、原案となった漫画三枝義浩『太陽の仲間たちよ』 (KCデラックス 週刊少年マガジン)は未読。現在は...... more
<< グッド・ドクター 「元小児外科... 高嶺の花 「第二章新しい出会い... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
結婚>『まんぷく』第18話
from 何がなんだか…ひじゅに館
相棒17 テレ朝(10/..
from ぬるーくまったりと 3rd
連続テレビ小説『まんぷく..
from レベル999のFC2部屋
土曜ドラマ『ドロ刑-警視..
from レベル999のFC2部屋
まんぷく (第18回・1..
from ディレクターの目線blog@..
ドロ刑 -警視庁捜査三課..
from ディレクターの目線blog@..
映画評「ふきげんな過去」
from プロフェッサー・オカピーの部..
最新のコメント
みっきーさん、ありがとう..
by noho_hon2 at 07:26
☆noho_hon2さん..
by みっきー at 16:20
ありがとうございます>ふ..
by noho_hon2 at 19:32
なんとなんとそうだったん..
by ふゆこ at 16:49
すみません。どうも、ミク..
by noho_hon2 at 15:17
関係ないことでごめんくな..
by ふゆこ at 20:47
松木よしの さん、こんに..
by noho_hon2 at 15:39
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)