人気ブログランキング |


ボヘミアン・ラプソディ (2018)
e0080345_07181391.jpg
去年、巷を席巻して、多くの受賞となった話題作を、ネットでレンタル

大画面で、思う存分、堪能できました

なるほど、みなさんの、ソックリさんぶりがハンパなく、オハナシも、ありあまる才能と繊細さがゆえの光と影。メンバー達の友情も温かく、上手に作られてました。ヒットも納得です。

音源は、まんま使ったのが成功も一因ですね。

役者さんの熱演と、なりきりも素晴らしかったけれど、エンドクレジットでの、本物の、あまりのかっこよさに、改めて感動…

良い作品でした。フレディ、よかったね。

       (解説)

世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカルで、1991年に45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマ。クイーンの現メンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮を手がけ、劇中の楽曲には主にフレディ自身の歌声を使用。「ボヘミアン・ラプソディ」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった名曲誕生の瞬間や、20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」での圧巻のパフォーマンスといった音楽史に残る伝説の数々を再現するとともに、華やかな活躍の裏にあった知られざるストーリーを描き出していく。「ナイト ミュージアム」のラミ・マレックがフレディを熱演。「X-MEN」シリーズのブライアン・シンガーがメガホンをとったものの完成前に降板するなど製作トラブルも伝えられたが、公開されると世界中で観客に受け入れられ、日本でも2018年公開映画でトップとなる興行収入127億円を突破。社会現象とも呼べる大ヒットとなった。第76回ゴールデングローブ賞では最優秀作品賞(ドラマ部門)、最優秀男優賞(ドラマ部門)を受賞。第91回アカデミー賞でも作品賞を含む5部門にノミネートされ、主演男優賞ほか4部門を受賞した。

by noho_hon2 | 2019-05-05 07:18 | 映画 | Trackback(14) | Comments(4)
トラックバックURL : https://perple.exblog.jp/tb/28281557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from キネマのマ ~ りゃんひ.. at 2019-05-05 14:10
タイトル : 『ボヘミアン・ラプソディ』: 音楽の厚みほど、映画は厚く..
久しぶりに新作映画をロードショウで鑑賞です。 もしかして、10月は劇場で新作を観ていない?? 今月はこの作品を皮切りに、何本か食指の動く作品が登場するので、この先も楽しみです。 映画は『ボヘミアン・ラプソディ』。 英国のスーパーバンド、クイーンのリードボーカル、フレディ・マーキュリーの物語です。... more
Tracked from とらちゃんのゴロゴロ日記.. at 2019-05-05 15:37
タイトル : ボヘミアン・ラプソディ
ちょうど青春時代をともに歩んだ憧れの存在が、こんな波乱万丈の軌跡を辿っていたとは知らなかった。栄光の影にある苦悩から、ラストシーンのライブ・エイドに昇華される映画は涙を流しながら見た。... more
Tracked from いやいやえん at 2019-05-05 15:50
タイトル : ボヘミアン・ラプソディ
【概略】 1970年のロンドン。ルックスや複雑な出自に劣等感を抱くフレディ・マーキュリーは、ボーカルが脱退したというブライアン・メイとロジャー・テイラーのバンドに自分を売り込む。類いまれな歌声に心を奪われた二人は彼をバンドに迎え、さらにジョン・ディーコンも加わってクイーンとして活動する。やがて「キラー・クイーン」のヒットによってスターダムにのし上がるが、フレディはスキャンダル報道やメン...... more
Tracked from 旅と遺跡とセルベッサ at 2019-05-05 21:28
タイトル : 『ボヘミアン・ラプソディ』を見てきました
上映中の映画、『ボヘミアン・ラプソディ』を見るため、地元ちかくの映画館、イオンシネマ守谷へ行ってまいりました。... more
Tracked from 新・辛口映画館 at 2019-05-05 22:17
タイトル : 「ボヘミアン・ラプソディー」@109シネマズ川崎
      公開から1月以上過ぎた平日夜。2D字幕版を上映するシアター1には40~50名位の客入りで年齢層は高め。入場時にグリーティングカードがもらえた。    ... more
Tracked from ごみつ通信 at 2019-05-06 01:54
タイトル : ボヘミアン・ラプソディー
Bohemian Rhapsody 2018年/イギリス・アメリカ (監)ブライアン・シンガー (演)ラミ・マレック ルーシー・ボーイントン グウィリム・リー ベン・ハーディー ジョセフ・マッゼロ エイダン・ギレントム・ホランダー マイク・マイヤーズ アレン・リーチ アーロン・マカスカー ☆☆☆★★★... more
Tracked from 或る日の出来事 at 2019-05-06 07:26
タイトル : 「ボヘミアン・ラプソディ」
フレディ、そして、クイーン!... more
Tracked from よくばりアンテナ at 2019-05-06 20:10
タイトル : 映画『ボヘミアンラプソディー』
今さらですけど、ご覧になりましたか? 感想は観た直後は書けないなぁって思ってたし、 書かないような気がしてた。 でも、やっぱりね〜〜 2回も観に行ったし、 車の中ではクイーンの曲をずーっとエンドレスで聴いちゃってるし、 何でかハマってしまってる。 時代背景がもう自分が洋楽聴いて、バンドやってた時代そのもので だから懐かしさもあって響いてるんだと思ってた...... more
Tracked from FREE TIME at 2019-05-06 20:43
タイトル : 映画「ボヘミアン・ラプソディ」
映画「ボヘミアン・ラプソディ」を鑑賞しました。... more
Tracked from みはいる・BのB at 2019-05-07 13:01
タイトル : 『ボヘミアン・ラプソディ』('18初鑑賞74・劇場)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 11月9日(金) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン7にて 12:00の回を鑑賞。2D:字幕版。 11月16日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 16:00の回を鑑賞。2D:字幕版。... more
Tracked from 映画に夢中 at 2019-05-07 18:48
タイトル : ボヘミアン・ラプソディ
伝説のバンド“クイーン”の栄光と知られざる苦闘の物語を、リード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーの短くも壮絶な人生を軸に描き出した感動の音楽伝記映画。バンド・メンバー、ブライアン・メイとロジャー・テイラーの全面協力の下、バンドの誕生から、今なお語り継がれる“ライヴ・エイド”での奇跡の復活までが、全編を彩るクイーンの名曲の数々をバックに、自らのコンプレックスと格闘し続けたフレディ・マーキュリーの愛と孤独とともにドラマチックに描かれていく。主演はTV「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」のラミ・マ...... more
Tracked from ノラネコの呑んで観るシネマ at 2019-05-07 20:30
タイトル : ボヘミアン・ラプソディ・・・・・評価額1750円
魂の歌を聴け! 冒頭のロックな20世紀フォックス・ファンファーレからテンションMAX、今年一番のアガる映画だ。 20世紀の音楽シーンを代表する、数々の大ヒット曲で知られるイギリスのロックバンド、クイーンのリードボーカルで、45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーをフィーチャーした音楽伝記映画。 
1970年にブライアン・メイとロジャー・テイラーのバンド、スマイルにフレディ...... more
Tracked from 象のロケット at 2019-05-08 00:05
タイトル : ボヘミアン・ラプソディ
1970年、イギリス・ロンドン。 昼は空港で働き、夜はライブ・ハウスに入り浸っていた青年フレディは、ギタリストのブライアンとドラマーのロジャーのバンドの新しいヴォーカリストとなり、ベーシストのジョンを加え、ロックバンド「クイーン」として活動を始める。 数々のヒット曲が生まれ、彼らは世界的大スターとなるが…。 音楽ヒューマンドラマ。... more
Tracked from rambling rose at 2019-05-10 13:02
タイトル : ボヘミアン・ラプソディ
70年のロンドン。生い立ちや容姿を気にしつつも積極的に行動し仲間と共にバンドQueenを結成したフレディ。そんな時、メアリーと出会い一目で恋に落ちてしまう。... more
Commented by at 2019-05-05 14:37 x
こんにちは。

フレディ良かったですが、性的マイノリティが、スターダムを上がって行く、という事ですね。だから、自分の不遇に対する、ルサンチマンではなく、個人的な成功でもなく、社会が良くなって行く、という、ファン活動を通して、そこに影響力のある若者目線のストーリーだと思いました。でも、音楽じたいはレトロですよね。良かったです。
Commented by ごみつ at 2019-05-06 01:59 x
こんばんは。

はじめまして。
拙ブログにTB有難うございました。

早速、私もTBさせていただきましたが、のほほんさんのTBは、「羊と鋼の森 」がはいってしまっています。(;^ω^)

お時間があれば訂正なさってみて下さいませ~。

「ボヘミアン・ラプソディー」見てからだいぶ、時間がたちましたが、今でも余韻冷めやらぬ感じです。
素敵な映画でしたよね。(*'ω'*)
Commented by noho_hon2 at 2019-05-06 14:11
隆さん、こんにちわ。コメント、ありがとうございます。たしかに、性的マイノリティは、今の日本のドラマ方面では、トレンドですもんね。私は、半世紀近くたっても、古びない音楽自体も素晴らしい、と感じました。成功に伴って、影がさすのは、お約束、だけど、感動です。天才の孤独と、仲間の友情も刺さりました。たしかに、レトロが新鮮でもあるかも、良い映画でした。
Commented by noho_hon2 at 2019-05-06 14:17
ごみつさん、申し訳ありませんでした。さっそく訂正させていただきますね。間違えた方は削除しておいてくださいね。平に平にお詫びします 「ボヘミアン・ラプソディー」、素敵な映画でした。
<< 羊と鋼の森 (2017) 神泡サーバと、つけ麺 >>


備忘録として、折々で感じたままに綴ってます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
kasct.org
from kasct.org
have a peek ..
from have a peek at..
tunes-interi..
from tunes-interior..
click the fo..
from click the foll..
mouse click ..
from mouse click th..
stay with me
from stay with me
linked inter..
from linked interne..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)