人気ブログランキング |


リバーズ・エッジ (2018)
リバーズ・エッジ  (2018)_e0080345_09162367.jpg
「ひょっとして…」とは思ってたのですが、やはり、原作は、岡崎京子の同名コミック、だったのですね。名作の評判、高し。1993年に雑誌「CUTiE」で連載されていて、半世紀の時を経て、行定勲監督が映画化。

(ちなみに、同じ岡崎京子の作品で、映画化された「ヘルタースケルター 」、「Pink、ヘルタースケルター 」の原作には、このように感じました)

二階堂ふみが、自由に生きようとする高校生役を演じた青春映画。

遺体が河原にあるという秘密を共有する、高校生3人の運命は……? という物語

本作品で、国際批評家連盟賞を受賞

R15+指定も、なるほど! の、色っぽいシーンの連続で、主役は、今をときめく、二階堂ふみで、相手が、これまた、現在、大ブレイク中の吉沢亮。西田尚美が母親役をつとめ、出てくる出演者。みな、なかなかに美しかったです。

怒涛のセクシー・シーンが話題になったのも、分かる気がして。

エンディングが、小沢健二とは、また粋な… でも、時代感が、とても合ってました。

    (解説)

監督は「ナラタージュ」の行定監督で、第68回ベルリン国際映画祭パノラマ部門で国際映画批評家連盟賞に輝いた。二階堂演じるハルナをメインに、吉沢亮が演じる山田、SUMIREが演じるこずえ、上杉柊平が演じる観音崎、森川葵演じるカンナといった登場人物陣が、学園生活や日常生活でもがき苦しむ姿を、行定監督は青春群像劇としてリアルな息遣いで描き出す。画面のサイズを敢えてスタンダードサイズにして閉塞感や息苦しさを表現しているが、ある場面で画面をビスタサイズに広げるという巧みな視覚演出も光る。

    (ストーリー)

女子高生の若草ハルナは、元恋人の観音崎にいじめられている同級生・山田一郎を助けたことをきっかけに、一郎からある秘密を打ち明けられる。それは河原に放置された人間の死体の存在だった。ハルナの後輩で過食しては吐く行為を繰り返すモデルの吉川こずえも、この死体を愛していた。一方通行の好意を一郎に寄せる田島カンナ、父親の分からない子どもを妊娠する小山ルミら、それぞれの事情を抱えた少年少女たちの不器用でストレートな物語が進行していく。ハルナ役を二階堂、一郎役を吉沢がそれぞれ演じる。

by noho_hon2 | 2019-06-20 09:16 | 映画 | Trackback(5) | Comments(0)
トラックバックURL : https://perple.exblog.jp/tb/28413230
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 映画批評的妄想覚え書き/.. at 2019-06-20 12:10
タイトル : 『リバーズ・エッジ』 ラストの解放感?
 原作は『ヘルタースケルター』などの岡崎京子の同名漫画。  監督は『GO』『世界の中心で、愛をさけぶ』『円卓』などの行定勲。  原作は岡崎京子の代表作とされる作品とのこと。一応、私自身もどこかで読んだ記憶はあるのだけれど、リアルタイムではなかったし、内容に関してはほぼ忘れていた。映画の最後にウィリアム・ギブソンの名前が出てきたときになって、ようやく“平坦な戦場”という言葉を急に思い出したけれ...... more
Tracked from あーうぃ だにぇっと at 2019-06-20 13:58
タイトル : リバーズ・エッジ
リバーズ・エッジ@TOHOシネマズ六本木ヒルズ... more
Tracked from プロフェッサー・オカピー.. at 2019-06-20 15:06
タイトル : 映画評「リバーズ・エッジ」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・行定勲 ネタバレあり... more
Tracked from ノラネコの呑んで観るシネマ at 2019-06-22 22:33
タイトル : リバーズ・エッジ・・・・・評価額1750円
誰もが、ギリギリの縁に立っている。 閉塞した日常を送る6人の高校生の物語。 彼らが抱える葛藤は、同性愛、摂食障害、不通の愛、暴力衝動、予期せぬ妊娠、etc。 孤独と焦燥の中で生きる10代の若者たちを鮮烈に描く、岡崎京子の代表作の一つ「リバーズ・エッジ」が原作出版からほぼ四半世紀を経て映像化された。 メガホンを取るのは、これが初の漫画原作作品となる行定勲。 「アズミ・ハルコは行方不明」が記憶...... more
Tracked from 象のロケット at 2019-06-23 09:26
タイトル : リバーズ・エッジ
女子高生・若草ハルナは、彼氏の観音崎がいじめる山田一郎を助け、お礼にと夜の河原に誘われる。 そこにあったのは放置された<死体>で、ゲイの山田と、後輩でモデルをしている拒食症のこずえは、それを宝物にしているのだという。 そんな2人とハルナは、奇妙な友情で結ばれていく。 一方、ハルナの友人ルミは、観音崎と体の関係を重ねていた…。 青春ドラマ。 R15+... more
<< 実は、行定勲監督。岩井映画、名... 染谷将太も、予想以上に凄かった >>


備忘録として、折々で感じたままに綴ってます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
大河ドラマ『麒麟がくる』..
from レベル999のFC2部屋
連続テレビ小説『スカーレ..
from レベル999のFC2部屋
スカーレット (第97回..
from ディレクターの目線blog@..
病室で念仏を唱えないでく..
from ぐ~たらにっき
病室で念仏を唱えないでく..
from ディレクターの目線blog@..
心の傷を癒すということ ..
from ディレクターの目線blog@..
コタキ兄弟と四苦八苦 (..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
検索
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)