彼ママと大話
最近、発見した、年齢を重ねたことによる、思いがけない醍醐味
それは「こういう想像力って、以前は無かったかも」ってな、新たな領分、であります。

うんと、ジンセーの先輩なる、身近な方々の(これまでは、想像も及ばなかった)違った側面… 具体的には、婚家や実家の両親、親戚、ご近所の方々。その子供時代、青春時代。あるいは新婚時代、等々。若かりし日の図が浮かび、妙に楽しくなってしまいます

思えば、社会人になったとき。気むずかしいエライさんも、お孫さんの前でデレデレになってたり、奥様の前でヘイコラしてたりする図をすると、なんだか、ほのぼのしてして憎めなくなったり、

どよどよシビアな会議も、SF(スターウォーズ等。ジャバザハットが沢山)や、時代劇(江戸城・松の廊下、などなど)を連想して遊んでしまう (…すみません)、
なんとも、妄想力だけは、時空をこえて駆けめぐるフトドキ者ではありましたが…

あるいは、ひょっとすると、年月の中。沢山のエピソードを聞いたり、思いがけず、昔の写真を見せていただいたりした関係。急に、ビジョンが膨らむ膨らむ?!

ここのところ、いまは義母なる彼ママや、実家の母と、以前とは違った感覚で、大話しまくり!なんですが、(ただし、9割分は、聞き役)「もしも、ふたりが、同じ教室の生徒さんだったら…」な~どと、いろんなシチェーションの空想図が浮かんできて、ひとり勝手にニマニマしてしまいます。

そういえば、以前。法事にいくと、田舎であるのと、たまたま、ひとり遠方からきてた関係。
「今夜はぜひ、うちに…」と、八方から引く手あまた。(ああ、なんて、ありがたい (ρ_;) ) 

結果。みんなの配慮で、最近、連れ合いを亡くし、おひとりになられた叔母のところに泊まることになったのですが、昔話で大盛り上がり。

「ああ、ビール飲むのも、こんなに話すのも笑うのも、久しぶりやわぁ…」
と、うんと楽しそうだったのが忘れられません。
知らなかった叔母の過去。そのジンセーや、諸々エピソードに「へ~ぇ」だったしね。

チビの頃は「親戚のおばさん」以外のナニモノでもなかった叔母にも、子供時代があったり、青春があったり、事情に翻弄されたり… その深さに、なんだか胸キュン。

そういう意味で、長く生きるのもワルクないなぁ… 
彼ママと、こんな風に大話する日がくるとは夢にも思わなかったしね。

なんだか、ほのぼ~の (^。^*)

(写真:分かりにくいですが、有名な学校の制服を着用してるらしき、リカちゃん)
e0080345_849492.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2008-01-28 08:28 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://perple.exblog.jp/tb/7150234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< SP 最終回 深キョン・マジック?! (未来... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
映画評「君の膵臓をたべたい」
from プロフェッサー・オカピーの部..
君の膵臓を食べたい・・・..
from ノラネコの呑んで観るシネマ
『君の膵臓をたべたい』
from 真紅のthinkingdays
映画『君の膵臓をたべたい..
from yutake☆イヴの《映画★..
『君の膵臓をたべたい』(..
from みはいる・BのB
君の膵臓をたべたい
from あーうぃ だにぇっと
木曜ドラマ『未解決の女 ..
from レベル999のFC2部屋
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
ドカベン46年目の最終回
at 2018-06-21 11:57
時を休もう
at 2018-06-12 09:32
君の膵臓をたべたい(2017)
at 2018-06-12 07:43
関根 大樹 写真展 反遠近法..
at 2018-06-09 18:23
銀魂 (2017)
at 2018-06-08 07:49
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)