好きも、ブーム型、渡り鳥型
e0080345_8352476.jpgやはり、生きていて楽しいのは「好きなこと」をすること。

だけど、この「好き」という思いやパワーも、クセモノ。
あまりにもアバウト、と知りつつ、大きくわけて、ふたつの方向性がある気がします。

ブーム型と、渡り鳥型があるように思われて

前者は、第三者から見ると「あれほど夢中だったのに…」って雰囲気で、「熱しやすく冷めやすい」の典型。ある時期、毎日のように通ったり、食べ続けたり、集めてたものが、ある日、突然。「憑きものが落ちた」ように「もう、いいや…」とパッタリ。

極端な場合。「あれは何だったの?」となるケースも決して少なくないですもんね。
いっときのアイドルに対する情熱、じゃないけれど

だって、私。小学校ぐらいの頃、いろんなものを飼うのに夢中でした。
転勤族でなければ、小動物にあふれてたかもしれません。でも、「引っ越しがあるから」「基本的に、動物は飼えない約束だから…」という理由で阻止され、観察ケース、等々で溜飲をさげることしきり。バッタや、コオロギ。やがて、落ちてたスズメの子、インコ、などなど。

小さなお人形の、ミニミニ・ドールハウスっぽいものを作ってみたり… だけど今は、その頃の勢いで生涯分の「お世話したい」欲を全部、使い果たしてしまったらしく、現在では、そちら方面、悲しいほどダメダメ。たまごっちでさえ、「…今は、遠慮しときます」ですもんねぇ

暮らしてると、どうしても回ってくる、お世話係や当番の類も、毎回。苦手意識と「向いて無くてゴメンよぉ」な自責の念のあまり、終わってしばらく、ふさぎこむほど。トホホ。
って、これは、ちょっと違うか。失礼失礼 (;^◇^;)ゝ

そういう意味で、渡り鳥形は、教えられなくても
ある周期。ある季節、きっかけがあると、むくむくと足がぁ… 
なんだかデジャブーのような感覚。「これは、いつかきた道?!」

しかも、毎回。同じようなパターンなれど、微妙に違う感じが「まるで、らせん階段のよう」で「…なるほどなぁ」と感じてしまいます

燃え尽きてしまうか、機会あらば、何度でも蘇るか?!
その分かれ道は、一体。どこなのでしょうか?

ちょっと面白いなぁ、と感じてしまったのでした
[PR]
by noho_hon2 | 2008-04-01 08:24 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://perple.exblog.jp/tb/7646537
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ネットで疑似体験 女部長・真木よう子 (ロス:タ... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
映画評「君の膵臓をたべたい」
from プロフェッサー・オカピーの部..
君の膵臓を食べたい・・・..
from ノラネコの呑んで観るシネマ
『君の膵臓をたべたい』
from 真紅のthinkingdays
映画『君の膵臓をたべたい..
from yutake☆イヴの《映画★..
『君の膵臓をたべたい』(..
from みはいる・BのB
君の膵臓をたべたい
from あーうぃ だにぇっと
木曜ドラマ『未解決の女 ..
from レベル999のFC2部屋
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
ドカベン46年目の最終回
at 2018-06-21 11:57
時を休もう
at 2018-06-12 09:32
君の膵臓をたべたい(2017)
at 2018-06-12 07:43
関根 大樹 写真展 反遠近法..
at 2018-06-09 18:23
銀魂 (2017)
at 2018-06-08 07:49
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)