カテゴリ:映画( 870 )

IT/イット“それ”が見えたら、終わり。(2017)
e0080345_06172550.jpg
この感じ。まるでS・キングみたいだなぁ、と思ってたら、本当に彼が原作、だったのですね。

実際「スタンド・バイ・ミー」を彷彿。

ホラー感も、ハンパなかったです。

やっと観る勇気が出た自分を褒めたいです。

    (解説)

S・キングの代表作を映画化した大ヒットホラー。子どもの連続失踪事件が相次ぐ田舎町を舞台に、少年少女たちが事件の中心にいる謎の存在“それ”に立ち向かっていく。

スティーブン・キングの代表作の1つで、1990年にはテレビドラマ化された「IT」を、「MAMA」で注目を集めた新鋭アンディ・ムスキエティのメガホンにより映画化。静かな田舎町で児童失踪事件が相次いで起きていた。内気な少年ビルの弟が、ある大雨の日に外出し、おびただしい血痕を残して姿を消した。自分を責め、悲しみにくれるビルの前に現れた「それ」を目撃して以来、ビルは「それ」の恐怖にとり憑かれてしまう。不良少年たちからイジメの標的にされている子どもたちも、自分の部屋、学校、町の中など何かに恐怖を感じるたびに「それ」に遭遇していた。「それ」の秘密を共有することとなったビルと仲間たちは、勇気を振り絞り、「それ」と立ち向かうことを決意するが……。

     (ストーリー)

1988年。メイン州の田舎町デリーでは、子どもが突然失踪する事件が相次いでいた。そんな中、吃音にコンプレックスを抱く少年ビルは幼い弟を土砂降りの外でひとり遊ばせるが、弟はそのまま行方不明になってしまう。やがて弟の失踪に責任を感じるビルをはじめ、負け犬クラブと揶揄されるいじめられっ子の仲間たちは、不気味なピエロの姿をした“それ”が事件の裏に隠れていることを知り、力を合わせて立ち向かおうとするが……。


[PR]
by noho_hon2 | 2018-11-02 06:11 | 映画 | Trackback | Comments(0)

先生! 、、、好きになってもいいですか? (2017)
e0080345_06351610.jpg
原作は、人気漫画家・河原和音の大ヒット少女コミック

生田斗真&広瀬すず共演で実写映画化

脇役たちもフレッシュで、目の保養。

切なくも胸キュンな恋物語、だったのでした。

でも、ヨカッタね、生田斗真&広瀬すず。ジャストな年齢で、このようなピュアピュア・ワールドを演じることができてラッキーとみた!

     (解説)

「俺物語!!」などで知られる人気漫画家・河原和音の大ヒット少女コミックを、生田斗真&広瀬すず共演で実写映画化。「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」などのヒットアニメを手がけてきた岡田麿里が脚本を担当し、「僕等がいた」でも生田とタッグを組んだ三木孝浩監督がメガホンをとった。弓道部に所属する女子高生・島田響は、クールで生真面目だが実は生徒への愛に溢れる世界史教師・伊藤貢作に恋をする。生まれて初めて誰かを好きになった響は、伊藤に対し自分の気持ちを率直にぶつける。伊藤はそんな彼女に惹かれながらも、教師という立場から一歩を踏み出せずにいたが……。

[PR]
by noho_hon2 | 2018-10-31 06:35 | 映画 | Trackback(1) | Comments(0)

氷菓 (2017)
e0080345_06315901.jpg
原作は、小説だったのですね。

人気作家・米澤穂信による青春学園ミステリー

やや、制服姿がキビシかったですが、山崎賢人、広瀬アリス主演で実写映画化

「やらなくてもいいことなら、やらない」を信条とする折木奉太郎は、入学したばかりの神山高校でも平穏な日々を望んでいたが、姉の命令で廃部寸前の古典部に入るハメに

古典部に伝わる、ミステリーを解明することになります。

伝説のヒーローとして、「なぞの転校生」でイイ味だしてた本郷奏多が、雰囲気でした。

その現在の姿が、千反田える(広瀬アリス)の、とても身近な存在で、キャスティングも渋かったです。

おもいのほか楽しめました。

    (解説)

『orange-オレンジ-』などの山崎賢人と『L-エル-』などの広瀬アリスを主演に迎え、小説家の米澤穂信の処女作を映画化した学園ドラマ。何事にも深入りしない省エネ男子と、何かといろいろなことに首を突っ込みたがる女子のコンビが、学園に隠された謎を解明していく姿を描写する。監督と脚本を担当するのは、『リアル鬼ごっこ』シリーズなどの安里麻里。テレビアニメ化もされた人気作を、安里監督がどのように撮り上げるのかに注目。

    (ストーリー)

神山高校に入学した折木奉太郎(山崎賢人)は、姉の指示で渋々廃部の危機にある古典部に入部する。もともと必要最低限のことしかやらない“省エネ主義”の彼は、ここで誰よりも好奇心旺盛な千反田える(広瀬アリス)と知り合う。さらに折木と中学校時代から付き合いがある福部里志と伊原摩耶花も入部してきて……。

[PR]
by noho_hon2 | 2018-10-29 06:32 | 映画 | Trackback(3) | Comments(0)

鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星 (2011)
e0080345_08080252.jpg
偶然、実写版 から見て「ああ、そうだった、そうだった…」と全体の流れと、印象的だったストーリーやキャラを思い出した分、興味深く見ることができました。

やはり、実写版には実写版の、アニメ版にはアニメ版の醍醐味がありますね。

コミック世界の壮大な設定や舞台。雰囲気を再現できるのは、アニメ版みたいな気がするし…  特に、異世界の活劇が醍醐味だった分、よりダイナミックで、スピードに迫力ありました。

かなり前に一世風靡の作品だっただけに、こういう、TV版新シリーズを受けた待望の劇場版、ってのも、また味ですね。

ちなみに、「鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」も見てます

   (解説)

鋼の錬金術師エドと弟アルのエルリック兄弟は、脱獄犯を追う中で、ある遺跡に隠された謎と巨大な陰謀に関わっていく。人気アニメのTV版新シリーズを受けた待望の劇場版。

2010年に堂々の完結を迎えた荒川弘の巨編ファンタジーコミックを原作とする劇場版アニメ。原作に準拠する2009年版のTVアニメシリーズを下敷きに、旅を続けるエルリック兄弟が巻き込まれた知られざる冒険として、劇場版ならではの新しいオリジナルストーリーが展開。「アマルフィ」などの人気作家・真保裕一が脚本を手掛け、かつて聖地とされた遺跡に隠された謎と巨大な陰謀が、壮大なスケールと迫力の錬金術バトルで描かれる。

   (ストーリー)


禁断の錬金術《人体錬成》を行なった代償に、それぞれ肉体の一部と全部を失った兄エド、弟アルのエルリック兄弟。身体を取り戻すすべを求める2人は、旅の途中、未知の術を使って逃走する脱獄犯メルビンを目撃し、その後を追う。やがて西の大国クレタとの国境の町にたどり着いた彼らは、かつてこの地に存在し、クレタに滅ぼされたミロス国のレジスタンスに属する少女・ジュリアと知り合い、その戦いに関わることになるのだが……。


[PR]
by noho_hon2 | 2018-10-28 08:08 | 映画 | Trackback | Comments(0)

鋼の錬金術師(2017)
e0080345_06344128.jpg
あの、大ヒット漫画・ハガレンの実写版

長いオハナシな分、登場人物やエピソードも絞ってあるし、キャスティングもなかなか合ってた気がしました。

主人公、「Hey! Say! JUMP」の山田涼介は、アニメ・ワールドの実写版によく似合う。

個人的にウケたのは、ウィンリィ役を本田翼と、ロス少尉の夏菜、美しき敵役、ラストの松雪泰子でした。

人気のマスタング役をディーン・フジオカが射止めてたけれど、個人的には、斎藤工もアリだった… かも (ネットでは、ミッチーをプッシュする論もあったみたいで、納得) (^^;)

賛否両論だったみたいですが、私は、半分、忘れてた分も手伝って、なかなかに楽しめました。

でも、最後、エドが門の前で、アルの人間姿に会うって、エピソードは、オリジナルかなぁ、とはた。

   (解説)

2001~10年に「月刊少年ガンガン」で連載され、テレビアニメ版も大ヒットを記録した荒川弘の人気コミック「鋼の錬金術師」を実写映画化。物質の構成や形状を変化させて新たなものに作り変える「錬金術」が存在する世界。幼い兄弟エドワードとアルフォンスは、死んだ母を生き返らせたい一心で錬金術最大の禁忌である人体錬成を行なうが失敗し、その代償としてエドワードは身体の一部を、アルフォンスは身体全てを失い鎧に魂を定着させた姿になってしまう。数年後、国家錬金術師の資格を得たエドワードは、失った身体を取り戻すため、絶大な力を持つという「賢者の石」を探す旅に出る。主人公エドワード役を実写版「暗殺教室」シリーズにも主演した「Hey! Say! JUMP」の山田涼介が務め、ヒロインのウィンリィ役を本田翼、エドワードたちの良き理解者である若き士官マスタング役をディーン・フジオカがそれぞれ演じる。監督は「ピンポン」の曽利文彦。

   (ストーリー)

鋼の錬金術師の異名を取る兄エドと、肉体を失い、よろいに魂を宿らせる弟アル。荒川弘の人気コミックを実写映画化、兄弟がたどる数奇な運命を描いた冒険ファンタジー。

亡くなった母親をよみがえらせるため、錬金術の禁断の技である人体錬成に挑んだ兄エドと弟アルのエルリック兄弟。だが術は失敗、代償としてエドは右腕と左脚を失い、アルは全身の肉体を失って魂だけがよろいに定着する存在となった。エドは自らの才能を過信して弟を巻き込んでしまったことに責任を感じ、国家錬金術師として各地を旅しながら、アルの肉体を取り戻すために必要な伝説の魔法石“賢者の石”を探していたのだが……。

[PR]
by noho_hon2 | 2018-10-28 06:34 | 映画 | Trackback | Comments(0)

水の旅人 侍KIDS(1993)
e0080345_06434537.jpg
大林ファンタジー。なんと、天下の山崎努が、ミニサイズの存在になり、半裸姿で駆け回ったり、なかなかのお茶目シーンが続くのが新鮮。

期待がなかった分、「んなアホな」と思いつつ、なかなかに楽しめました。

原田知世のお姿や、反抗期の伊藤歩が拝めたのも、収穫、だったのでした。

   (解説)

時空を越えてやって来た一寸法師のような小さな侍と少年との交流を、自然保護などのテーマを織り込みながら描くSFファンダジー。監督は「はるか、ノスタルジィ」の大林宣彦。末谷真澄の原作『雨の旅人』(マガジンハウス・刊)をもとに、末谷が脚本。撮影は「はるか、ノスタルジィ」の阪本善尚が担当。全篇の九〇%が合成シーンで、一寸法師のような少名彦役に「僕らはみんな生きている」の山崎努が挑戦している。主人公の少年とその姉役はそれぞれオーディションにより新人が選ばれ、また原田知世が「時をかける少女(1983)」以来久々に大林映画に出演したのも話題となった。

   (ストーリー)

小学二年生の楠林悟(吉田亮)は、姉・千鶴子(伊藤歩)に野球の球拾いに駆り出された川原で、雷に打たれて動かなくなった身長十七センチの小さな老武士(山崎努)を助けた。悟のおかげで息を吹き返した武士は墨江少名彦(すみのえのすくなひこ)と名乗り、自分は水源からやって来た水の精で、海を目指していると語る。悟は父・文博(岸部一徳)や学校の由紀先生(原田知世)から一寸法師の話を聞く。一方、少名彦は楠林家を探検し、ゴキブリやカラスと戦ったり、猫のホースケと戯れたり、悟に勇気や自然への優しさを教えたりするが、体は日増しに弱まっていった。そんな少名彦を助けようと、悟は春の学校キャンプ先できれいな水を求めて山の奥に入るが、その時に地震が起こり、悟は姉の野球ライバル・みゆきと共に豪雨の中取り残されてしまう。激流に飲みこまれる悟を助けたのは、駆けつけて来た少名彦だったが、そのため少名彦は瀕死の状態に。悟は由紀先生が奪ったパトカーに千鶴子と共に同乗し、少名彦を助けるため水源に向かう。洞窟の奥深く入り、水源の水を浴びた少名彦は、無事新たに生まれ変わり、海を目指して旅立つ。こうして気弱な少年だった悟は、この夏の少名彦との交流を通して、たくましく成長したのだった。...


[PR]
by noho_hon2 | 2018-10-26 06:43 | 映画 | Trackback | Comments(0)

少年メリケンサック (2008)
e0080345_17121943.jpg
たしか、この作品。宮崎あおいが「篤姫」を撮ってた、夏に作成されたのですよね。

そういう意味で、このハジケっぷりや、コメディアンヌぶりはオミゴトです。

全編、クドカン節で楽しかったし、今見ると、今をときめく峯田和伸が出てたり、星野源が歌ってたりして驚いたり、

佐藤浩市のヤンチャぶりも味だし、別の意味でも楽しめました。

やはり、クドカン、その眼力ともども、天才っ!

    (解説)

多彩な分野で活躍するクドカンこと宮藤官九郎の、監督2作目となるハイテンションなコメディー。ひょんなことから、凶暴なオヤジ4人組のパンクバンドを引き連れて全国ツアーに出ることになったお気楽OLの奮闘を描く。主演には話題作への出演が相次ぐ宮崎あおいがあたり、ハジけたコメディエンヌぶりを披露。彼女を振り回すバンドメンバーには佐藤浩市、木村祐一、田口トモロヲ、三宅弘城がふんするほか、ユースケ・サンタマリアら豪華キャスト陣の共演が楽しめる。

[PR]
by noho_hon2 | 2018-10-25 17:12 | 映画 | Trackback | Comments(0)

鉄男 II BODY HAMMER (1992)
e0080345_07492254.jpg
平凡な男性、平和な家族が、幼いわが子を理不尽に殺された怒りで、変身?!

また、主人公の彼も幼少期の記憶が無く…

めちゃくちゃ、シュールで、バイオレンスでエロで、ナンセンスな独特のワールドに圧倒。

本当は、「鉄男」の方から先に見たかったのですが、何かとダブったことから録画できなくて… いつか、必ず

    (解説)

塚本晋也が描く、アングラ色が濃厚なSFアクション。肉体が金属に変貌していくという独特な映像が、見る者に不思議な疾走感を与える。平凡なサラリーマン谷口は、謎の集団によって人体を改造されてしまう。だが機械の身体を持った彼は、その力を復讐の為に使うことを決心する……。

[PR]
by noho_hon2 | 2018-10-22 06:15 | 映画 | Trackback | Comments(0)

ふきげんな過去 (2015)
e0080345_06291158.jpg
小泉今日子と、二階堂ふみ、という組み合わせだけで、見てみたい気になりました。

淡々としたオハナシだったけれど、この2人と、高良健吾の存在感は抜群。

ラスト、サプライズ展開とみるか、「ああ、やっぱりね」と感じるか、人それぞれになりそうです。

味がありました

   (解説)

劇団「五反田団」を主宰し、『横道世之介』などの脚本を務めた前田司郎が、『ジ、エクストリーム、スキヤキ』に続いて放つ監督第2作。『グーグーだって猫である』などの小泉今日子と、『ヒミズ』などの二階堂ふみが母娘役で初めて共演を果たし、18年前に死んだといわれていた母親が、高校生の娘の前に突然現れたことから始まるひと夏の物語を描く。反発し合いながらも一つ屋根の下で親子の時間を過ごす二人の姿を通し、人間の滑稽さや切なさを浮き彫りにする。

   (ストーリー)

東京・北品川に位置する食堂で生活している女子高生・果子(二階堂ふみ)の前に、18年前に他界したはずの伯母・未来子(小泉今日子)が突然現れる。とある事件によって前科持ちとなった未来子は果子の実母だと告白し、そんな彼女の登場に周りの家族はうろたえる。自分の部屋に住み込む空気を読めない未来子に、イライラする果子だったが……。

[PR]
by noho_hon2 | 2018-10-18 06:29 | 映画 | Trackback(2) | Comments(0)

PARKS パークス(2017)
e0080345_06405965.jpg
をを、朝ドラで名をあげた、橋本愛に、永野芽郁!

久々に橋本愛を見ることができて嬉しかったし、永野芽郁も、等身大の青春に好感が持てました。

同公園と吉祥寺の街を舞台に、50年前に作られた曲に込められた恋人たちの記憶が、現代に生きる3人の若者たちの夢につながっていく様子を描いた物語。

(井の頭恩賜公園100周年記念映画、なのだそうです)

それも、1枚の写真(父の元・恋人)からってのも、心憎いですね。

そして、当時、作ったラブソングを聞き、テープの劣化から消失した部分を自分で… で、現代に甦らせる、って流れも画期的でした。

音楽が軸をなす作品。個人的に、エンドテロップに大友良英の名前が見られたのが嬉しかったのでした。

なかなか爽やかな佳作でした。

     (解説)

東京・吉祥寺の井の頭恩賜公園の開園100周年を記念して製作され、橋本愛、永野芽郁、染谷将太が共演した青春音楽ドラマ。同公園と吉祥寺の街を舞台に、50年前に作られた曲に込められた恋人たちの記憶が、現代に生きる3人の若者たちの夢につながっていく様子を描く。井の頭公園の脇にあるアパートでひとり暮らしを送る女子大生・純の部屋に、見知らぬ女子高生ハルが突然訪ねてくる。ハルは亡き父親について小説を書くため、父親の元恋人である佐和子という女性を探しているのだという。ハルを手伝うことにした純は、佐和子の孫トキオから彼女が既に亡くなったことを知らされる。数日後、トキオが祖母の遺品の中からオープンリールテープを発見し、再生してみるとハルの父親たちによるラブソングが収録されていた。感動した純たちは、テープが劣化して途中までしか聞くことができないその曲の続きを自分たちで作ろうとするが……。「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の瀬田なつき監督がメガホンをとり、ミュージシャンのトクマルシューゴが音楽監修を手掛けた。

[PR]
by noho_hon2 | 2018-10-17 06:41 | 映画 | Trackback | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
Poetree.Ru
from ブルガリアンスクワット スク..
www.football..
from ロレックス 腕時計 レディー..
ロレックス デイトジャス..
from オメガ ロレックス 値段 cd
ブルガリ プールオム –..
from ブルガリ エルゴン 防水
ロレックス 意味 java
from ブルガリア ヨーグルト 便秘
カルティエ 財布 メンズ..
from タグホイヤー アクアレーサー..
ティファニー ジュエリー..
from カルティエ アフターサービス..
最新のコメント
みっきーさん、ありがとう..
by noho_hon2 at 07:26
☆noho_hon2さん..
by みっきー at 16:20
ありがとうございます>ふ..
by noho_hon2 at 19:32
なんとなんとそうだったん..
by ふゆこ at 16:49
すみません。どうも、ミク..
by noho_hon2 at 15:17
関係ないことでごめんくな..
by ふゆこ at 20:47
松木よしの さん、こんに..
by noho_hon2 at 15:39
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)