カテゴリ:映画( 857 )

ミックス。(2017)
e0080345_07415025.jpg
幼い頃、卓球の天才少女と呼ばれ、英才教育を受けたガッキーちゃんが、瑛太とチームを組み、卓球の試合に出る… までは、なんとなく予備知識はあったのですが、

こんなオハナシとは知らなかったので、いい意味で裏切られました。コミカル・ガッキーちゃんが可愛い!

個人的に、広末ちゃんに、エンケンさん、コヒさんに、真木よう子、蒼井優、生瀬勝久… と、好きな俳優さん達がわらわら出てきて嬉しかったです。

また海月姫の隣人なる乙女女子を美しく演じてた、瀬戸康史がOL時代の王子様を演じるのですが、それを横取りするのが現在、朝ドラ・ヒロインの永野芽郁で、媚と、可愛い顔して、小憎たらしさが、上手い上手い… 彼女、あの若さとキュートさにも関わらず、実は、かなりの演技派?

挫折から立ち上がっていき、前進する人間模様が気持ちよかったです。

対戦相手も、有名・子役ちゃん達から、レンディエンジェルの斉藤さん、卓球陣も水谷隼をはじめ、石川佳純、伊藤美誠らホンモノの選手が登場して遊び心満載。(あのオカマ・ペアが生瀬さんとは、後から知ってびっくり)

幾度も登場する、麻婆豆腐の下りも笑えます。役得は、蒼井優、だった、かも。

さびれかけてた、ヒロイン実家の卓球教室も、大盛況になりハッピーエンド。めでたしめでたし

    (解説)

ドラマ「リーガルハイ」で知られる人気脚本家・古沢良太のオリジナル脚本作品。新垣結衣と瑛太がダブル主演を務め、卓球を題材に、男女混合ダブルス(ミックス)を通じて巻き起こる人間模様を描いた。幼い頃、卓球クラブを経営していた母のスパルタ教育により、天才卓球少女として将来を期待された多満子だったが、母の死後は普通の人生を歩んでいた。ある時、恋人を会社の新人社員に寝取られたことをきっかけに、逃げるように田舎に戻った多満子は、いまや赤字経営に転落した卓球クラブを立て直すことになる。そのために全日本卓球選手権の男女混合ダブルス(ミックス)部門への出場を目指すことになった多満子は、クラブに通う落ちぶれた元プロボクサーの萩原とコンビを組むのだが……。監督は、同じく古沢のオリジナル脚本作品「エイプリルフールズ」を手がけた石川淳一。2016年のリオデジャネイロオリンピックで男子シングルス銅メダルを獲得した水谷隼をはじめ、石川佳純、伊藤美誠ら本物の卓球選手も登場する。

[PR]
by noho_hon2 | 2018-08-20 07:20 | 映画 | Trackback(8) | Comments(0)

光(河瀬直美監督)(2017)
e0080345_06552030.jpg
ちょっと難解だったけれど、河瀬監督、十八番の、奈良の豊かな自然描写が効果的で、風景がとても美しく、映像美で、雰囲気。

視力を失いゆく天才カメラマンを演じた永瀬正敏が、色っぽく、ヒロイン、水崎綾女の透明感と相まって素敵でした。

最初は反発してたふたりが、どんどん惹かれていくさまも、デリケート。

聞くところによると、非常に厳しいことで有名な河瀬監督だけに、永瀬は半月前から中森のアパートに住み込み、視覚を遮断するゴーグルをつけて暮らしていたそうです。名優にまたひとつ、代表作が加わりましたね。

個人的には、藤竜也が出ていて嬉しかったです。

豊かな時間でした。

    (解説)

萌の朱雀」の河瀬直美監督が「あん」に続いて永瀬正敏とタッグを組み、「ユダ」の水崎綾女をヒロインに迎えて描いたラブストーリー。人生に迷いながら生きてきた女性が、視力を失いゆく天才カメラマンとの出会いを通して変化していく様子を描く。視覚障がい者のための「映画の音声ガイド」の制作に従事している美佐子は、弱視のカメラマン・雅哉と出会う。雅哉の無愛想な態度に反感を覚える美佐子だったが、彼が撮影した夕日の写真に感動し、いつかその場所に連れて行って欲しいと思うようになる。そして、視力を失っていく雅哉の葛藤を間近で見つめるうちに、美佐子の中の何かが変わりはじめる。共演に「日本のいちばん長い日」の神野三鈴、「るろうに剣心」シリーズの小市慢太郎、「龍三と七人の子分たち」の藤竜也。

[PR]
by noho_hon2 | 2018-08-19 06:55 | 映画 | Trackback(4) | Comments(0)

キセキ あの日のソビト (2017)
e0080345_10060329.jpg
松坂桃李と菅田将暉が兄妹だなんて、なんて、イケメン・ブラザーズ!

また、「カーネーション」みたく(微妙に違うのですが)、小林薫、ここでも、頑固親父を好演

難病設定で、兄妹の父が医師を勤める病院に入院してきた、平祐奈が華を添えてましたが、弟、菅田将暉のガールフレンドになる忽那汐里も、なかなかいい味… 

個人的に、兄妹の母親を演じた、麻生祐未、好きでした。ここでも、いい仕事してますね。

とにかく、実際に歌える菅田将暉と青春スターの面々がヨカッタです。(菅田将暉、あのルックスで、演技ができて、歌まで歌えるなんて、なんて才能! 旬の人)

家族、兄妹、仲間、キャンパス、スタジオが描かれ、青春物語として、実話がベースだけに、納得です。

    (解説)

メンバーが歯科医師で顔出しを一切しないという異色のボーカルグループ「GReeeeN」の代表曲「キセキ」の誕生秘話を、松坂桃李と菅田将暉のダブル主演で描く青春ドラマ。厳格な医者の父親の下を飛び出したミュージシャンのジンは、父の思いを受けて歯科医師を目指していた弟ヒデの音楽の才能を知り、ヒデとヒデの音楽仲間たちに自分の夢を託すことを決める。歯科医師を目指しながら音楽もやりたいが、そのことを恐ろしい父親に言い出せないジンとヒデは、顔出しなしのCDデビューという作戦をとるが……。「GReeeeN」の楽曲をプロデュースするJIN(ジン)を松坂、弟でグループのリーダーを務めるHIDE(ヒデ)を菅田が演じる。「そして父になる」「海街diary」など是枝裕和監督作で助監督を務める兼重淳がメガホンをとった。タイトルにある「ソビト」は「GReeeeN」による造語で、「素人」または「空人」と記し、「自由に新しいことに挑戦していく人」を意味する。

[PR]
by noho_hon2 | 2018-08-18 10:06 | 映画 | Trackback | Comments(0)

ドリーム (2016)
e0080345_08280573.jpg
実話ベースの、快進撃!な痛快物語

1962年に米国人として初めて地球周回軌道を飛行した宇宙飛行士ジョン・グレンの功績を影で支えた、NASAの3人の黒人系女性スタッフ、キャサリン・ジョンソン、ドロシー・ボーン、メアリー・ジャクソンの知られざる物語を描いたドラマ

当時は、人種差別の真っ只中で、明晰な頭脳をかわれてNASAで働くことになったものの、女子トイレに行くだけで一苦労。

だけど、負けない3人のバイタリティと、彼女らを支える家族の温かさと、ずば抜けた彼女等のの頭脳が痛快で、ユーモラスなテンポが良かったです。

エンディング。モデルになった彼女らの紹介と実際の映像も流れて、感動もまた、ひとしお

    (解説)

1962年に米国人として初めて地球周回軌道を飛行した宇宙飛行士ジョン・グレンの功績を影で支えた、NASAの3人の黒人系女性スタッフ、キャサリン・ジョンソン、ドロシー・ボーン、メアリー・ジャクソンの知られざる物語を描いたドラマ。ソ連とアメリカの宇宙開発競争が繰り広げられていた61年、米バージニア州ハンプトンにあるNASAのラングレー研究所に、ロケットの打ち上げに必要不可欠な計算を行う黒人女性グループがいた。なかでも天才的な数学の才能をもつキャサリンは、宇宙特別研究本部の計算係に抜てきされるが、白人男性ばかりのオフィス環境は、キャサリンにとって決して心地よいものではなかった。一方、ドロシーとメアリーもそれぞれ、黒人であるというだけで理不尽な境遇に立たされるが、それでも3人はひたむきに夢を追い続け、やがてNASAの歴史的な偉業に携わることとなる。キャサリン役で「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のタラジ・P・ヘンソンが主演し、ドロシー役を「ヘルプ 心がつなぐストーリー」のオクタビア・スペンサー、メアリー役を「ムーンライト」などにも出演している歌手のジャネール・モネイが演じた。監督は「ヴィンセントが教えてくれたこと」のセオドア・メルフィ。ミュージシャンのファレル・ウィリアムスが製作と音楽を担当。

[PR]
by noho_hon2 | 2018-08-17 08:28 | 映画 | Trackback(12) | Comments(0)

ちょっと今から仕事やめてくる (2017)
e0080345_07392343.jpg
原作は、第21回電撃小説大賞メディアワークス文庫賞を受賞した北川恵海の小説

キャスティングが、とても合ってました。メインの2人も良かったですが、なにげに黒木華もイイ味出してて、作品に深みを出してました。

小池栄子、吉田鋼太郎も、配置が絶妙だった気がします。

なかなかの佳作でした

    (解説)

第21回電撃小説大賞メディアワークス文庫賞を受賞した北川恵海の小説を、『イン・ザ・ヒーロー』などの福士蒼汰を主演に迎えて映画化。ノルマが厳しい企業に勤め心身共に疲弊した青年が、幼なじみを名乗る人物との交流を通じ生き方を模索するさまを描く。メガホンを取るのは、『八日目の蝉』や『ソロモンの偽証』シリーズなどの成島出。福士演じる謎の男に救われる青年に、『夏美のホタル』などの工藤阿須加がふんするほか、黒木華、小池栄子、吉田鋼太郎らが共演。

    (ストーリー)

激務により心も体も疲れ果ててしまった青山隆(工藤阿須加)は、意識を失い電車にはねられそうになったところをヤマモト(福士蒼汰)と名乗る男に助けられる。幼なじみだという彼に心当たりのない隆だが、ヤマモトに出会ってから仕事は順調にいき明るさも戻ってきた。ある日隆は、ヤマモトが3年前に自殺していたことを知り……。

[PR]
by noho_hon2 | 2018-08-16 07:39 | 映画 | Trackback(4) | Comments(0)

斉木楠雄のΨ難 (2017)
e0080345_06435434.jpg
とにかく、逐一、ぶっ飛んでるなぁ、と思ったら、原作は、「週刊少年ジャンプ」連載でテレビアニメ化もされた人気漫画だったのですね。

「勇者ヨシヒコ」シリーズや「銀魂」を手がけた福田雄一監督のユーモアセンスとギャグの腕が冴え渡ります。

個人的には、極彩色の髪、眼鏡、でニコリともしない主人公の斉木楠雄役の山崎賢人と、(周りを固める面々も、イケメンだけに可笑しい)

アイドルなのに、そこまでハジケていいの?と心配になってくる(でも、どんな変顔でも、美少女だから絵になる)橋本環奈のドタバタが好対照で、アッパレ。印象に残りました。

逐一、デフォルメに徹してたのが楽しかったです  (^^*)

    (解説)

「週刊少年ジャンプ」連載でテレビアニメ化もされた人気漫画を、「勇者ヨシヒコ」シリーズや「銀魂」を手がけた福田雄一監督のメガホンにより実写映画化。とてつもない超能力を持っているが、その力を隠して目立たずに、誰にも干渉されない普通の生活を望む高校生の斉木楠雄。しかし、そんな楠雄の思いとは裏腹に、彼の周囲にはなぜか楠雄に思いを寄せる妄想美女・照橋心美や、超能力でも気配が読めない燃堂力など、変な奴らが集まってくる。毎年恒例の文化祭も穏便にやり過ごそうする楠雄だったが、次から次へと災難が降りかかり、まさかの地球滅亡の危機にまで発展してしまい……。主人公の斉木楠雄役は、「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」など、数々の漫画実写化作品で主演を務める山崎賢人。共演には橋本環奈や新井浩文のほか、福田作品常連のムロツヨシ、佐藤二朗といった個性的なキャストが集う。

[PR]
by noho_hon2 | 2018-08-13 06:44 | 映画 | Trackback(1) | Comments(0)

予兆 散歩する侵略者 劇場版 (2017)
e0080345_07354679.jpg
散歩する侵略者」が新鮮だったので、スピンオフという、この作品も観てみました。

それにしても、いつから、東出昌大、こんなに爽やかイケメンなのに、「笑顔が怖いキャラ」になってしまったのでしょうか?

寄生獣」と、波瑠とのドラマあたりで、決定づいたのかな?

しかも、この作品では、ラスボスにして、どえらくタフ! ほとんど、ゾンビのごとき、です。

思えば、これまた夫婦の物語でもあるのですね。納得。

  (解説)

前川知大率いる劇団イキウメの舞台が原作のSFサスペンス『散歩する侵略者』のスピンオフ。人間の概念を奪いながら地球侵略を進める者と対峙(たいじ)した夫婦の運命を映す。メガホンを取るのは、『散歩する侵略者』の監督でもある黒沢清。『海街diary』などの夏帆、『空海-KU-KAI-』などの染谷将太、『ヒーローマニア -生活-』などの東出昌大らが出演。

  (ストーリー)

家に幽霊が出ると言い始めた同僚・浅川みゆき(岸井ゆきの)を、夫・辰雄(染谷将太)の勤める病院の心療内科に連れていった山際悦子(夏帆)は、みゆきに「家族」の概念が欠落しているという診察結果に驚く。悦子は辰雄から新任の外科医だと紹介された真壁司郎(東出昌大)にいいようのない違和感を抱き、辰雄が彼と行動を共にすることで精神的に追い詰められていく様子に不安を募らせる。

[PR]
by noho_hon2 | 2018-08-10 07:35 | 映画 | Trackback | Comments(0)

散歩する侵略者 (2017)
e0080345_06491823.jpg
初の、黒沢清監督作品… こんな、インパクトある作風だったとは!

物語は、まさにタイトル通りの、すごい不条理ワールド。

本当に侵略者役の方々が、宇宙人役っぽくて、読めない展開に、ドキドキ

まるで「世にも奇妙な物語」の、人気スターによる濃厚版みたいだなぁ、と思ってたら、劇作家・演出家の前川知大が結成した劇団イキウメの舞台を映画化、だったのですね。

こんな風にオチがつくとは思わなかったので、びっくりぽん、だったのでした。

長澤まさみ、松田龍平、の夫妻と、ハセヒロの狂気がよかったです。前田敦子もイイ味だしてました。

またひとつ、新しい世界を垣間見た気分に、(^。^*)

    (解説)

『アカルイミライ』などの黒沢清監督が、劇作家・演出家の前川知大が結成した劇団イキウメの舞台を映画化。数日間失踪したのちに様変わりした夫が妻のもとへ戻ったのを機に、平穏だった町が変化するさまを描く。「地球を侵略しに来た」と妻に告白する夫を『舟を編む』などの松田龍平、そんな夫に翻弄(ほんろう)される妻を『世界の中心で、愛をさけぶ』などの長澤まさみ、一家惨殺事件を調査するジャーナリストを『セカンドバージン』などの長谷川博己が演じる。

    (ストーリー)

鳴海(長澤まさみ)の夫・真治(松田龍平)が、数日間行方をくらまし、別人のようになって帰ってくる。これまでの態度が一変した夫に疑念を抱く鳴海は、突然真治から「地球を侵略しに来た」と告白され戸惑う。一方、町ではある一家の惨殺事件が起こったのを機に、さまざまな現象が発生し、不穏な空気が漂い始める。

[PR]
by noho_hon2 | 2018-08-09 06:40 | 映画 | Trackback(6) | Comments(0)

オオカミ少女と黒王子 (2016)
e0080345_07330736.jpg
わらわらの女子高生が、みんな美少女揃いで、思わず、ヒロインは誰?

でも、さすがは、二階堂ふみです。さすがの演技力で、ちょっと屈折した主人公を表現しつつ、どんどん恋してキラキラし、迷って、オロオロする様が見事に描かれていました。

学園一のイケメン同級生でサディスティック、設定の山崎賢人でしたが、彼の友人や、ヒロインを見守りつつ、フォーリン・ラブ。「俺じゃダメか?」君も、なかなかにかっこよくて、目の保養・ムービーでした。

個人的には、二階堂ふみ、エキセントリックな役柄で、より光を放つ気がしますが、(金魚の精になり、作家の初老男と御一緒する「蜜のあわれ」とか)バラエティっぽい企画では天然だったし、こういう見栄っ張りで、うぶな女子高生もなかなか… 楽しめました。

   (解説)

「別冊マーガレット」で連載され、テレビアニメ化もされた八田鮎子による人気コミックを実写映画化。恋愛経験もないのに恋人がいると周囲にうそをついた女子高生が、学園一のイケメン同級生に恋人のフリをしてもらう代わりに、彼の下僕になることを命じられたことから始まる関係を描く。見栄っ張りなヒロインには『ヒミズ』などの二階堂ふみ、優しげな外見とは真逆の男子を『ヒロイン失格』などの山崎賢人が演じる。『娚の一生』などの廣木隆一がメガホンを取る。

   (ストーリー)

見栄っ張りな女子高生・篠原エリカ(二階堂ふみ)は、付き合ったことがないのに彼氏との恋愛話を語っていた。友人に疑われた彼女は街で見つけたかっこいい男子を自分の彼氏だと偽るが、彼は同じ高校の佐田恭也(山崎賢人)だった。事情を打ち明け彼氏役を引き受けてもらうが、学校で王子と騒がれる恭也の本性は、Sっ気が強く性格は悪かった。さらに彼氏役の代償として、エリカは彼の“犬”になることを命じられ……。

[PR]
by noho_hon2 | 2018-08-08 07:33 | 映画 | Trackback(2) | Comments(0)

忍びの国 (2017)
e0080345_07293314.jpg
のぼうの城」も知られる和田竜が自身の小説を脚色し、「殿、利息でござる!」の中村義洋が監督をつとめた


“伊賀忍者の里”伊賀国で起きた“天正伊賀の乱”を題材とし、常勝を誇った織田氏が伊賀の忍者衆に苦戦を強いられたという実話を娯楽色たっぷりに味付け。


嵐の、大野智がユーモラスな存在感、石原さとみが、キュートに華を添え、

普段は忍者の仕事にやる気が起きないが、ここぞという事態に直面するとヒーローとなる主人公・無門役を、主演の大野は緩急を使い分けて魅力たっぷりに快演。海外のスパイ映画を思わせるような斬新な演出もあり、新世代時代劇と呼びたい佳作に仕上がった。

伊勢谷友介、知念侑李、満島真之介、鈴木亮平も、いい味だしてたし

現代感あふれる、新鮮な時代劇に感じられ、期待が薄かった分、なかなかに面白かったです。

お約束の、エンディングの嵐の曲、期待通りに素敵でした。

    (解説)

のぼうの城」「村上海賊の娘」などの作家・和田竜の小説を実写化したアクション時代劇。伊賀忍者最強とされる男・無門が、織田信長の息子・信雄の軍勢と伊賀の国との戦いに身を投じる姿を追う。メガホンを取るのは、『ジェネラル・ルージュの凱旋』『予告犯』などの中村義洋。中村監督作『映画 怪物くん』などの大野智が、怠け者ながら腕は確かな主人公の忍者を演じる。大野の体を張ったアクションや、武力だけに頼らず知略を駆使した戦いの行方に目を奪われる。

    (ストーリー)

戦国時代、忍びの国として名高い伊賀。超人的な戦闘能力を誇り、虎狼の族と呼ばれる伊賀忍者の中でも特に腕の立つという無門(大野智)は、怠惰な日々を過ごしては妻・お国に稼ぎのなさを叱責されていた。ある日、織田信長の次男・信雄が父ですら手出しするのを恐れていた伊賀への侵攻を、独断で開始する。無門に弟を殺されて伊賀への復讐(ふくしゅう)を果たそうとする下山平兵衛、伊賀の重鎮・百地三太夫や下山甲斐をはじめとする忍者たちの思惑や野望も入り乱れる戦いに、いつしか無門ものみ込まれていくが……。


[PR]
by noho_hon2 | 2018-08-07 07:29 | 映画 | Trackback(4) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
jewel star 2..
from com.pandakidga..
camera wifi ..
from camera wifi tố..
Candy Hallow..
from Candy Hallowee..
www.bagraku...
from ブライトリング ヘリテージ4..
Recommended ..
from カルティエ 時計 ベルト交換..
22年目の告白 -私が殺..
from ぐ~たらにっき
「ドリーム」☆崇高な爽快感
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
最新のコメント
みっきーさん、ありがとう..
by noho_hon2 at 07:26
☆noho_hon2さん..
by みっきー at 16:20
ありがとうございます>ふ..
by noho_hon2 at 19:32
なんとなんとそうだったん..
by ふゆこ at 16:49
すみません。どうも、ミク..
by noho_hon2 at 15:17
関係ないことでごめんくな..
by ふゆこ at 20:47
松木よしの さん、こんに..
by noho_hon2 at 15:39
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)