カテゴリ:日々のメモ( 1299 )

第42回 伊奈信男賞の受賞作品展 菅野ぱんだ写真展「Planet Fukushima」
銀座ニコンサロンで、第42回 伊奈信男賞の受賞作品展 菅野ぱんだ写真展「Planet Fukushima」を鑑賞

福島県生まれの菅野ぱんだ氏は、NYU Film Production課程を修了後、2002年に帰国。以降はポートレートやランドスケープの撮影を中心に活動しているのだそう。

俯瞰して、あるいは人物を通して従来の表現とははみだして描いた作品郡は圧巻でした。

惜しむらくは、我小さなアンテナでは、発信者の思いの僅かしか届かないけれど、表現者としての才能とパワーは感じました
e0080345_17120164.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2017-12-09 17:12 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

OHO KANAKO 写真展 海馬のゆりかご
銀座ニコンサロンで、「OHO KANAKO 写真展 海馬のゆりかご」を鑑賞

むしろ作者の文章が興味深かったです。

    **************

人は誰でも成長していく過程で、愛されて育つ。愛される感覚というのは、単に親や周囲の人々から受けるものだけではなく、景色を見て美しいと思うこともまた同じ感覚を培っていくという。大人になったら忘れてしまうことを土台にして私たちは構成されているのかもしれない。

本作品は、幼い頃に一家離散を経験した作者が、結婚、出産を経て築いた新しい家族と共に生まれ故郷に戻り、生家のとなりで子育てをする中で見えてきた、自身の幼少期を追体験する様子を写真にまとめたものである。家族アルバムには映らない記憶になる前の無償の感覚をモノクロプリントで再現している。

    **************

…詩人ですね。一見、悟りなビジョンですが、実は作者が若いことに驚きました。
e0080345_17124724.jpg


[PR]
by noho_hon2 | 2017-12-02 17:11 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

池田 勉 写真展 潜伏 長崎かくれキリシタン今昔
銀座ニコンサロで、「池田 勉 写真展 潜伏 長崎かくれキリシタン今昔」を鑑賞

長きに渡る、とても深淵なオハナシ、展示の数々でした。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-11-18 16:05 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

小島康敬写真展「Berlin」
銀座ニコンサロンで、小島康敬写真展「Berlin」を鑑賞
e0080345_17493918.jpg
ベルリンの壁、その後の姿が印象に残りました


[PR]
by noho_hon2 | 2017-11-11 17:50 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

原 啓義 写真展 ちかくてとおいけもの
銀座ニコンサロンで開催されてた、原 啓義 写真展 ちかくてとおいけもの、を鑑賞

ちかくてとおいけもの… ネズミに関して、徹底フォーカスした写真と、その経緯を語った文章が興味深かったです。
e0080345_07144796.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2017-11-04 18:22 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

木枯らし1号
台風一過の青空なれど、風の強い1日でした。
どうやら、これが「木枯らし1号」だった模様

[PR]
by noho_hon2 | 2017-10-30 16:58 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

東京駅の豪華天井
見上げる価値ある、豪華天井に、改めて「をを~~っ!」
e0080345_17050899.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2017-10-27 17:05 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

台風21号、接近、雨戸を閉めました
台風21号は、太平洋海上を北上する内、超大型で非常に強い台風に育った模様

そろそろ風雨が強くなってきたので、雨戸を閉め、虫よけ当番を家の中に避難させました

[PR]
by noho_hon2 | 2017-10-22 09:17 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

篠田優写真展:See/Sea
銀座ニコンサロンで、篠田優写真展:See/Seaを鑑賞

文章が興味深かったので転載

    ***********

祖母が死を迎えた季節、私は一つの暗闇に身を潜らせた。かつて陣地と呼ばれたその場所から見える海はただ眩しかった。いまここにある海へと視線を向けながら二つの半島を歩いた。しかしその歩みは、過ぎ去ったものへ近づこうとする行為だったのかもしれない。

私は、祖母の死を変奏するように撮り続ける写真の中で、歴史と写真を静かに問いたかったのだ。 (篠田 優)


    ***********

若さある心象風景っぽい写真と、ところところに置かれた文章が印象的でした。

個人的には、「写真に撮って初めて祖母が花柄を着ていたことに気づいた」ってあたりインパクト。
それと、作者のプロフィールが、上智大を経て、写真を学ぶべく、もう1度、学び直したのも「へ~っ」だったのでした。
e0080345_17370495.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2017-10-21 17:39 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

道原裕写真展:足音の町
銀座ニコンサロンで、「道原裕写真展:足音の町」を鑑賞

街角の何気ない日常ながら、それを撮った時の日付と天候、その日の気分や諸々を記録してたのが興味深かったです。
e0080345_17192851.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2017-10-14 17:19 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
火曜ドラマ『花のち晴れ~..
from レベル999のFC2部屋
シグナル長期未解決事件捜..
from レベル999のFC2部屋
花のち晴れ~花男 Nex..
from MAGI☆の日記
シグナル 長期未解決事件..
from ぷち丸くんの日常日記
花のち晴れ~花男 Nex..
from ディレクターの目線blog@..
花のち晴れ 〜花男 Ne..
from 西風随想
シグナル 長期未解決事件..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)