カテゴリ:アニメ・コミック( 151 )

ドカベン46年目の最終回
e0080345_11571296.jpg
に、思わず唸ってしまいました。

両さん100巻や、いまだクライマックスの「ガラスの仮面」も凄いけれど、

ドカベンは102巻なんですってね。

天才漫画家達のパワー、おそるべし


[PR]
by noho_hon2 | 2018-06-21 11:57 | アニメ・コミック | Trackback | Comments(0)

からかい上手な高木さん 最終回
e0080345_19044179.jpg
手紙/入学式/席替え

で、なにげない中学生活。高木さんと、西片くんの、ほどよく、じれじれな距離感

そのはじまり、があって、改めて胸キュン。

高木さんの、さらっとした口調と、考えすぎて行動下手。純情な西片くんに、改めて、頑張れ~っ気分でした。

中学時代ならでは。可愛い最終回に満足

ちなみに、シーズン中、このPRトラックが秋葉原を走っていて、「をを~~!」

[PR]
by noho_hon2 | 2018-03-29 19:03 | アニメ・コミック | Trackback(1) | Comments(0)

ゆるキャン 最終回
e0080345_18561847.jpg
基本的に、楽しく、ほっこりと観てたのですが、ラスト2話の、ケータイで連絡しあう、ソロ・キャン・エピソードが秀逸でしたね。

なぜか、なりゆきで、おうち組が、家族全員のほうとうを作る羽目になったり、のんべぇ先生が出てきて愉快だったり

情報先行で、行き止まりの道が通れることを知ってたり、現代的な友情に、うっとり、だったのでした。

あと、絶妙な関西弁ベースの会話テンポも良かったかな?

とても好きな作品でした。

[PR]
by noho_hon2 | 2018-03-29 18:56 | アニメ・コミック | Trackback | Comments(0)

ラーメン大好き小泉さん
偶然、そのアニメ版(これもまた、雰囲気)を見て、美少女達が演じた、あのシリーズが懐かしくなったのは、私だけでしょうか?

そして、ヒロイン、小池さん(早見あかり)の至福の表情も…

[PR]
by noho_hon2 | 2018-01-18 08:30 | アニメ・コミック | Trackback | Comments(0)

少女週末旅行 最終回
e0080345_18550981.jpg
原作は同名コミック、だったのですね。

ラブリーな絵柄と、やや無機質で、のほほんとした声優さんの声とラブリーな絵柄とシュールな世界がインパクト

スタッフに島本須美さんがおられたのに、びっくり

着地も不思議な感じでした。印象に残るアニメ、だったのでした。

    (あらすじ)

巨大な潜水艦の中を探索しながら、昔の人々がどんな暮らしをしていたのか知りたいと言うチト。ユーリになぜそんなことを知りたいのかと聞かれるチトだったが、上手く言葉にできない。潜水艦の中で見つけたチョコレートを食べるユーリに、チトがカメラを向けてファインダーを覗くと、そこに何か文字が浮かび上がる。何が起きているのか把握する間もなく、チトとユーリの前に浮かび上がったのは、これまで撮影してきた写真の数々だった。


[PR]
by noho_hon2 | 2017-12-28 18:55 | アニメ・コミック | Trackback | Comments(0)

亜人ちゃんは語りたい「デュラハンちゃんは甘えたい」
e0080345_10131136.jpgまったくコミック世界は、自由でイイなぁ…

京子から、デュラハンについて色々と教えてもらった高橋先生。アイルランドに伝わる妖精をルーツに持つ、頭と胴体が分離している亜人で、かなりの距離、分離しても大丈夫、とのこと。

そして、頭部分を抱きしめられると、嬉しく、1度、デートというか、その形で街に出てみたい、と希望

京子と胴体部分がお留守番。デュラハンちゃんは、高橋先生にデートしてもらえることになりました。

だけど、実際に実行してみると、ぶらぶらしてる時の酔いの問題と、ジュース飲んだら、胴体部分がトイレ問題であたふた。

そして、京子も、ちょっと意地悪して、胸をツンツンして驚かしたりして…

面白かったです。でも、実際に、そういう風景に出くわすと(街のみんなが)驚くだろうなぁ…

よかったね。デュラハンちゃん、望みが叶って。えらいぞ、高橋先生

ファンタジー・ワールドならではで (^^*)

   (ストーリー)

町京子はデュラハンである。アイルランドに伝わる妖精をルーツに持つ、頭と胴体が分離している亜人で、現在世界に3人しかいないという。ある日の放課後の生物準備室、鉄男に自らのことを語る京子。デュラハンちゃんにはデュラハンちゃんの悩みと、そしてお願い事があるのだった。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-17 10:13 | アニメ・コミック | Trackback(8) | Comments(0)

うらら迷路帖「探し物と夢、時々甘味」
e0080345_12171190.jpg原作は、はりかもによる日本の漫画

物語の舞台は「うらら」と呼ばれる占師が住む迷路町。

うららを目指す少女たちは、夢を抱いてこの町の門をくぐっていく。主人公・千矢は、15歳の誕生日に迷路町へと足を踏み入れる。そこで出会った3人のうらら・紺、小梅、ノノと一緒に楽しいうらら見習いの日々を送る…

との概要ですが、二話目にして、そのきっかけになる「顔も名前も知らない母親を探したい」という少女と遭遇し、自らの願いもシンクロして、「力になりたい!」と思う、うらら。

ちょっと無茶した、うららの後をつけた、友人のアドバイスを得て、1番うらを目指すことになりそう

キャラも可愛いし、世界観もユニーク。ほどよくコミカルで、これまた期待もてそうです

     (ストーリー)

占師『うらら』になるべく修行を始めた千矢。彼女が迷路町にやってきた一番の目的は、母親を探すことでした。けれど幼いころに山に預けられてしまった千矢は母親の顔すら知りません。占いで探すにも、手がかりなしの状態で探しものができるのは、伝説の一番占くらいなもの。しかし彼女は町の最奥にある一番地に行かないと会えません。どうしても母親を探したい千矢は、警らの佐久に諭されて自分も一番占を目指すことを決意します。まだまだ占いのことなんて知らない千矢は、すこしずつ占いを学んでいくのです。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-13 12:18 | アニメ・コミック | Trackback | Comments(0)

弱虫ペダル NEW GENERATION 「最後の峰ヶ山」
e0080345_18585056.jpgやはり、安定の面白さ、ですね。

女子大生5人組による「ろんぐらいだぁす!」も素敵だったけれど、本家の面白さはぶっちぎり。

既に、練習を終えていたにも関わらず、ふとした勘。引退する先輩。巻島の走りに伴走するエピソードは感動的でした。

でも、まだまだ課題は満載。坂道、頑張れ。

シーズン3も楽しみです。

    (ストーリー)

インターハイでの激闘を終えた、総北高校自転車競技部。1年の小野田坂道は、同級生の今泉や鳴子と共に、ニューバイクに乗り換え、3年生が抜ける新生チームとしての新たな闘いに向けて走り出していた。総北の新キャプテンに任命された手嶋も、盟友の青八木と共に連覇を目指し動き出す。そんな中、坂道は憧れの先輩である巻島から、ある事を告げられる...。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-12 18:59 | アニメ・コミック | Trackback | Comments(0)

ろんぐらいだぁす! 最終回
e0080345_18472812.jpg三宅大志による日本の漫画作品

自転車のロングライドを題材にした同人誌『LONGRIDERS』を前身とした作品で、女子大生5人組がロードバイクによるブルベの一種・フレッシュを目指す物語、とのこと。

「弱虫ペタル」の番外編かな?との興味から観始めたのですが、その成長ぶりと、ロードバイクの魅力に目覚めていく過程が、なかなかにキモチよく面白かったです。ワクワクしました。

特に最終回で、難関を突破する過程は感動的。

かなりお気に入りで、満足!だったのでした。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-12 18:47 | アニメ・コミック | Trackback | Comments(0)

この素晴らしい世界に祝福を!2「この不当な裁判に救援を!」
e0080345_12293642.jpg原作は、暁なつめさんによる大人気ライトノベルのアニメ化第2弾。

ゲームをこよなく愛する引きこもりである佐藤和真(カズマ)が、ひょんなことから異世界に送られて、個性豊かすぎる仲間たちと冒険者生活に勤しむ様子が再び描かれます

前作の人気を追い風。序盤からハイ・テンション。理不尽な裁判に引っ張られた主人公なれど、コミカルさと、サービス精神全開!

いろいろな意味で、この世界観をあらわす紹介・導入が楽しかったです。

人気の理由も分かるような気がして…

蛇足ながら、「ユーリ!!! on ICE」の、快挙とあらすじを教えてもらいました。

また、「モテキ!」さながらにダイエットがあり、2人のユーリの対決があるんですね。やるなぁ…久保ミツロウ 

物語シリーズの醍醐味を聞いたり、いろんな意味でアニメ方面にも興味津々

     (ストーリー)

「これより、被告人サトウカズマの裁判を執り行います」

機動要塞デストロイヤーを撃破し、アクセルの街を守ったカズマたちは一躍街の英雄に!!……のはずが、
爆発寸前のコロナタイトは運悪く領主の館へ転送され、館を爆破してしまっていた。
領主の命を狙ったと誤解され、カズマは国家転覆罪の容疑者に。
最初は擁護していた冒険者たちも、とばっちりを恐れて目を逸らし、
アクアとめぐみんに至ってはカズマに罪をなすりつけるという始末。
「どいつもこいつも覚えてろよおぉぉ!!」
血を吐くような叫びを残し、哀れカズマは逮捕されてしまう。
国家転覆罪は最悪、死刑! カズマの命は風前の灯火!!

[PR]
by noho_hon2 | 2017-01-12 12:27 | アニメ・コミック | Trackback | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
jewel star 2..
from com.pandakidga..
camera wifi ..
from camera wifi tố..
Candy Hallow..
from Candy Hallowee..
www.bagraku...
from ブライトリング ヘリテージ4..
Recommended ..
from カルティエ 時計 ベルト交換..
22年目の告白 -私が殺..
from ぐ~たらにっき
「ドリーム」☆崇高な爽快感
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
最新のコメント
みっきーさん、ありがとう..
by noho_hon2 at 07:26
☆noho_hon2さん..
by みっきー at 16:20
ありがとうございます>ふ..
by noho_hon2 at 19:32
なんとなんとそうだったん..
by ふゆこ at 16:49
すみません。どうも、ミク..
by noho_hon2 at 15:17
関係ないことでごめんくな..
by ふゆこ at 20:47
松木よしの さん、こんに..
by noho_hon2 at 15:39
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)