カテゴリ:アニメ・コミック( 151 )

MONSTER 総集編
e0080345_1736230.jpgたしかにオリジナルのサスペンスを損なわず、上手に編集してありましたが、原作もしくは本編を知らずに見た方には「……??」だったかもしれないなぁ、と感じました。

だって登場人物は多いし、それぞれが濃密な「事情を抱えまくって」るんですもの。

とくに、人間性の核心に踏み込んだ、さりげなくも秀逸なエピソードが光るだけに、そのあたりの枝葉はバッサリ!だったのが、仕方ないこととはいえ、残念無念… でした。

たとえば、グリマーさんの事情なんて、あれを見ただけじゃ、なんのこっちゃ、ですもんね。

そういう意味では、2時間枠で、ひとつの物語を起承転結させることって凄いことなんだなぁ、と改めて感心させられることしきり。今度、ハリウッドで映画化されるそうですが、どのように料理されるのか、そういう意味でも興味津々…

ちなみに私。個人的に、この作品は「ブラック・ジャック」へのアンサー作品だと思ってます。

(「ギャラリー・フェイク」も「ブラック・ジャック」へのオマージュ作品と信じて疑わない)

たしか、ブラック・ジャックが救った子供が、やがて一国を左右するような要職につくエピソードが印象に残ったのですが、もしも、それが天才的なカリスマと悪魔的・美貌をもつ殺人鬼であったとしたら… あるいは「羊達の沈黙」や「ソフィーの選択」からも大きなヒントを得てるかもしれませんね。

浦沢直樹が「PLUTO」を描きたかった理由、よく分かるような気がしたのでした。
[PR]
by noho_hon2 | 2006-01-12 17:56 | アニメ・コミック | Trackback | Comments(2)

交響詩篇エウレカセブン
e0080345_881262.jpg日曜日の朝。の~んびりアイロンかけつつ、それとな~くテレビを眺めてたら、なんだか食玩屋さんや、その筋の雑誌で表紙を飾ってる、観たような絵柄のアニメがぁ…

「交響詩篇エウレカセブン」って、じつは、こんな時間帯(日曜日の早朝)に放映してるんですね。し、知りませんでした。まずは、それに驚いてしまったのでした。しっかし…

   こんな凄い内容のオハナシを、こんな時間帯に?
   超・もったいないぃぃ!

また、この回は、偶然、エウレカのルーツ、等々。謎解きテンコモリだったもので「…そ、そうだったのか…」と思いっきり感心してしまうことしきり。

まずは冒頭のオープニングにおける、ロボットやメカニックの造詣が、あまりにも洗練されてるので驚きました。(気のせいか、その微妙なティストやフォルムがエヴァに似てるような…)

正直いって、話題になりはじめた頃、当初。その絵になじめず、(あずまんが系の、のほほん絵が好みゆえ…)いまひとつ、意識に入ってこなかったのですが、よく見ると、デッサン的にも、すごく洗練された絵柄なんだなぁ、と感心してしまうことしきり。

なんでも御縁です。興味をもって調べてみると、この作品もまた「14歳」ってのが、ひとつのキーワードにもなってるのに「へ~ぇ」でした

「ポーの一族」のエドガー達といい、エヴァの登場人物といい、そういえば、楳図かずおの作品にも、もろに、それをタイトルにした作品って無かったっけ?

ちょっと面白いなぁ、と感じてしまったのでした。
[PR]
by noho_hon2 | 2005-12-13 08:19 | アニメ・コミック | Trackback(1) | Comments(0)

ガラスの仮面
e0080345_18122983.jpg今回は、まさに北島マヤの本領発揮。天賦の才能、大爆発!

かぎりなく、(オーディション会場でもって)周囲との「格の差を見せつけた」がごとし、でしたよね。

(場の雰囲気を、臨場感たっぷりに伝える音楽が、とてもヨイ)

でも、きくところによると作者の美内 すずえ。連載がはじまった当初は「演劇に関して、な~んにも知らなかった」んですってね。それで、このストーリーやエピソードを作ってのけるとは… まさに、あなたこそが天才ですぅぅ!
[PR]
by noho_hon2 | 2005-11-25 18:16 | アニメ・コミック | Trackback | Comments(0)

「エヴァンゲリオン」10周年
e0080345_17551786.jpgもう、最初のオンエアから10年になるんですね。
とにかく、オープニングテーマが、曲、映像センスともに好きで好きで… それだけで、屈指の名作!と感じた記憶が今も鮮明です。

だけど、その、ほとんどキモになった綾波レイの声が、オンエアの1年前から入念に準備されてたとは、ビックリ。改めて、声の威力、おそるべし!

余談ながら、モテモテ君に、声がダメダメの方って、あまり思い当たらない気がしません? 見た目もさることながら、モテには、男女共に、かなり、声の要素も大みたいな気がします。声優さんが昨今、どんどんスターダムにのしあがったのも、えらい納得!だわ

(出川哲朗が、その路線で、いつもワーストになってしまってたのは、かなり、あの甲高い声の影響も大、みたいに思われて)

何年か前。wowowの正月特番として、デジタルリマスター版がダ~~ッと放映された時、遅ればせながら、ダンナさん、思いっきりハマってしまいました。

彼いわくには、「ロボットが、独特のフォルムでかっこいい!」とか「倒した怪獣をどうするのか?って、そういう発想は、従来、無かったので、感心した」とか、そういう視点や発想自体、私には無かったので、ちょっと感動。

ちなみに我家には、初号機の大小フィギュアが、そこいらに… ほほ
[PR]
by noho_hon2 | 2005-11-02 18:10 | アニメ・コミック | Trackback | Comments(0)

ブラック・ジャック ピノコ誕生
e0080345_17302535.jpgでました! ピノコの誕生秘話。
ずっと2人して「一体、どうするんだろうね…」と話題だっただけに、思わずウケまくってしまいました。

やはり、ある程度、反応をみて… だったのかな。

安定した人気を確認してのち、放映1周年を記念して(たぶん)この作品をもってきたのは「大正解っ!」と感心してしまったです。微妙なところも、うまく料理されてたし… ヨカッタヨカッタ。

だけど、さすがにゴールデン(タイム)だけに、ドクター・キリコ関係は、映画側に「任せたっ!」配慮に、「…なるほどね」。

ずっと手塚作品って、製作者側の思い入れが強すぎてか、今ひとつ不遇だった気がするので、この番組のヒットと、鉄人28号のリメイク成功に気をよくして、ぜひ、名作ほど「もっと、素直に作って」ほしいなぁ、と感じてしまったのでした。
[PR]
by noho_hon2 | 2005-10-11 17:39 | アニメ・コミック | Trackback(1) | Comments(2)

ハチミツとクローバー、最終回
e0080345_95649.jpgここのところ、最終回が目白押し。でも、これは最後の最後まで手をぬかず、本当に上手に、キレイにフィニッシュしてて「さすが!」でしたよね。

冒頭。竹本君の自転車旅行エピソードが延々と続いたあたりでは、「他のメンバーはどうした、他のメンバーはっ!」と、思わずダンナさんがテレビにむかい、突っ込みまくっておりましたが

戻ってきて、はぐちゃんと手をつないでの爆睡シーンは、本当にキレイで夢のようで、思わずジーーン。

(背後でジタバタしてる、花本先生には笑えたけれど)

ちょっとたくましくなり、あの森田さんと互角にはりあってる竹本君は、なかなかに素敵でした。挿入歌も、どれもヨカッタし、大好きだった、当初バージョンのエンディング・テーマも聴けて、大満足♪
[PR]
by noho_hon2 | 2005-10-03 10:01 | アニメ・コミック | Trackback(1) | Comments(2)

攻殻機動隊 S.A.C 2nd GIG・最終回
e0080345_1743882.jpg今にして思えば、なぜか無性に心に残るオハナシだった、草迷宮エピソード。

それが、ここで大きく、効いてくるとは…(特に、小道具としての、折り鶴) 意外や意外、でした。

とにかく、映像センスと音楽の使い方が、一線を画してますよね。改めて、士郎正宗、天才っ!

じつは、攻殻機動隊シリーズ。見始めたのは、笑い男エピソードの中盤からで、思いっきり「ぶっとんだ!」だけに、機会あれば、ぜひ最初から、ずずいとチェックしてみたいものです。
[PR]
by noho_hon2 | 2005-09-29 17:13 | アニメ・コミック | Trackback | Comments(0)

MONSTER・最終回
e0080345_16461323.jpg前回のウルトラ緊張感から一転。冒頭から、やけに「あかるすぎる」ので、逆に不安をおぼえたのですが、やはり最後は「やってくれました」ね。2人して、しばし呆然…

「…そうですか。やっぱ、そうですか…」と、唸ってしまうことしきり。

また、夢か錯覚か?エピソードとはいえ、病室で、テンマの前。昏睡状態で、こんんこんと眠りつづけるヨハンが「そこに、突然。立っている」だなんて… 特に「瞳が見開く」描写が、怖い、怖すぎるぅぅ! 思わず「ひぇ~~っ!」とのけぞってしまったのでした。

個人的には、『ソフィーの選択』(原作も映画も大ヒット)を連想してしまったのは私だけ? ソフィーは、その非人間的で過酷すぎる選択によって、心も人生も、粉々に砕けてしまったけれど、選んだ側も選ばれた側も、また、そういう選択をつきつけた側も、壊れてしまうとは、じつに意味深ですよね。

この原作が、ハリウッドで、どう料理されるのか、すごく楽しみ~~っ。
[PR]
by noho_hon2 | 2005-09-29 17:03 | アニメ・コミック | Trackback | Comments(0)

名探偵コナン~1時間スペシャル
e0080345_17551128.jpg最初、見た時「あっ、かなり以前の作品だ…」と感じたのですが、哀ちゃんが出てたので「…ん?」

思わず、謎に感じたのですが、うま~い具合に、最初と最後をつくり、料理してましたよね。

なるほど、リサイクル。「この手があったかぁ!」と感心。
面白いものは、何度みても面白いので(先日まで放映してた『美味しんぼ』の再放送は、大半を覚えてたのに、自分でも感心した)な~るほど。
[PR]
by noho_hon2 | 2005-09-28 18:03 | アニメ・コミック | Trackback | Comments(0)

ギャラリーフェイク・最終回
e0080345_1722783.jpg前回、サラとのエピソードが、実にいい感じでまとまっていたので、最終回には何をもってくるのかな?と思ってたら、意外にも、古巣なるメトロポリタン美術館でのエピソードとは… さすが。ファンサービス怠りないですね。実にヨカッタです。

フジタの、エキスパートとしての卓抜した技能を見せつつ、メトロポリタン美術館の実情や、裏方さん紹介をしてるあたりも、じつにグー… からませてるエピソードも、じつに味でした。

実をいうと、この作品で、随分“美術の知識”が増えて、毎回。「うんと得した気分!」だっただけに、終わってしまうのが心から「惜しいっ!」です。

うう、今週は『MONSTER』に、ハチクロ。『攻殻機動隊』までもが、終わってしまうとは… 泣、泣、泣
[PR]
by noho_hon2 | 2005-09-26 17:09 | アニメ・コミック | Trackback(5) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
映画評「君の膵臓をたべたい」
from プロフェッサー・オカピーの部..
君の膵臓を食べたい・・・..
from ノラネコの呑んで観るシネマ
『君の膵臓をたべたい』
from 真紅のthinkingdays
映画『君の膵臓をたべたい..
from yutake☆イヴの《映画★..
『君の膵臓をたべたい』(..
from みはいる・BのB
君の膵臓をたべたい
from あーうぃ だにぇっと
木曜ドラマ『未解決の女 ..
from レベル999のFC2部屋
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
ドカベン46年目の最終回
at 2018-06-21 11:57
時を休もう
at 2018-06-12 09:32
君の膵臓をたべたい(2017)
at 2018-06-12 07:43
関根 大樹 写真展 反遠近法..
at 2018-06-09 18:23
銀魂 (2017)
at 2018-06-08 07:49
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)