<   2017年 11月 ( 93 )   > この月の画像一覧

パパ活 最終回「命短し恋せよ乙女」
e0080345_08024349.jpg亡くした娘が、本当の子ではなかった、って展開も衝撃的でしたが、加えて、徐々に精神を病んだ奥さんの自殺。

いったんは、日本を去ろうとした航(渡部篤郎)だけど、空港で、「それでもなお…」と絆を確認。ハッピー・エンドでヨカッタです。

ちょっと不思議な肌触りの物語でした。

     (ストーリー)

菜摘(霧島れいか)がマンションから落ちるのを目の前で目撃してしまった杏里(飯豊まりえ)。菜摘は即死だった。放心状態の航(渡部篤郎)と連絡がとれなくなり、杏里は心配する実(健太郎)と共に航の部屋に戻ったが、開け放たれた窓に揺れるカーテンを目にして泣き崩れる。菜摘の死に関して、事件性も疑われはじめ、大学内でも様々な噂がささやかれていた。ようやく部屋に戻ってきた航に「ずっと側にいる」という杏里だったが、航は…。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-11-30 08:03 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

奥様は、取り扱い注意 第「最後の敵が仕掛けた罠!旦那の正体が遂に…!」
e0080345_07552587.jpgラストにむけて、静かに、ずんずん、な回でしたね。

菜美(綾瀬はるか)のアクションが無かったのは、何か意図するものがあったのかな?

どうやら、勇輝(西島秀俊)はタダモノでなさそう

そんな彼に、一目惚れで、調査なしで結婚した経緯が可愛いです。

御近所で起こった、自殺事件。横溝(玉山鉄二)に弱みを握られ主婦売春を続ける日々に、耐えられなくなったとのこと。

菜美、優里(広末涼子)、京子(本田翼)、それぞれの家庭。三人三様の事情が生じて、どう展開するのでしょう。

最終回、3人の問題は、どう決着する?!

       (ストーリー)

菜美(綾瀬はるか)の住む街で、一人の主婦が自ら命を絶った。横溝(玉山鉄二)に弱みを握られ主婦売春を続ける日々に、耐えられなくなったのだ。菜美は不吉な予感を抱くがその正体を掴むことはできず、真相は表沙汰にならないまま闇に葬られてしまう。

そんな中、勇輝(西島秀俊)の突然の海外赴任の話に彼への疑惑を深めた菜美は、小雪(西尾まり)に調査を依頼。啓輔(石黒賢)との結婚生活に限界を感じた優里(広末涼子)は、安西(小関裕太)に安らぎを求めるようになっていく。一方、渉(中尾明慶)の不倫疑惑と正面から向き合う決意をした京子(本田翼)は渉を尾行するが、同僚の女子とホテルに入っていく場面を目撃してしまい…!!

勇輝の指示に従い、菜美に偽の情報を伝える小雪。そんな小雪の言葉を受けて菜美は勇輝の海外赴任への同行を決めるが、菜美も勇輝も互いへの猜疑心と罪悪感でがんじがらめになっていく。そして、夫への愛を再確認した京子と、彼女の言葉に心を動かされた優里はそれぞれ夫婦の関係をやり直そうとするのだが、彼女たちが思いもしない方向へと事態は発展していき…!?

[PR]
by noho_hon2 | 2017-11-30 07:55 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)

相棒 Season16 「倫敦からの客人」
e0080345_07464284.jpgちょっと前なら、SF世界だなぁ、と思いながら見てしまいました。

ネットを駆使して、闇に落ちる人間。闇を自覚する人間、の、かなり捻ったミステリー。

個人的には、ゲストの伊武雅刀に、もう少し出番が欲しかったかな?

相変わらず、冴え渡る、右京(水谷豊)ですが、亘(反町隆史)も、活躍の場があってヨカッタです。

きわめて現代的な物語でした。

ps:あとで、ダンナさんに、「伊武雅刀が大黒幕だと分かった?」と言ったら、「もちろん、出てきた時から」と言われ、崩れ落ちました。ああ、基本的にエンタメ音痴をひしひし

    (ストーリー)

派遣社員の中年男性が遺体で発見される事件が発生。付近に落ちていた携帯電話には、犯人と思しき男が映った動画と、“ダークウェブ”と呼ばれるネット内の裏社会にアクセスした痕跡が残されていた。また、同じ携帯から別の殺人への関与が疑われる動画も見つかり、警察は携帯の持ち主が一連の事件の犯人と見て捜査を始める。

右京(水谷豊)と亘(反町隆史)も独自に動き出すが、もう一人、事件に興味を抱いている人物がいた。南井(伊武雅刀)というその男は、元スコットランドヤードの刑事で、ロンドンでは右京の相棒だったという切れ者。今回の事件に関しても、犯人像を的確にプロファイリングし、亘を驚かせる。

そんな中、動画に映っていた“犯人と思しき男”の身元が判明。その住居から大麻が発見される。どうやら男は、ダークウェブで大麻や拳銃を売りさばいていたらしいが、“商品”の入手先は謎。それでも、右京と亘はわずかな手掛かりから男のアジトにたどり着くが、そこで衝撃の光景を目撃することになる。

深い闇に覆われた事件に翻弄される捜査本部
二転三転する連続殺人事件の真犯人は誰なのか!?
かつての相棒との推理対決で右京が想定外の結末にたどり着く!!

[PR]
by noho_hon2 | 2017-11-30 07:46 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)

監獄のお姫さま 「ハニートラップ!?」
e0080345_08070590.jpg今回も、小ネタ満載だったけれど、あえていくと、スポットが当たったのは、女優、こと洋子 (坂井真紀)の回だったかな?

それにしても、2,5次元の相手な追っかけに夢中になるあまり、お金が必要なので犯罪に走り、でも、刑期をつとめる内、その濃ゆい体験が、おっかけ熱を奪い、

同じショウ。ファンのつどいでも、夢中になれなくて、それで逆に話ができた、ってのは、深いなぁ、と感じました。

池畑 (米村亮太朗) から 吾郎 (伊勢谷友介) 誘拐に関する尋問を受け、「古井わかば」 という刑務官が存在しないことを問われた若井 (満島ひかり)一体、何者だったのでしょうね。

個人的には、カヨ (小泉今日子) に花束持ってタキシード着てプロポーズ面会にやってくる 長谷川 (塚本高史) がツボでした。

若井、カヨの復讐計画ノートを発見し、コピーするけれど、どうなる?!

かなり高度なドラマ・テクによって展開する話は、今後、どっちに転がる?!

      (ストーリー)

エドミルク社長室では、若井 (満島ひかり) が刑事の 池畑 (米村亮太朗) から 吾郎 (伊勢谷友介) 誘拐に関する尋問を受けていた。「古井わかば」 という刑務官が存在しないことを問われた若井は…。

2014年。
自立と再生の女子刑務所に 長谷川 (塚本高史) がタキシード姿で、カヨ (小泉今日子) の面会にやってきた。獄中結婚を前提とした獄中交際を申し込む長谷川に、動揺を隠し切れずドキドキするカヨ…。

一方雑居房では、カヨ達の吾郎捕獲作戦会議を始めるが、おばさんたちの妄想トークが広がるばかりで中々具体的な実行計画まで進まない。だが、吾郎への復讐計画を実行するため、ありとあらゆる資格を取ろうとカヨ・しのぶ (夏帆)・洋子 (坂井真紀)・明美 (森下愛子)・千夏 (菅野美穂) たちは猛勉強を始める。

ある日、刑務所の体育館で居室対抗スポーツ大会が開催され、カヨと千夏ペアがバトミントンで優勝、卓球では洋子としのぶペアが 悠里 (猫背椿) とオバケ (あびる優) ペアと対決する。そんな中、刑務官の北見 (河井青葉) から洋子の刑期終了を突然伝えられ…。

2017年。
アジトでは、洋子が吾郎に自分の服役した理由から刑期満了までの話を語り出す。洋子の過去はあまり語られたことがなく、吾郎と共に耳を傾けるカヨたち。
実は同室で一番古株だったという洋子が犯した罪とは… !?

[PR]
by noho_hon2 | 2017-11-29 08:07 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

オケ老人! (2016)
e0080345_10061972.jpg
やはり、杏には、コミカルで、ユーモラスな一生懸命が、よく似合う!

なりゆきと勘違いから、へっぽこオケに入ることになり、指揮をする展開に。

団員のご老人な方々の温かみとユーモアが、いい味だしてました。

なにげに、今旬の若手もぬかりなくキャスティング。これまた、いいハーモニー。

最後は、爽やかな感動を呼ぶハート・ウォーミング物語

オチまで… 笑えました。

      (解説)

「ちょんまげぷりん」「探検隊の栄光」などで知られる人気作家、荒木源の小説を基にした音楽ドラマ。老人ばかりのアマチュアオーケストラに入団してしまった女性が、ライバル楽団との対立などを通して音楽の素晴らしさをかみしめる。メガホンを取るのは、コントユニット「男子はだまってなさいよ!」を率いる演出家・脚本家で、映画監督としても『ぱいかじ南海作戦』などを手掛けてきた細川徹。個性あふれるオーケストラ団員とヒロインのコミカルなやりとりに加え、全編にわたって響き渡るクラシックの名曲にも注目。

      (ストーリー)

バイオリンが趣味の数学教師の小山千鶴(杏)。梅が岡高校に赴任した彼女は、地元の文化会館でのアマチュアのオーケストラによる見事な演奏を耳にして入団を決意する。だが、彼女が入ったのは老人ばかりの梅が岡交響楽団で、文化会館で演奏していたのはエリート楽団として知られる梅が岡フィルハーモニーだったと知ってがく然。退団しようとするも、その後指揮者を務める羽目になり……。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-11-29 08:00 | 映画 | Trackback(2) | Comments(0)

明日の約束 「悲しき復讐…本当の悪者は誰歪んだ母子」
e0080345_07583544.jpg
なんと、自殺した、圭吾(遠藤健慎)には妹がいて、あまりに兄と母親がべったりで、関心がいきすぎ、愛情不足から、援助交際に手を染めようとしてたとは!

バスケ部顧問の辻(神尾佑)とキャプテンの大翔(金子大地)を立て続けに襲った犯人、香澄(佐久間由衣)の、「まだやることがある」とは難でしょうね。

それにしても、本庄(工藤阿須加)にも、11年前に事故で亡くなった兄がいた偶然。

日向(井上真央)と本庄、両家の食事会を目前。生徒のトラブルを見るに見かねて、対処するうち、遅刻。食事会は、お開きになり、関係が険悪に。本庄、ラストで豹変っ! 彼もまた、親子関係のダークサイド?!

なんだか、深いけれど、じれじれの学園と家族のドラマです。

      (ストーリー)

不登校が続いていた1年生のバスケ部員・圭吾(遠藤健慎)が謎の死を遂げた。以来、学校とバスケ部にはイジメによる自殺ではないかと非難の声が殺到。圭吾の母・真紀子(仲間由紀恵)も敵意をあらわにし、学校や担任教師の霧島(及川光博)、スクールカウンセラーの日向(井上真央)相手に訴訟を起こすと宣戦布告する。

そんななか、バスケ部顧問の辻(神尾佑)とキャプテンの大翔(金子大地)が立て続けに襲われた。犯人らしき人物を見たという話を生徒から聞いた日向は、犯人が圭吾の幼なじみで、2年前に学校を辞めた香澄(佐久間由衣)だと気付く。実は退学後、香澄は自分をいじめた人間に復讐をしようと考えていたが、計画を知った圭吾が代わりに実行してくれたのだという。だから今度は、自分が圭吾に代わって復讐を――。日向は罪を認めた香澄を説得するが、香澄は「まだやることがある」と言い残して行方をくらませてしまう。

数日後、香澄のことを知った記者の小嶋(青柳翔)が日向の前に姿を現す。小嶋は、香澄が最後に真紀子を狙うのではないかとにらんでいた。それもそのはず、ネット上には真紀子が毒親であることや、そのせいで圭吾が自殺したと悪評の数々が書き込まれていたのだ。当然、それらの中傷は本人の目にもとまり、怒りを覚えた真紀子は早速弁護士に相談する。

一方、結婚のあいさつをするため本庄(工藤阿須加)の実家を訪ねた日向は、そこで初めて本庄に兄がいて、11年前に事故で亡くなったことを知る。さらに、結婚を機に毒親である母・尚子(手塚理美)と自分の関係をなんとか修復させようと意気込む本庄に、うまく本心を伝えられない日向。家では、尚子が何度か会ううちに本庄のアラが見えてきたと言い出し、「ああいうタイプには気をつけた方がいい」と苦言を呈して…。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-11-29 07:54 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~ 「政治の毒を飲む覚悟はできた!第二章・市長編開幕」
e0080345_14075501.jpgなんだか、びっくり展開。冒頭で、いきなり、佐藤智子(篠原涼子)が市長に当選してしまうとは…

犬崎和久(古田新太)の神輿にかつがれた感だけど、彼は一体、何を目論む? 裏で操りやすい人物を選んだのかな?

でも、汚職疑惑の人となった、現市長・河原田市長(余貴美子)の秘書・望月(細田善彦)が死んでますからねぇ

こうなったら、徹してコミック展開で、「あったらいいな、こんな事」なファンタジーで押して欲しい、のでした。

      (ストーリー)

 佐藤智子(篠原涼子)が始めた、あおば市議会の汚職疑惑は河原田晶子市長(余貴美子)の身に及び、秘書の望月守(細田善彦)が自殺したことで、真相は闇に葬られようとしていた。河原田は市長の職を辞し、市長選で再選することで身の潔白を市民に信じてもらう道を選ぶ。

 市民の関心は河原田の対立候補、犬崎和久(古田新太)派が誰を推すか。平田和美(石田ゆり子)が犬崎派の智子に聞くと、あっさり自分が頼まれたと口にする。和美に犬崎の操り人形にされると忠告される智子だが、さすがに裏があると断ったと告げた。

 その頃、智子は市民の陳情を一つずつ解決しようと働いているが、はかどらずにいた。役所に頼んでも右から左に受け流されると悩む智子に、藤堂誠(高橋一生)は市長になれば良いと話す。智子は逆に誠が市長になって貸してほしいと頼む。だが、誠には智子の方が良いと思うと言われてしまう。

 智子は犬崎から担当職員より話が通りやすいと福祉課の部長・富田恭一(渡辺いっけい)を紹介される。早速、智子は富田と陳情元を回り出す。そんな時、前田康(大澄賢也)が市長選への出馬を表明。和美たち新聞社の面々や、小出未亜(前田敦子)ら、新人議員たちも疑問を隠しきれない。

 智子が富田と回った陳情は福祉課で素早くまとめられ、実行に移され始める。なぜここまでしてくれると尋ねる智子に、犬崎はまだ市長にすることを諦めてはいないと答える。智子には犬崎の本心が分からなかった…。


[PR]
by noho_hon2 | 2017-11-28 07:04 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

嫌われ松子の一生 (2006)
e0080345_14033710.jpg原作は、山田宗樹の同名ベストセラー小説

とにかく、波乱万丈の人生を、中島哲也監督独特の映像とセンスでもって映画化

この美人女優がここまで… と、ある意味、感服してしまったのでした。

俳優さん達が、11年分若くて、たとえば、瑛太は今や押しも押されもせねぬ演技派だけど、ワカゾーしてるのが、なんだか胸キュン。

クドカンから、劇団ひとりまで出てて、びっくり、だったのでした。

伊勢谷友介が、ここでも、キーマンであり、えらい目にあっていて、ひとり勝手に、ちょっとプププ…

     (解説)

『下妻物語』の中島哲也監督が、山田宗樹の同名ベストセラー小説を映画化した異色のシンデレラストーリー。壮絶で不幸な日々を過ごしながらもハッピーな人生を目指して奮闘する、川尻松子の波乱万丈な生き様をつづる。教師からソープ嬢、殺人まで犯してしまう松子に『電車男』の中谷美紀がふんし、転落人生を送る女性の悲哀をコミカルに演じる。ベテラン俳優からお笑い芸人まで30人を超える豪華有名人の出演シーンも見逃せない。

     (ストーリー)

昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子(中谷美紀)は、お姫様みたいに幸せな人生に憧れていた。しかし、20代で教師をクビになり、エリート街道から転落、家を飛び出して風俗嬢になってしまう。その上ヒモを殺害して刑務所へ送られ、壮絶な不幸の連続にまみれた波乱万丈の人生を送ることになる……。

[PR]
by noho_hon2 | 2017-11-28 06:30 | 映画 | Trackback | Comments(0)

今からあなたを脅迫します 「新章開幕!!脅迫屋が隠す過去…」
e0080345_11461928.jpg
今回は、脅迫屋ならぬ、砂時計をもって澪(武井咲)にアプローチする、職業ナンパ師と名乗る謎の男・スナオ(間宮祥太朗)が登場して可笑しかったです。

最初は警戒してた、いじめられてた少女・北条愛梨(横溝菜帆)でしたが、焼き芋を奢ってくれた、千川(ディーン・フジオカ)に「困った人を助ける仕事をしている」と説得され、「お母さんを助けて欲しい」と依頼

シングル・マザーのあかね(佐伯日菜子)は、元交際相手で取り立て屋の佐々木貴也(髙橋洋)からつきまとわれており、愛梨もその男に怪我を

でも、紆余曲折の結果、助けることができてヨカッタですね。

また、千川の過去にまつわるエピソードも描かれ、次回が楽しみです

       (ストーリー)

千川(ディーン・フジオカ)たち脅迫屋の助けで一命を取り留めた澪(武井咲)は病室で目を覚まし、祖父の轟(近藤正臣)と和解する。千川に礼を言いたいと思う澪だが、その頃千川は4年前に亡くなったある女性・来栖稚奈との思い出の場所を訪ねていて…。帰り道、いじめを受けている小学生・北条愛梨(横溝菜帆)を見かけた千川は空腹な様子の愛梨に焼き芋をおごろうとするが、受け取ってもらえない。愛梨は千川が“困った人を助ける仕事をしている”と知り、「お母さんを助けて欲しい」と告げるが、迎えに来た母のあかね(佐伯日菜子)に連れられて行ってしまう。一方澪は病院で職業ナンパ師と名乗る謎の男・スナオ(間宮祥太朗)に運命の人だと口説かれて…。

翌日、愛梨の小学校を訪ねた千川は、愛梨が入院していると聞き病院へ。シングルマザーのあかねは、元交際相手で取り立て屋の佐々木貴也(髙橋洋)からつきまとわれており、愛梨もその男に怪我を負わされたと知る。さらに、同じ病院でスナオから連日口説かれている澪に偶然鉢合わせる。澪は千川のよそよそしい態度が気になりつつも千川が見舞っていた愛梨のことが気にかかる。

あかねの生活保護受給記録を調べた栃乙女(島崎遥香)は、あかねが担当ケースワーカーの蔵井武志(飯塚悟志)に隠れてヤミ金の佐々木と交際し借金をしたことで生活保護を止められた上、今は借金の取り立てに追われていることを知る。そんな中、脅迫屋のアジトの周りをウロつくスナオを怪しみ理由を問い詰めた千川は、舎弟にして欲しいと頼み込まれ…。さらに、再び佐々木から取り立ての脅迫を受けた愛梨からSOSの連絡が。佐々木が詐欺まがいの方法であかねに借金を背負わせたことを知った千川はお試し採用したスナオを引き連れ、ケースワーカーの蔵井に扮装して佐々木のヤミ金事務所へ。しかし、千川の変装はなぜかすぐに見破られてしまう。

真相に気づいた千川は目黒(三宅弘城)に佐々木の尾行を頼む。尾行先で目黒が見たのは思いがけない人物で…。さらに事件は思わぬ展開へと発展。千川の謎に包まれた過去も徐々に明らかに…!?

[PR]
by noho_hon2 | 2017-11-27 09:11 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)

陸王「陸王でライバルを倒せ!息子と一緒の戦」
e0080345_11453779.jpg
ニューイヤー駅伝、茂木(竹内涼真)が選んだシューズは、アトランティス社の「RⅡ」ではなく、こはぜ屋の「陸王」

快進撃のごぼう抜きで、3位で、タスキを繋ぎました。

茂木のライバルの毛塚(佐野岳)は、“アトランティス”でした。

それにも関わらず、陸王は市場では売れず、しかし、機能的に、アトランティスを上回っていたことから、ライバルの意地悪が始まります。

ソールを作ってるメーカーを抑え、困らせて窮地に陥ったところで終わったのですが、次回、また逆転が?!

       (ストーリー)

いよいよ始まったニューイヤー駅伝。怪我から復帰し、メンバーに選考された茂木(竹内涼真)が選んだシューズは、アトランティス社の「RⅡ」ではなく、こはぜ屋の「陸王」だった。決意を新たに自分の出番を待つ茂木。レースがスタートしてから順調にタスキをつなぐダイワ食品は、3位という絶好のポジションで、4区を走るエース・立原(宇野けんたろう)がスタート。

みんなの期待を一身に背負い走り始めた立原だったが、連戦の疲れからか、ほどなく失速してしまうと次々と順位を落としてしまった。先頭から大きく差をつけたられたダイワ食品チームだが、いよいよ6区を走る茂木へタスキがつながれる。同じ区間を走る毛塚(佐野岳)と静かに火花を散らす茂木。そんな茂木の力走に、声をふりしぼって声援をおくる宮沢(役所広司)らこはぜ屋のメンバーたち…果たして勝負の行方は!?

[PR]
by noho_hon2 | 2017-11-27 09:00 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
カルティエ ネックレス ..
from ブルガリ キーケース 通販 ..
ロレックス 時計 バイマ..
from カルティエ 時計 レディース..
ロレックス ミルガウス ..
from ヤフオク ロレックス 偽物
zipped-manga..
from Zipped-manga.com
ブルガリ b-zero1..
from ブルガリ 中古 時計 メンズ..
カルティエ 婚約指輪 金..
from カルティエ ネックレス 値段..
lb.skimresou..
from ブルガリ オードトワレ 付け..
最新のコメント
みっきーさん、ありがとう..
by noho_hon2 at 07:26
☆noho_hon2さん..
by みっきー at 16:20
ありがとうございます>ふ..
by noho_hon2 at 19:32
なんとなんとそうだったん..
by ふゆこ at 16:49
すみません。どうも、ミク..
by noho_hon2 at 15:17
関係ないことでごめんくな..
by ふゆこ at 20:47
松木よしの さん、こんに..
by noho_hon2 at 15:39
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)