<   2018年 02月 ( 64 )   > この月の画像一覧

きみが心に棲みついた 「下劣男に神の制裁!?ついに結ばれる2人」
e0080345_08032398.jpg吉崎(桐谷健太)と付き合い始めた今日子(吉岡里帆)なれど、吉崎の前にたびたび現れる、元カノ映美(中村アン)に心揺れる今日子。

悶々としつつも、言い出せません。

ラプワールでは堀田(瀬戸朝香)と八木(鈴木紗理奈)の2名体制での新ブランド立ち上げが正式決定。しかし、そこに飯田(石橋杏奈)の名前はなく、何とか星名(向井理)とつながっていたい飯田は彼のマンションを訪れるが、冷たい態度

星名を「支えたい」と願い出るものの、逆に、その「過去を知る」ことゆえ、嫌われてしまいます。

また、今日子は、人づてに、吉崎に、あのストリップ動画を見てしまい、ショックを受けます。

そして、いったんは、冷却期間を持ったものの、「それは犯罪だ」と吉崎。星名の今日子への仕打ちも酷いと、今日子の同僚達

結局、吉崎は、ダメージに負けず、動画を悪用しない旨の誓約書を、星名と仲間達に書かせ、今日子のもとへ。

吉崎と今日子は結ばれ、ずっと依存と呪縛の象徴だった、ねじねじスカーフを外す決心をします。

それを見て、驚く星名は、はたして?!

      (ストーリー)

 吉崎(桐谷健太)と付き合い始めた今日子(吉岡里帆)だが、吉崎の前にたびたび現れる映美(中村アン)に気を揉んでいた。ちゃんと聞こうと思っても言葉に出せないまま悶々と日々が過ぎていく。

 一方、ラプワールでは堀田(瀬戸朝香)と八木(鈴木紗理奈)の2名体制での新ブランド立ち上げが正式決定した。しかしそこに飯田(石橋杏奈)の名前はない。何とか星名(向井理)とつながっていたい飯田は彼のマンションを訪れるが冷たい言葉を投げかけられてしまう。

 そんなある日、今日子は吉崎があのストリップ動画を見てしまったことを知る。一番知られたくない過去を一番知られたくない人に知られてしまった。そのことを知った星名は会社でも覇気のない今日子に迫る。

[PR]
by noho_hon2 | 2018-02-28 08:03 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)

FINAL CUT 「真犯人はそこにいた…一線を越えた夜!」
e0080345_07510761.jpgテレビ番組『ザ・プレミアワイド』、司会者の百々瀬(藤木直人)が陣頭指揮をとり、「これは、美味しいネタだ」と判断、

慶介が警察官だと知った百々瀬、井出(杉本哲太)、真崎(水野美紀)、小池(林遣都)、皆川(やついいちろう)は早々に慶介の身元や経歴を調べ上げ、慶介の前に現れます。

また、雪子(栗山千明)に呼び出された慶介は、ついに本名を明かし、

母が犯人扱いされた事件の真犯人・小河原祥太の行方を突き止めるため、妹である雪子と若葉(橋本環奈)に近づいたと打ち明け、

雪子は「あの日、兄は家にいた」と言い返し、慶介の言葉に耳を貸そうとしません

慶介は、父親である弁護士の小河原達夫(升毅)に狙いを定め、12年前の事件についての依頼だと切り出し、達夫を動揺

慶介の揺さぶりで動き出した達夫は、意外な人物にコンタクト

その夜、高田(佐々木蔵之介)は百々瀬から、12年前の事件のことで慶介からコンタクトがあり迷惑を被ったと聞く。しかし、百々瀬は「事件の真相を探るつもりだ」と告げ、高田を驚かせます。

雪子から慶介の正体を知らされた若葉は、慶介の前に現れ、「お兄ちゃんの居場所を調べるから恋人にして」と持ちかけ、達夫を監視中の大地(髙木雄也)に魔の手。

ようよう救済した、慶介は、小河原達夫にファイナル・カット方式で迫りますが、高田に録画をさせて、「脅迫罪で、訴える」と息巻いたものの、土壇場で、機械の故障?!

慶介と、雪子が愛憎うずまきつつ、キスする中、大きな動きは着々と…

      (ストーリー)

12年前、テレビ番組『ザ・プレミアワイド』がきっかけで母・恭子(裕木奈江)を殺人犯扱いされ、亡くした慶介(亀梨和也)は、当時の番組関係者に致命的弱点を捉えた映像“ファイナルカット”を突きつけ、なぜ母親への犯人視が始まったかを追及している。事件当時、警察幹部の芳賀(鶴見辰吾)が捜査情報をリークし、司会者の百々瀬(藤木直人)が番組で恭子を犯人視し始めたことを突き止めた慶介だったが、ある日、警察官としての姿がテレビ中継されてしまう。

雪子(栗山千明)に呼び出された慶介は、ついに本名を明かし、母が犯人扱いされた事件の真犯人・小河原祥太の行方を突き止めるため、妹である雪子と若葉(橋本環奈)に近づいたと打ち明ける。しかし、雪子は「あの日、兄は家にいた」と言い返し、慶介の言葉に耳を貸そうとしない。

慶介が警察官だと知った百々瀬、井出(杉本哲太)、真崎(水野美紀)、小池(林遣都)、皆川(やついいちろう)は早々に慶介の身元や経歴を調べ上げ、慶介の前に現れる。

祥太の居場所を早く探らなければと考えた慶介は、父親である弁護士の小河原達夫(升毅)に狙いを定める。相談客を装って訪れた慶介は、12年前の事件についての依頼だと切り出し、達夫を動揺させる。慶介の揺さぶりで動き出した達夫は、意外な人物にコンタクトをとり…?

その夜、高田(佐々木蔵之介)は百々瀬から、12年前の事件のことで慶介からコンタクトがあり迷惑を被ったと聞く。しかし、百々瀬は「事件の真相を探るつもりだ」と告げ、高田を驚かせる。

一方、雪子から慶介の正体を知らされた若葉は、慶介の前に現れ、「お兄ちゃんの居場所を調べるから恋人にして」と持ちかける。同じ頃、達夫を監視中の大地(髙木雄也)に魔の手が忍び寄り―。

[PR]
by noho_hon2 | 2018-02-28 07:51 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

海月姫 「一発逆転!謎の男の怪しい誘惑!?君が欲しい」
e0080345_07552949.jpg鯉淵修(工藤阿須加)から告白された倉下月海(芳根京子)は、心ここにあらず。

でも、ジジ様(木南晴夏)の生産管理も様になり『ジェリーフィッシュ』のドレスは順調に出荷されていく中、

千絵子の母、千世子(富山えり子・二役)が現れ“尼~ず”たちに立ちはだかります。

けれど、一人の男性の目に留まり状況は一変。

月海の存在と才能込で、商品を、3億円で買いたい、という人物が現れて…

どうなるんでしょうね。月海を巡る三角関係。

天水館の行く末と、“尼~ず”たち。鯉淵ファミリー?! 

      (ストーリー)

鯉淵修(工藤阿須加)から告白された倉下月海(芳根京子)は大混乱。“尼~ず”に相談出来ない月海は、蔵之介(瀬戸康史)に電話した。話を聞いた蔵之介はどういうつもりで言ったのかと修に尋ねる。すると修は交際を求めているのではなく、月海にプロポーズしようと思っていると突っ走ろうとしていた。いきなりそんなことをしたら月海がどうなるかわからないと、蔵之介は修を諌める。

ジジ様(木南晴夏)の生産管理も様になり『ジェリーフィッシュ』のドレスは順調に出荷されていく。そんな時、『天水館』の月海宛てに一通の手紙が届いた。差出人の名前がない手紙を怖がる月海の代わりに、封を切ったまやや(内田理央)が固まる。蔵之介が手紙を奪い取ると、差出人は修。内容はまさに月海へのプロポーズだった。ばんばさん(松井玲奈)や千絵子(富山えり子)も動転する中、蔵之介は修のフライングに歯噛みする。

そんな混乱の最中に、千絵子の母、千世子(富山えり子・二役)が現れ“尼~ず”たちに早く出て行けと迫る。千絵子は母にここで服を作っていると説明。蔵之介も服を売って『天水館』を買いたいと話した。しかし、千世子は売却契約に行くと出て行ってしまう。 しかし、千絵子は母に内緒で『天水館』の権利証を隠していた。契約までの時間を引き延ばした月海たちは、ジジ様の提案でファッション界のバイヤーやスタイリストなどが集まるプロモーションスペースに出店することにする。

[PR]
by noho_hon2 | 2018-02-27 07:55 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)

99.9-刑事専門弁護士- SEASON II 「舞子の弟が殺人犯!?原因は姉…失われた絆真相の鍵は2年前の事件にあった!!」
e0080345_11115256.jpg今回は、ミステリーも笑いどころも分かりやすくて楽しかったです。

舞子(木村文乃)尾崎雄太(佐藤勝利)姉弟が、12年前の事件を、舞子が、弟の無実の訴えをきかず、無理やり、示談にしたことが発端に。

タバコ屋の敏感すぎる、センサーちゃんと、パクチーだらけ(?)移動販売屋台が、動かぬ証拠となったとは。

姉弟が無事、和解できてヨカッタ。

あいかわらず、深山(松本潤)のダジャレだらけのマイペースは笑えます。全力すぎる佐田(香川照之)といいコンビだなぁ、と実感。

      (ストーリー)

舞子(木村文乃)の元に、大酉寿司店主・新井英之(竜雷太)が弁護依頼にやってきた。不動産屋・平田(三又又三)の殺害容疑で警察から事情聴取を受けているという。

事件当日、新井が事件現場に出入りしていたことが、容疑をかけられた理由だったが、新井は否認。さっそく事件現場にやってきた深山(松本潤)と舞子は、煙草屋店主・飯田(ダンカン)から、事件当日、現場に出入りしていた人間が、新井以外にもう一人いたという話を聞く。

深山たちが事務所に戻ると、平田殺害の容疑者逮捕のニュースが…。テレビに映された尾崎雄太(佐藤勝利)は、なんと舞子の弟だった。さらに、雄太は2年前に窃盗事件で有罪判決を受けていたことが判明する。 舞子は雄太と接見して弁護を請け負おうとするが、雄太は頑なに拒否。舞子と雄太の間には、あることがきっかけで大きな溝ができていたのだ。結局、深山が一人で弁護を担当することになるが、そこで雄太は、改めて「自分は今回の事件も、2年前の事件もやっていない」と否認するのだった。

この事件を受け、斑目所長(岸部一徳)は、雄太が本当に犯人であれば顧客からの信用に関わるため、舞子には辞めてもらうと佐田(香川照之)に言い放つ。

殺人容疑と2年前に雄太が有罪判決を受けた窃盗事件が深く絡まり合った難事件。果たして深山たちは事実を見つけ出し、雄太と舞子を救うことができるのか!?

[PR]
by noho_hon2 | 2018-02-26 11:12 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

西郷どん「不吉な嫁」
e0080345_10580771.jpg今回、初めて、吉之助(鈴木亮平)の「男にも女にも好かれる」人望による、実際の動きが見られてヨカッタです。

斉彬(渡辺謙)は江戸へ、と呼ばれたものの、貧困のあまり、上京の為の支度金の無さを、関係者と有志達が用立ててたのが印象に残りました。

また、美しいけれど、無愛想だった最初の妻の須賀(橋本愛)。結局、実際には、一緒にいると、ますます惹かれてしまいそう、と身を引く形で離縁したのですね。慰謝料と称して、金を起きつつ。

また、吉之助も、須賀の名誉のために争う情の深さも、高感度、大でした。

しかし、篤姫(北川景子)までも、吉之助に感謝してて、ほっこり。

この調子で快進撃して欲しいのでした。

      (ストーリー)

祖父に続き両親を亡くし妻の須賀(橋本愛)は近所で『不吉な嫁』と呼ばれる。そんな時ペリーの黒船が現れ、斉彬(渡辺謙)は江戸へ。そのお供に吉之助(鈴木亮平)は選ばれる。家族は歓喜するが須賀は猛反対。旅費や江戸での生活費は全て自己負担であり支度金を西郷家は用意できないと訴える。あきらめかける吉之助に正助(瑛太)は激怒するが、須賀は実家に帰ってしまう。

[PR]
by noho_hon2 | 2018-02-26 11:01 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)

帝一の國 (2017)
e0080345_11192846.jpg原作は、古屋兎丸の人気コミック

「そんなバカな!」な、デフォルメ設定。コミック・ティストを活かした、今旬なイケメン役者さんが、ずらりの虚構世界で繰り広げられる、生徒会選挙を頂点とした諸々が楽しかったです。

特に、主役の菅田将暉は光ってました。

やはり圧巻は、太鼓の舞台だけど、マイムマイムもヨカッタな。

楽しかったです。

    (解説)

『共喰い』『溺れるナイフ』などの菅田将暉を主演に迎え、古屋兎丸の人気漫画を映画化した学園コメディー。日本で一番有名な高校で、生徒会長の座をめぐって勃発する激しいバトルを衝撃のギャグ満載で活写する。共演は野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大ら。彼らが演じる個性的なキャラクターによる演技合戦、型破りな物語が熱い。

    (ストーリー)

国内屈指の名門校である海帝高校で生徒会長の座に就いた人物には、将来の入閣が約束されていた。首席で入学を果たした新入生の赤場帝一(菅田将暉)には、いつか総理大臣になって己の国を作り上げるという大きな野望があった。彼は2年後に控えた生徒会長選を見据え、全国から集まったトップエリート800人の高校生相手に戦いを挑む。

[PR]
by noho_hon2 | 2018-02-26 08:19 | 映画 | Trackback(3) | Comments(0)

オリンピック最終日
特に、アイス・スケートのエクスビジョンは圧倒でしたね。

ライブで見ていて、感動というか、オミゴトのあまり、鳥肌たったのでした。

特に羽生選手には、ほとんど後光がさしてました。

[PR]
by noho_hon2 | 2018-02-26 08:01 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~ 「人望ゼロ兄弟の逆襲ハンドベルと南の島のすね毛」
e0080345_06291077.jpg今回は、逐一、ポイントで決める会話が可笑しかったですね。

ライバルの善財(竹森千人)が倒れているのを発見した博文(小澤征悦)

ところが、犯行動機があることや凶器に指紋がついていたことで博文が襲ったのではないかと警察に疑われて

気のせいか、周囲が白い目になったのに、ショックを受け、挽回大作戦。

それぞれの勝手ないい分や、それに踊らされる、失恋したての秀作(山田涼介)も笑えました。

それにしても、写真と絵が、構図といい、そっくりだったのは、なにゆえ?


      (ストーリー)

ライバルの善財(竹森千人)が倒れているのを発見した博文(小澤征悦)。

ところが、犯行動機があることや凶器に指紋がついていたことで博文が襲ったのではないかと警察に疑われてしまう。

実は窃盗団の一味だった善財の婚約者が犯人だったとわかり、疑いは晴れるが、博文を疑ったことで病院内で人望のなさが明るみに。出世も遠ざかり、博文は人生初の挫折を味わう。

一方、男らしくない態度を里子に責められフラれた秀作(山田涼介)は、さらに不幸な秀作なら博文を勇気づけられると知晶(波瑠)から励まし役を命じられる。

そんな中、浜野谷院長(柴俊夫)の家にも出入りする手毛綱(児嶋一哉)が、院長は人事にポイント制を採用しているとの情報を持ってきた。秀作達は窃盗団の捜査をする尾関(小瀧望)も巻き込み、博文の挽回を狙ってポイントアップを計画するが…。

[PR]
by noho_hon2 | 2018-02-25 06:29 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

澤田勝行写真展:大将軍湯
銀座ニコンサロンで、澤田勝行写真展:大将軍湯を鑑賞

下町の銭湯に漂うレトロ感…

そのあたりに着目した若い視点に、逆に新鮮味
e0080345_17021682.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2018-02-24 17:02 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

それにしても、カーリング娘達
惜しかったですね。延長の瞬間は、なんて劇的

だけど、もう少し彼女達の試合が見られるのは嬉しいのでした。

[PR]
by noho_hon2 | 2018-02-24 06:35 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
執事 西園寺の名推理 第2話
from 刹那的虹色世界
22年目の告白 私が殺人..
from 象のロケット
家政婦のミタゾノ 第1話
from 西風随想
家族はつらいよ2
from 象のロケット
家政夫のミタゾノ(2)第1話
from レベル999のFC2部屋
金曜ドラマ『あなたには帰..
from レベル999のFC2部屋
家政夫のミタゾノ(第2シ..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)