<   2018年 03月 ( 82 )   > この月の画像一覧

関健作「OF HOPE AND FEAR」展
銀座ニコンサロンで、関健作「OF HOPE AND FEAR」展を鑑賞

ヒップホップに夢中な、ブータンの青年にスポットを当ててました。

そこから、貧困、失業、と、深刻な社会問題に斬り込んだ意欲作でした

by noho_hon2 | 2018-03-31 18:07 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

静おばあちゃんにおまかせ
e0080345_06060383.jpg
原作は、ミステリー作家・中山七里さんの小説、静おばあちゃんにおまかせ

岡田結実が正義感溢れる半人前の法学生「高遠寺円(まどか」を演じ、元裁判官の祖母。「静(草笛光子)」の援護を受けながら事件の謎を解く痛快ミステリー

なにげに、静おばあちゃん役の草笛光子の現役感がハンパないです。

大後寿々花が出演してて、個人的にテンションあがりました。セクロボの彼女が、こんなにお姉さんに

岡田結実と、要潤も、なかなか良かったし、岡田結実、ドラマ初出演とは思えない、達者ぶりでした。

町田のレディ・ガガはヨカッタですね。その強烈な姿と、派手な帽子が、キーアイテムに、

金曜日の夜、軽く楽しめるミステリーとしては、なかなか当たり… かも。シリーズ化して欲しいです。

    (ストーリー)

法学部の2年生・高遠寺円(岡田結実)のもとに、警視庁捜査一課刑事の葛城公彦(要潤)から「折り入って相談したいことがある」というメールが届く。ひとり暮らしの高齢女性・朝倉喜美代(茅島成美)が自宅で死体となって見つかったのだが、第一発見者である孫娘・美緒(大後寿々花)が号泣しっぱなしで事情聴取ができず、同世代の円なら彼女から話を引き出せるのではないかと考えたのだ。両親が事故死した後、祖母の養女となったという美緒はまったく同じ境遇の円に対して心を開き、少しずつ状況を語りはじめる…。
調べを進めるうち、喜美代には5億円もの資産があることが判明。さらに事件当日、喜美代は大好きなド派手ファッションに身を包んで代官山に繰り出しており、そのファッションゆえ多数の人物が彼女の姿を記憶していたことも明らかになった。さらに、喜美代の長男・健郎(高杉亘)や長女の洋絵(鳥居みゆき)が、被害者である母を恨んでいたことがわかり…!?

by noho_hon2 | 2018-03-31 06:04 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)

東京センチメンタルSP~御茶ノ水の恋~
e0080345_05571195.jpg
今回のゲストは、吉瀬美智子で、お料理教室の先生。

男性陣は、ほぼ、彼女狙いで、時によっては、親睦会が変な雰囲気に。

東京・下町の和菓子屋「くるりや」三代目の久留里卓三(吉田鋼太郎)は、現代の寅さん。

バイトのあかね(高畑充希)には、毎回、叱られてるけれど、

けっこうマドンナとも、いい雰囲気で食事もしてたし、背景となった御茶ノ水が風情でした。

結局、彼女の気持ちを察し、花屋のイケメン生徒・増田(青柳翔)への気持ちを応援することに。

今回も、なかなかオツだったのでした。

     (ストーリー)

東京・下町の和菓子屋「くるりや」三代目の久留里卓三(吉田鋼太郎)はバツ3独身56歳。惚れっぽく気ままな性格で、バイトのあかね(高畑充希)に日々叱られている。それでも出会いを求めて御茶ノ水の料理教室に通い出した卓三は、美貌の先生・秋本楓(吉瀬美智子)に心を打ち抜かれる。だが楓には不倫のトラウマが…。そして独身のイケメン生徒・増田(青柳翔)と楓の間には微妙な雰囲気。波乱含みの三角関係、一体どうなる!?

by noho_hon2 | 2018-03-31 05:56 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)

テレビ東京 春の開局記念ドラマ『ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実』
e0080345_05441255.jpg
原作、本城雅人『ミッドナイト・ジャーナル』

派手さは無かったけれど、なかなかに渋い佳作でした。

竹野内豊と上戸彩のバディぶりや、中央新聞の記者・関口豪太郎(竹野内豊)の家庭内事情、も味があったし

(お仕事ぶりを見せて、初めて娘にパパと呼んでもらえて良かったね)

なにげに、藤瀬祐里(上戸彩)にコーヒーばかり期待する、社会部部長の外山義柾(木下ほうか)も笑えました。

見られて良かったです。

    (ストーリー)

「被害者の女児は死亡」ーー中央新聞の記者・関口豪太郎(竹野内豊)と藤瀬祐里(上戸彩)は、世間を震撼させた連続誘拐殺人事件で世紀の大誤報を打ち、豪太郎は支社に左遷され、祐里は遊軍にされてしまった。
  凶悪事件から7年、豪太郎はさいたま支局で、新人・岡田昇太(寛一郎)を叱責しながら、粛々と事件を追い続けていた。そんな折、女児誘拐事件が発生。豪太郎は7年前の事件との関連性を疑う。
 当時、豪太郎らは“犯人2人説”を主張。「7年前に逃げきった共犯者が犯人では?」…そう考えた豪太郎は、本社の元上司で社会部部長の外山義柾(木下ほうか)に、記事にして欲しいと掛け合うが取り合ってもらえない。援軍に名乗り出たのは、祐里だけだった。
 だが豪太郎らが調査を始める中、第3の誘拐事件が起きてしまう。新聞記者としての誇りを胸に様々な障壁を乗り越え、“誤報コンビ”がたどり着いた7年越しの真実とは?

by noho_hon2 | 2018-03-31 05:43 | Trackback(1) | Comments(0)

探しものは、デッドストックの中に
ちょっとモノを整理中なのですが、「ああ、こういうのを探してたんだよね」ってのが、デットストックの中にあり… 脱力。へなへな

嗚呼、同じ本やモノを気づかずに買ってしまう方の気持ちが分かってしまふ

ツボって、悲しいほど変わらないんですね (T_T)

by noho_hon2 | 2018-03-30 18:02 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

越路吹雪物語 最終回
e0080345_16064906.jpg
最初は、越路吹雪に馴染みがないので、ちょっとだけ様子見…の、つもり、だったけれど、子供時代編と青春編が、魅力抜群! 思わず最後まで見てしまいました。

晩年編は、ほとんど大地真央・リサイタルの感。

歌唱力と、成功の光と影の表現力で、深みは増して見事だったけれど、応援したくなったのは、前半だった… かな? 破天荒で天真爛漫な原石の魅力が光ってました。

お時さんとの友情が良かったです。木南晴夏の、お時さんと、その母、好きでした。

岩谷時子って、売れっ子・作詞家のイメージしか無かったので、越路吹雪との関係にびっくり。

なかなかの傑作と感じたのでした。

by noho_hon2 | 2018-03-30 16:07 | ドラマ | Trackback | Comments(0)

UTAGE!春のリクエスト祭り
e0080345_08061343.jpg
なにより、ラストの、するめさんの乱入にびっくりしたかな? 冒頭の太鼓パフォーマンスも見事でした。

中年パワー炸裂!な3人組の、郷ひろみのアチチ… には、爆笑。

8回目となる今回は2万件を超えるリクエストから選ばれた楽曲を披露。総勢32名のアーティストによる一夜限りのコラボレーション

舞祭組の千賀健永は、視聴者からの「春の名曲をピアノで弾いて欲しい!」というリクエストに応えるため、ピアノで国民的な春の名曲「いい日旅立ち」に挑戦。

4年前に番組でピアノに初挑戦した千賀は譜面が読めず、指の動きを丸暗記。今回も同様の方法で覚えようとするも、難易度の高い指使いと名曲を弾くプレッシャーに、千賀は「無理だと思います」と本番1週間前のギリギリのタイミングで吐露。「いい日旅立ち」の生みの親である谷村新司が千賀のピアノ演奏を見て、あるアドバイスを

そして、「春の名曲を歌って欲しい」という視聴者のリクエストに中居がサプライズ参戦。

舞祭組を誰よりも愛し、誰よりも応援している熱狂的なファンとして知られる“するめさん”が舞祭組のステージに登場し、5人で初めて一緒に踊ることに!

<出演者>
MC:中居正広
MCアシスタント:渡辺麻友
進行DJ:IVAN

<出演アーティスト(※50音順)>
梅沢富美男、柏木由紀(AKB48/NGT48)、KABA.ちゃん、川畑要(CHEMISTRY)、指原莉乃(HKT48)、島津亜矢、島袋寛子、瀬川瑛子、高橋愛、貴水博之、武田鉄矢、TEE、舞祭組、BENI、松本明子、松本伊代、三浦祐太朗、峯岸みなみ(AKB48)、山本彩(NMB48)、Little Glee Monster

<SPゲスト>
加山雄三、谷村新司


by noho_hon2 | 2018-03-30 08:04 | テレビ | Trackback | Comments(0)

吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」
e0080345_07544017.jpg
テレビ番組「吉田類の酒場放浪記」などで大衆酒場ブームに立役者となった「酒場詩人」吉田類が映画初出演で主演を務め、酒場を舞台にした人間模様を描くオムニバス作品

オヤジ達の月9として名高いと聞き、興味半分、観てみました。

恋愛禁止のルールを破って逃亡中のアイドルが、人生に見放された人たちばかりがなぜか集う居酒屋に逃げ込む「居酒屋チャンス」、

平凡なサラリーマンがたまたま立ち寄った店が、店主はぬるいビールを出し、客は厚化粧の美魔女など珍客ばかりというとんでもない居酒屋だった「どつぼ酒場」、

巨額の詐欺の疑いから警察に追われ、自殺を考えている投資会社社長が人生最後の一杯を楽しもうと立ち寄った居酒屋で生まれ故郷の名酒と出会い、子どもの頃を思い出す「ふるさと酒場土佐っ子」の3作品から構成。

吉田が作品全編の案内役と「ふるさと酒場土佐っ子」では主人公の社長役を演じるほか、伊藤淳史、松本妃代、津田寛治らが出演。

なるほど、こういう雰囲気なのかな? ゆる~く楽しめました。

    (解説)

2003年に始まったTV「吉田類の酒場放浪記」で全国の酒場を飲み歩く“酒場詩人”として人気爆発した吉田が銀幕デビュー。吉田は自分自身として各話の案内役(ドラマ「世にも奇妙な物語」におけるタモリ的な役割)に加え、第3話では主人公を演じ、主題歌「時代おくれ」(河島英五の名曲のカバー)を歌うなど大活躍。ファンにはたまらない1本となった。第1話はドラマ「ひと夏の隣人」の松本妃代、第2話は人気男優の伊藤淳史がそれぞれ主人公役に。監督は「鉄塔 武蔵野線」「アルゼンチンババア」の長尾直樹。

by noho_hon2 | 2018-03-30 07:54 | 映画 | Trackback | Comments(0)

からかい上手な高木さん 最終回
e0080345_19044179.jpg
手紙/入学式/席替え

で、なにげない中学生活。高木さんと、西片くんの、ほどよく、じれじれな距離感

そのはじまり、があって、改めて胸キュン。

高木さんの、さらっとした口調と、考えすぎて行動下手。純情な西片くんに、改めて、頑張れ~っ気分でした。

中学時代ならでは。可愛い最終回に満足

ちなみに、シーズン中、このPRトラックが秋葉原を走っていて、「をを~~!」

by noho_hon2 | 2018-03-29 19:03 | アニメ・コミック | Trackback(1) | Comments(0)

ゆるキャン 最終回
e0080345_18561847.jpg
基本的に、楽しく、ほっこりと観てたのですが、ラスト2話の、ケータイで連絡しあう、ソロ・キャン・エピソードが秀逸でしたね。

なぜか、なりゆきで、おうち組が、家族全員のほうとうを作る羽目になったり、のんべぇ先生が出てきて愉快だったり

情報先行で、行き止まりの道が通れることを知ってたり、現代的な友情に、うっとり、だったのでした。

あと、絶妙な関西弁ベースの会話テンポも良かったかな?

とても好きな作品でした。

by noho_hon2 | 2018-03-29 18:56 | アニメ・コミック | Trackback | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
sneak a peek..
from tsunami
javtsunami
from Jav
best yano pu..
from kmhr
Tube Marco
from tubemarco porn
tsunami
from Yano purple ce..
TubeMarco
from Tubemarco jav
TubeMarco.com
from Tubemarco last..
最新のコメント
みっきーさん、ありがとう..
by noho_hon2 at 07:26
☆noho_hon2さん..
by みっきー at 16:20
ありがとうございます>ふ..
by noho_hon2 at 19:32
なんとなんとそうだったん..
by ふゆこ at 16:49
すみません。どうも、ミク..
by noho_hon2 at 15:17
関係ないことでごめんくな..
by ふゆこ at 20:47
松木よしの さん、こんに..
by noho_hon2 at 15:39
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)