見えないからワカルもの
e0080345_17393199.jpgそういう訳で、いつになく長時間。眼鏡で生活してるんですが、意図的に度を低くしてる関係。やたら勝手が違うことっ!

ちょっと外出しただけで「いかに無意識のうち、字を読んでるか」が、よ~く分かりました。逐一、読めないので「あれれん?」の連続なんですもの。

柴門ふみによると、たま~に電車に乗って「街に出る」と、知らない間に「字を読みすぎて」て、それだけでぐったり疲れる、と書いてて「へ~ぇ」だったんですが、分かるような気がしてね。

なるほど。都会人がイライラしてる原因は、案外。このあたり(情報過多)にあるの…かも

それと、思わず感心させられたのは、いつも見てる報道番組の意外な一面。

よく見えないもので、華を添えてる女子アナの相槌が、やたら印象に残るんですよ。通常は(おじさん相手だと)やや低目の聞き流し風だけど「感心のある話題」や、「イケメンを前にする」と、それだけで、思いっきりテンションがあがる、というか声のトーンが変わりまくる明快さに、思わずプププ…

し、知らなかったぁ!

なにかの能力を失った時、他の機能が目覚める、ってのは聞いたことあったけれど、かくも短期間でも、こんな経験できるとは… 人間の身体って不思議ですね。
[PR]
# by noho_hon2 | 2006-02-02 17:53 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

ネットさまさま
e0080345_17273687.jpg朝おきてみると、いつになく目が充血。心配になったのと、基本的にド近眼ゆえ、眼鏡やコンタクトと、どのようにつきあったらイイのか知りたくて、眼科で見てもらいました。

結果的には、見た目が悪いだけで「やや、お大事に」程度だったのですが、こういう時、改めて、ネットさまさまを痛感。

だって、住んで久しくても、意外と「地元にある専門医」って知らないと思いません? たとえ前を通ったとしても、関係が無い時には、往々にして目にも入らないもの。

でも、検索すれば、地図から定休日。果てはクチコミによる評判、まで一発!なんですもの。
ありがたい時代になったものだなぁ… と、しみじみ
[PR]
# by noho_hon2 | 2006-02-02 17:35 | 日々のメモ | Trackback(1) | Comments(0)

旅情
e0080345_1793083.jpgこの作品をはじめて見たのは、まだ十代の頃。自宅のちっこいテレビで見たせいか、映画史に残る名ラストシーンに、思わずジーーーンとなったものの、特に主演のキャサリーン・ヘプバーンの魅力が、今ひとつピンときませんでした。

でも、大人になって見ると「なぜ、彼女だったのか」がよく分かること。
恋を知らない純情なハイミスという設定が、じつに秀逸。彼女が演じると、説得力をもちつつも、半ばファンタジー。なんともいえず可愛いんですもの。

それに、ファッションや小道具類が、心憎いばかりに素敵。(とくに恋してから、地味な装いが、どんどん華やいでいくのが、見ててワクワク。赤いミュールが実に効果的に使われてること…) 背景に、うっとり。「おもわず、旅に行きたくなる作品」の筆頭に挙げられるのも、分かるような気がしてしまったのでした。

個人的には、相手役のロッサノ・ブラッツィが、甘さのある渋い色男を演じて秀逸。ヒロインの魅力もさらにひきたててて、改めてキャスティングの妙にも感服。

名画とは、いろいろな意味で「見どころ満載っ!」なんだあぁ、と再確認。
[PR]
# by noho_hon2 | 2006-02-02 17:21 | 映画 | Trackback | Comments(2)

な~んちゃって、うなぎ飯
e0080345_18444371.jpgひょっとすると、巷では、かなりメジャーなのかもしれませんが… 残り御飯の新たな有効利用法。手早くて美味しい食べ方を、新たにゲットぉ♪

うなぎのかば焼きを刻み、タレごと混ぜ込み、錦糸卵とノリをパラリ。

ひょっとすると、食べやすさでは、正しくデデ~ンとしたうな丼より、むしろ、こちらに軍配…かも。(かば焼きの量が、ちょっとでもイケるところも嬉しい)

これと、ミニサイズ・うどんの組み合わせは、なかなかにグーだったよん。
[PR]
# by noho_hon2 | 2006-02-01 18:51 | うまうま | Trackback | Comments(4)

NEWS、またまた不祥事
e0080345_18432468.jpgNEWS、17歳メンバー。飲酒で芸能活動を当面自粛

でも、ここまで続くと、ちょっと不思議なものを感じますね。

たしかに人気者だけに誘惑も多いんでしょう。
でも、間近に、そういう例の光と影は、嫌というほど目の当たりにしてきて、あとの展開は容易に想像できただろうに… うむむのむ。
[PR]
# by noho_hon2 | 2006-02-01 18:39 | 日々のメモ | Trackback(1) | Comments(0)

アッパレおばあちゃん
先週、実家の母の友人で、母がとても敬愛し、私も大好きだった方が亡くなられました。

e0080345_1742428.jpg突然のことに、2人して大ショック。でも、年齢が年齢だっただけに(90代)… ほとんど大往生だった模様です。

女学校を出て、長年、教鞭をとりつつ育てた、ひとり娘さんは、渡米して弁護士となり、むこうで結婚。子供の手が離れた現在は復学して、現在、ドクター・コースにいってるとのこと。

それゆえ、ご主人を送り、ひとり暮らしになられてからも、それはそれはアッパレな暮らしぶり。とにかく、考え方が合理的で「ひとを使う(まかせる)こと」が。じつに上手でした。

食べることが大好きで、足腰が弱り、なにかと不自由になってからは、ヘルパーさんと、時にはお手伝いさんをお願いしつつ、まとめ作りと冷凍テクで毎日。美味しく食事されてたそう。

ものごし穏やかで謙虚なれど、明るくキッパリとしたところが、なんとも痛快。
歌を詠み、手紙が好きで、知的好奇心旺盛。老大で興味ある講演があったりすると、ハイヤーを頼んでかけつけてた模様です。

なにせ、田舎のこと。人と人の距離が密ゆえ、助け合いネットワークは文句なし!なものの、母が微妙な人間関係で悩んでた時。

「人生、長くないです。価値観や関心、興味が、あまりにも違いすぎる相手は、お互い、疲れるだけですから、(おつきあいを)遠慮してもいいんじゃないですか? 私は、そうしてますよ」と明るく言われて、随分、救われるものがあったみたいで…

家庭の事情。上の学校に行けなかった両親は、彼女をこよなく尊敬してました。
「残念ながら、学が無いからねぇ…」と笑いつつ、「自分では作れないから」と、新聞に載ってた俳句、川柳、投書の類で「共感するものがある」と、切り抜いて集めてたけれど… 私は、そういう姿勢自体、好きだったけどな。

でも、アッパレな生き方をする方が「いらっしゃった」だけで、なんだか心励まされる気がしますね。自分も見習いたいものです。…心より、ご冥福をお祈りします。
[PR]
# by noho_hon2 | 2006-02-01 18:28 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

色バトン
e0080345_18103296.jpgkei☆の独り言;Blog」のkei☆さんから、「色バトン」が回ってきましたので、書いてみますね

Q1:自分を色に例えると?
紫色。赤と青の「どっちつかず」さ… あいやいや、中間地点で、きわめてファジーな感じがね
個人的趣味としては、ラベンダー色が好きよ♪

Q2:自分を動物に例えると?
ナマケモノ

Q3:自分をキャラに例えると?(漫画でも映画でも可)
前クールのドラマで好きだった「あいのうた」に出てきた、飯塚さんが他人と思えませぬ

Q4:自分を食べ物に例えると?
レタス。引き立て役として、あちこちに出没。しっかと「皿にのってる」感じが… むふ

Q5:次回す5人を色で例えると?
いつものようにバトンは、コロコロ…と、置いてしまいますので、もしも拾ってくれる奇特な方は、文句なしにゴールドよん
[PR]
# by noho_hon2 | 2006-01-31 18:25 | 日々のメモ | Trackback(3) | Comments(7)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
カルティエ ネックレス ..
from ブルガリ キーケース 通販 ..
ロレックス 時計 バイマ..
from カルティエ 時計 レディース..
ロレックス ミルガウス ..
from ヤフオク ロレックス 偽物
zipped-manga..
from Zipped-manga.com
ブルガリ b-zero1..
from ブルガリ 中古 時計 メンズ..
カルティエ 婚約指輪 金..
from カルティエ ネックレス 値段..
lb.skimresou..
from ブルガリ オードトワレ 付け..
最新のコメント
みっきーさん、ありがとう..
by noho_hon2 at 07:26
☆noho_hon2さん..
by みっきー at 16:20
ありがとうございます>ふ..
by noho_hon2 at 19:32
なんとなんとそうだったん..
by ふゆこ at 16:49
すみません。どうも、ミク..
by noho_hon2 at 15:17
関係ないことでごめんくな..
by ふゆこ at 20:47
松木よしの さん、こんに..
by noho_hon2 at 15:39
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)